【試合評】 同点2ランのマギー。大好物は右投手が投げる真中・内角スライダーです!!──2013年7月31日(水) △楽天イーグルス2-2西武

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?(創刊号は田中将大の進化をデータから探ります)クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------





1回の好機で共に三振。リベンジに燃えたMJ砲の4回同点劇

岩手から秋田へ転戦したイーグルスは、今夜も追いかける展開だった。2回表、今季初先発の帰ってきた辛島が捕まる。

1死後、秋山、熊代に痛烈な右前安打を浴びて2,1塁のピンチを招くと、7番・金子には追い込みながらもくらいつかれてしまった。フライヒットが中前へ。この間、二走に先制の生還を許したが、この後もいけなかった。打球を処理しにいったセンター・島内がバウンドをグラブに合わせきれず後逸させてしまったのだ。このエラーの間に一走に三塁進出を許し、続く炭谷のスクイズで2点目のホームを踏まれてしまった。(楽0-2西)

2点を追いかける楽天は4回裏、マギーの一振りで追いつくことに成功。1回1死2,1塁のチャンスで共に十亀の縦割れカーブに空振り三振に倒れていたMJ砲が、反撃の打撃を魅せた。

物凄いバットスイングで先頭AJが左前へ弾き返し出塁すると、マギーの打撃は1-0からの2球目をバット一閃。レフト・栗山の足が釘付けになる、完璧なフライボールが左翼席へ吸い込まれていき、これが同点となる20号2ランとなる。両者ともに甘いスライダーを打ち砕いての戦果だった。

このマギーのホームラン打席のときに振り始めた雨が、5回終了時、激しさを増す。19時41分、試合中断。叩きつけるような強い雨足は一向に止む気配を見せず、20分後の20時1分、審判によって降雨コールドが宣言され、2-2のドローゲームに終わった。試合終了後、三好と福山がベースランニングをみせて場内を湧かせていた。

楽天にとって89試合目にして今季初の引分試合である。

昨年は同試合数終了時で既に4を記録していたが、今季はここまでドローゲームがなかった。秋田のファンにしてみれば、これから勝利のシナリオへと向かう中での、まさに水を刺された格好になった。

しかし、2位とゲーム差5.0のまとまったリードを取り首位に立っている今、この引分けは事実上の勝ち試合と言え、ビハインドから追いつく展開だったことも合わせて考えると、2-2の引分けで十分に御の字と言えそうだ。

■パリーグ 球団別 逆転勝利数
(7/31試合前時点)
楽天23
ロッテ20
ソフトバンク17
オリックス14
日本ハム14
西武13

これでチーム成績は89試合52勝36敗1分。貯金は16のまま。ゲーム差は2位・西武と5.0のまま、3位・ロッテとは5.5としている。なお、各種戦績は下記のとおり。

直近10試合=7勝2敗1分
7月月間成績=21試合14勝6敗1分
リーグ戦=65試合37勝27敗1分
後半戦=7試合5勝1敗1分
西武戦=14試合6勝7敗1分

ホームゲーム=45試合27勝17敗1分
ナイトゲーム=59試合35勝23敗1分
先制された試合=44試合19勝24敗1分 (5月以降17勝14敗1分)
雨天試合=18試合12勝5敗1分 (試合中に少しでも降雨があった試合対象)

両軍のスターティングラインアップ

西武=1番・ヘルマン(三)、2番・渡辺(二)、3番・栗山(左)、4番・浅村(一)、5番・秋山(中)、6番・熊代(右)、7番・金子(指)、8番・炭谷(捕)、9番・鬼崎(遊)、先発・十亀(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・岩崎(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(右)、先発・辛島(左投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130731DATA4.jpg
HANREI.jpg

あっさり同点に追いつくマギーお手柄20号2ラン

2点を追う4回裏、安打出塁したAJを塁上に置いた無死1塁、マギーによる20号2ランショットは、本当に意味を持つ一撃になった。もしこの回も得点が入らないまま2点を追いかける展開が続いたとすると、5回終了時に降雨コールド負けということも考えられたからだ。これでマギーが十亀からホームランを放ったのは4/29西武戦以来2本目になった。

前述したように、ストライクゾーンの真中に入ったスライダーをさばいた。アウトコースを狙った投球が抜けて甘く入った十亀の失投を、真芯で捉える会心の当たりだった。

この一撃のように、マギーは右投手が投げるストライクゾーン真中~内角のスライダーに強い(下記配球図赤色網掛け)。

下記に履歴を出してみたが、これで21打数12安打、1三振、2二塁打、3本塁打の打率.571を記録している。

■右打者のストライクゾーン真中・内角


■マギーvs右投手が投じたストライクゾーン真中・内角スライダー打撃履歴
20130731DATA9.jpg

1番・聖澤、2番・藤田、ともにスタメンをはずれる

1番・聖澤、2番・藤田。6/23ソフトバンク戦以来、不動だった1、2番コンビがこの日、揃ってスターティングラインアップをはずれた。

聖澤は今季初の休養日。途中交代は何試合かあったものの、ここまでの全試合スタメン出場してきた背番号23に与えられた、ようやっとの安息日になった。

試合終了後に更新された聖澤のブログによると、理由は「腰痛が悪化してしまったことと、打撃不振からです」と綴っている。聖澤は7/15以降41打数4安打の打率.098と1割以下の成績になっており、これでは本人も認めているように止むをえまい。打撃スランプの理由は腰痛に加え、夏バテもあるのだろう。7/24のブログを覗くと「仙台の暑さもやばいと感じるけど、福岡の暑さはホントにやばいです(T_T)」と暑さに参っている記述を確認することができる。例年極度のスランプに陥ることがある聖澤だから、このようなタイプには、やっぱり定期的にリフレッシュ休養が必要で、できれば前半戦から適宜に休養日を設けるべきなのでは?と感じる。

藤田のスタメンはずれは、ちょっと心配だ。藤田も7/15以降は36打数6安打、打率.167とかんばしくない。しかし、バッティングの調子が低迷しているそのことよりも、心配なのは、前夜の試合でのできごとだ。

昨日の西武戦。8回表、楽天は2死2,1塁のピンチを迎えていた。5点リードしていたとはいえ、まとまった点数を返されてしまったら何が起こるか分からない状況だった。バッターボックスのスピリーの打撃は痛烈に弾き返した逆方向への当たり。打球は1,2塁間、藤田の横を襲った。この当たりに藤田はスーパーダイビングキャッチ。グラブの先に白球を抑える美技を披露し、チームの勝利を盤石なものとした。その直後、打席がまわってくる。しかし、藤田の姿はバッターボックスになく、代打が告げられていた。実況・矢野吉彦アナ、解説・松本匡史氏のやりとりでは横っ飛びしたときの衝撃でどこか痛めてしまったのでは?という推論だった。

抹消されていないので重度ではないはず。そのことに安堵は覚えるものの、少し心配な点ではある。

1番・岡島、初回先頭打者打席で初球打ちヒット

聖澤、藤田に代わり、代役を務めたのが1番・岡島、2番・岩崎だった。岡島の1番スタメンはファームでは何試合かあるものの、1軍では初となった。島内や松井ではなく岡島をいきなり抜擢したその理由について、松本氏は当たっている下位打線を崩したくなかったのだろうと解説されていた。私もそのように感じる。

その岡島は初回先頭打者打席、十亀の初球、アウトコース速球をセンターへコンパクトに弾き返し出塁。勢い良く先陣を切ったことが、その後の1死2,1塁のチャンスにつながっていった。

今シーズン、楽天の1番打者の初回先頭打者打席は不調を極めている。88打席、84打数15安打、18三振、4四球、3二塁打、2本塁打、打率.179、出塁率.216。不調の松井に代わって定位置復帰を果たした背番号23も三振が多く、結局、初回先頭打者打席という点で言えば結果を出すことができていなかった。

岡島はそんな流れを絶ち切るべく、初球を一振りで快音を響かせてみせた。楽天の1番打者による初回先頭打者初球打ち成績はここまで10打数1安打だったが、岡島の初球打ちセンター前で2本目のヒットとなっている。

■楽天 辛島航 球種別 投球詳細
20130731DATA5.jpg

5回、打者20人、71球(1回当たり14.20、1人当たり3.55)、被安打5、被本塁打0、奪三振1、与四球1、失点2、自責点1。

《初球20球》
右打者14球=ストレート7、シュート1、チェンジアップ1、カーブ5
左打者6球=ストレート3、スライダー2、カーブ1

《2ストライク以降14球》
右打者10球=ストレート4、シュート1、スライダー1、チェンジアップ2、カーブ2
左打者4球=ストレート1、スライダー3

遅ればせながら今季初見参の辛島

昨年先発転向し8勝を挙げ、2月の久米島ではイーフビーチで釜田と共に開幕投手宣言をした辛島。先発2年目の今シーズンはその働きに期待が高まったが、オープン戦で左ひじの炎症を発症、開幕ローテ入りを逃していた。当初は軽度とみられていたものの、結局ここまで時間がかかってしまい、この試合が今季1軍初先発初登板となった。

2軍では6/20巨人戦で救援投手として実戦復帰。2回2安打4奪三振の零封に抑えると、3戦目の7/7DeNA戦から先発登板。合計5試合、23イニングを投げて防御率1.57、WHIP0.87、被打率.203と上々の成績を残していた。

矢野アナ、松本氏の取材によると、辛島本人は1軍に呼ばれるのはまだ先だと感じていたという。どうやらもう少し調整したかったようだが、美馬とともに星野監督からお呼びがかかり、今日の登板となった。

■辛島航 2013年 2軍 試合別 投手成績


■辛島航 2013年 2軍 左右打者別 投手成績
20130731DATA2.jpg

地方球場のため球速表示がアテにならず、スピードが出ていたかどうか?の確認はできなかったが、総じて球が高かった。

下記配球図のとおり、特に右打者に対して球が高めに集まる傾向にあった。49球中、44.9%に当たる22球が高めを記録。許したヒット5本のうち4本が高め速球を打たれており、速球の球威はいまひとつだったのかな?と見ることもできそうだ。

一方、変化球の精度もいまひとつのものだった。もったいなかったのは、やっぱり、先制打となった金子の中前安打だ。4球目、インコースのいっぱいのところを速球で突いて2-2と追い込むことに成功していた辛島。6球目アウトコースを狙ったスライダーがややコースは良かったものの高さが高めに入ってしまったところを、泳ぎ気味になりながらもうまくくらいつかれてしまったのだ。泳ぎ気味になったのはやはり4球目の内角攻めが効果を発揮しているからと考えられ、スライダーを低めに投げ切ることができていれば、討ち取っていたであろう場面だった。それだけに、もったいない。

ただ、3回以降3イニングをしっかりゼロで抑えた点は評価できそうだ。指揮官は今後も辛島を先発ローテに組み込むことを明言しているので、次回ピッチングにはさらに良くなった辛島を見ることができるかもしれない。

■配球図


■西武 十亀剣 球種別 投球詳細
20130731DATA6.jpg

5回、打者20人、80球(1回当たり16.00、1人当たり4.00)、被安打5、被本塁打1、奪三振5、与四死球0、失点2、自責点2。

《初球20球》
右打者7球=ストレート3、スライダー3、カーブ1
左打者13球=ストレート5、スライダー3、シンカー3、カーブ2

《2ストライク以降31球》
右打者13球=ストレート7、シュート1、スライダー3、カーブ2
左打者18球=ストレート11、スライダー1、シンカー5、カーブ1

明暗分かれたMJ砲vs十亀の対決劇

辛島の球が全体の38.0%高めに集まっていたのに対し、十亀のそれは27.5%を記録。高めだけは避けなければならないという意識はうかがえた内容だったかと思う。

やっぱり、印象的なのは1回1死2,1塁でのAJ、マギーの初対決と、あまりにも明暗分かれた同点劇となった4回2度目の対決である。1回の第1打席は両者ともに甘い球がやってこなかった。コースも素晴らしい所を攻められ、なかなか打てる球がやってこずに追い込まれてしまった。ラストは低めに良く制球された変化量の大きい縦割れのカーブ。相手バッテリーの未来予想図どおりの2者三振劇となってしまった。

一転、4回はいずれも甘かった。真中気味に入るスライダーは、AJ、マギーいずれもこの試合唯一打てそうな最初で最後の球だった。僅か1球の失投を完璧に仕留めてみせたMJ砲の力量は、何度拝んでも惚れ惚れしてしまうのだ。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
《十亀の前回対決試合》
【試合評】 2013年7月13日(土) ○楽天イーグルス3-1西武。勝利を運ぶ小山伸一郎、回またぎ4奪三振の力投
《直近の試合評》
【試合評】 美味しい所を鷲づかみにする枡田慎太郎の槍働き──2013年7月28日(日) ○楽天イーグルス5-4ロッテ


《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}