【試合評】辛島航2勝目、8回ゼロの安定投球。今季初のシャットアウトゲーム~2014年4月13日(日) ○楽天イーグルス3-0ロッテ

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/7配信最新号の主な内容は「開幕3カードを終えて。shibakawaによる主要打者寸評」です。





辛島航vs石川歩、防御率0点台投手の激突



初戦を開幕投手の則本で落とし、2戦目は球団新の24安打17得点で爆勝。1勝1敗で迎えた3ゲームシリーズの第3戦である。

楽天の先発は辛島。ここまで2試合に投げ、12回1/3自責点1、防御率0.73。対するロッテはドラ1の新人右腕・石川歩。2試合、14回2/3を投げてこちらも自責点は僅かに1。防御率0.61。防御率0点台投手が激突した第3戦は、辛島が石川にプロキャリアの差を見せつけた、そんな試合になった。

8回を投げた辛島はロッテ打線を散発4安打に抑えて無失点。打線が中盤に上げた3点を守り切り、2勝目。防御率はさらに0に近づいて0.44としている。

これでチーム成績は8勝7敗の貯金1。順位はファイターズと共に3位タイ。今日ホークスがオリックスを降して同率1位につけ、楽天は週明け適時で1.5ゲーム差の1位・ホークスと激突することになっている。

火曜日から始まったビジター日程は残り2戦。ここまで3勝3敗は御の字とも言えるかもしれない。ぜひ福岡で最低1勝を上げて、ビジター日程トントン、トータルで貯金1で帰仙したい。

スタメンマスクは小関。伊志嶺合流



本日、楽天は伊志嶺を今季初の1軍登録をしている。代わりに2軍行きを告げられたのは昨日アピールできなかった武藤。もう1度下で出直しである。また、本戦のスタメンマスクは小関。4試合目の先発出場となった。

伊志嶺を上げたこと、小関がマスクを被ったこと等を考えれば、嶋の状況が気がかりである。先日ファウルチップで痛めた部位の回復が思わしくないのか、あるいは新たにどこか痛めてしまったのか、心配になってくる。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・松井稼(遊)、7番・枡田(左)、8番・小関(捕)、9番・聖澤(中)、先発・辛島(左投)

オリックス=1番・ハフマン(右)、2番・根元(二)、3番・井口(一)、4番・今江(三)、5番・角中(中)、6番・サブロー(左)、7番・井上(指)、8番・吉田(捕)、9番・鈴木(遊)、先発・石川(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

楽天がAJの3号ソロで先制



両先発が序盤3回をゼロに抑えた。しかし、終わってみれば既に立ち上がりの1回から明暗分かれる兆しはあったのかもしれない。

1回表、石川は結果的に無失点に抑えたものの、楽天打線は走者2人を塁上に出し、新人右腕を悩ませた。1死後、藤田が石川の足下を射抜くセンター返しで出塁。2死後、AJが不気味な佇まいで1度もバットを振ることなく歩いて2,1塁を作っていた。
惜しくもユーキリスが凡退したものの、石川の投球は2-0、2-1といったボール先行が多く、逆球も目立つ立ち上がりになった。

その後の1回裏、辛島はロッテ上位打線を3人で退けていく。前日4安打のハフマンを初球うちショートのイージーゴロに料理すると、根元には投ゴを打たせ、追い込んだ井口は中飛。三者凡退で8イニングの初回を終わらせた。

1、2回を三者凡退に抑えた辛島は3回裏、この試合初のピンチを迎えていた。先頭・井上に安打出塁を許すと、バントに暴投が絡んで走者に三進されていた。打席は鈴木、ハフマンと続く場面。ここで辛島の丁寧な投球が光る。球を低め低めに徹底して集めて、鈴木をアウトコース低めボール球の変化球で泳がせて三振に取ると、ハフマンにも外のクサイ球をひっかけさせてサードゴロ。1死3塁のピンチをしのいでいる。

その直後だった。楽天に先制点が入っている。

4回表1死後、AJ。初球インコースの厳しい所を攻められ、ハーフスイングを取られ、球審・山口に手を広げ、穏やかな口調で確認。その後「ハイ、ワカリマシタ、スミマセン...」と言ったかどうかは知らないが、ヘルメットのつばを持ちながら球審へお辞儀をした直後、AJのバットが唸りを上げている。

証拠写真はfacebookページです。コチラをクリック。

アウトコースのスライダーだった。フルスイングで飛ばした大弾道は左中間スタンドの深い所に突き刺さる3号先制ソロショット。まるで窮地から帰還した辛島をねぎらうかのような一発だった。(楽1-0ロ)

(下記へ続く)

20140413DATA02.jpg
HANREI3.jpg

左中間を完璧に割った岡島豪郎の2点二塁打



翌5回表、イヌワシ打線は2点を追加している。

1死後、嶋に代わってマスクを被った小関が口火を切った。石川の高め速球を右前へ綺麗に弾き返すクリーンヒット。続く聖澤が石川のすっぽ抜けカーブを右膝に受けるデッドボール。2,1塁で岡島。前日、ソロ弾で17得点の号砲を担った1番打者が、今日は逆方向へ弾き返していく。心地よく伸びた打球は外野の間を完璧に割り、左中間ウォーニングゾーンに着弾する2点タイムリーツーベース。リードを3点差とする。(楽3-0ロ)

3点のリードを貰った辛島は5回以降も、安定感のあるピッチングを繰り出し、全く危なげがない。

7回2死からサブローに左翼線に弾き返され2死2塁のピンチを背負ったものの、3回にヒットを許した井上を右飛に抑えてゼロ。8回は代打・新人の三木にプロ初安打を巧打されたものの、ハフマンを岡島の好守を借りて右飛、根元を見逃し三振に討ち取っている。

9回裏、3点リードでファルケンボーグ。3番・井口から始まる中軸を3人で抑えて、4セーブ目を記録。イーグルスがこのカード勝ち越しを収めたという一戦だった。

(下記へ続く)

20140413DATA04.jpg

今季初の零封勝利を手繰り寄せた辛島2勝目。指揮官「一番安定している」



8回、打者29人、107球(1回当たり13.38)、被安打4、奪三振5、与四死球0、失点0。

「昨日の試合は序盤で打ち込まれたので、先発がしっかりするように言われていた。8回まで抑えられて良かった」

8回を投げ終えて107球。今日の辛島なら最後までいけるのではないか?プロ初完封勝利もできるのではないか?そう思われたが、星野監督は無理をさせず、9回、ファルケンボーグを送り出している。まだシーズンは序盤ということなのかもしれない。

楽天先発投手陣、久々のクオリティスタートとなった。

ちょうど1週間前の日曜日ソフトバンク戦、辛島が7回1失点で記録して以来このかた、イーグルスの先発陣は不甲斐ない投球の連続だったのだ。ようやく辛島が先発陣を代表してスカッとしたピッチングをファンに見せてくれた。

序盤2回まで三者凡退投球を見せた辛島だったが、若干の懸念といえば、外野へ良い当たりのフライアウトを打たれていたこと。1回井口、2回今江、同角中の当たりはウォーニングゾーンや外野後方、またはラインドライヴのフライアウトで、この点だけが気がかりだった。

しかし、回を追うにつれてエンジンがかかり、特に3点を貰った直後の5回あたりから、コントロールも抜群に素晴らしくなり、打たれる気がしない。そんな好投だった。

打順1巡目は速球系を軸にピッチングを組み立てると、2巡目にはストレートの割合を減らし、カットボールやシュートといった動く球を織り交ぜ、打者の狙いを逸らしていく。3巡目にはカーブを見せていくなど、小関との呼吸も合っていたように感じる。

対戦打者の左右の区別なく良く抑えていた辛島だったが、今日は特に左打者への投球が100点満点。根元、角中、鈴木のべ9人の左打者と対戦、その対戦成績は9打数ノーヒット4三振だった。

20140413DATA03.jpg

20140413DATA05.jpg

注目の新人に土をつけさせたAJ、岡島の槍働き



7回、打者30人、103球(1回当たり14.71)、被安打5、被本塁打1、奪三振4、与四球3、与死球1、失点3、自責点3。

前回4/6日本ハ戦で9回130球3安打1失点でプロ初勝利を初完投勝利で飾っていた石川。データがまっさらな初物に対し、前日弾薬を打ち尽くした楽天打線は苦労するのかな?という前評もある中、AJと岡島の奮闘にチームは大いに救われた。

聞く所によると、石川の状態は本調子ではなかったという。前回130球投げた疲労がまだ身体に残っていたのかもしれない。それでも、楽天打線を26打数5安打の対戦被打率.192に抑えた石川。絶好調でなくてもハイレベルのピッチングをされたが、その中で良くAJが、岡島が打ったと思っている。

というわけで、さて、これから明日発行のメルマガの執筆に取り掛かります。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《辛島航の登板試合》
【試合評】辛島、制球に苦しみながらも獅子退治成功!! 西宮悠介プロ初登板~2014年3月30日(日)○楽天イーグルス7-1西武
【試合評】8回裏1死3,1塁、師弟愛で鷲づかみにした決勝点~2014年4月6日(日) ○楽天イーグルス3-2ソフトバンク
《昨日の試合評》
【試合評】東北楽天24安打の球団新記録。則本初勝利試合以来の17得点の猛攻~2014年4月12日(土) ○楽天イーグルス17-10ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}