【試合評】いざ!連覇へ!白星発進! 則本熱投133球。松井稼ホットゾーンに投げ込んだ岸孝之~2014年3月28日(金)○楽天イーグルス2-1西武

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/24配信最新号の主な内容は「松井裕樹のオープン戦登板、その成績全詳細」です。






連覇へ向けて星野楽天、白星発進!!



開幕投手・則本が9回1失点のプロ初完投勝利。楽天が連覇へ向けて白星発進を飾っている。

試合は開幕戦に相応しいロースコアの投手戦になった。

楽天・則本、西武・岸。序盤に失点した両投手はその後は一歩も譲らず。ピンチを抱えながらも要所を締める踏ん張りの投球で相手打線の攻撃を退け、スコアボードにゼロを並べていく。西武1回戦はそんな1点を争う、1点が遠いシビれた展開になった。

1回裏、則本は早々にピンチに立たされていた。味方打線が僅か8球で三者凡退に倒れた直後のことだった。

ストレートの四球で歩かせた1番・栗山をバントで送られ1死2塁、打席にはライオンズの中軸。しかし、3番・秋山を両サイドの厳しい投球で空振り三振に抑えると、4番・浅村の初球打ちは2塁後方のポップフライで3アウト。ゼロで立ち上がった。

両軍1回いずれもゼロで終わった開幕戦、先手を取ったのはイーグルスだった。

則本の危機脱出後の2回表、ツーベースで出塁したAJを塁上に置き、7番・松井稼。初球、膝元に入ってきたスライダーを完璧なバット一閃。主将の一振りは、右翼席へ消えていく先制2ラン。(楽2-0西)

3回裏、則本がこの試合2度目の先頭打者出塁を許す。先頭・炭谷に足下を射抜かれるセンター返しを打たれて無死1塁、金子侑が送って1死2塁、打順が1番に帰り、1打席目に四球を与えていた栗山との息詰まる対決をアウトコースいっぱいの147キロで見逃し三振に取り、2アウトまで漕ぎつけたまさにそのときだった。

オープン戦39打数14安打の.359と当たりに当たっていた熊代に内に甘く入ってきた逆球を右中間に弾き返され、これがタイムリーツーベース。ライオンズが1点を返していく。(楽2-1西)

1点差に肉迫されたイーグルスは、再びリードを広げていきたい4回表、5回表、絶好の得点機を迎えていた。

4回表は先頭・銀次の巧打にAJが今季初めて1塁に歩くと無死2,1塁、しかし後続が凡退した。ユーキリス、松井稼とウォーニングゾーンまで飛ばす大飛球を放ったが、惜しくも相手守備範囲。得点が入らない。

5回表は先頭・嶋の二塁打、続く聖澤のサード前方バントヒットで無死3,1塁、さらに1塁に出た聖澤が二盗を足で陥れ、無死3,2塁。則本を援護する絶好の得点機を構築したものの、岸の粘投に遭う。岡島、藤田、銀次が揃って打ち上げてしまっての凡退劇で、ここは楽天の・・・というより、開幕投手を託された岸の意地を垣間見た思いがした。

こんな具合で両チーム次なる得点が入らない。

楽天は6回、7回も走者を出し、岸を苦しめた。しかし、出塁させたランナーがホームに帰ってくることはなかった。

6回は2死1塁、凡打1塁生き残りになった枡田の代走・森山が二盗失敗。7回は聖澤が併殺打で3アウト。8回は二番手・岡本篤に貰った2四球で2死2,1塁、ユーキリスが痛烈な一撃を左前に弾き返し、タイムリーヒットコースか?と思われたが、左翼手・木村の好守に遭い、得点ならず。

追加点が遠いまま迎えた終盤、中盤2イニングを三者凡退に退けた則本が、終盤に連続でピンチを招いてしまう。

8回裏は先頭・栗山に安打、熊代に四球で1死2,1塁、その後2死3,2塁で迎えた4番・浅村を1塁後方ライン際へのポップフライに討ち取り、同点、逆転を許さない。

9回裏は1死後、この試合初めての連打を浴び、佐藤コーチがこの日2度目のマウンドへ。同点の走者が2塁へ達したが、則本続投。この日2安打していた炭谷を当たり損ねのイージーゴロを6-4-3の併殺網にかけ、ゲームセット。

再三のピンチをしのいだ則本の133球、プロ初完投勝利でイーグルスが2014年初勝利を飾っている。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・ユーキリス(一)、6番・枡田(左)、7番・松井稼(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・則本(右投)

西武=1番・栗山(指)、2番・熊代(右)、3番・秋山(中)、4番・浅村(二)、5番・木村(左)、6番・脇谷(一)、7番・ランサム(三)、8番・炭谷(捕)、9番・金子侑(遊)、先発・岸(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140328DATA05.jpg
HANREI3.jpg



則本昂大、二桁奪三振でプロ初完投勝利



9回、打者35人、133球(1回当たり14.78)、被安打6、被本塁打0、奪三振10、与四球3、失点1、自責点1。

9回裏1死1塁、最後の打者・炭谷をスライダーでひっかけさせ6-4-3の併殺打に討ち取った則本は、プロ初の完投勝利を手にしていた。則本は1年目、完投負けを3試合経験していたが、完投勝利はゼロだった。

中継によると自ら続投志願しての133球完投勝利だったという。1年目に成し得なかった記録が目の前にあり、この節目の機会を逃したくないという思いと、今季は則本をエース級に押し立て戦っていくという首脳陣の戦略が合致しての、プロ初の快挙になったのだろう。

終盤相次いでピンチは招いたが、不思議と同点、逆転されてしまう心配は抱かなかった。私のように感じた方は多いのではないだろうか。

というのも、この日の則本は、速球の球速が尻上がりに上昇。4回木村の第3球目に投じた真っすぐがこの日最速の150キロを計時すると、終盤以降、その威力は全く衰えることを知らなかったからだ。

イニングを3回ずつに区切って、速球の平均球速を出してみた。

1回~3回・・・143.3キロ
4回~6回・・・145.7キロ
7回~9回・・・145.5キロ

序盤と比べると中盤は2.4キロ上昇していることが確認できる。そしてその球速は終盤になってもほとんど下がらなかった。

ストライクゾーンの両サイドを使った嶋の好リードにも支えられ、今夜の則本は真っすぐでファウルを打たせてストライクカウントを稼ぐと、スライダーもキレており、昨年終盤から投げ始めたというフォークの落ちも上々。所々、抜け球、逆球はあったものの、トータルでは変化球の約60%を低めゾーンに集め、三振を量産した。

楽天の開幕投手が二桁奪三振を記録したのは球団初。

楽天の開幕投手による完投勝利は、初年度2005年の岩隈久志9回1失点122球以来となる。


奇しくも今季は10年目の区切りのシーズン。新たな序章の幕開けにも相応しい則本快刀乱麻のピッチングになった。



則本、ライオンズの主軸に対し、12打数ノーヒット5三振



3番・秋山、4番・浅村、5番・木村。おかわりを欠くとはいえ昨年の打点王に、1年目に3発浴びた天敵・秋山、木村もオープン戦.310の率というクリーンアップだ。その3、4、5相手に合計12打数無安打5三振に抑えてみせた。

うち5打席は得点圏での対戦。しかし5の0、1三振に退けている。凡打の内訳も内野ゴロ2本に内野ポップフライ2本と全て内野。オープン戦で成績低迷しまだまだ状態が上がってきていない相手の事情もあるとはいえ、自身の打撃をさせなかった魂の投球が光るシーンになった。

この1勝は明日明後日へ向けて、チームに勢いをもたらす1勝だと言える。左投手に弱いライオンズ。これで楽天のスイープの可能性も出てきただけに、本当に則本は良く投げたと思う。

ただ、やや心配なのは133球投げたこと。130球以上投げた次登板はパフォーマンスが下がるという仮説を立てている当ブログにとっては、そこだけが唯一の気がかりである。

明暗分かれた楽天の打者達



合計7本のヒットを放った楽天打線だが、個々で見ていくと明暗分かれたかたちになったようだ。

オープン戦絶好調の1番・岡島。「今季のチーム初ヒット、打ちたいですね」。前日には報道陣にそのように語っていたリードオフマンは3の0、1四球と快音出なかった。

一方、オープン戦.158の打率で終わって心配されていたユーキリスだが、6回の第3打席で左前に痛烈に弾き返すクリーンヒットで来日初安打を飾っている。

凡打に倒れた打席の内容も良かった。2打席目の左飛はフェンスギリギリを襲った大飛球。8回2死2,1塁のチャンスでは左前着弾コースのヒット性の鋭い当たりを放ったものの、惜しくも相手好守に阻まれた。

ただ、ヒットの結果球、8回チャンスでの打席の結果球はいずれも甘く入った136キロ、143キロといった速球を芯で捉えたもの。NPBより速球の平均球速が7キロほど高いMLBで戦ってきたユークにとって、これくらいの速球は朝飯前でなくては困ってしまう。この手応えを明日以降にもつなげることができるか。引き続き、注意深く見つめていきたい。

通算対戦打率.410。楽天歴代選手で岸から最多安打を放っている「岸キラー」の嶋は、その相性の良さを見せつけ、幸先良くツーベース含む2安打。特に5回の先頭打者二塁打で続く聖澤との国学院コンビで作った無死3,2塁は見ごたえあった(得点が入らなかったのは残念だったけれども)。リードでも初Vで培った経験を活かしているように感じられた。

決勝点は松井稼頭央の先制2ラン



楽天打者の開幕戦本塁打は、2007年の草野大輔、礒部公一、2009年セギノールのダルビッシュ撃ち2ラン、2011年の嶋基宏底力3ランに続く球団史上5本目に当たる。

左打席の松井稼頭央と右投・岸孝之。膝元を巡る攻防が面白かった。

昨日の下記エントリーでも触れたように、左打席の膝元は松井のホットゾーンでもあり、苦手ゾーンでもある。


◎【記録】 楽天イーグルス 松井稼頭央 2013年vs右投手ゾーン・コース打率&空振り率、球種割合及びその打率




膝元を巡る攻防に注目



上記配球図。ストライクからボールになる膝元ボールゾーン(青色網掛け部分)は、松井稼の苦手ゾーン。昨年はココで.091の打率、5個の三振を喫するなど、空振り率も18.9%、25.0%と極めて高く、ベテランの空振りゾーンになっている。

しかし、ストライクゾーン内の膝元(赤色網掛け)は一転、ローボールヒッターの主将の絶好ゾーンになる。昨年はココで15打数7安打の.467。7本のヒットのうち、二塁打3本、本塁打2本と長打を5本量産した。

より低めに投げ切ることができなかった岸と、絶好球を確実に仕留めてみせた今年39歳のベテランスイッチヒッター。この対決は見ものだった。

この決勝弾。2014年セパ12球団で一番最初に飛び出したホームランになっている。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
【2014年プロ野球パリーグ順位予想】1位・ソフトバンク、2位・東北楽天、3位・埼玉西武、6位・オリックス
「連覇」を掲げる楽天イーグルス。犬鷲ファン44人が選んだ2014年活躍を期待したい野手Top3
「連覇」へ向けた戦いが始まる星野楽天4年目。犬鷲ファン44人が選ぶ2014年活躍を期待したい投手Top3


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

勝てました、ね!

「不思議と同点、逆転されてしまう心配は抱かなかった。」この感覚は、まさに同じ思いでした。
則本なら、いくらピンチでも、ちょっとトイレでも行って戻ってきたらどうせ抑えているんだろうな、という感じでした。
うまくいくイメージが、だめなイメージにまさってくるのです。
なんというか、昨年終盤以降我々ファンに「勝ちグセ」ができてるのかなーとも思います。
球もちょくちょく危ないのもありますが、そういうのも打たれないんですよね〜

ただ心配なのはshibakawaさんも触れられていましたが、完投です。
開幕からいきなり「則本のあとに則本なし」でシーズン持つのか?と思いました。
ちょっとまるで、あの超法規的措置もいいとこな日本シリーズの「魂」ノリそのままでやってるような…

私も心では「則本で負けたらしゃあない」でしたが、
しかしこの144試合の初戦でいきなり救援陣を信用しなくてやっていけるのかな?という…
2-1の9回にファルケン出さなくてどこで出すんだろう、というのは思いました。

実際、今日の投球だとファルケンに繋ぐより完投の方が勝つ可能性は高かったと思います。なので結果的には良いんですが、144試合ずっとこんなことすんの?と。

開幕だから特別なのかな? それならそれでいいんですが…
shibakawaさんはどう思われますか?

Re: No title

sanさん

下記、まさしく私の脳裏にも強くよぎった心配点でした。
今年も楽天は救援陣の運用、育成に失敗するのか・・・という不安もあるのですが、その不安を振りきるかのように首を2,3度大きく横に振り、開幕戦だからこそと今は思いたいところです。

>ただ心配なのはshibakawaさんも触れられていましたが、完投です。
>開幕からいきなり「則本のあとに則本なし」でシーズン持つのか?と思いました。
>ちょっとまるで、あの超法規的措置もいいとこな日本シリーズの「魂」ノリそのままでやってるような…

>私も心では「則本で負けたらしゃあない」でしたが、
>しかしこの144試合の初戦でいきなり救援陣を信用しなくてやっていけるのかな?という…
>2-1の9回にファルケン出さなくてどこで出すんだろう、というのは思いました。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}