【試合評】 美馬危険球の緊急事態を乗り切った永井、福山のブルペンリレー~2014年6月22日(日) ○楽天イーグルス5-1阪神

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆6/17配信最新号の主な内容は「ゾーン空振り率で診る楽天主要打者の得意・不得意ゾーン」です。




緊急事態を乗り切った永井、福山のブルペンリレー



則本の完封シャットアウトから一夜明けた甲子園。今日もイーグルスが序盤2回表に先制した。新加入のラッツの来日1号2ランで先制すると、その後も阪神先発・能見を2安打1四球と攻め立て無死満塁。西田内野ゴロで3点目、岡島左犠飛で4点目を入れたイーグルスは、4回表には牧田2号ソロ。前半に5-0と5点差のリードをつけ、試合運びを優位に進めていた。

楽天の先発は美馬。初回は三者凡退で立ち上がった背番号31だが、2回以降毎回走者を出す内容。しかし、相手打線を散発に封じてゼロに抑えていた。

5-0のまま迎えた中盤6回裏のこと。先頭の1番・上本の打席時、0-1から投じた外角狙いの速球投球が、完全にすっぽ抜けて上本のヘルメットに直撃する危険球。まさかのアクシデンントで二番手として登板したのが、今季出遅れて6/18広島戦に初登板した永井だった。

代わりばな、インコースには来づらいと読んでいたであろう2番・大和に右前安打を浴びた永井。無死2,1塁で3番・鳥谷をバッターボックスに迎えていた。

ここで嶋との共同作業でベストピッチを魅せる。

果敢な内角速球投球。鳥谷に選球眼を発揮され、ボール先行2-0としながらも、3、4球とインコースに真っすぐを続け、ストライク、ハーフスイングの空振りで2-2と並行カウントに戻した楽天バッテリー。その後1球内角でファウルを打たせた後、仕上げは外角低めのフォークボール。しかし、このフォーク連投をいずれもファウルにされてしまう。ならば外の速球という8球目もファウルで逃げられ、手詰まり感が漂いつつあった9球目だった。

嶋が選んだ配球は再びインコース。膝元に構えたミットめがけて永井の142キロが吸い込まれていく。鳥谷はボールと判断したのだろう、出かかるバットを止めにいったものの、コースいっぱいに入った投球が球審・福家のストライクコールを呼び込む見事な見逃し三振劇になっている。

この後、4番・ゴメスに三番手・福山が高め失投を中前に運ばれ1点を失い、2,1塁でマートンに左前へ弾き返され1死満塁のピンチを招いたものの、後続の今成を6-4-3の併殺ゴロに取り、危機脱出に成功している。

永井投入は恐らく福山の肩が出来るまでの時間稼ぎだったはずだ。鳥谷の結果がどうなろうと予め4番・ゴメスで福山投入のロードマップだったのだろう。その中、もし永井が鳥谷を抑えられずに安打や四球を許していた場合、1点返されてなおも無死2,1塁(もしくは無死3,1塁)、あるいは塁上埋まって無死満塁という瀬戸際で福山はマウンドに登るハメになっていたはず。

もしそうなった場合、絶頂期の制球は影を潜めた現在の福山にとって、かなりのプレッシャーになったのは間違いなく、一気に阪神ビッグイニングの危険性すらあった。そういう意味で無死満塁にすることなく、好打者・鳥谷を三振というかたちでアウトに取ることができた背番号30の貢献は大きい。

見事な仕事ぶりをみせてくれたと思う。

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門1位
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140622DATA03.jpg
HANREI3.jpg

2ヵ月ぶりの2連勝を起点に、再開されるリーグ戦でリスタートだ!!



前夜に続き、ラッツ&ボウカーの新加入デュオが活躍。ラッツは3安打猛打賞2打点に来日初本塁打で試合後ヒーローインタビューに。ボウカーはマルチ安打をみせると、7番・中堅で先発起用された牧田もホームラン含むマルチヒット。9番・遊撃の西田も左翼、中堅にヒットを打ち返してアピールに成功している。

銀次も腰痛復帰後の初安打が7回に飛び出すなど、リーグ戦再開へ向けて、調子を上げてきたボウカーに、ラッツ加入と役者が揃いつつあると言えそうだ。4/18・4/19日本ハム戦以来2ヵ月間なかった連勝をようやく達成、金曜から始まる敵地ファイターズ3連戦へ向け、「打」では明るい材料が揃ってきた。

これでチーム成績は65試合26勝39敗、借金13へ。西武が敗れたため、順位はライオンズと並んで同率5位タイ。ゲーム差は1位・オリックスと14.5、2位・ソフトバンクと14.0、3位・日本ハムと6.5、4位・ロッテと4.5としている。交流戦成績は24試合9勝15敗の10位の推移になった。

各種成績は、6月月間成績5勝10敗、ビジター戦績14勝17敗、星野監督休養後7勝12敗の推移。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ラッツ(三)、6番・ボウカー(左)、7番・牧田(中)、8番・嶋(捕)、9番・西田(遊)、先発・美馬(右投)

阪神=1番・上本(二)、2番・大和(中)、3番・鳥谷(遊)、4番・ゴメス(指)、5番・マートン(左)、6番・今成(三)、7番・新井貴(一)、8番・藤井(捕)、9番・田上(右)、先発・能見(左投)


20140622DATA04.jpg

美馬学、4/8日本ハム戦以来の今季2勝目



5回0/3、打者19人、67球(1回当たり13.40)、被安打3、被本塁打0、奪三振2、与四球2、失点1、自責点1。

初球19球・・・ストレート8、シュート2、スライダー4、フォーク2、カーブ3
2ストライク以降11球・・・シュート1、スライダー9、フォーク1

「せっかく良い流れでいけていたのに、もったいないというか、後ろの投手に申し訳ないです」

最後は危険球という予期せぬ退場劇にはなったものの、長かった今季2勝になった。今季先発で10試合投げて2勝に止まっているのはパリーグで美馬ただ1人だけ。3勝は日ハム・メンドーサ(13先発)、西武・牧田(12先発)、ロッテ・涌井(12先発)、西武・菊池と野上(いずれも11先発)と5人いるものの、2勝は美馬1人なのだ。

4/8日本ハム戦で今季初勝利を達成した後、クオリティスタートを記録したのが4試合、そのうち3試合は7回以上自責点2以内のハイクオリティスタートだった。にも関わらず、打線の援護に恵まれずに5連敗が続いていた。本戦前データで美馬先発試合の1試合平均得点は僅かに2.6。酷い状況だった。

今日はようやく味方打線が新加入ラッツの打棒などで2回表に一挙4点を先制。美馬に久々のまとまった援護点をプレゼントする。この援護点を受けて、キーポイントになったのは直後の2回裏、翌3回裏の2イニングだったか。

この2イニング、いずれも先頭打者の出塁を許していた。今季ここまで美馬は25失点を喫しているが、先頭打者出塁のイニングで失ったのは実に20点。失点の大半を先頭打者が出た回で失っていたのである。

先制直後の2回裏は、先頭の4番・ゴメスに三遊間を破られたが、後続のマートンを内角シュートで攻め、思惑どおりのサード正面ゴロ。NHK BS解説の小久保裕紀氏によると5-4-3のゲッツーコースだったが、土のグラウンドに慣れていないラッツが打球を待って取ったため2塁封殺になったとのこと。それでも一走の得点圏進出を防ぐプレーとなり、1死1塁。その後、今成、新井貴を連続外野平凡フライアウトに取り、難を切り抜けている。

翌3回裏、先頭の藤井に対して、際どい投球をストライク取って貰えず、3-1から四球を出した美馬。ここで崩れず、9番・田上をインコースのシュート投球で狙いどおりの4-6-3併殺コースに仕留めることができたのが、この人らしい粘りのピッチングと言えた。

要所を締めたことで2勝目を掴むことができた美馬だったが、コントロールに関して言えば、本戦もバラツキをみせていた。

試合途中、中継で届けられた森山コーチの談話では、そのばらつき、荒れ球が美馬の良さだというような趣旨のコメントだったが、私にはそう思えない。剛速球があれば別だが、美馬にはそのようなスピードボールがなく、甘い球も多い現在のピッチングでは、四球を出す確率もそれなりに存在し、ヒットを打たれて捕まってしまう危険性も高いのでは?と思う。

抜け球が多いままだと、今日のような突然のアクシデントにも襲われる危険性も出てくる。もう少し制球をなんとかしてもらいたいと願っている。

20140622DATA05.jpg
20140622DATA06.jpg

粘り、嫌らしさが出始めた楽天打線



能見篤史の投手成績

4回、打者20人、81球(1回当たり20.25)、被安打5、被本塁打2、奪三振3、与四球3、失点5、自責点5。

NHK BS中継の解説は小久保裕紀氏だった。能見のコースを突く際どい投球を、楽天の各打者がしっかり見きわめていることを指摘、特にラッツ先制2ラン後の無死2,1塁、バントファウル、バスターファウルで2-2と追い込まれた嶋が、そこから2球続けて投げ込まれたインコースの際どい速球投球に対し、しっかり見きわめた点を評価していた。

もしここで内角投球をおっつけてピッチャー返ししていたら、併殺コースに倒れていた可能性もあった。今季の嶋の併殺打は8本、リーグ5位タイの多さを記録している。そのうち4本が走者2,1塁時に発生しており、走者2,1塁打率も.167と低かった。しっかり見きわめて1塁に歩き、絶好チャンスの無死満塁を演出したことが、その後の2得点を生み、美馬の投球を楽にさせたと言える。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《美馬学の前回登板試合》
【試合評】星野楽天、単独最下位転落へ。セリーグ防御率1位の菅野智之の前にイヌワシ打線成す術なし~2014年6月14日(土) ●楽天イーグルス1-3巨人
《直近の試合評》
【試合評】 夢に消えたジャイアントキリングでの松井裕樹プロ初勝利~2014年6月19日(木)●楽天イーグルス2-6広島
【試合評】三位一体で後押しした則本昂大交流戦新記録4完封~2014年6月21日(土)○楽天イーグルス4-0阪神


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

六回のゴメスのタイムリーで、一塁走者大和が三塁にいかなかったのが、この試合の大きなポイントだったと思います。
あそこで一点と二点では、相手に行くぞと思わせる気持ちの度合いが全く違う筈です。

Re: No title

もぐたんさん

> 六回のゴメスのタイムリーで、一塁走者大和が三塁にいかなかったのが、この試合の大きなポイントだったと思います。
> あそこで一点と二点では、相手に行くぞと思わせる気持ちの度合いが全く違う筈です。

映像を見返しましたが、牧田がチャージして補球する前に2塁に悠々到達、ボーっと突っ立って牧田の処理を見守る姿が印象的ですね。

確かに仰るとおり、牧田との強肩勝負で間一髪のタイミングだと思いますが、3塁狙おうと思えば狙えることができたタイミングだったでしょうね~。助かりましたね。

明暗分けたのは点差だったかもしれません。阪神にしてみれば中盤6回、まだ4点を追うビハインドの状況でしたから、リスクは背負えないということだったのかもしれませんね。いずれにしても消極的な走塁に助かりましたね。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}