楽天の捕手難を引き起こした、デーブ監督の伊志嶺忠一塁起用

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

楽天の捕手難を引き起こした、デーブ監督の伊志嶺忠一塁起用



既にTwitterでツイートしたものだけれど、ブログ読者でTwitterを見ていない方のほうが多いと思われるので、ここにも書いておきたい。

伊志嶺に引き続き、嶋も骨折で長期離脱。一気に捕手難に立たされた楽天は、報道によると、急遽、元オリックスの横山徹也と育成契約を結ぶようだ。横山は今季から楽天のブルペン捕手を務めている。

皆さんは、この一連の負傷劇による捕手難を、どのように見ているのだろう?

プレー中の怪我だった。そのため100%不可抗力だった。そのように考える向きも多いはずだ。

いや、ちょっと待って欲しい。

大久保監督の采配にも、その原因の一端があったのではないか。

1、2軍どちらでも守備に就いたことのなかった一塁に、伊志嶺を大胆抜擢した起用法も、チームを捕手難に陥らせた1つの原因を作ったと思うのだ。

伊志嶺一塁起用は、伊志嶺本人にとって見れば、それこそ野球人生の最後になるかもしれない大きな挑戦だった。チームは嶋と4年契約を結んでおり、今季はその2年目。昨年は二番手捕手として小関が台頭。多くの場数を経験してきた。楽天の捕手戦力構想から自分が外れつつあることは、伊志嶺本人が痛切に感じていたはずだ。

その中、守備をあまり重要視されず、1にも2にも打撃での貢献が求められる攻撃的なポジション=ファーストでの出場を首脳陣から打診された。突然のことだったと思うが、伊志嶺は腹をくくったはずだ。バットで生き抜こうと。

沖縄出身の伊志嶺である。ここまで、なんくるないさ~の楽観的精神がどこか抜け切れなかったが、背水の陣にならざるをえない絶好の機会を得て、遮二無二頑張ったのが、伊志嶺の打での活躍だったと思う。

その結果、2年ぶりのホームランを含む9本のヒットを放ち、5番の中軸を任される試合もあった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
おかげさまで当ブログは7周年
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


トレードオフの関係で診る、伊志嶺の一塁起用



私はこの世の中のあらゆる事象はほぼ全て「トレードオフの関係」だと思っている。

この世の中に、利益のみを享受するだけの一方的なプラスの関係は、一部の特殊事例・環境を除き、ほとんどない。

一方を追求すれば、それによって引き受けざるをえないリスク、犠牲にした別の選択肢が発生する。それが常だ。一部の特殊事例と書いたのは、例えば、母親が我が子に注ぐ無上の愛などだ。その母親の無上の愛も、失われた20年、失われゆく30年で格差が拡大しきった日本においては形を変えつつある。目をそむけたくなるような信じがたい悲惨なニュースが日常茶飯事だ。

脱線した。話を元に戻す。

伊志嶺の一塁起用も、当然、トレードオフの関係にあった。

定評のある打撃を活かすため、一塁で起用する。このことで得られた9本のヒット等の槍働きが、大久保監督・チームが手にした利益だとすると、それによって引き受けたリスクの1つには、プロで全く経験のない一塁の守備に就くことで高まる怪我リスクだったと言えるのだ。

伊志嶺が右内転筋部分断裂に見舞われたプレーは、6/12中日戦の8回1死走者なし、3番・平田による三ゴを処理したウィーラーが1塁悪送球したときの捕球時のプレーだった。三遊間寄りのサード前方に詰まったボテボテのゴロ。前進して処理したウィーラーは1塁へランニングスローを試みたが、このスローイングが大きく逸れて1塁カメラマン席に飛び込む悪送球になった。このとき1塁で捕球体勢に入った伊志嶺はジャンピングキャッチを試みたが、その上をボールがすっぽ抜けていき、カメラマン席に飛び込んだ。この時(の具体的にどこか?は分からないものの)に痛みが生じたのだと言う。

もし伊志嶺に一塁の経験がそれなりにあった場合、このようなプレーで右太腿の肉離れを発症する確率は低かったかもしれない。そもそも一塁で起用していなければ、伊志嶺が怪我することは無かった。

伊志嶺が一塁に入ったことで勝った試合もあるではないか。そう主張するファンもいるだろう。もちろんそのとおりだ。しかし、今後、伊志嶺がマスクを被らなかったことで、負ける試合も同等に、あるいはそれ以上にあるのではないか。物事はそのように考えるべきなのだ。

伊志嶺が健在であれば、1軍は小関、伊志嶺、ファームから小山桂を上げてもこの3人で事足りる。2軍も下妻、セゴビアでぎりぎりまわすことができる。下妻は2軍63試合中、ここまで40試合でスタメンマスクを被っている。

以上の意味で、大久保監督の伊志嶺一塁起用も、捕手難に陥った今の苦境を作る原因の1つになったと思うのだ。

ことここに至った今、大久保監督の伊志嶺一塁抜擢は、トータルではマイナスの出目が大きくなってしまったのだ。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
防御率0.03差、自責点、奪三振は同数。四死球7個差。63試合を終えてソフトバンクと楽天のチーム投手成績がほぼ同じの珍現象
楽天、未明の緊急会見。大久保監督、非常事態で男気決断。20年ぶりの現役復帰、選手兼任監督へ
低打率もマジ驚きの粘り打ちは今季も健在。打者・嶋基宏の貢献度を確認する



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

〔記録〕楽天 伊志嶺忠 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)

スポンサーリンク




楽天市場


---------------------------------------------------------------
2012年成績で選手をセイバーメトリクス診断する気になる一冊が発売に!
---------------------------------------------------------------
打率、出塁率、長打率、防御率、OPS、WHIP、QS etc…知ってるようで知らない野球の指標、教えます!
野球の見方が180度変わる! セイバーメトリクスで見るプロ野球。安打は投手の責任じゃない?
“打たせて取る投手"なんて存在しない? 打率の高さは重要じゃない? ホームラン以外の安打は全て運?
“守備率が高い=守備が巧い"はウソ? 球界で一番チームに得点をもたらす打者=阿部慎之助。球界で一番三振しない打者=内川聖一。球界で一番運が悪かった投手=田中将大。球界で一番パワーのある打者=中村剛也。球界で一番打たれない投手=吉川光夫。 とのこと。



御訪問有難うございます m(_ _)m
一昨日、昨日と多数の皆さんにブログ村投票頂き、
誠に有難うございます。
原動力は皆様の1票です。
どうか、ブログ村への投票、よろしくお願いします。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


2軍選手の2012年成績を、月別、左右投手別の打撃成績、リーグ平均との比較、打球方向で振り返る「若鷲2012成績チェック」。

打席順の多いほうから、榎本葵西田哲朗小斉祐輔横川史学川口隼人阿部俊人定岡卓摩勧野甲輝三好匠まで終了した。


飛躍の季節になるはずが、足踏みの苦しいシーズンに
「打てるキャッチャー」の看板を岡島に取られてしまった伊志嶺の2012年


今回は、昨年1軍で自己最多の33試合に出場。オフには結婚式も挙げ、今季さらなる飛躍が期待された5年目の27歳、シーサーこと伊志嶺忠を取り上げてみたい。

前述のように昨年は飛躍へ向けて足がかりを得たシーズンになった。ルーキーイヤーの2008年の1試合を皮切りに、11試合、2試合と1軍での出場はあったものの、昨年は一気に33試合に出場。うち15試合でスタメンマスクをかぶり、長谷部や井坂らの白星をアシストした。ダルビッシュから4安打を放つなど打撃でも一定の戦績を残した。

オフに小山桂司の加入があったとはいえ、2012年は足がかりを得て臨んだシーズンになるはずだった。二番手捕手争いを制して正捕手・嶋をどれだけ脅かすことができるか?がテーマとなるはずだったが、現実は厳しい。

開幕1軍切符は手中に収めたものの、6/18に抹消。以降、ファーム暮らしが続き、そのままシーズンを終えるかたちとなってしまった。

1軍では11試合、スタメン出場7試合。打撃成績は28打席、24打数4安打の打率.167。5/1、5/8の西武戦では相手先発がアンダースローの牧田ということで先発起用されたが、合計6打数1安打と結果を残せず。「打てるキャッチャー」の肩書は、伊志嶺の抹消と入れ替わりで1軍昇格してきた新人の岡島に奪われてしまったと言えそうだ。

スタメンマスクをかぶった7試合でチームが2勝5敗と負け越したのも、2軍行きの理由になったかもしれない。その7試合のうち1点差試合が5試合あって、楽天の1勝4敗。私は敗因全てが伊志嶺にあったとは決して思わないが、僅差の試合を落としてしまった点がマイナスイメージになってしまっただろうことは容易に想像がつく。

嶋が骨折離脱してチャンスが開けたと思ったのだが、「打」か「守」のどちらかでアピール成功していたら、結果はまた違っていたのかもしれない。

さて、2軍での成績を確認してみよう。


■伊志嶺忠 2軍 年度別 打撃成績
20121115DATA4.jpg


2軍での打率は今季の.244が過去最低となった。OPSでも.711。09年の.757、10年の.788と比べると、下げてしまうかたちになった。


■伊志嶺忠 2012年 2軍打撃成績 左右投手別 月別


南三陸の下柳粘投を女房役として支える

今季、2軍では36試合に出場した。うち23試合でスタメンマスクをかぶる。この23という数字は小山桂司の28に次ぐ2番目の多さであり、キャッチャーとしてファームではまとまった数の機会を与えられていたことが確認できる。

キャッチャーでの貢献といえば思い出すのが、8/19南三陸での日本ハム戦(〇E9-3F)である。楽天・下柳、日本ハム・斎藤佑樹の投げ合いになったこの試合、ピンチを招きながらも要所をしっかり締めたベテラン左腕の粘りの投球術は、スタメンマスクをかぶった伊志嶺の好リードも影響していたに違いない。ボックススコアを見ながら、そんなことを思っている。「打」では斎藤佑樹からレフト頭上を超えていく二塁打も放った。

バットで魅せたと言えば、5/22利府での西武戦(〇E6-1L)だろうか。相手先発は菊池雄星だった。1楽天が初回に1点を先制。1点リードで迎えた2回裏の攻撃だった。塁上に走者2名を置いて伊志嶺のバットが菊池の球を捉える。バットに当たった打球は右中間を襲い、走者2人をホームへ迎え入れる2点三塁打になった。終盤、西武が1点を返したため、伊志嶺の2点タイムリーが決勝点となっている。

左投手が打てない

対戦投手の左右別を確認してみよう。右投手からは打率.276、OPS.819と好成績を残すことに成功したものの、左腕相手に分が悪かった。左投手が打てない。この傾向は昨年の1軍でも同様で、13打数2安打の打率.154と低迷していた。左投手対策は継続課題の1つと言えそうだ。


■伊志嶺忠 2012年 2軍主な打撃成績 リーグ平均との比較
20121115DATA2.jpg


伊志嶺の2軍成績をイースタンリーグ平均値と比較してみる。

打率、BABIPで下まわったものの、長打率、IsoPの長打力の指標とBB/Kでリーグ平均を超えてきた。
OPS、出塁率、IsoDはリーグ平均付近を記録している。
「打てるキャッチャー」の復権を目指したい伊志嶺にとって、リーグ平均をしっかり上まわる打撃成績を残したいところなのだ。


■伊志嶺忠 2012年 2軍打球方向
犠打除く全73打球。カッコ内は本塁打含む安打数
20121115DATA3.jpg

逆方向の安打が目立つものの、
ひっぱった当たりがゴロになるケースが多かった


最後に打球方向。

一般に、左バッターにとってヒットが最も発生しやすいゾーンは、右翼~右中間に当たる。ひっぱっることで強い打球を打つことができるからだ。

しかし、今季の2軍での伊志嶺は、外野への当たりの中ではおっつけたり流し打ったりする左翼が41.5%と最も多い。ヒットも左翼で多く生まれており、逆方向のバッティングは上手くできていたのかな?と言えそうだ。

一方、ひっぱっていく右翼方向への当たりは、右翼へ抜けずセカンドゴロになるケースが多かったようだ。ニ塁で凡打を14個記録しているが、そのうちセカンドゴロは(失策含めて)12個にもおよんだ。打球がライナーになってセカンドの頭上を超えていかずゴロになっていたことが確認できる。

今季は小山桂司との二番手捕手争いになるか?と思われたが、まさかの新人・岡島が二番手に据わり、正捕手・嶋をもせっつくかっこうで終わった。左打ちの打てるキャッチャーという点でいえば、伊志嶺とタイプがかぶってしまう。そのため、オフに正念場を迎えるかもしれないと懸念されたものの、戦力外を免れ、トレードも逃れることができた。

2013年は、伊志嶺にとって捲土重来の季節にしなければならない。岡島との差異を打ちだしていかなければならない。向こうには強肩という武器もあるため、厳しいサバイバルが予想されるものの、なんとかバットに輝きを取り戻し、岡島や小山桂司らとレベルの高い二番手捕手争いを演じてもらいたいと思う。



◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕楽天 山本大明 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 小山桂司 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 河田寿司 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 三好匠 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 勧野甲輝 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 定岡卓摩 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 阿部俊人 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 横川史学 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 小斉祐輔 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 西田哲朗 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)
〔記録〕楽天 榎本葵 2012年 2軍打撃成績。左右投手別、月別、打球方向 (シーズン終了データ)

---------------------------------------------------------



読書感想文を書きました>『セイバーメトリクス・マガジン1』
“考える野球好き”は今オフ必読の1冊です。コチラで読書感想文を紹介しております
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減だと私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}