【試合評】 一撃一閃のペゲーロがみせた、来日2年目の上手い対応力~2017年4月6日○楽天3-1ソフトバンク

スポンサーリンク







梨田監督がみせた勝利のメッセージ




単独1位の返り咲きを「執念」でつかみ取る大きな勝利になった。

東北開幕戦をゼッタイ勝ち越しで!
この強い執念が表れたのは、スコア2-1、楽天1点リードの5回表のこと。

梨田監督が、4回無安打の先発・森に見切りをつけ、二番手・高梨を投入したときだった。
経験豊富な名将が戦況を見きわめ、自軍の士気を揚げる、すばらしい積極采配になった。

というのは、先発・森はヒットこそ打たれなかったものの、4回まで6四死球。
バックを守る味方の野手陣の戦意、ぼくらファンの応援意欲を萎えさせてしまう「独り相撲」感の強い粘投だったのだ。

ゲームは3回裏にペゲーロ2ランで楽天が先制。
味方得点直後の4回表は、森にとって「要所」となるイニングだったはずだ。
そこで、あまりにも拙いかたちで1点を手放したことが、梨田監督に継投を決断させる原因になった。

先頭・柳田に四球を与えると、足で大いにかきまわされてノーヒット失点。

癖がバレているのか、5企図4盗塁と走られ放題の森だったが、この回は、四球出塁した柳田に二盗、三盗と立て続けスチールに許していた。
その三盗を阻止すべく嶋が投げた3塁送球を、ベースカバーのウィーラーがまさかの補球ミス。
守備の時間が長くなり、集中力がプツンと途切れてしまったのかもしれない。
球が転々とする間、柳田にホームを踏まれてしまっていた。(楽2-1ソ)

その後もちぐはぐ感が満載。
直後、内川に四球を許したが、デスパイネ併殺で2死走者なし。
ここはすんなり3アウト目を取るかと思いきや、中村晃にフォアボールを与え、さらに二盗も決められてしまう始末。
後続の松田をなんとかゴロ凡打に仕留めたものの、勝利の二文字が見えてこないピッチングだった。

出塁から生還まで無安打で点が入るというケースは、そうそうあるものではない。
たとえば昨年、楽天の654失点中、そのようなかたちで失ったのは、先頭打者四球後に二盗、嶋の2塁悪送球で三進され、内野ゴロで生還を許した8月23日ソフトバンク戦の8回を含む、わずかに2失点だけだった。
それだからこそ、4回の失点劇は、イメージが悪すぎるし、士気低下を招きかねないものだった。

もし、5回も森に続投させていたら、この試合を本気も本気で勝ちにいこうとはしていないのかも?!という「誤った空気」が広がる恐れもあった。
それを否定し、絶対に勝ちにいくという強い姿勢をみせたのが、5回からの継投作戦だったというわけなのだ。

(下記に続く)

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・今宮(遊)、2番・本多(二)、3番・柳田(中)、4番・内川(一)、5番・デスパイネ(指)、6番・中村晃(右)、7番・松田(三)、8番・長谷川勇(左)、9番・高谷(捕)、先発・バンデンハーク(右投)

楽天=1番・茂木(遊)、2番・ペゲーロ(右)、3番・ウィーラー(三)、4番・アマダー(指)、5番・銀次(二)、6番・今江(一)、7番・島内(中)、8番・岡島(左)、9番・嶋(捕)、先発・森(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

HANREI3.jpg

5回以降、各員一層奮励努力の「勝利」の継投リレー




指揮官の執念に、ナインの闘志と、僕らファンの声援も重なって、5回以降は1イニングずつつなぐ「一人一殺」、見ごたえありのブルペンリレーになった。

5回は高梨、1死3,1塁のピンチを招いたが、今日はそこからが独擅場だった。
本多、柳田の左打者2人に対してインコースを果敢に用いた。
両者、高梨が内から入れたスライダーにタジタジで、空三振、二ゴに料理した。
これで左打者との対戦成績を10打数1安打、4三振の被打率.100になり、試合後は初のお立ち台へ。
「プロ初勝利」の報告をファンの前で宣言している。

4番・内川から始まる6回は、経験豊富な福山が任された。
内川、デスパイネ、中村晃。
気の抜けない強面連中。
しかし、たった9球でお片付けするところは、さすがこの人ならではの面目躍如だ。

7回は森原、力みのない投球フォームから平均145.0kmのファストボールを繰り出し、松田、長谷川勇、高谷をねじ伏せた。
とくに長谷川勇との対決は圧巻!
昨日2打席連続のスリーベースで釜田を打ちのめした元首位打者に対し、全く物怖じすることのないインコース投球。
懐をグイグイ厳しく突く強心臓で、3球三振に追いやった。

8回はハーマンだ。1番・今宮から始まる上位打線に対し、正直、不安でしかなかったが、結果は最上の三者凡退。
変化球を上手く混ぜて、狙いを絞らせなかった嶋の好リードも大きかった。

そして9回、場内にFall Out Boyの「Centuries」が高らかに鳴るなか、背番号1が登板。
このカード12打席1内野安打と眠っていたデスパイネに左翼線へ二塁打を弾き返され、その後2死2,1塁まで攻め込まれた。
代打・川島との勝負もボール先行3-0。
バタバタする場面もあったが、カウントを3-2に戻すと、最後は場内の鷲ファンが送る勇気鼓舞の大歓声にみちびかれ、川島を看板球チェンジアップで空三振に取っている。

リリーフ陣5人を投入して勝利したのは、3月31日開幕戦、4月2日オリックス戦に続く3度目の快挙になった。

今年、楽天がAクラス、さらにその先の優勝戦線を戦うには、オールスターまで二桁の貯金を作ることだと思っている。(ちなみに2013年は12個あった)
というのは、後半戦は7週連続の6連戦日程での幕開けで、大変タフな戦いが予想されるからだ。
売り出し中の新人リリーフトリオも、開幕来の疲労が溜まる夏場は未体験。
今と同じような快投ができる保証はどこにもない。

スケジュールに余裕のある前半戦、1つでも貯金を作り、他球団に対して優位に立っておきたいところなのだ。
その意味で、強敵の若鷹軍団を相手に、指揮官が勝てるチャンスを逃さず、勝利に徹した采配をみせてカード勝ち越しできたのは、大きい。


18.44mのめくるめく攻防を制したペゲーロの貴重2ラン!




じつは、この試合、個人的なハイライトは5回以降のブルペンリレーではなくて、3回にペゲーロが一閃した先制2ランだった。

いやはや、じつに面白すぎる対決劇になった。

バンデンハークとの対決で二飛に倒れた1打席目も、右越え2ランになった2打席目も、同じ攻めだった。
鷹バッテリーは、ペゲーロの弱点と言える高め速球を初球から連投し、目線を上げさせ、高めに目付けをさせたところで、縦割れのカーブで勝負という青写真だった。

1打席目は真っすぐ、真っすぐ、真っすぐで2-1になった後、勝負にきたカーブを打ち上げての二飛。
しかし、2打席目は、速球、速球、カーブで1-2と追い込まれた後、真っすぐ2連投をファウルで逃げた後の第6球、内角中段から内角低めにかけて鋭く縦割れ変化した、かなり難しいブレーキングボールをすくい上げの一閃で仕留めたのだ。

これ、ペゲーロはカーブを明らかに狙っていたと思う。
仕留めるのは、(ペゲーロからみて)甘く入ってきた変化球、中でもブレーキングボールだという意識は強かったと思うのだ。

1-2と追い込まれた後、インハイめがけて2球続けて投げ込まれたファストボール。
人によってはいずれも差し込まれてのフライファウルと見るシーンかもしれない。
しかし、ぼくには上手くファウルでカットし、狙っている変化球が来るのを辛抱してジッと待つ百獣の王さながらの風格を感じた。

直前のインハイ150kmのファウル打ちが、ぼくにそう確信させた。
あれ、去年までなら空振りしていたはずだ。
それを、一見すると止めにいったバットに当たってしまったようにも見えるバットコントロールで、バックネット後方のフライファウルに逃げるカット打法をみせていた。

確かに、高め一帯の速球はペゲーロの弱点になる。
オフの間、他球団も研究してきて、今年は全体に占める高めゾーン速球の割合が増えている。


20170406DATA05.jpg


昨年は28%だった割合は、今年は36%に大幅アップした。
捕手が明らかに高めにミットを構えるシーンが増えている。

弱点を突く他球団の攻めに対して、ペゲーロも来日2年目の対応で大変上手く応戦しているのだ。

このことが確認できるデータがある。
下記のグラフをみてほしい。


20170406DATA04.jpg

大幅に改善されたコンタクト率




このグラフは、高め速球に対して、ペゲーロがスイングしにいったときの結果を、各々の結果別にパーセンテージで表したものだ。

昨年、ペゲーロは高めファストボールを振りにいったとき、凡打に倒れたり、空振りする頻度が大変多かった。
しかし、今年はここまで凡打に倒れたケースは1度もなく、空振りの割合は前年比で半減と大きく改善に成功し、コンタクト率の上昇に成功していた。

実際、昨年は約15打席に1度の頻度で高め速球で三振を喫していたペゲーロ。
ところが、今年はここまで28打席に1度だけである。

「去年、いろいろな投手と対戦して、どう攻めてくるか分かった。落ち着いて打席に立てている」という本人談話のとおり、相手が自身の弱点をどう攻めてきて、どう打ち取りたいのか、よく分かっているのだ。

布石の高め速球をファウルでカットして辛抱すれば、獲物の甘い変化球が到来する。
そこを一撃必殺でミスショットなく仕留めるというところに、目下のテーマがあるのだと思う。
18.44mのめくるめく攻防劇を余すところなく堪能できたシーンになった。

あの3回は気まずくなりかけた嫌な場面があったばかりだったのだ。
先頭の岡島がバンデンハークにじつに13球を投げさせて、サード前方のボテボテ内野安打で出塁。
しかし、直後の嶋とのバスターエンドランが決まらず、6-6-3と渡るゲッツーでチャンスの芽が完全に潰えてしまったかにみえた。

無死1塁が2死無走者になり、1番・茂木がストレートで1塁に歩いての2死1塁、ペゲーロに打席がまわるも、わずか3球で1-2と追い込まれてしまったという場面だったから、あの先制2ランは、嫌な雰囲気を払拭する意味でも、本当に大きかった。


期間限定のスペシャルプライスでのご提供は今週日曜日まで!




というような試合評を、今シーズンもnote/まぐまぐメルマガで綴っています。

前半戦の戦いを綴るnote新マガジン「Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017前半戦〕」では、只今、新規読者さんを募集中。

定価3,000円のところ、4月9日、今度の日曜日までのお申込みで、期間限定2,500円でご提供しています。
ぜひこの機会をお見逃しなく!

秋にはともに美酒を堪能しましょう!
詳しい御案内は下記でどうぞ。



20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



遂にプロ野球開幕!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、4月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 東北は日の出を待っていた! 投打かみ合う理想の開幕4連勝!~2017年4月4日○楽天7-1ソフトバンク
【試合評】 投壊、大敗の中に見た、明日へつながる反撃の4得点~2017年4月17日●楽天4-15ソフトバンク



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}