【試合評】辛島、制球に苦しみながらも獅子退治成功!! 西宮悠介プロ初登板~2014年3月30日(日)○楽天イーグルス7-1西武

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/24配信最新号の主な内容は「松井裕樹のオープン戦登板、その成績全詳細」です。




辛島、制球に苦しみながらも獅子退治成功!!



則本、塩見からバトンを託され、いざ獅子狩りのマウンドに向かった辛島航は試合中、苦しんでいた。変化球が思った所になかなか決まらない。微妙な制球に悩まされたものの、しかし、結果は上々。

ライオンズ打線を6回途中3安打に抑え、失点は6回浅村に浴びたソロ弾による1点のみ。西武との対戦防御率で2012年1.98、2013年1.26と2年連続で1点台を記録したその相性の良さは今日も健在だった。

辛島は浅村に一発を浴びた後に降板。二番手で福山が登板。その福山以下、西宮、小山、斎藤の面々が、浅村ソロ弾の後から打者13人に快音を許さなかった。終わってみれば、まさに浅村の一発は空砲となったのだ。

打っては相手のミスにつけ込み、序盤早々に3点を先制。

1点返されてリードが2点に縮まり、追加点が欲しかった終盤7回表にはAJに2点適時二塁打が飛び出し、翌8回表にも3連打を含む4本のシングルヒットを集めて2得点。今季初の二桁安打の打線は先制、終盤の中押し、ダメ押しと理想の形をみせ、イーグルスの投打がガッチリ噛み合い、勝利を飾っている。

開幕3連勝は初めてCSに進んだ2009年以来、球団2度目の快挙となった。

順位はまだ気にする時期ではないものの、ライバルのホークスもロッテを破っての3連勝のため1位タイで並んでいる。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・枡田(左)、7番・松井稼(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・辛島(左投)

西武=1番・栗山(左)、2番・熊代(右)、3番・秋山(中)、4番・浅村(二)、5番・木村(一)、6番・森本(指)、7番・ランサム(三)、8番・炭谷(捕)、9番・鬼崎(遊)、先発・レイノルズ(右投)


ブログ村投票のお願い
嬉しい嬉しい開幕3連勝!!
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞ宜しくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

序盤、相手ミスに乗じて3点を先制



この試合も先手を取ったのはイーグルスだった。1回表、西武の相次ぐミスに乗じた。

四球の藤田を塁上に置く1死1塁、銀次はファーストゴロ。2塁封殺を狙う一塁手・木村の送球が大きく逸れた。オールセーフで2死2,1塁。AJ三振後、ユーキリスの打席時、西武先発レイノルズにもボークが飛び出す。イーグルスは労せずして進塁。

2死3,2塁、一打出れば2点入るという場面、ユーキリスが甘い失投を仕留めた。打ち返しだ打球は突っ込んでくるセンター秋山の前に着弾する、2点タイムリーヒット。開幕3戦連続でイーグルスが先制、序盤の主導権を握った。(楽2-0西)

2点を奪った楽天は、翌2回にも1点を追加した。この回もライオンズ守備陣にミスが出た。

1死1塁、聖澤の当たりは詰まらされてショートへの小飛球。この当たりで思わず飛び出したかたちになった一走・嶋を遊撃手・鬼崎が刺すべく1塁送球。際どいタイミングになったものの、なんという僥倖、送球が逸れて、嶋は二進。直後、3-1から押し込んでいく力強い打撃を見せた岡島の飛球が、左中間フェンス直撃のツーベースとなり、嶋が生還。楽天に3点目が入っている。(楽3-0西)

楽天の先発は辛島。序盤3回まで毎回スコアリングポジションに走者を背負う苦しい投球になった。

1回は1番・栗山に四球、バントで送られ1死2塁。2回は2死走者なしから制球を乱し、3-0、3-1からの2四球で2,1塁。3回は2本のヒットを集められ2死2,1塁のピンチ。しかし、嶋の好リードにも刺さられ、要所で踏ん張りを見せる。1回は秋山、浅村のクリーンアップを凡退させると、2回は昨年左投手OPS.417の鬼崎をポップフライに、3回は木村を見逃し三振に取り、点を渡さない。

粘りの好投をみせた辛島をスパッと代えた楽天ベンチの好采配



粘投で序盤3回を切り抜けた辛島は中盤以降に調子を上げ、4回、5回はいずれも三者凡退。3回木村から6回打撃で精彩を欠いた秋山の代わりに途中出場した山崎まで打者8人連続でアウトにしている。

浅村に浴びた一発は99球目を打たれていた。直後、佐藤コーチが出てきて福山にスパッと変えたのは、好采配だったと思う。

この2年間で被打率.252を記録している辛島だが、球数100球以上では34打数11安打、7三振、4四球、1犠飛、2本塁打の被打率.324と3割を超えていた。2点差だったので、もしひっぱって塁上賑やかしての交代となった場合、一打同点のリスクもありえた。そのため、あの走者がいない時点で、サッと福山に代えたのは好継投だったと思う。

西宮悠介、プロ初登板



翌7回2死走者なし、バッターボックスに鬼崎、栗山と左が続く場面で、佐藤コーチがマウンドへ向かう。右の福山を下ろし、新人左腕・西宮にスイッチしたのだ。オープン戦の好投でアピールし、首脳陣の信頼を勝ち取ったルーキーが、2点リードという勝ち試合でプロ初登板を果たした。

結果は鬼崎に3-1から四球、栗山にもフルカウントからフォアボール。2死走者なしから同点の走者を出す2,1塁のピンチを抱えたが、迎えた右打ちの熊代を2-0から四苦八苦しながらフルカウントまで持ち直すと、ラストは高めボール球の146キロ。思わず熊代のバットも釣られて回るという勢いのある投げっぷりで、三振に取っている。

初登板ということで緊張しただろう。力みもあった。球が上ずる場面が多かった。ストレートも変化球もボールが多く、17球投げたうちストライクは7球に止まった。しかし、最速は147キロ。平均は144.2キロ。140キロ台後半の真っすぐをコンスタントに投げ込む日本人救援投手は、長らく楽天にいなかったので、ハラハラしながらも力のある真っすぐに魅了されたファンは多いはずだ。

楽天の生え抜き新人投手が1年目の開幕カードにプロ初登板のマウンドに立ったのは、2006年3/25日本ハム戦(開幕戦)の青山浩二、同年3/26日本ハム戦(開幕2戦目)の松崎伸吾、2013年3/29ソフトバンク戦(開幕戦)の則本昂大に続く、球団史上4人目の快挙になっている。

レイノルズから序盤3点を奪った楽天打線は、その後も毎回走者を出して攻め立てたものの、徐々にアジャストしたレイノルズからさらなるホームを奪うことはできず、6回まで3得点。しかし、7回以降、継投に入ったライオンズのブルペン陣を攻め立てた。

7回表は岡本篤からAJがサードの右を痛烈に破っていく左翼線二塁打。これが2点タイムリーになる。8回表は昨年後半に好活躍を見せた変則左腕・高橋朋己を攻めた。1死1塁から聖澤、岡島、藤田が高橋の速球をつるべ打ち。藤田の当たりがタイムリーになると、2死満塁で代打・牧田のバットにも打点が付き、2点を追加している。(楽7-1西)

岡島、嶋がマルチ安打。藤田が猛打賞。AJ、ユーキリスがともに2打点。

(下記に続く)

20140330DATA03.jpg
HANREI3.jpg

悩みが吹っ切れたように見えるユーキリス



前日来日1号を放ったユーキリスは、この試合でも4打数1安打2打点の活躍をみせた。

初回貰ったチャンス2死3,2塁での中前へ弾き返した2点タイムリーはお見事。3打席目の右飛も良い感じでバットが振れているようにみえた。

一時期、星野監督の前で何の前振りもなく「クビ! クビ!」と連呼していて周囲を凍りつかせていた時と比べれば、連日打点を挙げることができ、吹っ切れたようにみえる。

そのことを感じたのは3回の第2打席、フルカントから外角低めいっぱいににレイノルズの縦割れカーブが決まり、見逃し三振に倒れた時のことだった。

ユークはボールと判断し、ホームベースをまたいで1塁に歩きかけた。その瞬間、球審のストライク判定。その瞬間、状態を海老反りにさせたユーク。球審に一言言うのか?とハラハラしながら見つめていたが、おもむろにヘルメットを取ったユークの表情からは和やかな笑顔がのぞいていた。その表情は上手く切り替えているようにも見え、野球を楽しんでいるようにも見えたのだった。

◎ユーキリスの日本語に周囲ヒヤヒヤ (東スポWeb 2014年3月17日)

嶋基宏、8打席連続出塁は球団新記録か?!



今日も8番打者・嶋基宏が素晴らしかった。

前日は岡島とともに全打席出塁をみせた嶋。今日も第4打席までヒット、ヒット、四球、四球で連続出塁を8打席に伸ばした。最終打席はあっさり三振に倒れたものの、この8打席連続出塁は、もしかしてもしかすると球団新記録ではないだろうか? 確証が取れていないので、ここでは保留とする。報道の続報を待ちたい。

ちなみにNPBの連続打席出塁記録は昨年4月、広島の廣瀬純が作った15打席連続出塁となっている。

下記に今季の嶋の打撃成績詳細を出してみた。御覧のとおり、センターから右方向がくっきり表れた、この人ならではの惚れ惚れする記録が並んでいる。

(下記に続く)

■嶋基宏 2014年 打撃成績詳細
球種:Ch=チェンジアップ、St=ストレート、Cur=カーブ
20140330DATA06.jpg

20140330DATA04.jpg

成長を感じさせた辛島航の6回途中1失点



5回1/3、打者22人、99球(1回当たり)、被安打3、被本塁打1、奪三振6、与四球3、失点1、自責点1。

ヒーローインタビューで「なかなか思うようなボールがいかずに四球も出してしまったのですが」と辛島本人が語ったように、本当にボール球が多かった。全体のストライク率は55.6%。4球目以降に決着のついた打者対象による3球目2ストライク率は33.3%と低く、ボール先行の場面が目立った。

上記表が示すように、この日はチェンジアップとカーブが思うように機能しなかった。

チェンジアップは16球投げてボールが9球。空振りは僅かに2球。昨年22.8%という高い空振り率を見せたチェンジアップはこの日、なかなか西武打線は振ってくれなかった。カーブは11球投げてボールが実に10球。初球、1-1からの2球目で使われる事が多く、大半がボールになってしまったために、結果としてボール先行カウントが増えるかたちになった。いつもの辛島ならこのブレーキングボールでカウントを取りにいくことができるのだが、そういう意味では今日は苦労した。

ヒーローインタビューによると、プレッシャーもあったという。しかし、その中で、要所で粘って5回までゼロを並べ、6回途中1失点とゲームメイクできたのは、やはり、昨年怪我であまり貢献できなかったという悔しい思いと、日本シリーズで5回無失点の好投をみせて初Vに貢献したその貴重な経験が生きているのだろうと感じている。

この3連戦勝利を収めることができたのは、もちろん、主軸2人を怪我で欠き、調子が上がってこないライオンズ側の要素も大きいだろう。しかし、それ以上に、辛島に限らず、初Vを経験した選手各々が本当に逞しくなっていることを感じさせてくれる3連勝だったかと思う。

さあ、帰仙して本拠地開幕は日本シリーズMVP右腕、美馬学だ。

美馬は現在、昨年のプレーオフ、10/19ロッテ戦の初回を起点に、日本シリーズの10/29巨人戦、11/3巨人戦、オープン戦で3/7西武戦、3/16ヤクルト戦、3/26に実施された日本製紙石巻との2軍練習試合を合わせて、合計33イニング連続無失点が続いている。この記録、どこまで伸ばすことができるか?にも注目していきたい。

20140330DATA05.jpg
◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天日本一の投打の立役者、田中vsマギー夢の対決が実現!!~3/28マーリンズ戦、田中最終登板は6回無失点
【試合評】いざ!連覇へ!白星発進! 則本熱投133球。松井稼ホットゾーンに投げ込んだ岸孝之~2014年3月28日(金)○楽天イーグルス2-1西武
【試合評】塩見貴洋vs菊池雄星。明暗分けた両左腕の真っすぐ~2014年3月29日(土)○楽天イーグルス5-2西武


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}