昨季盗塁王・楽天聖澤。その盗塁が半減した理由を考える

スポンサーリンク




聖澤選手を応援するコミュニティページをfacebookで運営しております。現在「いいね!」445人。「いいね!」宜しくお願いします



ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


聖澤選手の盗塁記録を更新



こんばんは。聖澤諒後援会会員の@eagleshibakawaです。

本日、聖澤諒選手の通算盗塁記録を更新、ブログを加筆修正してアップしています。背番号23が積み重ねてきた171の盗塁記録は全てこちらで御確認頂けます。


◎〔記録〕楽天イーグルス 聖澤諒 聖沢諒 選手 通算盗塁履歴 (2013年シーズン終了時データ)


昨年の盗塁王から一転、今シーズンは8位に沈む結果になった。盗塁企図数、盗塁数はレギュラーを取った2010年以降で最低の数字、盗塁成功率はキャリアワーストとなった。


■2013年 パリーグ 盗塁ランキングTop10



後半戦に入って腰痛や左足かかと水ぶくれで休場を余儀なくされたことが、盗塁数が21に止まった大きな原因とも言えるのだけれど、開幕から積極的に走らなかったのも事実で、前半戦終了時その数は僅かに15に止まっていた。昨年は前半だけで32個走っていたことを考えると明らかに少ないと言える。

聖澤の盗塁が半減以下になってしまったその理由はどこにあるのか?

ここからは全て推測になってしまうのだけれど、幾つか理由を考えることができる。その理由を下記で考えてみたい。

(下記へ続く)

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------


チーム方針の変化が聖澤の盗塁を少なくさせた



一番大きいのはMJ砲の加入だろう。

MJ砲がしっかりクリーンアップに座ったため、前半戦主に1番3番を打つことが多かった聖澤が、MJ砲の前で足で仕掛けることは難しかったと言えそうだ。

昨年DeNAの内村がバッターボックスに中村紀洋を迎えた時、盗塁を仕掛けて内村が中村紀の勘気をこうむったことがあった。もちろん、中村紀の態度は采配批判以外の何物でもなく許されないものだが、強打者の中には、自分が打席にいる時に走者に必要以上に動いて欲しくないと思う打者も存在する。ちょろちょろすると打席に集中できない。走者の盗塁を助けてばかりだとカウントが不利になってしまうというわけだ。

今季の楽天も恐らくこのようなケースだろう。

首脳陣がMJ砲の前で聖澤を積極的に走らせない方針に決めたのではないだろうか。高い出塁率と長打力を持った両人だ。聖澤の足で突破口を切り開くより、両人に打席に集中してもらう選択肢を採用したと言えるのかもしれない。

聖澤自身の意識の変化もあるかもしれない。今年は最終的な3番打者像を目指し、走塁/盗塁よりもバッティングに力を入れていたフシがうかがえるからだ。さらに5/25広島戦でパリーグ外野手の連続守備機会無失策新記録を樹立した後は、好むと好まざるとに関わらず、守備でエラーをしないという方向に意識が割かれたのも、間違いないだろう。

また、チームの得点パターンの変化も大きい。クリーンアップに悩まされた昨年は、聖澤の足にかかる比重がチームとしても本当に大きかった。聖澤は無理してでも狙っていくという意識が大きかったはずだ。ところが、今季はMJ砲の加入により、無理して走る必要もなくなったと言える。このことも大きいと思う。

2年連続50盗塁を走りタイトルも手にしたことから、もちろん、相手バッテリーの対聖澤研究も進んだことも間違いない。そのことが聖澤を悩ませたのも間違いないだろう。

しかし、以上あげた諸々より、やっぱり大きかったのは、チーム方針だったのではないか?と見ている。

もしかすると星野監督就任以降グリーンライトで走っていたのが、今年はベンチサインだった可能性もあるのかもしれないと私は思っている。あるいは、グリーンライトだったけど聖澤が首脳陣の意向を強く汲んだとも考えられる。

無死1死での仕掛けが減り、2死からの企図が激増した



チーム方針ということで言うと、1つ興味深い数字の変化が見て取れるのだ。

以下の数字を御覧頂きたい。


2011年=全企図52中、18企図、割合34.6%
2012年=全企図65中、26企図、割合40.0%
2013年=全企図29中、18企図、割合62.1%



こちらは星野監督就任以降、全企図数に占める2死企図数の割合になる。

2011年は34.6%、2012年は40.0%だったそのパーセンテージが、今年は62.1%まで跳ね上がっていたのだ。

今季の聖澤は無死、1死で仕掛けるケースは少なくなり、2死からの仕掛けが激増していたことを意味する。

ローリスクローリターンだったと言える。

例えば、2死1塁から二盗を成功させてチャンスを演出することができても、次打者が凡退してしまえば得点には結びつかない。次打者が外野へ単打を放っても、聖澤が2塁から本塁へ帰ってこれる保証もないのだ(聖澤2塁時、打者外野単打による今季本塁生還率は68.8%である) 聖澤が3塁ストップになり、3,1塁で次々打者が凡退してしまえば得点はゼロだ。

実際、2死から成功させた14盗塁中、その後ホームに帰ってこれたのは、5/6オリックス戦、9/17ソフトバンク戦の僅か2度だけだった。

つまり、盗塁を成功させても得点に結びつけることが困難なのが2死からの盗塁なのだ。2死から仕掛けて例え失敗したとしても、無死1死のときと比べると、元々2死だから痛手は少ない。

あってもなくてもどっちでも良かった?!(泣)



以上のことから、チームの攻撃方針が、聖澤の盗塁からMJ砲を中心とした長打を絡めた攻撃へと大きく舵を切ったのが2013年だったと言える。

極端なことを言ってしまえば、聖澤の盗塁はあってもなくてもよいというローリスクローリターンの下、実施されていたということなのだ。

ファンの1人としては哀しくなってしまうが、下記の本塁生還率がそのことを雄弁に物語っているように思う。

◎2012年:(盗塁企図が起点)38.5%、(盗塁成功が起点)46.3%
◎2013年:(盗塁企図が起点)13.8%、(盗塁成功が起点)19.0%



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
【速報】楽天聖澤xオリ金子x巨人澤村「信州人プロ野球選手チャリティトークショー2012」に行ってきました!
楽天・聖沢 聖澤がWBC日本代表最終メンバーに選出されなかった2つの理由
楽天ファンの新たな聖地が長野市駅前に誕生!! 聖澤ファンは特に要必見!! 旬逢居酒屋hashiraさんへ行ってきた!

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!270人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}