【試合評】 天国と地獄を見た男~2014年4月25日(金) ●楽天イーグルス0-11オリックス

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/24配信最新号の主な内容は「なぜ西武・炭谷は松井裕樹のプロ初勝利を消す2点適時打を打つことができたのか?」です。





地獄を見た則本昂大



1週間前、コボスタで9回6安打8三振の128球。ファイターズ相手にプロ初完封勝利を成し遂げて天国を見た則本昂大は、1週間後の敵地・京セラドームで今度は地獄を味わっていた。

1回裏、ヘルマン、駿太、糸井の3人を10球で片づけた則本は、良い立ち上がりのように見えた。

オリックスと言えば、昨年は5試合に登板、対戦チーム別で最多の4勝を挙げ、防御率1.56もパリーグの対戦チーム別では最良。新人王にとってバファローズは“お客様”のはずだった。

しかし、2回裏、オリックス打線の逆襲が始まってしまう。

ペーニャ、T-岡田と中軸をフライアウトに打ち取って2アウト。これから下位打線に向かおうという所で、ふっと集中力が切れてしまったのか?なんなのか?... 平野恵の右前安打を起点に2死からの4失点劇になってしまった。

原拓には初球に投じたカーブを左前へ巧打され、スコアリングポジションに走者が進み2死2,1塁。バッターボックスには安達。試合前での打率は.148だった。

この8番ショートが安達が「伏兵」だった。

3球目のスライダーで空振りを奪って1-2と追い込んだ則本だったが、そこからフルカウント勝負に持ち込まれてしまう。2度外角低め誘い球のスライダーが決まらず、見きわめられて3-2。ラストにスライダーを要求した嶋のサインに首を振って投げ込んだストレートもアウトコースはずれてフォアボール。

2死ながらも塁は全て埋まり満塁、9番・伊藤という場面だった。試合前の打率は.157。2割に満たない打者相手にボール先行させてしまったのが拙かった。

1-1からの第3球、アウトコースへ決めたかったストレートが上ずり、高めに抜けてしまいボール。その後、外のスライダーで2-2とカウントを並行に戻したものの、満塁でフルカウント勝負は避けたいという気持ちが働いたのかもしれない、2-2からの第5球ストレートがアウトハイのストライクゾーン、打ち頃に甘く入ったところを右打ちされてしまう。

右前を襲った飛球に対し、岡島がチャージ。しかし手前に弾んだ打球をグラブで弾いて後逸させてしまい、これが2点先制二塁打に。

なおも2死3,2塁でヘルマンには三遊間を突破され、これまた走者2人に悠々生還されてしまう。(楽0-4オ)

今季最多の1イニング4失点をくらった則本は、その後もズルズル....

3回裏も2死から4番・ペーニャ、5番・T-岡田、6番・平野恵が二塁打のつるべ打ちで2失点。前2本がフェンス直撃弾になると、後ろ1本もウォーニングゾーン着弾の大飛球。T-岡田、平野恵の結果球は嶋の構えたミットに投げ込むことができず、甘く入った失投を打たれてしまった。(楽0-6オ)

プロ最多タイの6失点を喫した則本は、その後さらに3点を奪われている。

4回はこの試合、守備でも身軽なグラブさばきをみせ金子の好投を支え、前の打席では試合の別れ目になった四球を選んだ安達が今季2号ソロ。その安達は長短3本を集めた翌5回にもタイムリーを放つなどして則本から2得点。オリックスのリードは一気に9点へと広がった。(楽0-9オ)

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140425DATA05.jpg
HANREI3.jpg

楽天打線、自由自在の金子千尋の操り人形と化す...



一方の味方打線。田中無き後のパリーグで最高峰の名を欲しいままにする金子千尋の前に全く歯が立たず。

4回まで三者凡退を献上。5回2死まで四死球ですらも出塁できず、嫌な雰囲気が漂ってしまう。金子との相性が良い松井稼がなんとか中前へ打球を運んで出塁に成功して、金子の大記録の可能性を潰すのがようやっと。

松井稼を1塁に置いて直後の枡田が、もう1つの大記録、1000奪三振を献上してしまう。

試合が早々に壊れたことで、中盤早々にレギュラーを休ませ、控えメインの陣立てになったことも大きいだろう、結局、完封勝利を飾った金子の前に僅か1安打。

6回から敗戦処理として3イニングを投げた相原はプロ初登板。難しい状況でのデビュー劇になった。

今季初の零封負けでこのカードの初戦を落としている。(カードの初戦成績は5勝4敗)

チーム成績は12勝12敗の五分に逆戻り。4/8以来、なかなか貯金を2に持っていくことができず足踏みが続くイーグルスは、オリックス戦の成績は4試合4敗としている。順位は3位のまま。ソフトバンクが敗れたため、オリックスが単独首位に浮上。そのオリックスとの差は3.5に広がった。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・松井稼(遊)、7番・枡田(左)、8番・嶋(捕)、9番・牧田(中)、先発・則本(右投)

オリックス=1番・ヘルマン(三)、2番・駿太(中)、3番・糸井(右)、4番・ペーニャ(指)、5番・T-岡田(一)、6番・平野恵(左)、7番・原拓(二)、8番・安達(遊)、9番・伊藤(捕)、先発・金子(右投)


20140425DATA06.jpg

則本、11安打9失点は自己ワースト



5回、打者27人、101球(1回当たり20.20)、被安打11、被本塁打1、奪三振3、与四球2、失点9、自責点9。

「今日は本当に何も言うことがありません。チームに申し訳ないです…」

オリックス打線は2ストライクを取られる前のカウント球を積極的に打って出ていた。2回2死からの平野恵、原拓の初球打ち連打。今から思えば則本にけっこうなダメージを与えたと言えそうだ。相手は金子千尋。先制失点は許されないという思いに足を取られ、続く安達にフォアボール。ズルズルと泥沼にハマってしまった2回裏の4失点劇だった。

投げたい所へ投げるコマンド力が足らなかったのも敗戦の原因だと言えるし、そもそもストレートが思った以上に威力が無かったのかな?と感じる。

スピードガンでは最速149キロ、平均143.7キロと出ていたものの、149キロのストレートを伊藤に軽々とライト前へ弾き返されたことを考えると、回転速度が少なく伸びが足らなかったのでは?と言えそうだ。もし、いつもの則本の真っすぐだったら、あの当たりは一塁側にファウルになっていてもおかしくはない場面だった。

そのことはストレートで奪った空振りが僅かに1個だけだった事実からも推測できる。プロ初完封勝利の前回はストレートで9個取っていたのと比べると、明暗分かれた結果になった。

前回128球を投げた疲労が身体から抜けなかったのでは?とも言えそうだ。ゴロ率でみても22.7%は今季ワーストの数字になってしまっている。


■則本昂大の試合別ゴロ率
3/28西武戦 52.6%
4/4ソフトバンク戦 36.4%
4/11ロッテ戦 41.2%
4/18日本ハム戦 52.2%
4/25オリックス戦22.7%


カードの初戦、相手打者の内角攻めができず・・・



配球面で言えば、打者の左右問わず、インコースを真っすぐで攻めることができなかったのも影響しているのでは?と考えている。

嶋マスク時、左打者には1回糸井の3球目など僅かに3球だけ。右打者には1回ヘルマンの結果球、2回ペーニャぐらいだと思う。2回ペーニャの4球目は高め釣り球だったので内角を攻めたとは言えそうもない。

被安打11本のうち8本が真中から外角で打たれたことを考えると、簡単に踏み込まれていたのかな?ストライクゾーンの両サイドを有効的に使えなかったのかな?という印象になる。

カードの初戦を任された先発投手が相手打線の内角をしっかり攻めておかないと、2戦目、3戦目以降の戦いにも悪影響を及ぼしてしまうことがある。その意味で、則本と嶋、今日の楽天バッテリーは失格と言えそうだ。



20140425DATA08.jpg

金子千尋、楽天戦の通算成績17勝3敗1Sへ



9回、打者29人、106球(1回当たり)、被安打1、奪三振14(見三振6、空三振8)、与四球1、失点0。

それにしても、この人らしい持ち味が存分に発揮された、そんなピッチングを許してしまった。打者の打ち気を上手く誘うような絶妙な所にピンポイントで投げ込み、その餌にまんまと食いついてしまった楽天のバッター陣。

中には微動だにせず、打席に立ったままで見逃し三振に帰って来る者もいて、あんな光景を見せられると、今夜の楽天打者は私でも十分務まったのでは?と思えてしまう。

「あのチェンジアップは真っ直ぐの軌道で来るので、投げた瞬間真っ直ぐなんですよ。打ちにいったら全然ボールがまだ半分ぐらい(しか来ていない)なので、もう1回振れるような、そのぐらい抜けています」。銀次もそのように脱帽するチェンジアップを始めフォークなど落ちる系の球が楽天の打者を苦しめた。

さらには左打者のインコースに投げ込まれるカットボールやスライダー。藤田、岡島が痛い自打球ファウルを打たされるなど、防戦必死の対応を余儀なくされている。

13本のストライク寄与ファウルを打たされ、見逃しストライク率は24.5%と高く、ゴロを量産。まさに完敗。

金子千尋の楽天戦での完封勝利は通算8度目。奪三振14は楽天戦で奪った最多数となった。

■オリックス金子千尋の楽天戦通算投手成績
※2014年4/25終了時


◎◎◎関連記事◎◎◎
《則本昂大の前回登板試合》
【試合評】則本プロ初完封勝利。最多22,688人を集めた呵々大笑の会心劇~2014年4月18日(金) ○楽天イーグルス11-0日本ハム
《直近2試合の試合評》
【試合評】お粗末すぎる12四球。8四球の松井裕樹2軍行きへ~2014年4月23日(水) ●楽天イーグルス5-7西武
【試合評】 三木谷オーナーも直接ねぎらった森雄大19歳8カ月のプロ初勝利~2014年4月24日(木) ○楽天イーグルス6-1西武


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

則本、投げさせすぎじゃないですかね…
かなり気になります。

Re: タイトルなし

アーカイブスさん

> 則本、投げさせすぎじゃないですかね…
> かなり気になります。

その点は確かに気になりますね。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}