ツインズ戦に登板の田中将大。やや消化不良か。5回途中3失点の88球

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/17配信最新号の主な内容は「2014年春季教育リーグ投打対戦成績完全版」です。



HANREI3.jpg

初の同一リーグのチームと対戦



田中将大、オープン戦4度目の登板である。

前回ブレーブス戦から今回までの中5日。キャンプ初の休日が設けられ、田中はまい夫人とディズニーランドで羽根を伸ばしたようだ。

気分一新してシーズン開幕へ向けての最終チェック。フロリダのフォートマイヤーズにあるハモンドスタジアムのマウンドに登板している。相手は同リーグのツインズだ。ツインズにはあのマウアーがいる。

天候は晴れ、気温26度、湿度58%、左から右の風3.6m。チケット完売の大観衆の中、田中は6回途中まで投げている。

相手ツインズのスタメン=1番・ドージャー(二)、2番・スズキ(捕)、3番・マウアー(一)、4番・ウィリングハム(左)、
5番・クーベル(指)、6番・プルーフ(三)、7番・アルシア(右)、8番・ヒックス(中)、9番・フロリモン(遊)、先発・コレイア(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

立ち上がりの初回、早々に1点を失う



味方打線が僅か5球で内野アウトの三者凡退に倒れた直後の1回裏、田中が4度目のオープン戦のマウンドに登った。

ツインズのリードオフマンはドージャー。1-0からの第2球。昨年33本の二塁打を記録した右打者にアウトコースの速球を右中間にあっさり弾き返されてしまう。追うセンターの右に着弾する悠々のツーベース。その後、右打ち2番打者を内角ツーシームで詰まらせ、ショートゴロに討ち取るものの、この当たりが詰まったバウンドゴロになったこともあり、走者三進。

1死3塁、生涯最高打率.323を誇るメジャーきっての安打製造機マウアーを迎えた。

試合前、「日本でもメジャーを見ている人なら知っているような打者。自分のボールが通用するかな、では駄目だと思う。そんなんじゃここには来られないし、来ていない」とその対決への決意を記者陣に語っていた田中。内角のカッターで思惑どおりの詰まったファーストゴロを打たせることに成功。しかし、この間、三走にホームを踏まれ、先制点を失っている。(NYY0-1MIN)

初回いきなりピンチを抱えて1点を許した田中だったが、2回は5番から始まるツインズ打線を三者凡退に抑えている。

この回はストライク先行の投球になった。古巣出戻りの5番・左打ちのクーベルを内角カッターでショートへのポップアウトに取ると、続く生え抜きプルーフをスプリッターで見逃し三振。しかし、結果球は落ち切らずにストライクゾーンの真中へ入ってくるヒヤッとする投球だった。相手も意表を突かれたのか、身じろぎできずに三振。7番打者には追い込んでから低め投球で詰まらせてレフトへのイージーフライ。3アウト。

今季から導入の本塁打以外のビデオ判定に初遭遇



3回裏、再びピンチを迎えている。打線が下位から2巡目の1番に戻っていく相手攻撃で2死満塁の危機を背負った。

先頭安打出塁を許した8番・両打ちヒックスに1死後、二盗を企図されセーフ。微妙な判定にジラルディ監督がチャレンジ権を行使。ビデオ判定の末、判定が覆りアウトに。2死走者なしでホッと胸をなでおろしたのも束の間のことだった。1打席目に二塁打を放った1番ドージャーに田中の足下を射抜かれる中前安打で出塁されると、2番カート・スズキのサード強襲を三塁手がファンブルして2,1塁、続くマウアーとの2打席目はストレートの四球で満塁。この回、2-0、3-0にしてしまうボール先行が多く、田中、コントロールに苦労していた。

塁上全て埋まって迎えた4番右打者ウィリングハム。メジャー通算181本塁打の35歳に高め失投をフルスイングされた。

大飛球が外野後方を襲う。

一瞬ヒヤッ・・・とした当たりは左翼フェンスぎりぎりで失速し、左翼手のミットになんとか収まっている。今日の風は左から右へ3.6m。これがもし右から左だったらグランドスラムを献上していたかもしれない。そんな肝を冷やす当たりだった。

4回5回2イニング連続三者凡退



4回表、味方打線が5本のヒットを浴びせかけ、4点をもぎ取り、逆転に成功。一転3点リードを手中にした点を取った直後4回裏、しっかり締めなければならないイニングでしっかり3人で片づけた。5番クーベルにはこの日4個目の三振。左打者のアウトコース低めに絶妙な軌道を描いて落差大のスプリッターが落ちていった。続く6番、7番を内野ゴロアウトに仕留め、3アウト。

尻上がりに乗ってきた田中は5回表、外野フライアウト2個にスプリッターでの三振と僅か7球でこちらも三者凡退ピッチングとなっている。この日長短2本ヒットを打たれた1番ドージャーは外の速球で押して右飛に仕留めた。

しかし、翌6回表のことだった。先頭打者カート・スズキにショートの右を破られる中前安打で出塁されると、マウアー三振の1死後、4番・ウィリングハムに追い込んでから投じた外の変化球がすっぽ抜け、肩口を直撃するデッドボール。1死2,1塁で5番クーベルに高めを一閃され、ライトオーバーのタイムリーツーベース。さらに1死3,2塁で6番打者ショートゴロの間にもう1点を失い、この回2失点。(NYY4-3MIN) 球数も目処の90球近くになったこのタイミングで降板している。

20140323DATA03.jpg
※球種はあくまでも暫定的です。

ツーシーム、カッター主体の88球



5回2/3、打者24人、88球(1回当たり15.53)、被安打5(二塁打2本含む)、奪三振6、与四死球2(四球1死球1)、失点3、自責点3。

セベリと組むのは3/1初登板以来2度目。初登板の時には感じなかった「呼吸の悪さ」がこの日はそこここで感じられてしまう、田中にとっても観る者にとってもややストレスが溜まる、消化不良のピッチングになった。

4シームは全体の20%も投げなかったかもしれない。ツーシーム、カッターといったムービングファストボールを軸にし、ストライクゾーンの両サイドを、より広く使っていこうという実験的な88球だったものの、ボールが先行し、ままならなかった場面も多かったようだ。2シームがコースに決まらずにはずれてしまったりとか、変化球が高めに抜けてしまうなど、コマンドもいまひとつだったかと感じる。

時節制球が乱れたのは、NHK BS解説・吉井理人氏によると、ツーシームを多投すると身体の開きが早くなり、フォームを崩すことにもつながりかねないという理由からなのだろう。吉井氏によればダルビッシュのメジャー1年目も同様のことでフォームを崩していたと言う。

前回修正されてきたスプリッターは本日上々。2回プルーフを見逃し三振に取った結果球のスプリッターだけ真中に入ってしまう失投になったものの、他は全て低めの良いゾーンへコントロールされていた。一方、カーブはこの日もボールになっており、初登板来の継続課題は持ち越しになっている。

5回途中3失点は及第点といったところも、改めて思うのは、NPBでは打者を寄せ付けなかった田中将大の速球が詰まり気味のイージーフライであっても外野後方、フェンス際を襲う。このことである。ウォーニングゾーン内に着弾した飛球はこの試合3本を記録した(うち1本は二塁打)

追い込めば絶対的な決め球があるので、追い込むまでのストライクカウントをどのように取っていくのか?あるいは追い込む前のカウントでどのように打たせて取るのか?といった点が、改めて課題であることが確認できたゲームと言えそうだ。

右打者にスプリッターをほとんど投げていない



最後に1つ気になっている点がある。

MLBに来て伝家の宝刀スプリッターを右打者に投げることができていない点なのだ。NPB時代、昨年のピッチングデータをひっくり返してみると、対戦打者の左右を問わず、田中は全投球の20%近くでスプリッターを投げていた。

ところが、MLBに来てからスプリッターはもっぱら左投手に使われ、右投手に投げたのはほんの僅かというかたちになっている。この傾向はこのままなのか?それとも今後NPB
時代の割合に増やしていくのか?注視したい。

5回途中3失点という結果ながら、フォアボールは僅かに1個だけということで、全体的には順調な調整を送ることができていると言えそうだ。

■田中将大 オープン戦 試合別投手成績
※本日の試合は勝利投手になっています。
田中将大オープン戦試合別投手成績


■3/22ツインズ戦、田中将大88球の全詳細
※球速は不明。球種はあくまでも暫定。
20140323DATA04.jpg
20140323DATA05.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【予想】で、結局何勝する?! 田中将大、メジャー1年目の2014年成績予測
メジャー初被本塁打も、田中将大、ゴロアウト量産の本領発揮。3回1失点41球の詳細
ブレーブス戦に登板した田中将大、5回途中1失点。ピンチで魅せた驚異の空振り率、右打者外角低めの絶妙スライダー


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}