【試合評】絶対に負けるわけにはいかなかった今季59試合目~2014年6月13日(金) ○楽天イーグルス8-2ヤクルト

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆6/9配信最新号の主な内容は「松井裕樹の2軍成績を振り返る」です。




単独最下位回避を決定づけた代打・小斉祐輔の値千金2ラン



絶対に負けるわけにはいかなかった。

前日、最下位の西武が広島を降したことで試合が流れたイーグルスはライオンズと同率5位タイ、事実上の最下位に転落していた。3-2で薄氷の1点リードで迎えた終盤7回裏、西武ドームでカープと戦っていたライオンズが7-0で大量リードするという情報が舞い込んできた。勝利を確実にするためにも追加点が欲しい。そんな7回裏の攻撃だった。

ヤクルトはこの回から四番手・松岡がマウンドへ。藤田、後藤凡退後の2死から3回に適時二塁打を放ったAJがフルカウント勝負の末、1塁に歩く。2死1塁で5番・投手の福山に代わってピンチヒッターの小斉祐輔。

9年目・31歳未完の長距離砲が大きな大きな仕事をしてのけた。1-0からの第2球、アウトコースの142キロ速球を捉えた逆方向への当たりは、右翼から左翼に吹いていた7mの風にも乗り、左翼Eウィングぎりぎりに飛び込んでいく2ランショット! 「最高でした。パパやりました~!」。お立ち台で喜びを爆発させた背番号43の勝利を確実にした一撃は、楽天球団史上21本目に当たる代打本塁打となっている。歴代の左打ち代打が逆方向に放ったホームランとしては球団史上初のメモリアル弾にもなった。

■楽天イーグルス代打本塁打記録


終盤8回、打線つながる



イーグルスは8回にもヤクルト救援陣を攻め立てた。前進守備の外野を超えた岡島2点適時三塁打、藤田の猛打賞タイムリーなど4本の長短打を集めてダメ押し3得点。6回まで緊迫の1点差だった試合展開は終わってみれば12安打6四球8得点の圧勝! 菅野が立ちはだかる翌日巨人戦へ今度こそその勢いをつなげて欲しい単独最下位回避の勝利を飾っている。

お立ち台には3本のホームランを放ったボウカー、聖澤、小斉が並んでヒーローインタビューを受けていた。コボスタのお立ち台に3人が呼ばれたのは5/31広島戦(○E3-0C)以来2度目。

岡島2打点、藤田、後藤の2、3番が猛打賞、聖澤がマルチ安打。

これでチーム成績は59試合24勝35敗の借金11。順位は西武と並んで5位タイ、ゲーム差は1位・オリックスと14.5、2位・ソフトバンクと12.0、3位・日本ハムと6.5、4位・ロッテと3.5としている。交流戦成績は7勝11敗の10位、各種戦績は6月月間成績3勝6敗、星野監督休養後5勝8敗、コボスタ戦績11勝18敗の推移になった。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしく!

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140613DATA02.jpg
HANREI3.jpg

3番・後藤光尊が移籍後初の猛打賞



銀次の最多33試合を筆頭に実に11人の選手を3番スタメンで起用するなど3番、5番に悩みを抱えてきた今季のイーグルス、6/7中日戦で後藤を3番起用してから、どうやら3番は目処が立つ気配が出てきた。

26打席ノーヒットなど苦しんだ5月までの打率1割台を経て、ようやく調子を上げてきたベテランが今季初の3安打猛打賞、特に1-1の同点で迎えた3回裏は安打出塁の藤田を塁上に置く1死1塁で4番AJの勝ち越し適時二塁打につなげる左前安打を放つ仕事ぶりで調子の良さをアピールしている。

これで3番に座って4試合16打数6安打3打点の打率.375。オリから移籍してきた高額年俸選手がいよいよその額面に見合ったパフォーマンスを発揮し始めたと言えそうだ。

(※ただし、3本のヒットのうち、2本はボールゾーンの球。4回今季初の四球が期待されたフルカウント勝負ではあえなく三振に倒れている)

両軍のスタメン

ヤクルト=1番・山田(二)、2番・比屋根(中)、3番・川端(三)、4番・バレンティン(左)、5番・雄平(右)、6番・田中浩(一)、7番・相川(捕)、8番・川島(遊)、9番・木谷(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・後藤(遊)、4番・ジョーンズ(一)、5番・松井稼(三)、6番・嶋(捕)、7番・ボウカー(左)、8番・聖澤(中)、9番・辛島(左投)


20140613DATA03.jpg

辛島航、今季コボスタ初勝利



5回、打者21人、88球(1回当たり17.60)、被安打5、被本塁打0、奪三振4、与四球1、失点2、自責点2。

初球21球・・・速球11、曲がる系4、落ちる系3、カーブ3
2ストライク以降23球・・・速球13、落ちる系9、カーブ1

「何度もリードしてもらったのにすぐ同点にされてしまい、リズム良く試合運びが出来ず、申し訳ないです。全然納得できるピッチングではなかったですが、野手の方のおかげで5回まで投げられたというところでした。次はいい流れをつくれるよう、頑張りたいです」

ここまで辛島に最も足りなかったもの、打線の援護がようやく解決された今季コボスタ初勝利、シーズン4勝目のマウンドになった。

プロで自身初めてのスライド登板だった。前々回、前回と2戦連続110球以上を投げていたこともあり、疲労もあったのだろう。本戦も精彩を書いたマウンドになった。

与四球は敬遠の1個ながらも、フルカウント勝負にするシーンが7度と大変多く、逆球や嶋の要求したコースに投げ切ることができない投球などが非常に目立ち、ボール球がかさんだ結果、ストライク率は55.7%と低値。苦しむかたちになった。前回決まらなかった変化球は本戦もストライク率53.7%とやや低めだった。

3回、4回は味方得点直後に失点を重ねる、先発投手としてはあるまじき「無様な投球」(あえて厳しい言い方をする)。

ボウカー先制ソロ直後の3回表は先頭の右打者・川島に内角速球を左翼線へ弾き返され二塁打、バント後、2番・比屋根に詰まった飛球を左前に落とされ、同点。その後、盗塁で2塁を奪われるなど苦しい内容になった。比屋根には0-2と追い込んだ後に決め球チェンジアップが高めに抜ける失投。0-2経由の失投&適時打だっただけに、完全なる投手責任、大変もったいないかたちになってしまっている。

AJ勝ち越し二塁打で再び1点リードした直後の4回表は無死1塁で5番・雄平にアウトコース高めに甘く入った失投スライダーを右中間真っ二つにされ、一走・バレンティンの本塁生還を許してしまう。その後、相川にも右中間へ良い当たりを打ち返され、投手の赤川には外野の頭を越えようかというライナー性の当たりを打たれたが、ここはいずれもライト岡島の背走好守に救われるかたちになった。

機能しない右打者内角速球と白眉のカーブ



気になった2点を指摘して、辛島の寸評を終わりにしたい。

1つめは右打者インコースの速球投球だ。3回表、先頭・川島に打たれた二塁打結果球は内角133キロ速球だった。今季、辛島は右打者の内角速球を良く打たれている。本戦試合前時点で33打数10安打、4三振、2四球、3犠打、2二塁打、1三塁打、2本塁打、被打率.303。打たれたヒットのうち半分が実に長打という結果になっており、内角コースいっぱいに投げ切ることができていないことをうかがわせる。今後も要注意したい。

2つめは3回1点リードで迎えた1死3塁のピンチ、交流戦打率.391、左投手打率.338を誇る1番・山田の結果球だ。この対決、僅か2球で0-2と追い込んだ後、3連続ボール投球。低め誘い球を3つ見逃されてフルカウントにされる嫌なシーンだった。ここで嶋が選択した結果球は低めのカーブ。恐らく脳裏になかったのだろう、山田は完全にタイミングをはずされる空振りになり、楽天バッテリーが三振という最高の結果を手にした瞬間になった。

嶋の好リードが光った。ここでチェンジアップや他の球種を選択していたら、見切られたり対応されていた恐れもあった。その中、勇気を持って98キロのカーブを要求。これがズバリ決まった。その98キロは今季、辛島がフルカウント勝負から初めて投球したカーブになった。恐らく小関には真似できない嶋ならではの巧みな配球、この日辛島が投げた88球の中で1、2を争う白眉のピッチングになっている。

20140613DATA04.jpg
20140613DATA05.jpg

本来なら木谷を畳みかけて攻略しなければならなかった



2回2/3、打者15人、67球(1回当たり25.13)、被安打5、被本塁打1、奪三振1、与四球2、失点2、自責点2。

終わってみれば8-2の大勝になったが、喜んでばかりもいられない。というのは、相手先発・木谷からボウカー先制弾、AJタイムリーの僅か2得点しかできなかったからだ。

3回はAJ適時二塁打後なおも1死3,2塁の好機が続いたが、松井稼がフルカウント勝負の末、木谷のフォーク連投に耐えきれずに三振、その後嶋が四球を選んで2死満塁、先制弾のボウカーは代わったばかりの二番手左腕・赤川の前に今季左投手から2本目のヒットとはならずにイージーな遊ゴに討ち取られていた。4回は1死から岡島藤田の四球安打出塁2,1塁で後藤、AJの3、4番が赤川の前に揃って三振。

この日の木谷は制球がアバウトで、逆球や甘い失投も大変多かった。3回2番・藤田の打席時には女房役のベテラン相川も匙を投げてしまったのか、立て続けにミットをど真ん中に構えるリードをみせるなど、配球に苦労していた。それだけに序盤の好機であと1本出なかったのが、悔やまれるところ。

終盤8回に打線がつながり3点を叩き入れたとはいえ、相手投手は新人の岩橋だったことを考えれば、一時のドン底を脱して上向き気配を見せ始めた打線とはいえ、なおも予断は許さないと言えそうだ。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《辛島航の前回登板試合》
【試合評】2回辛島3四球で自滅。17試合二桁安打なし冬の時代で借金最多10へ~2014年6月6日(金) ●楽天イーグルス1-5中日
《直近の試合評》
【試合評】 9回続投に疑問符も残ってしまった則本昂大今季4度目完封シャットアウト劇~2014年6月9日(月)○楽天イーグルス10-0DeNA
【試合評】球団史上初のスミイチ敗戦で6位・西武とのゲーム差0.5に~2014年6月11日(水) ●楽天イーグルス0-1ヤクルト


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}