楽天打線、西武・岸孝之を苦手とせず。通算打率.290。岸を最もカモにした打者は? 厳しい新人研修とは?!

スポンサーリンク




2014年開幕戦の相手、西武・岸との対戦成績を確認してみる



2014年の開幕戦は敵地・西武ドームでライオンズと激突するイーグルス。

相手の開幕投手は恐らく岸孝之だろうということで、元日から開幕までの間に、データで見る楽天戦の岸孝之を確認している。

1/2に上げた1回目のエントリーでは岸の楽天戦投手成績を年度別、試合別で掲載した。

2回目の今回は楽天打者の岸との通算対戦成績をチェックしてみたい。


結論から言ってしまえば、楽天打線は実に良く打っているのだ。

チーム通算だと603打数175安打の対戦打率.290。OPSでも.775と8割に手が届きそうな好値を残している。

年度別の対戦打率を確認してみても、

2007年 .242
2008年 .354
2009年 .313
2010年 .319
2011年 .291
2012年 .294
2013年 .247

となっており、2007年、2013年のみ2割5分付近(でも2013年はそんなに低かったの?っていうイメージだ)、他は3割前後の高いアベレージを記録している。この数字だけ見ても、楽天打線は岸に苦手意識などないと言えそうだ。

それでは、下記で打者別の成績を眺めてみよう。

(下記に続く)

只今2位陥落中・・・
年末年始ポイント激減です
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞ皆様のクリックで1位返り咲きを! m(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


アンケート「ケビン・ユーキリス 日本で活躍できる?できない?」

締切:2014年1月11日(土)まで

詳しい御説明は12/23付の下記エントリーを御参照下さい。1人でも多くの皆さんの御参加、お待ちしております。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2002.html

※1/2現在、東北男性8名(10代x1、20代x1、30代x4、40代x2)、関東男性6名(10代x1、30代x4、50代x1)、甲信越男性1名(40代x1)、東海男性1名(40代x1)、近畿男性2名(20代x1、40代x1)、沖縄男性1名(10代x1)合計19名の皆さんから御応募いただいております。


歴代楽天打者による西武・岸孝之との通算対戦成績



岸と対決したことのある歴代楽天打者は、下記表のとおり、42人を数えている。

山崎武司や中村紀洋のように、楽天以外のチーム在籍時の対戦成績は、ここではカウントしていないことを予めお断りしておきたい。


■楽天イーグルス打者 vs 西武・岸孝之 通算対戦打撃成績
※2013年シーズン終了時


最多安打は嶋基宏



歴代犬鷲戦士の中で岸から最もヒットを放っているのが、16本を弾き返した嶋基宏だ。

39打数16安打の.410/.455/.590。OPSは10割を越えている。2013年も10打数5安打の.500を記録していた。思い出すのは、球団通算500勝を飾った4/27西武戦(○E9-2L)だ。先制点の攻防となった2回2死2,1塁、2-2から投じられたインハイ速球を、恐らく読み打ちだろう、完璧なタイミングでひっぱり、左翼席へ叩き入れる3ランを放っている。終わってみれば、区切りの500勝を決める決勝弾になっている。


■嶋基宏 vs 岸孝之 年度別 対戦成績
2年連続、岸からホームランを放っている。


最高打率は草野大輔



10打席以上の対戦がある打者の中で、最高打率は驚異の.469というアベレージを叩き出したイーグルスが生んだ天才打者、草野大輔だった。

32打数15安打、2三振、2四球、4二塁打、1三塁打、1本塁打。.469/.500/.750。OPSは1.250という高さだ。

あと1本ヒットが出ていたら対戦打率.500になっていたというそのアベレージもさることながら、驚かされるのは長打の数だ。6本という数字は牧田の5本を抑えて歴代楽天打者が岸から打った最多長打数になっている。


■草野大輔 vs 岸孝之 年度別 対戦成績
20140103DATA3.jpg

岸をカモにした草野大輔の岸評



上記の年度別の対戦表が示すように、2011年こそ3打数ノーヒットに終わったものの、他年度は全て打率5割を越えている所が、いやはや、舌を巻いてしまう。

主な戦績を幾つか紹介すると、2009年5/4西武戦(●E3-8L)で1試合4安打を記録した草野は、そのうち3本を岸から放っている。そのちょうど1年後の2010年5/4西武戦(●E5-6L)では初回無死満塁のチャンスにバットを折られながらも左前へ運ぶ2点タイムリーツーベースを記録した。

なぜ岸を打つことができたのか?

9/3Kスタでの西武戦(○E4-3L)、その実況席に解説者として来ていた草野が、矢野吉彦アナの質問に対して、あのカーブは嫌ではなかったと語っていたのを思い出す。そのくだりを紹介しよう。


矢野「草野さんも対戦した時のイメージがあると思うんですが」
草野「岸投手はねえ。なぜか相性が良かったんです。けっこう打っているはずです」

矢野「カーブを上手くタイミング取れるんですか?」
草野「うーん、そうですね。僕は岸投手のストレートだけは厄介だと思っていましたので。チェンジアップ、カーブは普通にタイミングを合わせられていたので、そんなに嫌じゃなかったですね」

矢野「その草野さんから見て、岸が良いという所はどこでしょうか?」
草野「球持ちが良いですよね。球持ちが良いってのはフォームがね、打者のほうまでしっかり向かってきて、手が遅れて、しっかりリリースしているというかね」



ダックワースvs岸の先発で始まった7/14西武戦(●E2-5L)、この時の解説も草野だった。AJが岸のカーブで見逃し三振に倒れた時のシーン。実況の島内俊治アナとのやりとりが印象に残っているので、こちらも紹介したい。


島内「そうですねえ、最初の軌道を見たときにはボールかなと思うんですよねえ」
草野「そうですね、そのくらい落差があるんですよねえ」

島内「でも、このカーブを草野さんは上手く打ってきたんですからねえ」
草野「僕はたまたま嫌じゃなかっただけで打てたんですけど」

島内「いやあ。野村さんが言う天才ってのが、わかりますよ」
草野「うふっ、いやいやいや(苦笑)」



AJ三振、マギーもカーブを打って外野フライに倒れた後、羽村亜美さんが平石打撃コーチ補佐の談話を届けてくれた。

平石コーチいわく「ストレート待ちでそのカーブに対応できる選手にとってはそのカーブはチャンスボールになる」とのことで、草野もそういうタイプの打者だったと言えそうだ。

実際、他の場面では、カーブやチェンジアップ等もあるが、意外とまっすぐで押してくることが多く、基本はストレートをしっかり打ち返すことができるかどうかだという趣旨のこともコメントしていた草野だった。


山崎武司、岸孝之に手厳しい新人研修



上記の対戦表を眺めていると、一昔前の楽天を支えた主力選手の多くが岸を得意としていた事実が確認できる。草野はもとより、高須、リックも3割の打率を残していた。

その中でも山崎武司は岸から3本ホームランを放っている。

岸と楽天の初顔合わせは、岸がルーキーイヤーだった2007年5/9フルスタ(○E9-8L)で実現している。岸にとってプロ7度目のマウンドに当たった。初回3四球で塁上を満員御礼にし、苦しんでいた岸にガツンとプロの洗礼をお見舞いしたのが、山崎だった。左翼席へ飛び込んでいった当たりは、岸がプロで初めて浴びた満塁本塁打になった。

山崎による岸への新人研修はこれだけではない。

2度目の顔合わせとなった同年6/30西武戦(●E4-6xL)では2点を追い4回には、岸から2本目に当たる、1点差に迫るソロショット(この後の打席では岸は山崎を敬遠している)。さらに9/15西武戦(○E8-4L)の初回、右中間フェンス直撃の先制ツーベースをぶっ放すなど、この年の山崎対岸は7打数5安打2本塁打の.714で、山崎の圧勝に終わっている。

セギノール、リンデン、中谷も相手は岸だった



岸から放った1選手による本塁打は、前述のとおり山崎の3本が最多である。しかし、インパクトという点で最も忘れてはならないのは(と書きながら、facebookページで読者の方に指摘されてハッ!!となって追記しているわけだけれど 滝汗)、CSマジックを再点灯させた2009年9/27敵地・西武戦(○E10-6L)だ。

この試合、先発した青山が4回までライオンズに小刻みに点を奪われていた。かたや楽天打線は4回まで岸の前に僅かに1安打。しかし、4点を追う展開で迎えた5回、「奇跡」が起きた。

7番・セギノール、8番・リンデン、9番・ノムさんいわく「どうせ打たないと思っていたので見ていなかった」中谷による、球団史上唯一の1イニング3者連続ホームラン!

あっと言う間に1点差に迫った楽天は、3本の一発で浮足立つライオンズ守備陣の綻びを突き、一気に追い着き、追い越すことに成功している。

あの「奇跡」をテキストで伝えるのも野暮な話なので、映像を見て頂きたい。

■楽天セギノール・リンデン・中谷の三者連続ホームラン! L-E 9月26日


2014年開幕戦、期待したいのは聖澤、嶋の国学院コンビか?!



現役の犬鷲選手だけを抽出すると、聖澤.333、嶋.410、松井.280、銀次.273、牧田.421、枡田.167、藤田.294、ジョーンズ.154、岡島.333、島内.000、阿部.500、伊志嶺.167、森山.200、中川.000、岩崎.000、西田.000、三好.000という結果になっている。

2014年3/28開幕戦、中でも期待したいのは、やっぱり、3割以上を残している聖澤、嶋の国学院コンビになってくるのかもしれない。

岸孝之攻略を探る一連シリーズ、次回は昨年の対戦データを細かく確認してみたいと思う。

【終】

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
☆12/16配信最新号の主な内容は「盗塁阻止率ではなく盗塁企図阻止率で診たいパリーグ球団別捕手力」です。
---------------------------------------------------------------





◎◎◎関連記事◎◎◎
連覇を狙う楽天。開幕戦相手は田中将大から3戦3勝の西武・岸孝之か?!


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!280人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}