【試合評】もがき苦しむ塩見貴洋の現状を示した鈴木大地の決勝打~2014年5月10日(土) ●楽天イーグルス1-4ロッテ

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/28配信最新号の主な内容は「現在リーグトップの救援登板。西宮悠介、真の凄さとは?」です。




面白くないロッテ8回戦...



麗らかな五月晴れの土曜昼下がり、屋内でパリーグTVをつけながら中継観戦するには、思わずあくびが出てしまうほどの淡泊な一戦になってしまった。

楽天の先発は塩見貴洋。対するロッテは藤岡貴裕。偶然にも両左腕「たかひろ」の激突となったロッテ8回戦、両先発とも1回は三者凡退の立ち上がりをみせた。

アバウトな制球しか持ち合わせていない現在の藤岡の前に、イヌワシ打線は上位3人が倒れてしまう。いずれも甘く入った球を打って出たものの、クルーズの好守備にも遭い、三者凡退。

1回裏、塩見もロッテ打線を3人で片づけている。ストライク先行、荻野貴には二ゴ、鈴木を二飛に取ると、戦列復帰した3番・井口は浅い右飛。いずれの結果球も速球。球速表示以上に速球が走っていて、相手打者のバットを押し込んでいるように見えた。

伊志嶺忠、攻守ともアピールできず



先にチャンスを作ったのはイーグルスだった。

2死からの好機演出だった。2回表のこと、先頭AJの四球を足がかりにした。前夜3ランでパリーグ本塁打・打点の二冠王に躍り出たその打棒に怖気づいたのか、藤岡が逃げのピッチング。3-1から1塁に歩くと、ボウカー、中島、いずれも中飛凡退の2死後、銀次がチャンスメイクした。藤岡の内角投球だった。右翼線へ弾き返した当たりが二塁打。AJが懸命に3塁まで進み3,2塁。イーグルスが2アウトから得点圏に走者を送り込むことに成功した。

ここで奮起して欲しかったのが、伊志嶺だ。前回5/3ソフトバンク戦で塩見とバッテリーを組み、白星に見放されていた塩見の約1ヵ月ぶり勝利に貢献。前夜パリーグ首位打者に浮上した嶋をあえて使わず、背番号48を起用したのは、そのことを買ってのことだと思われた。

ボール先行2-0と伊志嶺有利で始まった対決だった。しかし、甘い球を打って出ず、ボール球を打たされてのファウル。結局、フルカウントまでカウントを持ち直されると、その後、2度ファウルで粘ってみせたものの、ラストは高めボールの速球に手を出しての三振。

出場機会が限られている伊志嶺は、打撃投手ではない敵軍投手の球を常時、打席で見ることができない。いきなりヒットゾーンに打ち返せ!というのは、酷な注文だったかもしれない。付け加えるなら左対左の不利な状況での対決だった。

しかし、何とか結果を残して欲しかった。打席では3の0。守りのほうでも得点圏で出てきた二番手・青山には変化球頼みの苦しい配球を見せると、終盤、ベンチ前で指揮官に公開説教されるなど良い所がなく、残念な1日になってしまった。

塩見、2死から四球を出して先取点を奪われる



味方打線が先制機を逃すと、その直後の2回裏、塩見がロッテに先制の1点を奪われている。

サブロー、角中とフライアウトに討ち取った2死後の失点劇だった。6番・今江にストライクが入らず、ストレートの四球。ストライクを取りにいくのを嫌がったような四球出塁は、1カ月前の対戦で満塁から2点二塁打を打たれた記憶が悪いイメージとして残っていたことによるものだろうか。指揮官が最も嫌がる2死からの四球が、先制失点につながってしまう。塩見の内角スライダーを捉えた次打者クルーズの飛球は左中間へ。レフト中島が懸命なダイビングキャッチを見せたものの、及ばず。球が後方へ抜け、1塁から一気に今江のホームインを許してしまう。(楽0-1ロ)

すぐさま試合を振り出しに戻す、西田哲朗のプロ初本塁打



1点を奪われた楽天は、直後の2回表、背中の張りを訴えて休場となった岡島の代わりに1番抜擢された西田の一振りで同点に追い着くことに成功している。

初球だった。ストライクゾーンの真中に甘く入ってきた藤岡の143キロ真っすぐだった。ホームラン談話によると「藤岡さんはストレートが良いピッチャーですし、直球の割合も多いと思っていましたので初球のストレートから狙ってました」と言う。ドンピシャで捉えた当たりはQVCマリンフィールドの左中間に消えていくプロ初ホームラン。(楽1-1ロ)

イーグルスが誇る5ツールプレイヤーとして早くから周囲の期待を集めていた。その期待の大きさから見れば、確かに5年でようやくの一発は、遅いと言えるのかもしれない。しかし、1軍通算131打席目にしてのプロ初本塁打は、妥当な線ではないだろうか。いや、早すぎると言ってもいいかもしれない。未来を嘱望された若鷲の見事な一撃は、2012年5/23中日戦の枡田慎太郎(中田賢一から)、同年6/27日本ハム戦の銀次(多田野数人から)に続く、楽天の生え抜き高卒野手通算3本目のプロ初ホームランになっている。

あくびが出るほど退屈した一戦で、唯一といって良い希望の光となった背番号55の一撃だった。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

塩見、またしても2死からの失点劇



すぐさま同点に追い付いて貰った塩見は、同点直後の3回裏、先頭打者に安打され、この試合初の3塁進出を許したものの、3番・井口をフルカウント勝負の末、三ゴに仕留めて踏ん張る。すると、翌4回裏は4番・サブローから始まるロッテの攻撃を三者凡退。サブローには左翼フェンスぎりぎりまで飛ばされる大飛球を打たれたものの、フェンスに背中をつけながら中島が落下点に入って処理すると、角中は左邪飛、四球を出した今江には当てるのが精いっぱい遊ゴを打たせ3アウト。

しかし、5回裏のことだった。塩見がロッテ打線に捕まり、2失点。2回同様、この失点劇も2死から始まってしまった。

下位打線に対し順調に2アウトを取った塩見、2死走者で9番・吉田に対し、ボール先行で入ってしまったこと。簡単に投げてしまったのが、いけなかった。ボール先行2-1から甘く入った速球を吉田にひっぱられ、打球はサード松井稼のグラブを弾いて左前へ。5月に入って打率.480と絶好調の荻野貴にも失投を左翼線に二塁打を弾き返されてしまう。

2死3,2塁でバッターボックスは5月.391と好調の敵軍主将・鈴木大地。外外と攻め1-1とした後の第3球、伊志嶺の要求どおりインコースを攻めた132キロ速球だった。失投ではない球を振り抜かれ、詰まり気味のフライが懸命にジャンプする藤田を越えて右前へ着弾。これが走者2人がホームに返ってくる勝ち越しタイムリーに。(楽1-3ロ)

塩見は6回裏に連打を許して無死2,1塁のピンチを迎えた所で降板。火消しで二番手・青山が登板。その後1死満塁とすると、ロッテ伊東監督が右の清田に代えて代打・根元のカードを切る。ボテボテの討ち取った当たりは4-6-3のゲッツーコースかと思われたが、一塁全力疾走をした根元の足が間一髪で勝り、併殺崩れの間にさらに1失点(楽1-4ロ)。打てなくても左で俊足の根元ならゲッツーはないだろうという伊東監督の読みが当たってしまうシーンになっている。

20140510DATA09.jpg
HANREI3.jpg

6回以降ヒットなし。打線つながらず。ボウカーブレーキ役に



一方の打線。3回表に西田のソロ弾で追い着いた後、4、5、6回と毎度走者を出塁させたものの、いずれも1死、2死からの出塁。さらに打線がつながらなかった。

5回表には1死後、牧田が左翼線にツーベースコースの当たりを弾き返していったものの、レフト角中に素早くまわりこまれて単打止まり。その後2死1塁で藤田が巧く合わせて三遊間に転がした嫌なゴロ打球を、遊撃クルーズに華麗な守備でさばかれ、チャンスが広がっていかない。

6回表には1死後、AJが再び1塁へお散歩。しかし、ボウカーが併殺打を打たされ、3アウトに。ボウカーはこの試合4打席ノーヒット。走者を1塁に置いた状況で3度バッターボックスに立ったものの、2本の併殺打を打たされるなど、ブレーキ役になってしまった。これで9打席ヒットなし。しかし、これはボウカーの責任ではない。使った指揮官の責任だ。しばらく実戦から遠ざかっていたボウカーを、2軍戦僅か1試合だけの試運転で1軍に合流させ、苦手な左投手先発試合に5番スタメンで使うなど、星野監督と恐らくオーダーを決めたであろう平石コーチの責任と言える。

8回はカルロスロサに、9回は西野に締められ、結局、6回以降、楽天は1本のヒットも打つことができず、1-4で敗退している。

5月に入って4勝4敗。ロッテ戦も4勝4敗の五分とすると、先制された試合の戦績は3勝14敗に。チーム成績は36試合16勝20敗の借金4に逆戻りとなっている。

両軍のスタメン

楽天=1番・西田(遊)、2番・藤田(二)、3番・松井稼(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ボウカー(右)、6番・中島(左)、7番・銀次(一)、8番・伊志嶺(捕)、9番・牧田(中)、先発・塩見(左投)

ロッテ=1番・荻野貴(中)、2番・鈴木(二)、3番・井口(一)、4番・サブロー(指)、5番・角中(左)、6番・今江(三)、7番・クルーズ(遊)、8番・清田(右)、9番・吉田(捕)、先発・藤岡(左投)


20140510DATA06.jpg

塩見、難路をゆく左肩痛復帰ロードマップ



5回0/3、打者23人、82球(1回当たり)、被安打7、被本塁打0、奪三振0、与四球1、失点4、自責点4。

初球23球・・・速球15、スライダー4、フォーク3、カーブ1
2ストライク以降19球・・・速球11、スライダー3、フォーク5

「5回に粘れず、リードを許してしまいましたし、6回も走者を残してマウンドを降りることになったので野手の皆さんにもリリーフの方にも申し訳ないです。そんなに調子自体は悪くはなかったのですが。2アウトから無駄な四球を出してしまったのは一番やってはいけないことですし、失点にもつながってますので反省しています」

医学の知識を持ち合わせていない素人のshibakawaのいい加減な見立てでは、肩と肘。やっかいなのは肩を痛めるほうではないか?と思っている。というのは、肘は乱暴に言ってしまえばトミージョン手術を受ければよい。しかし、肩は永井の例があるように、なかなか厄介というイメージがあるのだ。あくまでも偏見に満ちた印象に過ぎないのだが。

塩見は苦しんでいる。何度も書いているように、結局のところ、ピッチングの軸にならなければならない速球が、1年目のときのように投げることができていないその影響が大きい。

この日のストレート平均球速は134.6キロ。これは今季ワースト2位の数字だった。ルーキーイヤーでこの人が139.5キロの真っすぐをビシ!バシ!と投げ込んでいたことを考えると、そこから約5キロ減となっている現状は、やはり、苦しいと言わざるを得ない。

それでもまだ腕を振ることができている序盤はなんとかなっていた部分もあった。現に初回は全てストレートで三者凡退に切って取っていた。しかし、打順が2まわり3まわりする中で、相手打者の目も塩見の球筋、今日の状態に慣れてきて対応されると、苦しくなってしまうのだろう。

象徴するのは1-1の同点5回裏2死3,2塁、鈴木に2点適時打を打たれた場面だ。内角132キロ速球だった。

インコースは鈴木が苦手とするコースである(昨年の内角打率は.169だった)。今季の対戦の中でもインコースを攻めて鈴木を5打数ノーヒット2三振に討ち取っていたという前歴もあった。そのため、伊志嶺のリードは根拠があるもので、間違いだったとは言えない。

しかし、その苦手のインコースで、詰まりながらも内野の頭を越されたのは、塩見の球威が序盤より落ちてきていたからと言える。実際、スピードも出ていなかったのだ。

昨秋フェニックスリーグで149キロを投げたことが、ことあるごとに言われる塩見だが、地方球場で出た149キロなどアテにならない。というのは、地方球場のスピードガンはかなりいい加減だからだ。実際の球速はそれより10キロぐらい低かったのでは? 今にしてみればそう疑わざるをえない。

20140510DATA07.jpg

20140510DATA08.jpg

変化球を低めに集めた藤岡の粘投



7回、打者26人、99球(1回当たり3.81)、被安打4、被本塁打1、奪三振2、与四死球3(四2死1)、失点1、自責点1。

初球26球・・・ストレート20、スライダー2、フォーク1、カーブ3
2ストライク以降28球・・・ストレート16、スライダー9、カーブ3

アバウトなストレートの制球が逆に的を絞りにくくさせていたのか、一方で変化球は低め低めに集められてしまった。下記配球図の赤色網掛けで示した低めゾーン。ここに記録された変化球は全体の83.3%にも及んでいた。

このコンビネーションが意外と楽天打線を悩ませたのかもしれない。



◎◎◎関連記事◎◎◎
《本日1本目の記事》
田中将大、メジャー初の3連打攻勢を受け2失点も、日米通算33勝達成!~2014年5月9日(木)○NYY5-2MIL
《塩見貴洋の前回登板試合》
【試合評】AJに遅い春がやってきた!! 覚醒の2打席連続、3戦5発のホームラン量産体制~2014年5月3日(土) ○楽天イーグルス6-5ソフトバンク
《直近の試合評》
【試合評】 悩める則本を救った4番AJ外角低め撃ち12号3ラン!!~2014年5月9日(金)○楽天イーグルス5-2ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

先発投手

確かに塩見はケガの影響かストレートの球速が活躍した1年目に比べてかなり落ちてますね。以前は140後半のボールも頻繁に投げ込んでましたね。左でこれだけ速い球投げれるのは凄いと感心してました。今年は中継ぎは福山とルーキーの西宮が今のとこ安定してるし抑えはファルケンボーグを獲得して安定してます。やっぱり先発が厳しいですね。やっぱり生え抜きばかりの先発ローテでは厳しいですかね。3億円で獲得した外人投手もさっぱり名前を聞かなくなりました。今楽天で規定投球回を投げてるのは則本と辛島だけですか?これでは厳しいですね。来年はある程度先発投手の補強が必要かもしれませんね。

Re: 先発投手


まささん

コメント有難うございました。

> 確かに塩見はケガの影響かストレートの球速が活躍した1年目に比べてかなり落ちてますね。以前は140後半のボールも頻繁に投げ込んでましたね。左でこれだけ速い球投げれるのは凄いと感心してました。

そうなんです。1年目、私の手元の記録によると最速149キロを何度も記録していましたよ。今年は最速142キロどまり。6球に止まっています。あの勢いの良いストレート、もう見ることができないのかと思うと残念です。

>今年は中継ぎは福山とルーキーの西宮が今のとこ安定してるし抑えはファルケンボーグを獲得して安定してます。

福山、西宮の奮闘が光りますよね。彼らのうちどちらかが欠けていたらと思うと、背筋が凍る思いです。


>やっぱり先発が厳しいですね。やっぱり生え抜きばかりの先発ローテでは厳しいですかね。3億円で獲得した外人投手もさっぱり名前を聞かなくなりました。今楽天で規定投球回を投げてるのは則本と辛島だけですか?これでは厳しいですね。来年はある程度先発投手の補強が必要かもしれませんね。

仰る通りですね。複数年に渡って実績を残した先発投手をオフに補強できれば良かったのでしょうが、ウルフやスタンリッジ、大竹、涌井(は御免だけども)など色々紙面はにぎわせましたが、結局、動きなし。これはある意味、仕方がないところも。球団は最後の最後までMLB挑戦を表明した田中を慰留するつもりだったでしょうし...



非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}