【試合評】森雄大のほろ苦4回3失点を払拭した、岡島豪郎のサヨナラ打~2014年3月9日(日)○楽天イーグルス4x-3中日

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。登録初月の購読料は無料です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/3配信最新号の主な内容は「145キロ超の速球、25キロ差以上の緩急を物ともしない打者を探せ!」です。




岡島豪郎のサヨナラ打でオープン戦6連勝!



9回表2死から連打を浴びて招いたピンチを、ファルケンボーグがなんとかゼロに抑えた直後、イーグルスの最終攻撃回のことだった。

ここまで両軍3-3の同点。2回裏に4連打で2点を先制したイーグルスは、4回表、先発・森が捕まり、3失点。5回裏に銀次のタイムリーで同点に追い着いた後は膠着状態が続いていた。

9回裏、中日は2009年以来の古巣復帰となるパヤノ。先頭・西田が荒れ球ドミニカンの投球をしっかり見極めてフルカウントから1塁へ歩いていく。続く小関の打席時の初球前、パヤノの1塁牽制が悪送球。ファウルゾーンへ抜けている間に西田は悠々二進。労せずしてサヨナラのランナーを得点圏に送り込むことができてノーアウト2塁、小関は初球で素晴らしい送りバントを決め、西田は3塁へ達していた。

この後、代打で出てきた岩崎がフルカウント勝負からアウトコース低め、見逃せばボールの速球に手を出し、空振り三振。2死3塁でバッターボックスには岡島豪郎が向かっていた。

今日は第1打席センターへの二塁打を放っていた岡島だったが、詰まった浅い飛球にセンター平田が追い着くもグラブに当ててこぼしたことによる“貰った二塁打”だった。その後は空振り三振にセカンドゴロと冴えがない。

2月はコンスタントにヒットが出ていた岡島のバットが、3月に入り1試合無安打の日が目立つなど、この打席前時点での3月打率は21打数5安打の.238だった。

久米島のイーフビーチで思わぬ「首位打者宣言」をした3年目は、私の目からすれば自身の打撃スタイルを改めて模索しているように感じた。

その背番号27が昨年の好活躍を彷彿とさせるサヨナラ打を逆方向へ弾き返していく──

1-2と追い込まれた状態。外の144キロ速球だ。逆らわずに逆方向へ。芯を食った打球は三遊間を鋭く抜けて左前へ。3塁の西田をホームに迎え入れている。

岡島豪郎の打撃に変化の兆しあり?!という話は明日配信の当メルマガで言及している。気になる方はぜひ読者登録を! お待ちしております。登録初月は無料です! m(_ _)m

これでイーグルスはオープン戦6連勝。1位の日本ハムも勝って、同率2位の巨人も阪神を降したため、2位は変わらずも、3.11前の最後のオープン戦を良いかたちで締めることができ、一時帰仙。既報によると、楽天ナイン、今年の3.11は本拠地・仙台で迎えるという。

連勝のカギは倉敷滞在にあり



この6連勝、できればシーズン中に取っておきたかった!そんな贅沢な悩みを口にするファンもいるかもしれないが、それにしてもオープン戦とはいえ、今季へ向けて非常に期待のできる内容になっている。特に投手陣の奮闘が目立つ。この間、最大失点は今日の3失点だ。救援陣含めて各自課題を抱えながらも、とにかく結果を出している。

私はこの連勝の要因の1つは、沖縄本島から本拠地開幕まで転戦が続く日程の中、指揮官の故郷、倉敷に腰を落ち着けて1週間滞在できたことも大きいと考えている。

平石1軍打撃コーチの3/4付ブログ「倉敷でマリーンズ戦」には「イーグルスはこの時期転々とするので、1週間ちょっとの滞在は助かります。しかもホームなので練習も出来るし。」と現場の本音が綴られている。

星野監督就任4年目、倉敷では秋季練習も実施していることから、監督、コーチ、選手それぞれ馴染みの地元民やくつろぐことができるお店などを持っていることだろう。もっと言えば、倉敷の皆さんによる(我々ファンからはなかなか見えないけれども)熱いサポートがあってこその連勝劇だと感じている。

練習試合~オープン戦の試合結果

2/16〇楽天8-5三星(赤間)〔練習試合〕
2/18●楽天3-4起亜(金武)〔練習試合〕
2/19●楽天6-15阪神(宜野座)〔練習試合〕
2/22○楽天7-4ヤクルト(浦添)〔オープン戦〕
2/23●楽天2-3x巨人(那覇)〔オープン戦〕
2/25○楽天7-3西武(宮崎)〔練習試合〕
2/27●楽天1-13ロッテ(清武)〔練習試合〕
3/1●楽天2-4ソフトバンク(ヤフオクドーム)〔オープン戦〕
3/2○楽天4-1ソフトバンク(ヤフオクドーム)〔オープン戦〕
3/4○楽天2-1ロッテ(倉敷)〔オープン戦〕
3/5○楽天5-2ロッテ(倉敷)〔オープン戦〕
3/7○楽天3-2西武(倉敷)〔オープン戦〕
3/8○楽天1-0中日(倉敷)〔オープン戦〕
3/9○楽天4x-3中日(倉敷)〔オープン戦〕


両軍のスタメン

銀次がファースト。今季紅白戦含む実戦で初めて一塁守備に就いている。YJ砲は本日揃ってお休み。ここ2試合で重盗、好守、犠飛に活躍した背番号23も休養日となった。

中日=1番・荒木(二)、2番・藤井(中)、3番・ルナ(三)、4番・平田(右)、5番・森野(一)、6番・和田(左)、7番・小笠原(指)、8番・谷繁(捕)、9番・高橋周(遊)、先発・カブレラ(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・牧田(指)、5番・後藤(三)、6番・枡田(左)、7番・松井稼(遊)、8番・嶋(捕)、9番・榎本(中)、先発・森(左投)


(下記へ続く)

20140309DATA07.jpg
HANREI3.jpg

悪環境にアジャストできたイーグルス打線



改めて試合経過を振り返ってみよう。

楽天の先発は森。3/1ソフトバンク戦以来、オープン戦3度目の登板となった。対する中日は2年目のカブレラ。序盤は楽天ペースで試合が進んだ。

立ち上がり、森が三者凡退で終えた直後の1回裏、イーグルスは幸先良くチャンスを掴んでいく。

1番・岡島が詰まりながらも飛球を中前へ運ぶと、この飛球をセンター平田がグラブに当てて転々。岡島が一気に2塁を奪ってノーアウト2塁。僅か2球で先制機を作ることに成功した。藤田凡退の1死2塁で銀次、初球をセンター左へ弾き返すライナー性の当たりだった。久々のタイムリーか?と思われたそれは、平田の守備範囲。スタートを切っていた二走・岡島は帰塁できずに併殺。無得点で終える。

1回チャンスで“不運”に泣かされての併殺劇になっていたイーグルスは、翌2回裏もカブレラを攻め立てた。

球が高めで総じて甘かったドミニカンに対し、この回の先頭4番・牧田から、後藤、枡田、松井稼がシングルヒットのつるべ打ち4連打。枡田、松井稼のヒットがタイムリーとなり、楽天が2点を先制していく。

このゲーム、試合前から右翼から左翼へ強風が吹いており、守備陣がフライを苦労して追いかけることになった試合でもあった。そんな強風下、打者が強く意識したいのは、ライナー性の強い打球を弾き返していくこと。普通に打ちにいくと球の下っ面にバットが入り、ポップフライを量産することになってしまう。2回裏のイーグルスは枡田の中前安打以外の3本は鋭い矢のようなライナーヒットだった。相手投手の出来が悪かったこともあったものの、環境に上手く適応したバッティングができたと言えるのでは?と思う。この点は、屋外球場をフランチャイズとするチームなので大きな収穫だ。

3回までゼロに抑えた森雄大、4回に崩れて3失点



一方の森。初回こそ三者凡退に抑えた2年目左腕だったが、翌2回以降、4回までの3イニングは毎回走者を得点圏に背負う苦しい内容となった。

2回は2四球1安打で2死満塁。2アウトから走者を得点圏に進出されたが、後続の高橋周平を辛くもアウトロー変化球で泳がせ、三振に絶つ。

3回は先頭・荒木の安打を皮切りにルナにもヒットを許して1死2,1塁~2死3,2塁のピンチ。森野に高めの甘い変化球を流し打たれたものの、フライナー性の飛球をレフト枡田がランニングキャッチ。もう少し弾道が低ければ、2点タイムリーになっていたかもしれないというヒヤッとした場面だった。

辛くも2回、3回、要所で踏ん張った森だったが、4回表のことだった。脆さが出た。

先頭・和田を嶋の機転配球によるカーブ3連投であっさり三振に取った後のことだった。

小笠原に1,2塁間を射抜かれたのを起点に四球、暴投も絡んで2死3,2塁、打席に3巡目の1番・荒木を迎えていた。3打席も立てば対応してくるのが1軍打者であるということを見せつけられた荒木の左前タイムリー。2点を返され、試合は振り出しに。(楽2-2中)

なおも2死1塁、ここからが拙かった。続く工藤の打席の初球前、一走・荒木を牽制で誘い出しディレイドスチールのような格好になる。球は森から1塁の銀次、2塁ベースカバーに転送されたものの、銀次の送球が拙かったことも重なって2塁まさかのセーフ。勝ち越しの走者を守備ミスで得点圏に進まれてしまうと、打席の工藤にはコンパクトに振り抜かれ、中前タイムリー。1点を勝ち越されてしまう。(楽2-3中)

この後、1塁の工藤にも続くエルナンデスの打席初球前にデジャヴの光景。再び牽制で誘い出しておきながらも2塁セーフになってしまうというバツの悪さを披露した。

辛島航、上々4回無失点。調子が上がらないファルケンボーグ



一転、1点を追いかける立場になったイーグルスは5回裏、相手のミスに乗じ、同点とした。

先頭・榎本のセカンドゴロを名手・荒木がファンブル。貰った走者をバント、進塁打で3塁まで送りこんだ楽天打線は、3番・銀次が13打席ぶりのヒット。3/2ソフトバンク戦で岡島からホームランを打って以来、ヒットが出ていなかったのだ。この久々の安打が同点打になっている。(楽3-3中)

森が4回まで投げた後、5回から楽天の二番手は辛島。8回までの4イニングを被安打1、6奪三振、無失点の好投。6回、先頭打者のレフトフライを枡田が落球するエラーでノーアウト2塁のピンチを背負ったが、直後の送りバントをバントフライにする自らの好守もあって、ゼロに抑えていく。簡単に点を渡さないところは、森と辛島の違い。経験量の差か。

9回表はファルケンボーグ。左打ちのエルナンデスには144キロ速球を流し打ちに遭い、右打ち・平田には初球カーブをおっつけて右前へ運ばれるなど2本のヒットを許した。速球の最速は146キロ。平均は144キロ。昨年の平均は147.1キロだっただけに、本調子ではないと言えそう。あと2週間ちょっと、急ピッチで調子を上げてきてもらいたい。

この後は、冒頭のとおり、岡島のサヨナラ打が飛び出し、イーグルスの6連勝となっている。

最後に下記で森のピッチングについて言及し、終わりにしたい。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
開幕が迫っております!
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

アンケート「あなたが選ぶ今年活躍を期待したい野手&投手」
締切:2014年3月16日(日)まで

3/8現在、東北40代男性x2、東北40代女性、東北30代男性x3、東北20代男性x2、東北10代男性、関東30代男性x4、関東30代女性、関東20代男性x5、関東10代男性x2、甲信越40代男性x2、甲信越10代男性x2、東海30代男性、近畿40代男性x2、近畿40代女性、近畿10代男性、近畿10代女性、四国20代男性、四国10代男性x2、九州10代男性、沖縄20代男性x2、海外10代男性1名の38名様から御応募承り中。

詳細は下記URLでどうぞ
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2089.html


20140309DATA08.jpg

森雄大。依然として課題は制球にあり



4回、打者21人、81球(1イニング当たり20.25)、被安打6、奪三振3、与四球3、失点3、自責点3。

試合終了後、実況アナが読み上げた降板後の森のコメントを紹介したい。

「変化球は良かったけれどもストレートが悪かった。良い球もあるけれども、その時々の感覚が掴めていない。佐藤コーチからはしっかり腕を振るように言われている。4回まで来て点を取られてしまうのが今の実力です。今日は2アウトを取ってからフォアボールを出したことが悔やまれます。次の登板へ向けては初球のストライク率を上げたい」とのことだった。

ストライク率は前回の50.0%から今回は58.0%まで上昇した。しかし、目安の66%前後からすると、依然、低い値だ。本人が言うように、決して変化球も良いとは思えないけれども、それでもストレートと比べると制球は変化球のほうが良く、ストレートが悪かった。速球のストライク率は55.3%、変化球は61.8%だった。

これも本人のコメントにあるように、ストライク先行ができなかった。初球ストライク率は52.4%。4球目以降に決着がついた打者との12打席の対戦では3球目で追いこめずにボール先行としてしまうケースが12回のうち10回と大変多かった。打者2球目に2-0にしてしまう事例も5人と多く、投球のリズムを作ることができなかった。

ボールが連続してしまうケースが多かった。6球連続ボールになったのが1度(2回森野の初球から和田の2球目)、4球ボールになったのが2度(谷繁へのストレートの四球と、高橋周への0-1からの四球)

依然として課題は制球にありだ。さらに今日は牽制での拙さをも露呈した。そのあたりの修正も必要になってくる。

開幕ローテ6番手の椅子、森雄大には時期尚早か



これで、紅白戦を入れて4試合実戦で投げた。合計11イニング投げて被安打12、奪三振5、与四球9、失点5、自責点5。防御率4.09、WHIP1.91、どちらも悪い。これは良かった紅白戦を入れての数字だから、オープン戦の数字となると、もっと悪くなる。

イニング数を超えるヒットを許していることもそうだけれど、イニング数に並びそうなフォアボールの多さがいただけない。

楽天の開幕ローテは順不同で、則本、塩見、美馬、辛島、松井裕と5番手までほぼ決まりかけている。残り1枠の座をかけて投げているのが森なのだが、ブラックリーが大きく後退した中、チャンスだったのだけれど、結果を残すことができなかった。

個人的は意見を言えば、開幕ローテ6番手の椅子とはいえ、森にそれを預けるわけにはいかない。今の森は1軍レベルではない。1.5軍レベルでもない。完全な2軍レベルだ。

もしこれが1.5軍レベルなら、森に背伸びさせて、あえて1軍で投げさせることで勉強させることもできるだろうけど、そのレベルでもない。

ここは2軍で再度、自信の投球を見つめ直し、磨きをかけた上で1軍に上がってきてもらいたいと思う。

3/7の春季教育リーグでDeNA相手に5回65球3安打1四球1失点の内容を見せた戸村など他投手に再度チャンスを与え、森と入れ替えるべきかと思う。

ただ、星野監督のこと。あと1度ぐらいはチャンスを与えるかもしれない。【終】

■森雄大 紅白戦~オープン戦 投手成績


◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】魅せた!松井裕樹、西宮悠介の新人左腕リレー4者連続三振劇!~2014年3月5日(水)○楽天イーグルス5-2千葉ロッテ
【試合評】美馬学4回無失点&鮮やかな重盗劇など星野楽天4連勝。同率2位浮上~2014年3月7日(金)○楽天イーグルス3-2西武
【試合評】長谷部康平ノーアウト3,1塁ボール先行2-0からの危機脱出劇~2014年3月8日(土)○楽天イーグルス1-0中日


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

森投手はニコ生で見てましたがまぁ全く戸村以上にイライラする投球で…w
とにかく高低差があまりにも激しすぎるんですね、抜け球の多さがセットの時の辛島の2倍やばい
確かにいい球も投げることはあるが正直これは二軍レベルだなぁ…と私も思いました

けど森投手がベンチに下がっている姿が映し出された時、目に涙を浮かべて口を真一文字に結んでる顔を見て、もう一回チャンスを与えてもいいかなとも思いました
今まで非常にクール、悪く言えば淡泊な印象のある選手だったのであそこまで悔しがってる顔を見たらもしかしたらすごく反省して次回までに多少は修正してくるかもしれない…と前向きすぎますが期待してしまいます
これまでの登板は四球出しまくっても結果的には1失点に留まってたんで反省材料もぼやけてたと思うんですよ、一度まとめて失点したのは良い経験になったはずです、ここで修正できるかできないか、それで彼が今後どれくらいの成長ペースなのか見極めることもできると思いますね
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
22位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}