【試合評】加盟申請から3289日目、参入正式決定承認から3251日目、遂にこの日がやってきた──2013年9月26日(木) ○楽天イーグルス4-3西武ライオンズ

スポンサーリンク





20130926DATA3.jpg
HANREI.jpg





加盟申請から3289日目、参入正式決定承認から3251日目、遂にこの日がやってきた



マジックを2とし、リーグ制覇へ王手で迎えた楽天、今夜も追う展開となった。

1回表2死満塁から枡田の押し出し四球で1点を先制したが、中盤に逆転を許す。先発・美馬は毎回走者を背負う苦しい投球を余儀なくされながらも良く粘った。正直、意地の投球だったはずだ。しかし、鬼崎、秋山に2本の放物線を運ばれ、5回にも1点を失い、チームは一転、2点を追いかける立場となった。

打線は5回表、初回以来となる2度目の得点圏を構築。1死3,2塁でバッターボックスに3番、4番を送り込む絶好機だったが、この場面は相手二番手左腕・高橋の好投に遭い、あえなく凡退。スコアは1-3のまま、試合は終盤の7回表に突入していた。

悲願の初優勝への最終章は、7回表1死後、ここから始まった。

ちょうど敵地で日本ハムと戦っていた3点リードの2位ロッテがファイターズ打線の猛攻に遭い4失点。日本ハムが逆転したことが場内に伝わった直後のイーグルスの反攻となった。1死後、聖澤が1塁へ歩く。岡島が左前へ痛烈に弾き返していく。藤田凡退の2死2,1塁で再び打順はクリーンアップ。先ほどの凡退リベンジの舞台が整った。

3番・銀次がセカンド左を射抜こうかという内野安打で塁上満員御礼、お膳立てが整った所で4番・ジョーンズの一撃は右中間を3バウンドで完全に破る鋭い一打。走者3名がホームに帰ってくる、終わってみれば初優勝を決める逆転決勝打となった。

思えば、2013年はマジで初優勝狙えるかもしれない。そんな気持ちが芽生えたのは昨年12月8日早朝のことだったはずだ。メディアが、メジャー通算434本塁打のアンドリュー・ジョーンズの楽天入りを報じていた。

その助っ人請負人による素晴らしい逆方向への一打となった。

1点リードの最終9回表、既に報じられていたとおり、田中将大が2009年7/20ヤフードーム以来、プロ3度目の救援マウンドに登った。1安打1四球で1死3,2塁のピンチで3番・栗山、4番・浅村を迎える場面を、全8球150キロ超の速球で2者連続三振。金縛りに遭ったように身動き取れない両者の姿が印象的だった。

ラストバッター、浅村への第5球、2-2からのラストはアウトコース低め、嶋のミットに綺麗に吸い込まれていく153キロの速球。見事にバットに空を切らせ、今季3552個目のアウトを取る。

ガッツポーズする田中、嶋のバッテッリーは駆け寄って熱い抱擁。その両者を中心にナイン、監督、コーチ、裏方さんがわっと一斉に飛び出してくる。歓喜の輪がひとしきり咲いた後、星野監督が7回宙を舞った。三木谷オーナーは満面の笑みで星野監督そしてAJと抱擁を交わし、ナインに支えられ5度宙を舞った。

その後、おこなわれた優勝監督インタビューで、私は久しぶりの、ひょっとして楽天のユニフォームに袖を通して以来、見たことがなかったかもしれない、目尻を下げっぱなしで柔和な笑顔をみせた「仏の星野」をみた思いがした。

もう夜も更けてしまった。本エントリーはここまでに軽く止めておきたい。

最後に、楽天イーグルス、ありがとう!

クリムゾンレッドの勇士達の戦いがあったからこそ、当ブログは2009年6月から一時中断を挟みながらも4年3カ月続くことができました。今夜、楽天ファンであったことを本当に良かったと思いますし、ブログを続けてきたのも、本当に報われたそんな満ち足りた思いがします。

そして、大きな感動が胸中を駆け巡る一方、実は告白すると、どうしようもない寂しさを同時に抱えていたりします。私が仙台在住ではないことを最もうらめしく感じた一夜にもなりました。これはコンプレックスだな・・・・・・

ともかく、今夜の感動を一言で表せば、「報われた」ということなのだ。

アンケートに御参加ください



最後に、読者の皆さんへ。

初優勝記念アンケートと題して「あなたが選ぶ楽天イーグルス歴代ベストナイン」のアンケートを実施中です。

読者プレゼントも用意しました。詳細は1つ前のエントリー、下記URLを御参照下さい。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1858.html


両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・美馬(右投)

西武=1番・ヘルマン(三)、2番・片岡(二)、3番・栗山(左)、4番・浅村(一)、5番・秋山(中)、6番・中村(指)、7番・()、8番・炭谷(捕)、9番・鬼崎(遊)、先発・増田(右投)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------

■楽天 美馬学 球種別 投球詳細
20130926DATA4.jpg

5回0/3、打者24人、99球、被安打7、被本塁打2、奪三振3、与四球3、失点3、自責点3。

■西武 増田達至 球種別 投球詳細

4回183、打者20人、62球、被安打3、被本塁打0、奪三振0、与四球4、失点1、自責点1。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!260人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

おめでとうございます。
ついに来たこの瞬間、この嬉しさを共有したいと思います。
マー君の神がかり的な働きは別格として、今年はジョーンズ・マギーを取ってきた方にMVPを上げたいです。
藤田をとった眼力も大したものだと思います(それとも高田GMの眼がなかったか)。
チームを客観的に評価し、補強ポイントを的確におさえることがいい結果になるということでしょう。もうひとつのひいきチームredsoxも補強ポイントをうまく押さえ最下位から地区優勝になりましたので、その思いを強くします。
あえて苦言を呈すると、やはり抑えが短期決戦ではアキレス腱になりそうなので、まーくん、則本にはフル回転を期待します。
shibakawaさんも本当にいつもご苦労様です。
おめでとうございます。ばんざーい。

優勝おめでとうございます

おはようございます。

楽天イーグルスの皆様、優勝おめでとうございます。

いつもお世話になってますshibakawaさん、優勝おめでとうございます。

エースと4番が最終回2アウトでランナーをおいて勝負する、野球映画を地で行くようなラストシーンは緊張しました。西武浅村はストレート狙い。そこへストレートを投げて空振り三振をとった田中。

迫力満点の2人でしたね。


テスト入団→育成・支配下契約から2年目ジム・ハウザーが勝ち投手。アメリカから来た苦労人が手にした優勝決定戦の白星は一生忘れられない思い出となったことでしょう。

アメリカンドリームならぬ、ジャパニーズドリームをつかんだ1日として。


No title

優勝おめでとうございます。そして…、ありがとうございます。

一夜明けた今日から、CSに向けて戦いが始まります。
shibakawaさんには御苦労をかけますが、ぜひイーグルスの日本シリーズ出場にむけての辛口の提言をお願いします。
・田中に奪三振王のタイトルを狙わせるべきか、それとも休ませるべきか。
・松井と藤田のベテランコンビは抹消して休ませるのか否か。
・2軍からCSと日本シリーズで戦力になりそうなのは誰か。高須、鉄平、中川、永井、ダック…。

昨日のコメントは、思い返せばよほど頭にきていたのかも…。嶋のリードもyahooスポーツでよく見たらご指摘どおり。冷静にならないといけないと反省しました。

今日発売のフライデーには星野監督と大久保二軍監督の記事が。
読んでまたびっくり。サンデー毎日とは正反対。
う~ん、どれが真実なのか分からなくなってきた。

冷静に考えると…。
500円硬貨はどう見えるか?見方が違えば書く内容も違う、と理解してカッカするのはやめることに。コメントする他の方から苦笑されそうで。


あと余談ですが、則本昂大の名前は「昂」(『こう』で変換できます)ですね。「昴」(すばる)ではありません。イーグルスマガジン69号を読むと本人もよく漢字を間違えられるので慣れてしまったとか。
テレビ局のテロップでも間違えたのを見ますので、あまり気にしないでくださいね。


Re: No title

redsoxさん

redsoxさんは仙台在住でしたよね。こちらこそ、おめでとうございますの一言です。やっぱり、地元にプロ野球球団があるのは、贅沢で素敵なことだなあ~と思いました。星野監督は就任時、イーグルスを東北の文化にしたいと発言していましたが、その一歩を踏み出すことができたのでは?と思います。

> マー君の神がかり的な働きは別格として、今年はジョーンズ・マギーを取ってきた方にMVPを上げたいです。
> 藤田をとった眼力も大したものだと思います(それとも高田GMの眼がなかったか)。

不確かな記憶ですが、マギーを発見したのは、星野監督の阪神時代からの付き合いのあるスカウト?の方だったと聞いたことがあります。一方、トンデモな意見ですが、楽天本社の社内公用語が英語になったことがナッシュビルのウィンターミーティングで奏功したという意見もどこかで聞いたような覚えがあります。いずれにせよ、政治力・人脈のある星野監督を連れてきたこと。3.11が起こったこと。立花新社長になったこと。三木谷オーナーの意識も徐々に変わりつつあったのかな?と思うこと、銀次や枡田ら若手が目覚ましい成長をみせていたことなど、田中がMLB挑戦と報じられたこと、色々が重なってのMJ砲の獲得だったのでは?と思います。

それに、彼らはNPBに良く順応し、チームの中心として範を示したとたと思います。

> あえて苦言を呈すると、やはり抑えが短期決戦ではアキレス腱になりそうなので、まーくん、則本にはフル回転を期待します。

スコアリングポジションに逆転の走者を背負ってなお全8球ストレートで押し通したあの神がかりな投球をみると、田中を後ろでみたいと思わせてくれます。過去3度日本一に挑戦して未達の星野監督が4度目のチャレンジで、田中をどのように使ってくるのか?今から楽しみです。

Re: 優勝おめでとうございます

やっさんさん

おはようございます。おめでとうございます。人生忘れられない一夜から2日経ちましたが、いまだ感動の真っ只中、いつも見慣れた景色が新鮮に見えるほどですよ。

> 迫力満点の2人でしたね。

投打の大黒柱による期待どおりの名活躍、素晴らしかったですね。AJはあの場面、ひっぱらずによく逆方向に弾き返したなと思います。経験の成せる業でしょうか。

> テスト入団→育成・支配下契約から2年目ジム・ハウザーが勝ち投手。アメリカから来た苦労人が手にした優勝決定戦の白星は一生忘れられない思い出となったことでしょう。

本当に良く投げましたよ。前夜があのようなかたちでの危険球退場でしたしね。と同時に、ハウザーを先発に持ってくる星野監督の起用法にも今年は唸らされました。

No title

Shibakawaさん,こんばんは

まずはおめでとうございます.

田中投手の歴史に残る活躍はもちろんですが,星野監督の言葉通り,それ以外の野手もよく守りよく打ち,そして他の投手もよく抑えた,といった優勝でしたね.

>そして、大きな感動が胸中を駆け巡る一方、実は告白すると、どうしようもない寂しさを同時に抱えていたりします。私が仙台在住ではないことを最もうらめしく感じた一夜にもなりました。これはコンプレックスだな・・・・・・

ブログにも書いた通り,今月の頭に仙台に行ってその盛り上がりを肌で感じていたので,「もし今仙台にいれば楽しくてしょうがないだろうな」と自分も思いました.
こればっかりはどうしようもないとはいえ,やはりうらめしいですね(苦笑

何はともあれ,おめでとうございました.

Re: No title

ゴールドクラブさん

コメント有難うございます。多忙しておりまして、レスが遅れています。すみません...

> 優勝おめでとうございます。そして…、ありがとうございます。

まずは本当に優勝おめでとう!と仙台在住のゴールドクラブさんに申し上げたいと思います。恐らく球界再編勃発から仙台に楽天が誕生し、そしてここまでの一部始終を見届けていらっしゃるでしょうから、感慨ひとしおでしょうと察しています。やはり、プロスポーツがある街は素敵だなあと思います。

> shibakawaさんには御苦労をかけますが、ぜひイーグルスの日本シリーズ出場にむけての辛口の提言をお願いします。
> ・田中に奪三振王のタイトルを狙わせるべきか、それとも休ませるべきか。
> ・松井と藤田のベテランコンビは抹消して休ませるのか否か。
> ・2軍からCSと日本シリーズで戦力になりそうなのは誰か。高須、鉄平、中川、永井、ダック…。

そうですね。ボチボチやっていければと考えています。ここのところ2軍の成績集計も遅延しているので、まずはそれをやっつけてからの話になりますが。

ダックは今夜の登板が試金石になりそうな気がします。ヤフオクドーム防御率が2.35なのに対し、ヤフオクドーム以外では57回2/3で自責点35で防御率5.46ですから、今日もし京セラドームで炎上するようなことがあれば、プレーオフ戦力になるのは厳しくなるのかなあと思っています。

> 今日発売のフライデーには星野監督と大久保二軍監督の記事が。
> 読んでまたびっくり。サンデー毎日とは正反対。
> う~ん、どれが真実なのか分からなくなってきた。

当方多忙で行きつけの書店にも行くことができず、いまだ件のサンデー毎日の記事すら確認できておりません。初優勝で世間の注目が熱い時期ですから、あることからないことまでを色々書かれてしまうのは、仕方のないところでしょうね。仰るとおり、あまり振りまわされるのも・・・と思います。

> あと余談ですが、則本昂大の名前は「昂」(『こう』で変換できます)ですね。「昴」(すばる)ではありません。イーグルスマガジン69号を読むと本人もよく漢字を間違えられるので慣れてしまったとか。
> テレビ局のテロップでも間違えたのを見ますので、あまり気にしないでくださいね。

「!」。いやはや、本当に勉強になりました。ゴールドクラブさんに指摘頂くまで、昂と昴が全く違う字であることすら、お恥ずかしいことに知りませんでした。そのイーグルマガジン読んでいるはずなのですが、記憶にございません(汗) ここまで全て「昴」で書いてきてしまっていますが、教訓としてそのまま晒しておきましょう。二度と忘れることのないように。

Re: No title

飯尾さん

かなり御無沙汰しております。コメントありがとうございます。
当方、只今多忙でコメントの返信が遅れておりまして、誠にすみません...

広島も球団初のクライマックスシリーズ進出決定しましたね。NHKニュースによると都内でカープ女子なるものが増殖中だといいます。実感あります?(笑)

できれば、日本シリーズで赤ヘルvsクリムゾンレッドの赤軍対決を実現させたいところ。そして、マエケンvs田中将大という両リーグを代表するエース投手の投げ合いを見てみたいです。オープン戦や練習試合、オールスターではあったかもしれませんが、公式戦ではマエケンvs田中のマッチアップはまだ1度もないんですよね。

そういえば、今回の楽天の優勝で一部(ほんのごく一部かもしれませんが)ブラウン監督に再評価のスポットが当たっているようにも感じられます。そのブラウン監督は今季、旧知の仲だというマリナーズのウェッジ監督に岩隈の起用法についてアドバイスをしていたといいます。飯尾さんとブログを介してお知り合いになったのも、2010年でした。なんだか懐かしく感じましたね。

> 田中投手の歴史に残る活躍はもちろんですが,星野監督の言葉通り,それ以外の野手もよく守りよく打ち,そして他の投手もよく抑えた,といった優勝でしたね.

田中やMJ砲の活躍は、過去の実績などを考えれば、額面どおりならやってくれるだろうという予想はできました。もちろん、田中はその遥か斜め上を行く異次元の活躍で、MJ砲も良く日本に溶け込んだと思いますが、私が星野監督の言葉で印象に残ったのは良く守ったの部分でした。

広島の二塁手・菊池も好守連発という話を聞きますが、とにかくセカンド藤田を中心とした二遊間、内野陣、連続守備機会無失策を続けるセンター聖澤ら外野陣が良く守ったと思います。

藤田は守備に定評のあるということで楽天入りしてきたわけですが、昨年は(今年と比べてしまうのがいけないのかもしれませんが)そこまで強烈なインパクトを残すことはなかったかな?という印象ですが、今年はスーパープレーの連続でした。松井も38歳シーズンで遊撃100試合以上出場という前人未到の活躍でした。

オフにセイバー関連の書籍が出ると思いますが、楽天が守備でどのくらいの利得を稼いだのか?今から興味がつきません。

> ブログにも書いた通り,今月の頭に仙台に行ってその盛り上がりを肌で感じていたので,「もし今仙台にいれば楽しくてしょうがないだろうな」と自分も思いました.
> こればっかりはどうしようもないとはいえ,やはりうらめしいですね(苦笑

やはり、プロ野球がある街は素晴らしいなと思った次第です。このブログがもっと大きく成長し、マネタイズできるほどの個人メディア規模になれば、仙台に活動拠点を設けたいところではありますが、夢のまた夢です(笑)
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}