【記録】満塁弾に始まり満塁弾で終わった楽天・高堀の2013年──楽天 高堀和也 2013年 1軍 2軍 投手成績

スポンサーリンク






当ブログ雑誌書籍歴代販売ランキング、単独3位到達!!
キミは読んだか?! 日本一を決めた今秋こそ手にしたいファン必読の1冊!!
参入承認決定日から3251日を綴った貴重なインサイドストーリー
山村宏樹 著『楽天イーグルス優勝への3251日』

さっそく読書感想文を書いてみました。本書の中身など詳細はコチラをクリック

アンケート結果がまとまりました。犬鷲ファン51名が選んだ歴代ベストナイン発表!!
詳細はコチラをクリック。

~~


高堀和也、200万減の年俸1000万で契約更改



先日(11月12日)、200万減の推定年俸1000万で契約更改を終えた高堀和也の2013年を簡潔に振り返ってみたい。

2010年オフ・・・1000万
2011年オフ・・・900万
2012年オフ・・・1200万
2013年オフ・・・1000万

主戦級リリーフ投手への脱皮が期待されたシーズンだったが、残念な結果に終わってしまった。


■楽天 高堀和也 2013年 1軍 投手成績
楽天高堀和也2013年1軍投手成績


開幕1軍も、満塁弾に始まり満塁弾で終わる



今季は開幕1軍入り。初登板は開幕戦3/29ソフトバンク戦、スコアは1-2、1点を追う7回1死満塁、細川の打席時だった。前の打席で逆転2ランを則本から放っていた細川を、粘られはしたものの最後は外角低めスライダーで空振り三振に討ち取った高堀だったが、次打者の本多に高めにうわずってしまった速球を右翼席へ運ばれる満塁弾を浴びた。試合が完全に決まってしまう被弾になってしまった。

4/2オリックス戦から4/14西武戦まで7登板連続無失点が続いたが、4/16ソフトバンク戦、延長10回無死1塁、バッターボックスにペーニャを迎えた時に登板。アウトハイ速球を左中間に弾き返されてしまう決勝三塁打を打たれてしまう。4/29西武戦では1点差に迫った直後に失点、敗戦処理で登板した5/2日本ハム戦ではホフパワーに満塁弾を被弾。今季、楽天投手陣は7本のグランドスラムを献上しているが、2本打たれたのは高堀ただ1人だけという不名誉記録になってしまった。

翌5/3に利府行き。以来、高堀が1軍マウンドに戻ってくることはなく、結局、満塁本塁打に始まり満塁本塁打で終わってしまった2013年だった。

1軍での成績は14試合1勝1ホールド、防御率6.39、被打率.269、WHIP1.66、FIP6.28という内容で終わった。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■楽天 高堀和也 2013年 2軍 投手成績
楽天高堀和也2013年2軍投手成績

暗中模索の2013年



2軍に落とされた高堀は5/6DeNA戦でファーム初登板。4-2の2点リードで迎えた最終9回裏アタマのセーブシチュエーションで登板した。しかし、2四死球でピンチを広げると、元犬鷲戦士・渡辺直人に左前へタイムリーを浴びて1点差に肉薄され、続く乙坂智には右中間へ弾き返され、この当たりが走者2人の生還を許すサヨナラツーベースになってしまう。

結局、2軍でもかんばしい成績を残すことはできなかった。17試合に登板、3勝3敗、30回1/3を投げて防御率3.56。イースタン平均の3.74よりかろうじて良い数字にはなったものの、当初、高堀に求められていた期待の高さと比べれば、雲泥の差だ。

8月には右肘を痛めて手術に踏み切った高堀、冒頭のとおり200万減の1000万で契約更改を終えている。

キャンプ中から指揮官から高い期待を寄せられ、見事に開幕1軍切符をつかみ取ったまでは良かったものの、1軍マウンドは「どうしたらいいか分からない」暗中模索状態だったようだ。

4/5ロッテ戦で羽村亜美さんが届けてくれたベンチリポートを覚えている。引用してみたい。

「高堀投手は春のキャンプで下半身主導のピッチングを試していて、最初は手応えを感じていたのが、ちょっと段々とズレが出てきてしまったと言っていましたね。今はどうしたらいいか分からなくなってしまったという表現もしていて、今はとにかく耐えていますという表現をしていました。チャンスは貰っているのにこのままではダメだという気持ちが強いようです]

下記で球種割合、球種被打率などをチェックしてみよう。


■楽天 高堀和也 2013年 紅白戦~練習試合~オープン戦 投手成績


BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------


■楽天 高堀和也 2013年 球種割合
楽天 高堀和也 2013年球種割合


自主トレは塩見や戸村らと共に岩隈塾に参加。米国で敢行した。投球の幅を広げるべく、フォークの習得に意欲を燃やしていた高堀だったが、結局モノにすることはできなかったと言えそうだ。

球種割合でみると、当ブログ調査でフォークは僅かに1%。全211球中の3球しか投じていない。昨年が6%だったことを考えると、元々少なかったのがさらに少なくなってしまったということになる。

ストレートが全体の70%を占めている点も特徴的だ。前年は55%だったことを考えると、15%増である。これは、前述のベンチリポートにもあったように、試みていた下半身主導の投球がしっくりこず、制球定まらない状態だったので、コントロールしにくい変化球は投げづらかったという事情もありそうだ。実際、ストライク率は前年68.9%から56.4%まで下落していた。


■楽天 高堀和也 2012年~2013年 球種被打率
20131114DATA4.jpg


被打率の推移を確認してみよう。全体の70%を占めていたストレートの被打率が.161から.282へと1割以上の大幅悪化。このことが響いて、全体の被打率も.185から.269へと悪化することになった。

やはり、球が高いのだ。全147球のストレートを配球図におこしてみた。下記のとおり、網掛けした高めゾーンへ多くの球が集まっているのが確認できる。全体の46.9%にも及ぶのだ。ストレートの平均球速も前年141.2キロから140.2キロへ微減した。


■ストレート 配球図


ストレート被OPSは9割超え



高堀は150キロ超え、150キロに迫ろうかというファストボールを常時投げ込むタイプではない。そのため、球威で押すパワーピッチングは望むべくもない。それでも昨年は投高打低の追い風と、球自体にキレもあって結果を残すことができていたが、球の反発係数も知らずの間に上がった今季、納得いかないフォームで投げ込んだ速球は、格好の餌食になってしまったと言えそうだ。

ストレートの被OPSということでみると、長打を7本(二3三2本2)浴びたこともあって.993まで跳ね上がってしまった。

「今年は悔しさが残りました。1年間、闘うことができなかったので情けなかったです。倉敷でのキャンプでは体力作り、新しい球種・コントロールを磨いていきたいです」

契約更改会見の席上、高堀はこのように語ったという。やるべきことはハッキリしている。来季は27歳のプロ5年目という点だけ取っても、その後のプロ人生を左右する正念場のシーズンになる。この悔しさを5年目の来季へ思い切りぶつけて欲しいと思う。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
「優勝」を取りにいく星野体制3年目の楽天、当ブログが最も期待する投手は?!

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!270人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

「優勝」を取りにいく星野体制3年目の楽天、当ブログが最も期待する投手は?!

スポンサーリンク



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります





当ブログのfacebookページを作成しました。140人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


皆様のブログ村への一票が
ブログ運営の活力源に。宜しくお願いします。
現在「楽天イーグルス」部門1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
---------------------------------------------------------------



いよいよ明日から2月、待ちに待った球春到来ですね。

例年以上に初優勝へ向けて俄然期待が高まるシーズンになっているかと思います。

開幕までの2カ月弱、犬鷲戦士達はどのようなレベルアップを見せてくれるののでしょうか?

今から楽しみですね!

さて、当ブログでは1月14日からアンケートを募集中です。


【アンケート募集!! 2/28(木)まで】「優勝」を取りにいく楽天
あなたが最も期待する野手、投手は?


2月いっぱい、皆さんが最も期待する野手、投手1名ずつを挙げていただくアンケートを募集しております。1人でも多くのイーグルスファンの声を集めたいと思っていますので、ぜひお気軽に御参加くださいね。

下記のブログ村アンケートフォームでお待ちしております。

◎投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57828_0.html

◎野手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57827_0.html


現在、投手89票、野手113票と数多くの皆さんに投票いただいております。


「呼びかけているそんな張本人の意見はどうなっているの?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、ここで発表します。


当ブログが最も期待する投手は・・・

高堀和也投手です。



もちろん、今季は田中がイーグルス最終年になる可能性があるわけで、次世代エースの育成という点では2年目・釜田佳直のさらなる飛躍は欠かせません。田中退団後を見据えて、田中から学べるものはなんでも吸収し、しっかりとした土台を作ってほしいと願っています。

その意味では、釜田にも強い期待をしているのですが、釜田はやってくれるでしょう!その素質はある!と見ていますので、ここはあえて釜田ではなく、高堀にしました。

社会人の三菱自動車岡崎から2009年ドラフト4位で楽天入り。1、2年目は1軍登板がなかったものの、3年目の昨年、8月29日に初の1軍登録となりました。初登板は9/1Kスタでのオリックス戦(●E4-7Bs)。5点ビハインドの5回1死走者なしでした。いきなり日高に二塁打を二塁打を浴びたものの、後続を2者連続三振に抑えるなど3回無失点の内容をみせます。

初勝利は9/5東京ドームでの日本ハム戦(○E5-10F)でした。1点を追う6回アタマにマウンドに上がります。4番・中田、5番・稲葉、6番・小谷野を三者凡退に退けると、7回までの2イニングを被安打ゼロ、無失点に抑える好投。直後の8回表に味方打線が一挙4点を獲得し試合をひっくり返したため、高堀にプロ初白星が記録されました。

終わってみれば、13試合に登板、3勝0敗、2ホールド、防御率1.15、WHIP0.70、被打率.185という好成績を挙げました。オフには300万増の1200万で契約更改。

プロ2年目を迎えた今年は、三が日明けの4日、先輩・小山と共にKスタ一番乗りでさっそく汗を流すと、1月中旬からは同僚の塩見、戸村と共に渡米、ロサンゼルスでおこなわれたマリナーズ岩隈の自主トレに10日間参加し、岩隈から秘伝フォークなどの師事を受けたそうです。

昨年暮れの契約更改会見での席上、「とにかく1年間を1軍で投げ続けることを目標にやっていきたいです」と2013年の抱負を口にした高堀、今季は1軍定着へ向けて試金石となる大切なシーズンになりそうです。

チーム全体を見渡せば、『ポスト・小山伸一郎』の後継育成が、投手陣が抱える急務の1つとなっています。5年連続50登板のタフネス右腕も今年35歳。勤続疲労に加齢の問題からは大なり小なり向き合わなければならなくなってきており、もちろん小山ならまだまだ第一線で好投してくれるはず!と私は信じていますが、一歩先を見据えて代替戦力を手当てするのはチーム編成の“あるべき姿“です。

下記に2012年パリーグで救援50登板以上を投げた投手をピックアップしてみました。19人います。そのうち、3年合計救援150登板以上ということになると、平野佳寿、宮西尚生、森福允彦、青山浩二、薮田安彦、小山伸一郎、武田久、岸田護の8に絞られます。さらに今年35歳以上の投手で・・・という条件になると、人数はグッと減り、小山の他に薮田、武田久の3人しかいません。

このように見ると、小山が1億2000万の高額年俸を貰うことが至極妥当であることが再確認できます。小山の存在は私達が考えている以上に貴重ですが、そろそろ陰りが見えても何らおかしくはない実働年数、年齢に入ってきている、これも事実です。


■2012年 パリーグ救援50登板投手一覧



その意味で、4年目・26歳、高堀の躍進は必要不可欠です。ポスト小山という点で言えば、高堀でない他投手でも良いのですが、私は昨年1軍への足がかりを掴んだ高堀がその最有力候補なのでは?ということで、最も期待したい投手に高堀の名を挙げました。

昨年は1軍で好成績を残した高堀ですが、対戦相手にデータがなかったこと、13試合中9試合がビハインドでの登板だったことなど、ビギナーズラック、御祝儀相場的な要素があったことも否めません。

昨年の好成績を今年につなげることができるか?は、これからの取り組み次第と言えるでしょう。

下記に昨年の球種データをまとめてみました。


■高堀和也 2012年 球種データ
(平均球速、球種割合、被打率、空振り率ほか)

※ストライク率はPitches-strikes。



昨年、高堀の球種割合は表のとおり、ストレート55.4%、スライダー37.8%、残りがフォーク、カーブという内訳でした。ストレートとスライダーだけで93.3%を独占しており、球種の少なさが目立ちます。

◎高堀の課題その壱:使える球種を増やすこと

と言えそうです。

特に岩隈に師事を仰いだフォークが安定して使うことができれば、言うことなしです。アマチュア時代では今よりもフォークを多く投げていたらしいのですが、プロで割合が5.7%に止まっていることを推測するに、嶋や岡島が自信を持って要求できない球種なのかもしれません。もしくは本人もいまひとつ自信がなかったのかもしれません。

昨年、高堀はフォークを合計11球投げていますが、ホームベースの横に逸れてみたり、落ち切らずに甘く入ったりしてしまったケースが多く見受けられました。

フォークで三振を3個獲得していますが、そのうちの1個9/5日本ハム戦の7回ホフパワーから奪った三振は、高めに抜けて入ってきたフォークに対し、ホフパワーが意表を衝かれたかたちで反応できずに倒れた見逃し三振でした。落ち切らないといえば9/13ソフトバンク戦の9回柳田に追い込んでからのフォークを左翼ポール左へときれていく大飛球ファウルもそうでした。

岩隈塾に参加した高堀は「落とそうと思わなくていい。ワンバウンドするぐらいの意識でいいということですね」と手応えを口にしたとのことですから、春季キャンプ中でさらに精度を高めていき、自信を持って投げ込むことができる球種にしていってほしいのです。


◎高堀の課題その弐:ストレートに磨きをかけること

これはほとんどの投手との共通点になりますが、ピッチングの基本はあくまでもストレートです。ストレートが走らないと、対をなす変化球も活きてこなくなります。

高堀のストレートは球速自体は特別速いものがあるわけではありません。ドラフト・レポートさんによるとアマ時代でも最速は144キロだったといいますから、スピードよりもキレで勝負していくタイプでしょう。また183cmの長身を活かしてストレートに角度をつけて、なるべく低めに集めていくことだと思います。

下記表のとおり、昨年は、なかなか低めに集めることができませんでした。特に右投手に投げるストレートは中段から高めが多かったのです。


■高堀和也 2012年 左右打者別 ストレート ゾーン球数



前述のとおり、使える球種を増やすこと(特にフォーク)、ストレートに磨きをかけることがクリアできてくれば、今季1軍で貴重な中継ぎ戦力になってくれるはずです。

イニング別失点を確認すると、昨年の楽天は6回に多くの失点をしていました。81失点はイニング別で最多でした。

高堀が機能してくれば、9回は青山、8回はラズナー(もしくはハウザー)、7回は小山(もしくは片山or星野?)となりますから、先発と後ろの中継ぎ陣のつなぎ目、6回に高堀をつぎ込むことができるわけです。

数年前ホークスの勝ちパターンだった「SBM48」の48、甲藤の役割を担ってほしいとなあと思っています。


■高堀和也 2012年 左右打者別 球種割合
※円グラフの各々の数字は球数
20130131DATA3.jpg
20130131DATA2.jpg


■高堀和也 2012年 左右打者別 カウント別 球種内訳
表中の網掛け=「薄」被安打1、「濃」被安打2
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Cur=カーブ
20130131DATA4.jpg
20130131DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔試合評〕楽天、聖澤Burn!で乱打戦を制す。高堀初勝利も課題がみえた──2012年9月5日(水)○楽天イーグルス10-5日本ハム(2012.9.6)
【アンケート】「優勝」を取りにいく2013年の東北楽天、あなたが最も期待する野手、投手は?(2013.1.14)
【号外】TLに流れてきた写真10枚で見る、楽天イーグルス久米島キャンプ壮行式(2013.1.31)

---------------------------------------------------------

『頭で走る盗塁論』『プロ野球「最強捕手」大全』読書感想文書きました
『頭で走る盗塁論』は1月11日に発売されたばかりの赤星憲広氏、初の盗塁本です。読書感想文をコチラに書きました。『プロ野球「最強捕手」大全』はA5判207頁に古今68名のキャッチャーを、インタビューやエピソード、記録を交えて紹介した1冊です。読書感想文をコチラに書きました。
---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
20位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}