【久米島キャンプ】初の紅白戦。枡田、西田が魅せた豪快弾の共演。3奪三振、圧投披露の大塚尚仁

スポンサーリンク






[ニュース]朝の声出し(戸村・武藤)_20140209


9日目の声出しはドラフト1位右腕、戸村&武藤



9日目を迎えている。今日は久米島キャンプ初の紅白戦が12時30分から予定されていたが、早朝声出し後に雨が本格的に降り始めたこともあり、時間を前倒しで急遽10時30分頃からのプレイボールとなった。

その9日目の朝、声出しはかつてのドラフト1位組が務めている。戸村健次、武藤好貴だ。

戸村「おはようございまーす! 5年目、戸村健次でーす! 今年はゼッタイに、ゼッタイにファームにだけは行きたくありません。なので、1軍に必死にしがみついて1年間投げ通して、シーズンで10勝以上することを目標に頑張っていきたいと思います! 以上です!」

武藤「おはようございまーす! 3年目、武藤好貴。1年目、2年目は不甲斐なく終わってしまいましたが、今年は1年目、2年目のぶんまで背水の陣でシーズンフル回転できるように頑張ります。今年はやります! 以上です!」

両人とも紅白戦での登板が予定されていたのだが、結果は下記にて。

12時30分手前には紅白戦が終了。12時現在の気温は16.7度。降雨で一向に気温が上がっていないようだ。

なお、本日は既報されていたミトレ、ファンミルの両外国人投手が合流。テストを受けているようだ。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

いよいよ紅白戦!



両軍のスタメンは下記のとおり。1軍主力陣が多く名を連ねたのは白組、2軍選手メインで臨んだのが紅組。

紅組のスタメン=1番・榎本(中)、2番・岩崎(一)、3番・後藤(三)、4番・中川(指)、5番・枡田(左)、6番・三好(遊)、7番・阿部(二)、8番・小関(捕)、9番・北川(右)、投手=宮川~片山~武藤

白組のスタメン=1番・岡島(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・小斉(一)、6番・牧田(右)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(左)、投手=戸村~大塚~福山


20140209DATA4.jpg
HANREI3.jpg

1軍主力が多い白組、藤田先制打、A決勝打などで逆転勝利



試合をざっと振り返ってみよう。

1回表、白組先発は戸村。紅組の上位打線、榎本、岩崎、後藤をフライアウトに打ち取り、三者凡退のスタートを切る。

その裏、白組1軍主力陣のバットがさっそく火を噴いた。紅組先発・宮川から1番・岡島のライトオーバーツーベースを皮切りに長単打の3連打攻勢。ボール先行2-1から藤田がセカンド左を破る中前安打で1点を先制。(白1-0紅)

3番・銀次も右中間フェンス直撃の二塁打で続き、一走・藤田が一気にホームを狙ったが、ここはクロスプレーの末、憤死した。その間に銀次は三進し1死3塁、4番・AJ。センター前方を襲う浅い飛球に三走・銀次が果敢にスタートを切ったものの、本塁返球クロスプレーになってタッチアウト。シーズン中はタッチアップを切らない可能性が高い微妙な飛距離だったので、これは紅白戦ならではの挑戦と言えそうだ。

1点を先制された紅組は4番・中川から始まる2回表、さっそく反撃に転じた。

中川が戸村のインハイ投球を強くひっぱり、三遊間を射抜く左前安打で出塁に成功すると、続くバッターは5番・枡田慎太郎。年齢的に選手生命のピークを迎えようかという背番号32番が火を噴いた。戸村の甘く入ってきた球を豪快な一振りで料理し、。ここちよくセンターへ飛んでいった飛球はそのまま、バックスクリーンへ。逆転の2ランショットとなって、紅組の1点リードに変わっていく。(紅2-1白)

2回裏、短長打を集めてチャンスを作りながら小斉の走塁ミスでチャンスをフイにしていた紅組は、1点を追う3回裏、逆転に成功する。白組二番手・片山を攻め、4本のヒットを浴びせて2得点。藤田、AJがタイムリーを打った。(紅2-3白)

紅組は翌4回裏も手を休めずに片山を捉え、2点を追加した。

まずはレギュラー奪取を狙う西田が魅せた。先頭打者として打席に入ると、片山の初球を仕留めてみせた。枡田バックスクリーン弾の返礼とばかりに左翼席へ打った瞬間いった!と確信するソロ弾。

気落ちする小関─片山の紅組バッテリーに次打者・伊志嶺がファウルで粘るなどした末の8球目、右翼フェンス際まで打球を弾き返すツーベースで出塁すると、その後、2死3,1塁、銀次の当たりは少々詰まりながらもしっかりセカンド頭上を超えていくタイムリーヒット。白組はリードを3点に広げることに成功している。(紅2-5白)

紅組の打線は3回4回、白組二番手・大塚の前に2イニング連続三者凡退。ゼロに抑えられてしまい、追撃できず。

大塚は岩崎、中川の右打者インコースを厳し突いての見逃し三振に取ると、1打席目にホームランを打った枡田にも、追い込んでから内角を布石球にした後、アウトコースの速球で料理し、見逃し三振。2イニング奪三振3無失点のナイスピッチングで首脳陣、ファンにアピールしている。

1番・榎本から始まる最終6回表、紅組にとって絶好のチャンスが到来。5回から登板している白組三番手・福山から榎本、岩崎が連打でノーアウト2,1塁を演出。途中出場の神保が進塁打で走者を進め、お膳立ての1死3,2塁、4番・中川が死球。1死満塁となり、枡田にバッターボックスがまわってくる。

長打が出れば走者一掃で同点か?! 2本目のスタンドインなら逆転のグラウンドスラム!!というシーンだったが、あえなくショートボテボテの6-4-3併殺に倒れて、追い上げならず。

結局、試合は白5-2紅で1軍主力がメインの白組が逆転勝利を収めている。(試合は特別ルールで6回裏の攻撃も行われた)

(下記へ続く)




スタメン選手、投手の成績と寸評



ざっと選手ごとに成績を確認してみよう。(両軍スタメン、投手陣のみ)

〔紅組〕
榎本葵・・・「右飛」「一ゴ」「右安」の3打数1安打。右飛は捉えた当たりも守備範囲。一ゴも1,2塁間の真中を襲うコース的にはヒット性だったものの、やや球足が弱かったか? 3-2からの右安はクリーンヒット。内容は良いと言えそう。

岩崎達郎・・・アマ時代も入れてファーストで試合に出た実績がない岩崎が紅白戦で一塁スタメンデビュー。守備の人・い岩崎も慣れないポジションかつ降雨で足をひっぱられたか、4回西村が1塁ファウルゾーンに打ち上げた打ち取った当たフライを捕り切れず・・・というシーンも。打席では「三飛」、大塚に内角をクロスファイヤーで攻められての「見三振」、福山から初球流し打ちの「右安」で3打数1安打1三振。

後藤光尊・・・「中飛」「二ゴ」。2の0。存在感なかった・・・

中川大志・・・「左安」「見三振」「死球」。2打数1安打1三振1死球。1打席目、右投・戸村の内角投球をひっぱっての左安は見事だったが、2打席目は左投・大塚のクロスファイヤーに差し込まれて窮屈ファウル、直後、厳しい所にインコースいっぱい見逃し三振。死球は福山のすっぽ抜けが頭部ヘルメットにぶつかるヒヤッとさせられるシーンだったが、その後、何事もなく守備に就いたので、大事なしと祈りたい。

枡田慎太郎・・・「中本」「見三振」「遊ゴ併」、3打数1安打2打点1三振。戸村から放ったバックスクリーン弾は真中高めの甘い球だったとはいえ、この人の能力を改めて誇示した快打になった。昨年9/24西武戦、1点を追う9回1死、サファテから打ったバックスクリーン右への同点弾を彷彿とさせるような当たりだった。「見三振」は大塚に上手く投げられてしまった感。「遊ゴ併」は気負いすぎてしまってのボテボテか?

三好匠・・・「三ゴ」「遊ゴ」2の0。いずれも1-1、0-0といった追い込まれる前のバッティングカウント。しかし、当たりは2本ともひっかけたり、詰まらされたりしたイージーゴロ。芯に当てていきたい。守備では3回、聖澤の二盗時に2塁ベースカバーに入るタイミングが遅れ気味。

阿部俊人・・・初球を打ち上げてのセンター前方浅い「中飛」、福山にストライクゾーンの内外を攻められ、最後はインコースの球を窮屈打撃、正面の平凡「二ゴ」。

小関翔太・・・1回、相手のバックホームから2度本塁を死守。ウエスト気味にはずしたにも関わらず送球が高すぎで聖澤に二盗を許している。配球面でもまだまだ勉強しなければならない点が多いのかな?と感じたが(特に片山の時)、バッティグでは1打席目は「空三振」に倒れたものの、2打席目に福山から「左越二」を放っている。良く確認できなかったのだが、フェンス直撃しているかもしれない会心のツーベースだった。今キャンプ、早出特打に取り組んできた成果が出たか?

北川倫太郎・・・2本の「一ゴ」で2の0。ただし3回の一ゴは強くひっぱっての1塁線強襲。抜ければ長打コースだったが小斉の好守備に阻まれている。ライトスタメンで出場した守備では2回西田の右中三(基本的に三塁打は“外野手の失策”というイメージでいる。もちろん、そうでない場面もあるが)、4回伊志嶺の右翼二は打球に追い着きながらグラブに当てたように見えたが、よく分からなかった。いずれにしても、まだまだ。

宮川将・・・2回、打者8人、26球、被安打5、奪三振1、1失点。1失点で済んだのは相手ミスなどまさに僥倖。片山と同じくらい最悪の内容だった。被安打5のうち二塁打2本、三塁打1本と長打が多かったのと、凡打を含めた7打球は全て外野へ達したが、そのうち外野後~フェンス際まで飛んだのが4本。大飛球をいとも簡単に許していた。個人的には2年目右腕に期待を寄せているものの、ゴロ率が低いという1年目の悪い癖は年明けても変わっていないのか? コントロールが甘すぎる。

片山博視・・・2回、打者14人、47球、被安打7、被本塁打1、与四球1、4失点。右打者にも打たれているのだが、左腕が抑えなければならない左打者にも9打数5安打。追い込んでからも4打数2安打とまるで良いところがなかった。ところで、ここ最近疑問に感じているのはここ2年間の片山はゴロ率が上昇しているにも関わらず、成績が低迷している点だ。一般にゴロはフライ、ライナーと比べて最もアウトになりやすい打球である。そのゴロを打たせることができているのに、かんばしくない。2012年は52.1%(『プロ野球オール写真選手名鑑2013』)。2013年は64.6%(『プロ野球本当の実力がわかる本2013-2014』)。この試合でもゴロ率は61.5%だった。

武藤好貴・・・2回、打者8人、34球、被安打2、奪三振1、無失点。ゼロに抑えているし、今日投げた投手陣の中ではまずまずだと思うのだが、やはり気になってしまうのは、外野飛球の多さだ。全打球7本のうち、外野飛球は実に7本。フライアウト型で成功した投手もNPBにはしっかりいる。しかし、個人的にはゴロアウト型が良いんだよなあ。

(下記へ続く)


当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆2/3配信最新号の主な内容は「楽天主要選手の2014年成績予測〔投手編1〕」です。
---------------------------------------------------------------

〔白組〕

岡島豪郎・・・「右越二」「二ゴ」「二ゴ」「左飛」。初回先頭打者として宮川2-0からの3球目をライトオーバーのツーベースにしてみせたバッティングは鮮やかだった。3回無死2塁での二ゴはボテボテと俊足が合わさって1塁アウトになったものの間一髪。やはり、1番・岡島は強烈な魅力を持っている。2度守備機会があったセンター守備は無難にこなした。

藤田一也・・・宮川2-1からの投球をセカンド左を破っていく「中安」、片山初球を捉えて流し打ちの「左安」。いずれもタイムリーだった。2打数2安打2打点。今年もやってくれそうな雰囲気。

銀次・・・「右中二」「右安」「中安」、3打数3安打1打点。バットコントロールは今年も健在。2年連続規定打席到達打率3割へ向けて視界は良好。キャンプで1日平均700~800スイングする圧倒的な練習量は銀次を裏切らない。2度あったサード守備機会も無難にこなす。三遊間を破った中川の左安は銀次以外の三塁手でもちょっと難しいだろうか?

ジョーンズ・・・「中飛」「中安」「左飛」。3打数1安打1打点。4個あった見逃しストライクのうち、インコースで3個。今季もインコースはAJの泣きどころかもしれない。4回2死3,1塁、片山から放った左飛は、いった!と感じさせる捉えた飛球も、レフト右の左翼フェンス際で失速。惜しかった!

小斉祐輔・・・「中安」「一ゴ」「右飛」。3打数1安打。1打席目の中前弾き返しのクリーンヒットは美しかった。右飛は打ち上げた浅いイージーフライ。宮川、武藤各々から内角&低め変化球に合計2回の空振り。打撃の最大改善点は引き続き変化球対応か。3回は守備でみせた。北川の1塁線強襲を好捕。榎本の1,2塁間のゴロ打球を好処理。ベースカバーに入った大塚との呼吸も良かった。2回は一走として1,2塁間で牽制に誘いだされて挟死するミスも。良い所あり、悪い所あり。

牧田明久・・・「左飛」「遊ゴ」。1打席目、初球を三塁側に痛烈ライナーを打った直後、宮川の2球目をかっ飛ばした当たりは、この人のパンチ力を証明するような飛球だったが、左翼ウォーニングゾーンで失速。

西田哲朗・・・「右中三」「左本」「右飛」。3打数2安打1打点、1三塁打1本塁打。ホームランはもちろんのこと、右中間を深々と破った悠々のスリーベースも白眉。今季活躍の嚆矢としたいところだが、この人、昨年も開幕前はそれなりに良かった。

嶋基宏・・・「空三振」。戸村のいまひとつの投球をひっぱったり、2年目・大塚を上手くリードする手腕は、やはり、無くてはならぬもの。とにかく、怪我しないことを祈りたい。

聖澤諒・・・レフトスタメンに就いた。今季は定位置だったセンターを譲り渡すケースも多くなりそうな気がする。この試合のようにシーズン中のレフト起用があるとすれば、2009年以来のことになる。打撃は鋭いピッチャー返しの「中安」、進塁打となった「二ゴ」、右中間深くを襲った「右中二」。3打数2安打。

戸村健次・・・2回、打者8人、27球、被安打1、被本塁打1、奪三振1、失点1。失点は枡田のソロ弾だけにまとめたが、決して戸村本人も納得はいっていない実戦初登板だったかと思う。この人の型はゴロアウト。とにかくゴロを打たせたいところだが、7打球中ゴロは2本と少なかった。コントロール、球のキレいずれもまだまだこれからと言えるかもしれない。

大塚尚仁・・・初の紅白戦で投げた6投手のうち、群を抜いて最も良かったのが大塚だ。2回、打者6人、被安打0、奪三振3、無失点。獲得アウト6個中、小斉の好守にも助けられて内野ゴロアウト3個、三振アウト3個。右打者のクロスファイヤー、インコースいっぱいのピッチングが冴えに冴えた。羽村亜美さんが取ってきた大塚のコメントによると、緊張した、自分は球が遅いのでコントロールをしっかりしたいと思って、キャッチャーの構えた所にしっかり投げようと考えていた。そこはアピールできたのでは?、というものだった。

福山博之・・・2回、打者9人、被安打3、与死球1、無失点。紅白戦で味方打者の頭部に死球をぶつけたいと思う投手は1人もいないはずだ。そのことを考えると、中川に当てた死球は(その後、謝っていたが、中村は大丈夫すよという感じだった)、調整不足をうかがわせる材料なのかもしれない。


◎◎◎関連記事◎◎◎
羽村亜美さんが訊いた楽天・草野大輔インタビュー。コーチ1年目で迎えるキャンプ雑感。“天才”が見る内田靖人現在地。理想のコーチ像とは
【久米島キャンプ2014】雨模様の第1クール最終日、シート打撃始まる。小関3日連続の早出得特打ほか
【久米島キャンプ】 ユーキリス合流の第2クール初日、フリー打撃に初登板の森、AJのインコースを突く!!


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}