【試合評】星野監督と佐藤コーチによる西宮悠介絶賛無駄遣い~2014年5月2日(金) ●楽天イーグルス2-5ソフトバンク

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/28配信最新号の主な内容は「現在リーグトップの救援登板。西宮悠介、真の凄さとは?」です。





連敗ストップの楽天、則本で足踏み



前夜、連敗を5でストップさせた星野楽天は今日から2位・ソフトバンクを迎えての3連戦。その初戦、則本を押し立て、5月反転攻勢の起点とする連勝を築きたい、そんなホークス6回戦になった。

対する鷹の先発は攝津。通算5度目の投げ合いは、決して本調子ではない両投手粘りの投手戦。ロースコアの展開となった。6回を終了した時点でイーグルスは1-2で1点を追う状況。1点差で終盤を迎えていた。

則本は4回にクリーンアップの長短三連打攻勢で2点を先制されると、その直後、再度気持ちを入れ直し、5回、6回は三者凡退投球。その粘投に応えるかのように6回裏、AJが2試合連続のホームラン(ビデオ判定)。1点差とした。しかし、7回、ここまで堪えてきた則本が下位打線にヒット3本を集められて1点を失う。

9回には二番手・西宮が松田にソロ弾をくらうと、三塁打を打った柳田を細川の犠飛でホームに返され2失点。9回裏、ここまで防御率0.00だったサファテから1点を取ったものの、反撃はそこまで。結局、2-5で敗れ去っている。

これで直近10試合は3勝7敗、コボスタ戦績6勝9敗、チーム成績は13勝17敗の借金4。オリ金子をホームラン攻勢で攻略した日本ハムに抜かれて楽天は単独5位へ後退。ゲーム差は1位・オリックスと6.5、2位・ソフトバンクと5.5、3位・ロッテと2.0、4位・日本ハムと1.0、6位・西武と3.0としている。

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・本多(二)、2番・今宮(遊)、3番・内川(指)、4番・李大浩(一)、5番・長谷川(右)、6番・松田(三)、7番・柳田(中)、8番・細川(捕)、9番・中村(左)、先発・攝津(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・枡田(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(三)、6番・小斉(一)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・則本(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20140502DATA07.jpg
HANREI3.jpg

楽天ベンチは上手い負け方を学習する必要がある



最も強い違和感を感じたのは、則本の投球でも、制球もアバウトで本調子ではない攝津を攻略できずに終わった打線の話でもない。9回表のマウンドの光景だった。そこには西宮悠介がいた。

この回は6番・右の松田から始まるホークスの攻撃だった。楽天ベンチは二番手に西宮を送り込む。この後、西宮は松田に外角甘く入ったスライダーを右翼席Eウィングに放り込まれると、柳田には高めに浮いた速球を右中間へ打ち返されスリーベース、細川には左翼後方へ犠飛を打たれる散々な結果で2点を失っていた。

しかし、西宮をどうこう言う気にはなれないのだ。新人にも関わらず、ここまで開幕29試合でその約半分の15試合に登板。今日のマウンドが16試合目に当たっていた。これはリーグ最多登板数になっている。このままのペースだと144試合で77試合に投げることになる。はっきり言って、登板過多と言えた。先週土曜から本戦をいれて1週間で4試合に投げている。中には連投もあった。そんな中でのピッチングとなっていた。

果たして、2点を追う9回表の場面、二番手として西宮をマウンドに上げる必要がどこにあったのか?

もし2点差のまま9回裏、味方最後の攻撃を迎えたとしても、相手は被打率.174のサファテである。楽天は5番・銀次から下位打線に入っていく打順。その状況下で2点を取らなければならない。誰が考えても難事業であることが予想された。

あの場面で2点ビハインドは事実上の敗戦処理なのだ。上がってきたばかりの菊池あたりにお試しで投げさせとけばよかったのである。ここで今最も信頼に足る救援新人左腕を無駄遣いする必要はどこにもなかったわけだ

星野監督、佐藤コーチは調子の良い投手、経験に乏しくて波に乗っている投手を短期間に集中して起用する傾向がある。例えば、西宮にはマウンドを重ねるたびに毎回新たな発見の日々だろう。対戦打者のバットのスイング、癖など18.44mを介してしか分からない生身の情報があるからだ。実戦で投げさせて鍛えるという起用法には、私も理解している。しかし、ある地点までの話。今回はその限界を超えていたように思う。

ここまでせっかく良いイメージでプロキャリアを歩み始めた西宮にとって、意味のない登板で悪夢の長打攻勢2失点。受ける必要のないダメージを被ったと言える。私は西宮が今回の件を切り代えて次回からまた好投をしてくれると信じているが、もしこの2失点で西宮が調子を崩したら、楽天の左のセットアッパーは誰が担うのだろう?

金刃は調子が上がらずにファーム調整中。戻ってきたばかりの長谷部、新人の相原はまだ読めない存在。1軍に合流したとされる困ったときのボブは先発要員だろうし、今、西宮に倒られでもしたら、一気に台所事情は火の車になるリスクを孕んでいる。

まだまだ先が長いペナントレース、この時期に無理をさせる必要は全くなかった。理解のできない起用となった。楽天ベンチは試合を上手く落とす方法を学習しなければならない。今のままでは、西宮の使い方などは特に、典型的なBクラスチームの継投そのものになってしまっている。

■西宮の登板時点差状況
リード2試合 (+4点2試合)
同点1試合 (延長戦)
ビハインド13試合 (-6点1試合、-3点4試合、-2点5試合、-1点3試合)

20140502DATA08.jpg

投球回より多い本数のヒットを打たれている今季の則本



8回、打者32人、133球(1回当たり16.63)、被安打9、奪三振7、与四球1、失点3、自責点3。

大炎上から1週間。この間、佐藤コーチのアドバイスで投球フォームを修正したという。具体的には右肘の使い方を改善、調子が上がってきたと本人が語る中での登板となった。粘投をみせたが、しかし、開幕投手対決を制することができず3敗目。

則本が投球回より多い本数のヒットを許したのは、昨年27試合で6試合に止めていた。しかし、今年は6試合で既に3試合。非常に多いのだ。やっぱり、今季ここまでの則本は本調子ではないと言える。

昨年.232だったストレートの被打率を確認しても、試合前時点で.297。本戦では.294。約3割を打たれている。昨年145.2キロを記録したストレート平均球速も、本戦では143.2キロ。約2キロ減となっている。

やはり、1年目と比べた時に、真っすぐが思うように伸びていない、走っていないのだろう。

重要所でのコントロールも甘かった。打たれたヒット9本のうち、嶋の構えたミットどおりに投げ込んで打たれたのは僅かに3本。残り6本はミットより甘く入ったり、逆球になったりしたものを打たれているのだ。

コントロールもアバウトだったため、カウント構築に失敗。打者3球目で2-1カウントにしてしまう率が61.1%を記録。被安打9本のうち8本が追い込む前の0-0、0-1、1-0、2-1、3-1、ボール先行カウントが多かった。追い込んでからの1本もフルカウント勝負からのヒットで、打者有利のカウント状況での対戦を余儀なくされた。

20140502DATA09.jpg

20140502DATA10.jpg

先頭打者出塁の3イニングで1点も取れず・・・



7回、打者27人、113球(1回当たり16.14)、被安打3、被本塁打1、奪三振5、与四死球3(四2死1)、失点1、自責点1。

私達が良く知っている攝津ではなかった。立ち上がりに2四球。全体ストライク率も60.2%と低く、初球ストライク率40.7%、3球目2ストライク率も47.1%と低値を記録していた。

前夜、ロッテの守備ミスに乗じて攻略した楽天打線だったが、今夜はそのミスに乗じることすらできない。

初回2四球で2死2,1塁のチャンスに銀次は左飛。松田のエラーで掴んだ無死1塁の3回はバントで二進させたものの、藤田、枡田が凡退。4回は先頭AJが左肩にすっぽ抜けをくらうデッドボールで出塁したが、2死2塁で西田が10球粘った末に惜しくも三振していた。

5回には先頭・嶋が活路を切り開くセンター返しで三度の無死1塁。しかし、後続の島内がアウトコースを際どく攻められ、6-6-3の併殺打でチャンスをフイにしてしまう。

決して本調子ではない中でも、主導権を渡さずにしっかりゲームメイクする点は、則本も見習う点が多い攝津のピッチングになっている。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《則本昂大の前回登板試合》
【試合評】 天国と地獄を見た男~2014年4月25日(金) ●楽天イーグルス0-11オリックス
《直近2試合の試合評》
【試合評】 チームを5連敗においやった星野仙一監督2014年最大の悪手~2014年4月30日(水) ●楽天イーグルス2-3ロッテ
【試合評】 相手ミスに乗じ大技小技炸裂。イーグルス、唐川を2戦連続KOで連敗を5でストップ~2014年5月1日(木) ○楽天イーグルス8-4ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

仙一は昔から上手い負け方ができないですね・・・

昔、ドラゴンズファンで仙一大好きな友人が「選手もファンも諦めてる試合でもあのおっさんだけ諦めてなくてたまにその執念で勝ってまうことがある」と言ってましたが、タイガース時代にもそんな試合を見せてもらったことがあります

投手の酷使は年いってから控えめになってたと思っていたんですがそうでもないんでしょうか・・・

現地観戦でした。

昨夜は現地観戦でした。

>>あの場面で2点ビハインドは事実上の敗戦処理なのだ。上がってきたばかりの菊池あたりにお試しで投げさせとけばよかったのである。

あの場面は確かに。菊池は連投している訳でもない。今後使えるかどうか、につながるかを試してもよかったと思う。
まさか5/5L戦を相原か長谷部を先発させるため、と深読みもした。(今日新聞で川井が帯同で練習に参加、5/5先発予定)でも2人とも中継ぎだしあり得ないよなぁ…とも思う。

もしかしたら5/3先発の塩見がここ3試合と同じく5回持たず降板された時に投げる右の中継ぎとして菊池を温存したかった?からかもしれない。それで投げるとしても2回で、前日1回投げる分にはいいのでは…?と思うが。
今後の先発ローテだと4日辛島、5日川井、6日上園となる。
となると、川井と誰を入れ替えるか?
塩見が悪ければ塩見だが、良ければ登板過多で疲労がある西宮を休ませる予定で考えていたのか?

Re: No title

哲さん

> 仙一は昔から上手い負け方ができないですね・・・
>
> 昔、ドラゴンズファンで仙一大好きな友人が「選手もファンも諦めてる試合でもあのおっさんだけ諦めてなくてたまにその執念で勝ってまうことがある」と言ってましたが、タイガース時代にもそんな試合を見せてもらったことがあります

あらら...昔からなんですか... 144試合全体を見渡せず、目先の勝利にこだわりすぎるのは、典型的なBクラスチームの指揮官の思考だと思うので、考えを改めて頂きたいのですが...

> 投手の酷使は年いってから控えめになってたと思っていたんですがそうでもないんでしょうか・・・

就任1年目は新人の美馬を使いまくってました。で、案の定、怪我したんですよねえ...

Re: 現地観戦でした。

> 昨夜は現地観戦でした。
>
> >>あの場面で2点ビハインドは事実上の敗戦処理なのだ。上がってきたばかりの菊池あたりにお試しで投げさせとけばよかったのである。
>
> あの場面は確かに。菊池は連投している訳でもない。今後使えるかどうか、につながるかを試してもよかったと思う。
> まさか5/5L戦を相原か長谷部を先発させるため、と深読みもした。(今日新聞で川井が帯同で練習に参加、5/5先発予定)でも2人とも中継ぎだしあり得ないよなぁ…とも

よく分からない起用になってしまい、残念です。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}