楽天日本一の投打の立役者、田中vsマギー夢の対決が実現!!~3/28マーリンズ戦、田中最終登板は6回無失点

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/24配信最新号の主な内容は「松井裕樹のオープン戦登板、その成績全詳細」です。


20140329DATA05.jpg
HANREI3.jpg

楽天初V投打の主役、田中将大vsケーシー・マギーが実現!!



田中が在籍するヤンキースとマギーが所属するマーリンズ。レギュラーシーズンの試合日程をチェックする。今季は対決が組まれていない事を知り、楽天初V投打の主役によるメジャー初対決は来年以降へ持ち越しなのかな?と思っていた。

そんな諦めていた矢先の本日、日本時間朝8時から始まったヤンキース対マーリンズのグレープフルーツリーグでの一戦で、田中vsマギーの嬉しい対決が実現している。

初対決は2イニング目の5回表にやってきた。

4回裏、ソリアーノが痛烈ひっぱり強襲ゴロを難なく処理したマギーが、先頭打者としてバッターボックスに入る。打席で被ったヘルメットを1度取り、スキンヘッドの頭をユニフォームで拭うあの仕草はメジャーでもおなじみ。

そうこうして対峙したその初球だった。

外角低めに投げたかった133キロスライダーが、ストライクゾーンの真中寄りに甘く入ってくる。

マギーのバットが唸りを上げ、田中の失投を仕留めにかかる。

その刹那、昨年2/12久米島での紅白戦でマギーが田中から打った特大の一発を私は思い出し、思わずテレビの前で「アッ!」と声を挙げてしまう。

しかし、結果は田中に軍配が上がった。マギーは打ち損じ。イージーなレフトフライに倒れている。

2度目の対決は7回1死にやってきた。

初球、2球と外に速球、スライダーを投げ込み、ポン!ポン!とストライクを取って追いこむことに成功。外いっぱいに決めにいった151キロが僅かに外れてボール。1-2からの第4球、アウトコース低めに落とした。悠然と見きわめるマギー。田中のスプリッターの軌道をいつもサードから見守っていたマギーならでは見送り方だった。

決着がついたのは2-2からの5球目だった。

マギーにしてみれば、まさに意表を突かれた格好になった。

捕手セルベリがインコースに構えたそのミットそのまま、インコースボールゾーンから曲げて入ってくる内スラが決まる。バッターボックス上のマギーは反応できずにただただ見送り、ベンチに引き上げる際、何か呟いていたのが印象的だった。

マギーが反応できなかったのも、無理はない。

というのも、NPB時代の田中は、右打者の内角にスライダーを投げることはほとんどなかったのだ。

下記に2013年の球種割合を出してみたので、御参照頂きたい。


20140329DATA03.jpg

新たな武器になるか?! 右打者への内角スライダー



上表が右打者全体の球種割合。全体で29%を占めていたスライダーだが、右打者インコースの球種割合を見た下表のとおり、内角の使用頻度は僅か4%だった。

今日、田中は当ブログ調べで右打者の内角に4球投げたが、そのうち3球が、NPB時代には滅多に投げなかった内角スライダーだった。

NPB時代のままではMLBの強打者を抑えることができない。色々な引き出しを増やし、これはシーズンに使えるかな?これはどうかな?と試していたのが、あの内角スライダーだったのだろう。ボールになったのも含めて制球良く決まっていたように感じる。もちろん、すっぽ抜ければデッドボールの危険性はつきまとう。この球をレギュラーシーズンにも使用していくのか?注意深く見守りたい。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
プロ野球開幕しました。皆さんの力強い1表を励みに
今季も更新していきます。どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20140329DATA04.jpg

田中将大、メジャーで魅せた二桁奪三振劇



6回、打者22人、86球(1回当たり14.33)、被安打3、被本塁打0、奪三振10、与四死球0、失点0。

3回裏、イチローがセンターフライに倒れた後、3回無失点の先発・黒田の後を受け、田中将大が開幕前の最終登板に向かった。

立ち上がりの4回表から魅せた。3者連続三振劇だ。

メジャー通算102本塁打の4番ジョーンズを、初球146キロ速球でストライクに取ると、2球目カッターでファウルを打たせ、高めに見せ球を見せた後、ラストはスプリッターで三振。

続く打者はボストンから移ってきた5番・サルタラマッキア。パンチ力ある両打ち打者に対しても追い込んだ後、低めに落差大のスプリッターが炸裂する。後続6番打者にもベース盤上に綺麗にワンバンを落として、三振。マーリンズの中軸がタジタジになっているのが窺える素晴らしいスタートを見せた。

4回裏、味方打線がエラー、四球などで貰った1死満塁で内野ゴロの間に1点を先制する。1点を貰った直後の5回表、先頭マギーを左飛に仕留めた後、2死からヒットを浴びたものの、左打ち新進イエリッチに3球三振。低めに誘う投球を3度続けての3連続空振りショーで、きっちり締めた。

初の先頭打者出塁を許したのは6回表のことだった。

落ち切らなかったスプリッターをセンター返しされ、その後ワイルドピッチも絡み、1死2塁のスコアリングポジションを抱えた田中だったが、心配御無用。アウト3個のうち2個を三振で取り、走者の進塁を許さない。

7回、8回は2イニング連続三者凡退。マギーの見逃し三振を含む、回をまたいでの3者連続三振劇など、相手打線を完全に翻弄する。

最大のピンチは最終9回表にやってきた。

先頭打者に絶妙なバントヒットで出塁されると、1死1塁、セカンド左への当たりを、途中出場の二塁手ヌニェスがバックハンドでスライディングして捕りにいく。しかし、これがファンブル。藤田なら取っていたぞ!

奇襲攻撃に味方のエラーも絡んで1死2,1塁。この試合初めて複数走者を塁上に背負った背番号19だったが、最後まで落ち着いていた。

6番の左打者を完全に詰まらせたセカンドゴロに料理すると、ラストバッターはピッチャー返し。少々詰まり気味だったことと、田中の好反応も合わさって、打球は田中のグラブに収まっていく。田中が1塁に投げてピッチャーゴロ。

田中は5回無失点。先発・黒田との日本人投手リレーでマーリンズ打線を零封。チームは8回に2点を追加し、3-0で勝利している。

86球投げたうち実に63球がストライクだった。ストライク率は73.3%。初球ストライク率も、4球目以降に決着のついた打者対象による3球目2ストライク率でも70%を超えてくる高いパーセンテージで、ストライク先行の組み立てができていた。

8回、2人の打者に3ボールまでいくシーンがあったものの、問題なし。カウント構築で投手が最もしてはならないのは打者2球目に2-0とボール先行させてしまうことだと考えている私の視点から見れば、この日2-0にしたケースが1度しかなかったことが、何よりの収穫。

所々、抜けたり、低めに叩きつけてしまうケースはあったものの、トータルで見れば制球も安定しており、開幕へ向けて田中が見つめる空は青一色のようでもある。中盤以降はカーブを交えるなど、相手の目線をめくらましする配球もみせた。

カーブと言えば、右打者に投じるカーブがインコース高めに抜けてしまうケースがこれまで目立ったが、この日は、全て左打者に投じ、6球中、見逃しストライクを4つ取ることができていた。低めの良い所に決まっており、カーブの制球も修正されてきたのか?あるいは左打者投球時には制球は問題ないのか?その辺りの判断はシーズン入ってから確認したい。

スプリッターも上々。10奪三振のうち結果球がスプリッターだったのは6個。19球中、実に17球が低めに制球されており、高めに抜けてしまう場面がほとんどなく、制球の修正も飛躍的に進んでいる。中にはワンバンさせるのではなく、コースいっぱいに決めようと狙って投げたスプリッターもあるように感じられた。

この日は力強い真っすぐを投げることができていた。真っすぐで打たれたヒットは、あの奇襲バントヒットを除けば1本もなし。特に4シームは前半より後半のほうがスピードが上昇しており、この点は昨夜の則本と共通するところである。

田中のオープン戦への総括は、またの機会に、ブログもしくはメルマガで実施できれば。ということで、本エントリーはここまで。【終】

■イニング別4シームの平均球速
4~6回・・・146.9キロ
7~9回・・・147.9キロ


■田中将大2014年スプリングトレーニングの投手成績
2田中将大2014年スプリングトレーニングの投手成績

■田中将大3/28マーリンズ戦の86球全詳細
※コースは割愛します

20140329DATA08.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
ツインズ戦に登板の田中将大。やや消化不良か。5回途中3失点の88球
本日未明カージナルス戦でソロ弾!! メジャー復帰した元楽天ケーシー・マギーのオープン戦打撃成績
楽天初V投打最大の立役者、田中将大vsマギー対決、早くも土曜朝に実現か?!


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}