田中将大、メジャー初の3連打攻勢を受け2失点も、日米通算33勝達成!~2014年5月9日(木)○NYY5-2MIL

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/28配信最新号の主な内容は「現在リーグトップの救援登板。西宮悠介、真の凄さとは?」です。


20140510DATA04.jpg
20140510DATA02.jpg
HANREI3.jpg

田中将大、日米通算33連勝



ダルビッシュがアーリントンを、テキサス全土を、まさにダルビッシュ色に染め上げようとしていた時(惜しかった!)、ブルワーズの本拠地ミラーパークでは7回裏、田中将大が連打を浴び1死3,1塁のピンチを作り、108球で降板していた。

2点リードしていた場面だったが、一発出れば逆転。重要所の継投で二番手ウォーレンが見事な仕事を見せる。敵軍の反攻を三振ゲッツーに仕留め、火消しに成功。8回表に1点を追加したヤンキースはそのまま5-2で逃げ切り勝利。田中はメジャー開幕5連勝、日米通算33連勝の白星を手にしている。

両軍のスタメン

ヤンキース=1番・エルズベリー(中)、2番・ジーター(遊)、3番・ベルトラン(右)、4番・テシェイラ(一)、5番・マッキャン(捕)、6番・ソラーテ(三)、7番・ガードナー(左)、8番・ロバーツ(二)、9番・田中(右投)

ブルワーズ=1番・ゴメス(中)、2番・ジェネット(二)、3番・ルクロイ(捕)、4番・ラミレス(三)、5番・レイノルズ(一)、6番・デービス(左)、7番・セグラ(遊)、8番・シェーファー(左)、9番・ガヤード(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

初回無死2塁のピンチを切り抜け、波に乗る



ブルワーズとのインターリーグ3連戦の初戦だった。ヤンキースは現在18勝15敗のアリーグ東地区2位、対するブルワーズは22勝13敗のナリーグ中地区1位。相手先発はブルワーズ生え抜き8年目、5年連続二桁勝利を挙げている右腕だ。

序盤3回までは両軍無得点。投手戦になった。

しかし、田中は1回表、いきなりのピンチに見舞われている。味方打線が三者凡退に倒れた直後、田中の立ち上がり、1番・ゴメスに3-1から四球。初回先頭打者にフォアボールを与えてしまったのはメジャーでは初のことになった。

昨年20本塁打&40盗塁、今季は8本&4盗塁の俊足を塁上に出してしまうと、すかさず盗塁で2塁を奪われ、いきなりの無死2塁ピンチ。その後、バントで送られ1死3塁、スコアリングポジションに走者を置いてブルワーズの3番、4番との対決。ここを制したのが、その後の好投、5勝目につながった。

両者いずれも早々に0-2と追い込んだのが奏功。3番・ルクロイは低めスプリッターで泳がせて遊飛、メジャー通算354本塁打の4番・ラミレスには低め変化球を3球全て空振りさせての3球三振。田中が3球全て空振りで取った三振はメジャー初になっている。

立ち上がりの危機を脱出した田中は2回以降は5回までスイスイピッチング。

2回裏は5番から始まる相手の攻撃を僅か8球で三者凡退。先頭の5番・レイノルズを3球で三ゴに仕留めると、昨年後半頭角を著したクリス・デービスには初球ストライクを取った後、2球連続で空振りさせての三振。7番打者には外角いっぱいの投球をバットの先で打たせての二ゴ。燃費の良いピッチングをみせた。

ジーターに笑われたメジャー初打席空振り三振に倒れた直後の3回裏、2死後から初めてヒットを許した。

打順が2回り目に入った1番・ゴメスの初球がすっぽ抜けてボール。打者10人目にして初球が初めてボールになった対決で1-1から落ち切らないスプリッターを左前にクリーンヒットされている(ゴメス対右投手OPS.906打率.302だった)。初回に足で得点圏に進出された嫌な打者に出塁されてしまったが、後続を左飛に仕留めて事なきを得ている。

田中が初安打を許した回をしっかり抑えると、その直後の4回表、味方打線が4点を奪取。先頭・ベルトランの四球を皮切りに作った1死2,1塁でソラーテが2号3ランをかっ飛ばすと、その後、下位打線の短長連打でさらに1点を加えたヤンキース。田中に力強い4点の援護点が入っている。

4点先制直後の4回裏、1死からヒット1本を許したが散発。後続に自身の打撃をさせずに退けると、投手含む下位打線との対決になった5回裏はこの試合2度目の三者凡退。5回終了時で69球と球数も少なめ、5回までは上々だった。

4点リードの6回裏、上位打線3連打で2点を失う



しかし、4-0の4点リードで迎えた6回裏、2点を失った。この回は1番・ゴメスから始まる敵軍3巡目の攻撃だった。

四球、右安でアウトにできていない1番・ゴメス。もちろん田中もこの打者の出塁はあってはならないと当たり前のように分かっていただろう。だからこその初球カーブから入る配球も、高めに抜けてしまい1-0。その後、内角を2シームで攻めてファウルを打たせ、ベース上に落として空振りを奪い1-2と追い込んだものの、決め球スプリッターが落ち切らない所を狙われた。センター右の右中間に飛んだ当たりはツーベース。

無死2塁で2番・ジェネット。前の打席、甘く入ったツーシームを打ち損じてフライアウトに倒れていた新進の左打者は、2度甘く入ったツーシームを見逃すことはなかった。今度は左中間を真っ二つにされる二塁打。ゴメスが生還して1失点。さらに3番・ルクロイにもセンター返しを浴び、2失点。この回の田中、ブルワーズ上位打線に長短3連打を許して2点を失っている(NYY4-2MIL)。

実はルクロイの初球投球後、試合が一時中断した。ファンがフィールドに闖入し、係員に取り押さえられるというハプニングが発生。これが原因で投球リズムを乱して2失点目につながったとは私は思っていない。

田中が1イニング内で3連打を浴びたのはメジャー初。なおも無死1塁、ここで後続の4番・ラミレスに10球粘られながらも最後は6-6-3の併殺打を打たせることができたのが、勝敗の分かれ目その2だったかもしれない。ここで4番打者につながれてしまうと、苦しくなっていただけに、メジャーで1打席二桁球数を要した初のケースになったものの、ここで4番・ラミレスをしっかり討ち取ることのできた意味は大きかった。

しかし、6回だけで26球を費やして94球。7回までだろうなあと思われたその7回裏は1死から下位打線に連打を許し、1死3,1塁で108球となったところで降板。マウンドを二番手ウォーレンに託すかたちとなった。



速球も上々。右打者への変化球は76.5%を低めに集中



6回1/3、打者26人、108球(1回当たり)、被安打7、被本塁打0、奪三振7、与四球1、失点2、自責点2。
ストライク率66.4%、対戦被打率.292。

初球26球・・・4Seam8、Sinker7、Slider6、Splitter2、Curveball3
2ストライク以降30球・・・4Seam7、Sinker3、Slider8、Splitter12

前回登板5/3レイズ戦では4シームの平均球速が145.6キロしかなく軸球がない状況での苦しい投球を余儀なくされた田中だったが、中5日で迎えたインターリーグ初登板では4シームも平均148.2キロと球速もあり、空振りも奪うことができており、上々だったと思う。

低めへの制球が冴えた。特に右打者。全体の55.8%、変化球の76.5%を低めに集めて、ブルワーズの右打者を大いに悩ませていたと思う。年に1度当たるかどうかという違うリーグ相手との交流戦。ブルワーズも同リーグ同地区の対戦相手に臨むような入念な準備はなかったはずだ。そのため、打者1巡目2巡目は相手を圧倒できていた田中だったが、球筋に慣れてきた3巡目に入って失点を重ねてしまった。その辺りはさすがナリーグ中地区1位を走るチームだと感じた。

これで田中は5勝負けなし、防御率2.57、WHIP1.00としている。

打者・田中将大としては3打席3三振に終わっている。

時間がないので、本エントリーはここまでです。

20140510DATA03.jpg


※時間が無いため、108球の詳細(カウント推移/球種など)は割愛します。



◎◎◎関連記事◎◎◎
3勝目の田中将大。見どころとなったオルティス、ナポリ、ボストン主軸との対決劇~2014年4月22日○NYY9-3BOS
日曜夜の逆転勝利に貢献した田中将大。5戦連続のクオリティスタート達成~2014年4月27日○NYY3-2LAA
走らない速球系、制球も定まらず。変化球頼みとなった苦心の田中将大、それでもメジャー4勝目~2014年5/3○NYY9-3TB


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
19位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}