【試合評】塩見貴洋vs菊池雄星。明暗分けた両左腕の真っすぐ~2014年3月29日(土)○楽天イーグルス5-2西武

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/24配信最新号の主な内容は「松井裕樹のオープン戦登板、その成績全詳細」です。






左腕対決を塩見貴洋が制す!



開幕2戦目は楽天・塩見貴洋vs西武・菊池雄星。両左腕対決となった。

楽天が初回、岡島の二塁打を起点に1点を先制すると、2回に試合をひっくり返され2失点。しかし、直後の3回、その岡島のタイムリーで同点としたイーグルスは、中盤の5回、6回、精彩を欠く菊池から合計3点を挙げ、リードを広げていく。

投げては塩見が8回3安打2失点の好投。9回は新守護神ファルケンボーグがゼロで締め、楽天が開幕2連勝!!

前夜、則本が作った連覇への流れを、完全復活を期す塩見がつないだ。

明日、楽天は辛島をマウンドに送り出す。左投手が弱い西武が中でも苦手とするのが背番号58。2年連続防御率1点台の相性の良さとチームの勢いを追い風に、辛島が獅子退治へ臨む。チームは2009年以来の開幕カード3連勝を目指す。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・後藤(左)、7番・松井稼(遊)、8番・嶋(捕)、9番・牧田(中)、先発・塩見(左投)

西武=1番・栗山(左)、2番・熊代(右)、3番・秋山(中)、4番・浅村(二)、5番・木村(一)、6番・森本(指)、7番・ランサム(三)、8番・炭谷(捕)、9番・金子侑(遊)、先発・岸(右投)


(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
開幕2連勝となりました!! 当ブログも皆さんの応援を励みに
今季も更新を続けてまいります。どうぞ投票よろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

5打席全出塁した岡島豪郎



まるで前夜のうっぷんを倍返しで晴らしたかのような好活躍だった。

3打数ノーヒット1三振だったのが嘘のよう。今日は3打数3安打の猛打賞、1得点、1打点、2四球。5打席全出塁は5打席以上の試合で岡島自身プロ初の快挙となった。(ちなみに嶋も4打席全出塁)

初回表、先頭打者打席でその初球を左中間へ弾き返した二塁打が素晴らしい。試合の主導権をグッと手繰り寄せたチャンスメイクの一撃で2塁に達したタケローは、藤田バントで三進。銀次内野ゴロの間に先制のホームを踏んでいる。僅か6球での電光石火の先制劇だった。(楽1-0西)

援護点を貰って1回裏のマウンドに向かった塩見は三者凡退スタート。しかし、翌2回裏だった。木村、ランサムの右打者に長打攻勢を浴びて同点とされると、炭谷にも高めの投球をセンターへ運ばれ、勝ち越し犠飛。この回2点を失う。(楽1-2西)

一転、追いかける立場になったイーグルスは直後の3回表、嶋、牧田のエンドラン&連打で作っ無死3,1塁でバッターボックスは再び岡島。しっかり振り切った打球は中前へ。このフライヒットで三走が生還。試合は振り出しに戻った。(楽2-2西)

岡島はその後も得点に絡んでいく2四球と1安打を記録している。

(下記へ続く)



苦手コースで3安打の岡島



菊池から記録した左中二、中安、左安はいずれもインコースの速球を仕留めたものだった。

昨年、岡島は左投手が投げてくるインコースの速球に対し、弱点を抱えていた。(上記配球図の水色網掛けがインコース)

昨年、左投手の内角速球を打った時の打撃成績は15打数2安打4三振。打率も低迷し.133だった。全11打球中、外野に達したのはヒットになった2本だけ。サウスポーが投げる内角速球を打って出ても、内野止まりの打球が多かった。

しかし、今日は違った。3本全て外野に到達する当たり。そのうち2本はフライヒット。バットコントロールの巧みさは昨年来のものだが、今年はそれに付け加えてスイングスピードも上昇しているのかもしれない。ここに3年目・岡島豪郎の成長を垣間見た思いがした。

(下記へ続く)

※訂正:西武投手陣の失点、6回は2失点です。
20140329DATA10.jpgborder="0" width="458" height="483" />
HANREI3.jpg

銀次、藤田タイムリー、ユーキリス来日1号



岡島の同点打で追い着いた楽天は、4回裏、塩見がこの試合2度目のピンチを迎えていた。

1死後、制球甘くなった速球を木村に左前へ弾き返され、その後、足で2塁を奪われて1死2塁。しかし、後続の森本、ランサムをゴロアウトに討ち取る。ランサムの当たりはひっぱった強いゴロだったものの、サード銀次がしっかり腰を落として打球を処理している。

ピンチを切り抜けたイーグルスは直後の5回表、2四球で貰ったチャンスの2死3,1塁、銀次が三遊間を抜けるタイムリーで1点を勝ち越し。(楽3-2西)

翌6回にはユーキリスの来日1号ソロ弾で突き離すと、2死走者なしから2四球1安打で満塁のチャンス、藤田が右前適時打。チームの得点を5点とし、リードを3点に広げる攻撃をみせている。(楽5-2西)

8回まで投げた塩見。5回以降の4イニングのうち三者凡退が3イニング。出塁を許したのは7回木村へのフォアボール1個のみというナイスピッチングで8回1失点。球数も少なく、2009年CSソフトバンク戦(岩隈、田中)以来の2試合連続完投勝利も視野に入ったものの、9回は抑えのファルケンボーグが出てきて、ゲームセット。

前夜の則本に続き、今日は塩見。イーグルスが先発投手陣の好投で2連勝を収めている。

20140329DATA11.jpg

塩見、質の良い真っすぐで1年9カ月ぶりの美酒を手繰り寄せる



8回、打者28人、90球(1回当たり11.25)、被安打3、被本塁打0、与四球2、失点2、自責点2。

「ストレートの切れも良かったです」。ヒーローインタビューで塩見本人が振り返ったように、今日の収穫は質の良い速球を数多く投げることができた点だ。最速は3回秋山に投じた142キロ。平均137.7キロ。1年目に記録した平均139.5キロ、2年目の138.8キロには届かなかったものの、球速表示以上のキレを感じさせる真っすぐが印象的だった。

塩見の真っすぐと菊池の速球。その球速帯を確認してみると、塩見は133~142キロの9キロの範囲内に43球が記録されていた(球速不明4球除く)。一方、菊池は131キロ~148キロ。17キロの球速帯の中に66球が集まっていた。

つまり、フォームにしっくりこなかった感がある菊池の真っすぐは、スピードも質もマチマチであったのに対し、塩見の真っすぐは質が整っていたと言えそうだ。

この品質の良い真っすぐを、打者の左右問わずインコースに数多く投げ込み、多くの凡打をもぎ取った。ストレート全体の53.2%が内角を記録。内角速球で奪った凡打は実に8本。打者が差し込まれるケースが多かった。

一方、この日の最遅は98キロを計測。8回金子侑の初球カーブである。この日カーブは12球を投げた。空振り2個、見逃しストライク5個(三振1含む)、ストライク寄与ファウル1個。ライナーアウト1個。12球中9球が塩見に有利に働いていた。

特にこの球にタイミングが合っていなかったのが、栗山である。1回の第1打席2球。完全にアウトコース低めのボール球だったそれを体勢崩しながらスイングしにいき空振りになったシーンが印象的。栗山は8回にもカーブで空振りし、3回はカーブを打ちにいき、ピッチャーライナーに倒れている。

▼右打者の内角に41.4%の球を集めているのが確認できる。制球が甘くなるとヒットを打たれている。左打者のインコース速球で数多くの凡打を取っている。
20140329DATA12.jpg

依然としてゴロが少なくフライが多い点が気がかり



ストライク率などカウント構築も上々。投手有利の環境を作り出すことができていた。全体ストライク率、初球ストライク率、3球目2ストライク率いずれも70%を超えてきている。

それでは完全復活へ向けての課題は無かったのか?と言うと、もちろん、あった。

やや心配されるのは依然としてフライが多く、ゴロが少ない点なのだ。

下記に塩見の年度別ゴロ率を出してみた。2年連続で平均を下まわったそれが、被本塁打の多さへとつながっている。本試合でもゴロ率は44.0%に止まった。


■塩見貴洋 年度別ゴロ率
2011年・・・塩見41.7% (リーグ平均45.5%)
2012年・・・塩見37.2% (リーグ平均45.8%)


本戦では2回木村の中越三、同ランサムの右中二、7回ランサムの中飛はいずれも速球を捉えられ、ウォーニングゾーン内に到達した飛球だった。ランサムのツーベースは走者2人を塁上に置いてのフェンス直撃弾だった。もし速球の質が少しでも下がっていたら、柵越えして3ランになっていたかもしれない危険性のある当たりだった。

今季、塩見が好成績を残していくためには、今日のような質の高い速球を安定して投げることができるかどうか?にかかっているかと思う。落差あるフォークボールも、この試合で機能したカーブも良い球だが、やはり、塩見の生命線は真っすぐと言えそうだ。

(下記へ続く)

20140329DATA13.jpg

簡単に狙い球を絞ることができた楽天打線



6回、打者30人、118球(1回当たり19.67)、被安打8、被本塁打1、奪三振4、与四死球5、失点5、自責点5。

この日の楽天打線はイニング先頭打者が良い仕事をした。先頭打者が出塁に成功したのは、ユークの来日1号を含めて合計7イニング。そのイニングの中から全4点を挙げている。

それはさておき、菊池の投球詳細、上記表参照。これをみると、変化球3球種のうち、チェンジアップ、カーブがボールになることが多くほとんど機能しなかったことが確認できる。特にカーブは右打者のアウトハイに抜けるケースが多かったようだ。昨年空振り率18.8%を記録したチェンジアップで今日、楽天打線は空振りを喫することが1度もなかった。

そんな調子だったから、楽天の各打者は真っすぐかスライダーかの2球種に絞ることができていた。

上記表をみると、スライダーにはほとんどアプローチしていないため、楽天は打線全体で菊池の真っすぐ1本に絞っていたと考えられる。

昨年好調だった時の菊池はそれこそ真っすぐが150キロを超えてくることが頻繁にあった。あのイメージが強い中、楽天の打者は振り負けまいと臨んだであろうから、実際はそれより数段質が落ちる速球に対し、楽に打ち返すことができていたのでは?と考えている。

伊原監督が期待してマウンドに送った菊池に黒星をつけることができたのは、今後へ向けても大きかった。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
「連覇」を掲げる楽天イーグルス。犬鷲ファン44人が選んだ2014年活躍を期待したい野手Top3
「連覇」へ向けた戦いが始まる星野楽天4年目。犬鷲ファン44人が選ぶ2014年活躍を期待したい投手Top3
【試合評】いざ!連覇へ!白星発進! 則本熱投133球。松井稼ホットゾーンに投げ込んだ岸孝之~2014年3月28日(金)○楽天イーグルス2-1西武


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
19位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}