田中将大、日米通算110勝達成! 強打線を向こうにまわし、一風変わったギアチェンジの5回三者三振劇~2014年6月17日〇NYY3-1TOR

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆6/9配信最新号の主な内容は「松井裕樹の2軍成績を振り返る」です。



20140618DATA02.jpg
HANREI3.jpg

田中将大、日米通算110勝達成



日本時間の本日早朝8時、田中将大がメジャー通算11勝、日米通算110勝を目指してヤンキースタジアムのマウンドに登っている。

相手は同地区のアリーグ東地区首位を走るブルージェイズ戦。本日から本拠地に迎えての3ゲームシリーズの初戦に背番号19が先発した。

ヤンキースは35勝33敗、同地区2位でブルージェイズとのゲーム差は4.5で追う展開。ホーム成績13勝16敗と負け越しているので、田中で勝って地元ファンを喜ばせたい一戦、4連勝の後の2連敗でホームに帰ってきての初戦のため、チームに勢いをつける意味でも、田中の好投が要求されていた。

相手のブルージェイズは41勝30敗で前述のとおり同1位。334点はアリーグ2位の得点力で、チームOPS.765は同1位、本塁打92本も同1位と強打線である。ブルージェイズ戦への登板はメジャー初登板の4/4以来、2度目のこと。

このときにはマイナーで調整していた川崎が、本戦前に今季2度目のメジャー昇格、8番・セカンドで先発起用され、3年ぶりとなる田中将大vs川崎宗則の日本人対決も実現する運びとなった。

ちなみに両者NPB通算対戦成績は72打席、64打数18安打、12三振、5四球、1死球、2犠打、1二塁打、1三塁打の打率.281となっている。

両軍のスタメン

ブルージェイズ=1番・レイエス(遊)、2番・カブレラ()、3番・バティスタ(右)、4番・エンカーナシオン()、5番・ローリー()、6番・ナバロ(捕)、7番・フランシスコ()、8番・川崎(二)、9番・ゴーズ(中)、先発・ストロマン(右投)

ヤンキース=1番・ガードナー(左)、2番・ジーター(遊)、3番・エルズベリー(中)、4番・テシェイラ(一)、5番・マッキャン(捕)、6番・ベルトラン(指)、7番・イチロー(右)、8番・ロバーツ(二)、9番・ジョンソン(三)、先発・田中(右投)


ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門3位転落中・・・
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

メジャーで2度目の初回先頭打者本塁打を被弾



プレイボール直後、我々はいきなり田中の茫然とした表情を目撃することになっている。

1回表、1番の左打者レイエス。出会いがしらといえる初回先頭打者本塁打を打たれた。結果球は初球アウトコース91マイル(約146.5キロ)速球。やや高めに入ってしまったのがいけなかったか、ひっぱられてのラインドライヴが右翼席へ突き刺さる。打球を見送る田中、納得行かぬ顔。MLBでも素晴らしい成績を残している田中だが、このような表情をみせるシーンはNPBと比べて格段に増えたような気がする。(NYY0-1TOR)

その後、2番打者の投手強襲痛打はグラブ弾いてマウンド後方に転がる打球を、田中が機敏なフィールディングを見せて1塁送球アウトにした。恐らく昨年ならセカンド藤田がバックアップしてくれたであろう打球だが、ここにはいなかったので自ら処理しにいったが、好守備だった。3番・バティスタを三振に取った2死後、ピンチを招いてしまう。

既にホームラン20本を打っている4番・エンカーナシオン、3割打者の5番・リンドに連打を浴びた。いずれも1-2と追い込んだ直後、見せ球として投げた高め速球を巧打されての2,1塁だったが、後続の6番・ナバロを僅か2球で追い込むと、スプリッター連投で空振り三振。最少失点に止めて立ち上がっている。

1回裏、1番・ガードナーの1,2塁間突破右前コースをセカンド川崎が好守。味方打線は上位3人が凡退して、無得点に終わる。

2回表、2死から四球を与えた。7番・フランシスコ、8番・川崎と左打者2人を連続三振。川崎には両サイドの厳しいコースを攻め、最後は外角低めのコーナーを掠めるように決まった94マイル(約151.3キロ)の速球。ボールと判断したムネリンは出かかったバットを止めにいったものの、いっぱいいっぱいに決まり、見逃し三振。

その直後、恐らくストレートでのフォアボールはメジャーで初では?と思われる四球を9番打者に与えている。

Gamedayでみるとボール球4個のうち2球はアウトハイストライクゾーンに入った投球だったが、浮いてはずれたボール球だと私の目にも見えたので仕方がないだろう。この回の先頭打者にボール先行2-0とした直後の第3球は低すぎるボールゾーン投球をストライクコールしてもらったので、ここで相殺、おあいこといったところだろうか。

2死1塁で打順が1番に返って初回先頭打者本塁打のレイエス。変化球攻めでゴロを打たせ、四球出塁の走者のスコアリングポジション進出を許さない。

2回裏、味方の攻撃。2死後にベルトランが歩いたが、イチローのイージーゴロを川崎が処理して3アウト。こういう光景も珍しい。

3回表、先頭の2番・カブレラに中前へ運ばれ、無死1塁とされる。3番・バティスタをボール先行2-1経由フルカウント勝負から三邪飛に仕留めた田中だったが、4番・エンカーナシオンの左上腕部にぶつけてしまい2,1塁のピンチ。

1死2,1塁で5番・ロウリーとの対決は、少しヒヤッとさせられた。インコースに抜けて入ったスプリッター、バット一閃の飛球は左翼後方を襲う良い当たり。しかし、ウォーニングゾーンの手前、左翼手ガードナーが追い着き、グラブに収めて2アウトを取っている。2死後、6番・ナバロに対し、本戦2度目ボール先行3-0。3-1からの外角低めを狙ったシンカー。ボール気味にみえたがストライクを取ってもらったのも僥倖。この後フルカウントから落として三振に取り、難を切り抜けている。

序盤、田中が走者の出塁を許し、得点圏に進出されながらもソロホームランによる1点だけでしのいでいると、3回裏、味方が逆転に成功している。ガードナーが右翼ポールのネットを直撃させる2ランホームランを放ち、ヤンキースの1点リードに変わっている。(NYY2-1TOR)

マー君、粘ったムネリンを白眉のカーブで三振に仕留める!



逆転してもらった直後の4回表は是が非でもゼロに抑えなければならないイニング。7番から始まる下位打線相手にゼロを入れることができたものの、19球を費やす苦しいかたちになった。

本戦は田中にしては本当に珍しくボール先行投球が目立ったが、この回の先頭打者に対してもボール先行2-1、結局3-1からのインコース投球がはずれてしまう。7番が1塁に歩いて無死1塁、バッターボックスには本戦2度目の川崎を迎えていた。追い込んだ後、このムネリンに粘られたのも、本戦6回まで投げることができなかった原因の1つと言えそうだ。ファウルを2本打たせて0-2と追い込んだ後、ボール球を挟み、1-2から4球連続でられてしまった。

無死1塁だったため、速球を打たせてゲッツーという狙いだったのだろう。しかし2球続けて粘られてしまう。その後、今度は三振とばかりにスプリッターを2球続けたがこちらもくらいつかれてファウルで逃げられてしまった。たまらずマッキャンがマウンドに行って田中とコミュニケーション。最後に選択したのは恐らくムネリンの脳裏にはなかった125.5キロの縦割れカーブ。ブレーキの効いた白眉のピッチングで、粘った川崎のバットに空を切らせ、1アウトを取っている。

この後、後続2者を凡退させ、無死1塁の一走の2塁進出を許さない。こういったところ、手綱を緩めない点はさすが、田中なのだ。

4回裏、味方がチャンスを作ったが、敵軍の継投策の前にあと1本が出ない。ここまで両軍4安打ずつながらも、依然0-1の1点ビハインドの状況で中盤を迎えていた。

一風変わったギアチェンジピッチング



5回表、2番・カブレラから始まるブルージェイズの攻撃。ここが肝だったように感じる。4回を投げて76球。田中にしては制球が悪く、かつ粘られたこともあり球数過多の本戦、恐らく上位との対戦はこの5回で最後という思いも田中にあったのだろう。

ここでギアチェンジした。

といっても、いつもの田中なら速球が唸りを上げ、変化球が低めにキレキレに決まるというものだが、ここでは一風違っていた。

2番から4番まで三者三振に取った5回15球は、全て変化球。4シーム、シンカー(ツーシーム)は1球もなし。4回まではボール先行の場面で66.7%速球を選択していた田中だったが、ここではボール先行の4球は全て変化球。このしたたかな頭脳戦には、相手打者も面喰らったに違いない。田中メジャーデビュー戦で初回先頭打者本塁打を放った2番・カブレラは2ストライクまで手を出さず見逃し、好打者の3番・バティスタは2ストライク目を悠々見逃していたことをみると、速球狙いだったのが分かる。打ち気に逸った4番・エンカーナシオンには外角低めに変化球を集めて三振。

田中がまた一歩、大投手への階段を登ったそんな15球だったのでは?と私は思っている。

その裏の5回、ヤンキースはテシェイラのタイムリーで1点を追加した。田中は6回、2死から二塁打を浴びたものの、3個のアウトをゴロで奪い、6回104球1失点のクオリティスタート。

7回以降、ベタンセス、ロバートソンの継投で相手の反撃を零封に抑えたヤンキースが連敗をストップ。田中は今季11勝、日米通算110勝を達成させている。

20140618DATA03.jpg

6回、打者26人、104球(1回当たり17.33)、被安打5、被本塁打1、奪三振10、与四球2、失点1、自責点1。

初球26球・・・4Seam4、Sinker4、Slider10、Splitter4、Curveball4
2ストライク以降29球・・・4Seam8、Sinker1、Slider6、Splitter13、Curveball1

「いつものリズムで投げるのが難しかったですが、切り替えてと、自分に言い聞かせながら投げました」

防御率1点台へ。ハーラー単独トップの11勝



これで今季成績は防御率1.99(アリーグ1位)、11勝1敗はハーラー単独トップとしている。

田中本人の談話にもあるように、今日はテンポが悪く、間合いが長いシーンが多かった。しかし、その中でも容易に崩れないタフなところさすが。先日のアスレチックス戦で追い込んでからのスプリッターが機能しないとみると、すぐさま速球、スライダーを代用にしてタフなマネーボール打線を抑えた機転の良さは、本戦でも前述5回に良く表れていたと思う。

いやはや、素晴らしい粘投でした!

■6月17日ブルージェイズ戦の田中将大104球詳細
※黄緑=ファウル、紫=空振り、黄色=ボール先行2-0
20140618DATA04.jpg
20140618DATA05.jpg
20140618DATA06.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
初の完封勝利でチームの危機を救い、サブウェイシリーズの連敗を止めた田中将大114球~2014年5月14日○NYY4-0NYM
田中将大、頼みのスプリッター機能せず。強雨に見舞われ日米連勝記録が遂にストップ...~2014年5月20日(火)●NYY1-6CHC
田中将大vsアスレチックス打線。両者違いに譲らず、タフネスな応酬を制してメジャー9勝目~2014年6月5日○NYY2-1OAK


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}