沈みゆく西の太陽。若鷹ならぬ「老鷹軍団」を心筋梗塞においやる、開幕2ヵ月の鬼日程

スポンサーリンク




大反響をいただいた「落日のソフトバンクホークス」





こんにちは。年始に書いたブログ記事「落日のソフトバンクホークス」が、数多くの皆さんに読んでいただけた@eagleshibakawaです。

2017年のパリーグ順位予想。
やっぱり、これをお読みの皆さんも、優勝候補は福岡ソフトバンクホークスですか、そうですか。
多くの評論家、解説者などプロ野球OBも、市井の野球ファンの大半も、ソフトバンク推し。


ぼくはそんな風潮に嫌気がさしているので、1位はファイターズ推しです。
(もちろん、楽天が1位になれば大喜びですが、現実を見ると・・・という話)
ホークスは良くて2位だと予想するんです。

詳しくは「落日のソフトバンクホークス」に書きましたが、ソフトバンクの1軍主力陣って、本当に高齢化が進んでいるんですよ。
「人間は常に劣化と戦っている」という思想に立つファイターズと比べたら、本当に姨捨山状態なんですよ。

さらに、老鷹軍団にキツいのは、開幕2ヵ月の試合日程。

5月末日までのスケジュールを表にまとめましたので、まずはご覧ください。


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■2017年 ソフトバンク 5月末日までの試合日程



老鷹軍団にはつらいよ。6連戦日程7度の試合日程





まず、52試合が組まれている約2ヵ月のスケジュール。
6連戦日程がめっちゃ多いんです。
7回もあるんですよ。

それに、移動日無しで転戦して即試合というケース(※)が、9試合もあるんです。

(※・・・交通の便がよい首都圏、近畿エリアは対象外とする)

ちなみに、パリーグ他球団はどんな状況なのか?
下記表にまとめてみました。


■2016年 パリーグ 5月末日までの日程
20170128DATA01.jpg

札幌⇔福岡即転戦が2試合も...





6連戦日程も、移動日無しで転戦して即試合という状況も、
パリーグの中でホークスが一番多いことが分かりました。

一方、我らが楽天。6連戦は、5月2日オリックス戦~同7日西武戦と、
5月23日オリックス戦~同28日西武戦の、わずかに2回です。
5回の6連戦が組まれた昨年と比べると、明らかに恵まれています。
この「時の利」を活かして、開幕ダッシュをかけたいところです。

移動日無しで転戦して即プレイボールという状況が9試合もあるソフトバンク。
なかでも、一番キツいのは、ヤフオクドームから札幌ドームへ、札幌ドームからヤフオクドームへ即転戦を余儀なくされるパターンだと思います。
日本列島の南から北へ、北から南へ最長距離の移動になりますからね。

このケース、昨年は「5月5日ファイターズ戦(札幌ドーム)~同6日楽天戦(ヤフオクドーム)」の1度だけだったんですよね。
しかし、今年は2度も予定されていて、しかも、その2度がこの2ヵ月間の中に組み込まれているんですよね。
(4月13日~4月14日、5月25日~5月26日)

他球団と比べて、6連戦が多く、移動日無しで即転戦というケースも多いスケジュールが、もはや老鷹軍団と化したホークスには、けっこうボディブローのように効いてくるのでは?と思っているんです。

とくに、WBCに出場する内川聖一選手(今年35歳)、松田宣浩選手(今年34歳)は、コンディション作りに苦労するのでは?と思うのです。

というわけで、1月下旬の今でも、ぼくの2017年パリーグ順位予想は、このように


  1. 北海道日本ハムファイターズ

  2. 福岡ソフトバンクホークス

  3. 東北楽天ゴールデンイーグルスほか (希望ガッチリ込み込み 笑)



変わっておりません(笑) 【終】





《メルマガの御案内》
もっと楽天を「深堀り」しよう!
あなたが気づいていない
イーグルスの新たな魅力と現在地
数字やデータでご紹介します!




現在、オフだからこそ楽天を熱く語り尽くす!の趣旨の下、月十数本を配信してます。
まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

こんな読者さんにオススメ!

  • 「数字」を肴にプロ野球を楽しみたい楽天ファン

  • 「読むのが飽きた」。スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ

  • 自身でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙でなかなかできない「もどかしさ」を抱える鷲ファン

  • 主観オンリーではなく、定量的な事実もまじえた論評も読みたい東北楽天ファン



新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



関連記事


落日のソフトバンクホークス。「老い」との全面戦争突入へ 《2017年プロ野球パリーグ順位予想》
「球界の盟主」から「セ界の姥捨て山」へ。 激ヤバ補強の高橋巨人が3年連続V逸する激ヤバ理由 《2017年プロ野球セリーグ順位予想》
まだ連投で消耗してるの? 悲願の3位に導いたハマのラミレス采配。じつは酷使すぎるブルペン起用だった件
新天地で糸井嘉男は成功できるのか? 夢見るトラキチは直視すべき、 屈指の左打者に待ち受ける「甲子園3つのハードル」



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス
ジャンル : スポーツ

こりゃほぼ無理ゲー...「史上最年長盗塁王」糸井嘉男を待ち受ける、赤星泣かせの「甲子園第4のハードル」

スポンサーリンク




糸井嘉男は甲子園でも活躍できるのか?続編





こんにちは。@eagleshibakawaです。

楽天に関する、あらゆるデータの収集を標榜する、鷲ファンきってのデータマン&野球ブロガーです。
ブログやnote、まぐまぐスポーツ・アウトドア有料版ランキング常時TOP10入りするメルマガ運営と並行して、「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアへの寄稿も実施しています。

今回も、今季から活躍の場を甲子園に移す阪神・糸井嘉男選手についてです。

スポーツ各紙の論調やトラキチの皆さんの反応を見ていると、糸井選手の入団に湧き、脳内お花畑の皆さんが多いようです。

でも、ぼく、糸井選手が例年どおりの好活躍、ましてや入団会見で口にしたキャリアハイの成績を残すのは、難しい作業だと思っているんです。

甲子園に待ち受ける3つのハードルが高く険しすぎて、ほぼほぼ無理ゲーです。

そのことは、先日、下記のブログ記事で詳細を書きましたので、そちらをご参照ください。


◎新天地で糸井嘉男は成功できるのか? 夢見るトラキチは直視すべき、 屈指の左打者に待ち受ける「甲子園3つのハードル」(2017/01/17)


糸井嘉男はレッドスターになれるか?





で、今回はその捕捉になります。

上の記事を読んでいただいた読者さんの反応を確認すると、なかには、糸井選手を「赤星の再来」という見方をするファンもいるようなのです。

赤星憲広さんといえば、皆さんもご存じ、2000年ドラフト4位で阪神入り。2009年までの実働わずか9年で、NPB歴代9位タイの通算381盗塁を積み重ねた、2000年代を代表するリードオフマンです。不慮の怪我で惜しくも2009年オフ、33歳で引退しましたが、もし怪我がなければ、通算500盗塁も達成していたはずという、韋駄天の持ち主でありました。

一方、糸井選手も通算245盗塁。昨年は53盗塁でパリーグ盗塁王に輝きました。
35歳以上の年間50盗塁は福本豊以来、NPB史上2人目。史上最年長での盗塁王になりました。

衰えをみせぬ糸井選手の健脚を、赤星氏の姿とダブらせて夢見るファンがいることは、容易に想像できます。

しかし、ぼく、糸井選手が赤星さん並みの走りっぷりをみせるのは、これまたウルトラCだと思っているんですよ。

というのは、甲子園に待ち受ける「第4のハードル」の存在があるからです。

まずは、次のグラフをご覧ください。


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



※集計に当たり、「プロ野球ヌルデータ置き場」さんを参照しました m(_ _)m

甲子園の盗塁成功率はワースト2位





極端な投高打低が是正され、今とほぼ同じ得点環境になった2013年以降、過去4年のセリーグ盗塁記録2637個を全て調べました。
その盗塁記録を球場別に振り分け、セリーグ主要球場の盗塁成功率を表したのが、上のグラフになります。

一目瞭然、甲子園での盗塁成功率は68.0%と、極端に低すぎるんですよね。

神宮球場は73.7%、東京ドームでも72.7%もあるのに、甲子園はマツダスタジアムと肩を並べて60%台なのです。

甲子園といえば、阪神園芸さんが高い技術を駆使して、グラウンドを綺麗に整備し、走りやすそうに見えるんです。
しかし、実際は、走りにくいのだそうです。


あの赤星憲広さんをも悩ませた、甲子園土のグラウンド





というのは、東京ドームに代表される他球場と違い、内野は人工芝ではなく土。

(上のグラフ、緑色=人工芝、茶色=土のグラウンドです)

これが盗塁に「天と地ほど」の大きな影響を与えると、赤星憲広さんも自身の著書『頭で走る盗塁論 ─駆け引きという名の心理戦』(朝日新聞出版)で書かれています。一部引用しましょう。




 東京ドームやナゴヤドームのように、内野に人工芝を敷いている球場と甲子園球場やマツダスタジアムのように土の球場では、盗塁のしやすさ、走りやすさにおいては天と地ほども違う。

 人工芝の球場ではスタートが多少悪くても、走り出してしまえばスピードを上げながら二塁ベースまで行くことができる。しかし土の球場の場合では、二塁までの走塁がずっと土なので、スタートで失敗してしまうとなかなか取り戻せない。

 夏場で晴れの日が続いて、土が乾燥気味の場合でも、やはり土の上は走りにくい。天候が悪かった次の日は、水はすでに引いているのだが、足元が緩かった。ましてや朝から雨が降ったりした日は、「今日はもう盗塁は無理だな」と諦めていた。グラウンドキーバーさんがどれだけ愛情を込めてグラウンド整備してくれても、足元の走りにくさはどうしようもない。

 ところが、人工芝は足元が緩くなることはなく、常に硬い状態だ。しかも天候に一切左右されることはなく、いつでも走れる。


 土のグラウンドは走りにくいというと、感覚的なものに聞こえるが、実際にタイムを計るとあきらかに違っていた。
 
 私の場合、盗塁をするときには、リードから二塁でスライディングするまでを13歩で走っていた。スタートで3歩使うとすれば、あと10歩は塁間を走るいわゆる中間走である。

 最初の数歩でいかに早く自分のトップスピードまで上げられるか、そしてスピードに乗った走りが中間走でできるかが、盗塁の成否にかかわる。この10歩を足元の固いしっかりした人工芝の上を走るのと、走りにくい土の上を走り続けるのでは、時間的にもかなり差が出てしまう。

 実際のところ、リードしてスライディングするまでのタイムが0.2秒ほども違う。最初に書いたように、投手が投げて、捕手が補球後二塁に投げるこの時間がたったの3.2秒だ。そして私がリードして二塁に滑り込むまでがやはり3.2秒かかる。

 このコンマ数秒の戦いの中で盗塁をしているときに、塁間で0.2秒早く走れることは相当大きい。私が、もし人工芝の球場がホームグラウンドだったならもっと走れた、というのもあながち嘘ではないのがおわかりいただけると思う。


盗塁も難作業の挑戦





ということで、あの赤星さんですら悩ませたのが、甲子園の土のグラウンドなのです。

実際、赤星さんの甲子園盗塁成功率を調べてみました。
2005年~2009年までの期間ですが、この間、赤星さんは191盗塁を決め、その成功率は80.3%でした。
ところが、この間の甲子園成績は、68盗塁、76.4%。成功率も下落したのです。

あの赤星さんですら、そうだった。

ということは、今年36歳を迎え、いつなんどき加齢による衰えが始まってもおかしくない年齢ながらも、広い守備範囲を要求され身体的負担も大きくなる正中堅手として起用されるという糸井選手が、ヘルシーなコンディションを維持し続けながら、甲子園で盗塁を積み重ねることができるか?というと、はなはだ疑問なのです。

札幌ドーム、京セラドームという過去のホームグラウンドは、いずれも内野は人工芝。いずれも、走りやすい環境だった。
昨年の盗塁成功率は75.7%だったところ、天然芝に生まれかわり内野の走路は土に変わったkoboスタ宮城では68.8%(16企図11盗塁)だったことなども合わせて考えると、ハードル高すぎなのが、ひしひし分かると思います。

「でも、大丈夫でしょ。阪神の選手に、甲子園での盗塁のコツを教えてもらえれば、走れるよ」

そうおっしゃる読者の方もいるかもしれません。

しかしですね。
2013年以降、阪神選手の甲子園盗塁成功率は64.2%。
一番多く決めても、下記表のとおり、上本博紀選手、大和選手の10盗塁止まりなんですよね。
あまり、参考にならないかもしれません。


■2013~2016年 セリーグ 甲子園 盗塁ランキング
※5盗塁以上を対象


まとめ : 糸井選手に待ち受ける4つのハードル





もし、本当に糸井選手の足を戦力にしたいのなら、赤星さんを春季キャンプ中に招聘し、特命コーチとして指導に当たっていただくことが必要でしょうね。
それも、引退時の経緯からして、難しいのかな?

というわけで、まとめです。

糸井選手に待ち受けるのは、実は4つのハードルでした。


  1. 甲子園名物、左打者泣かせの浜風の影響

  2. 金本監督が明言する正中堅手起用の影響

  3. 外的環境の影響を受ける屋外球場の影響

  4. 盗塁しにくい甲子園の土のグラウンド(とマツダスタジアム)


いずれも、高くて険しきハードルです。

これを踏まえた上で、ぼくは今季の糸井選手を注目していきたいと思います。



関連記事


落日のソフトバンクホークス。「老い」との全面戦争突入へ 《2017年プロ野球パリーグ順位予想》
「球界の盟主」から「セ界の姥捨山」へ。 激ヤバ補強の高橋巨人が3年連続V逸する激ヤバ理由 《2017年プロ野球セリーグ順位予想》
まだ連投で消耗してるの? 悲願の3位に導いたハマのラミレス采配。じつは酷使すぎるブルペン起用だった件
新天地で糸井嘉男は成功できるのか? 夢見るトラキチは直視すべき、 屈指の左打者に待ち受ける「甲子園3つのハードル」




《メルマガの御案内》
もっと楽天を「深堀り」しよう!
あなたが気づいていない
イーグルスの新たな魅力と現在地
数字やデータでご紹介します!




現在、オフだからこそ楽天を熱く語り尽くす!の趣旨の下、月十数本を配信してます。
まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

こんな読者さんにオススメ!

  • 数字を肴にプロ野球を楽しみたい楽天ファン

  • 自身でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙でなかなかできない「もどかしさ」を抱える鷲ファン

  • 最近、数字で見るプロ野球の面白さに気づいたイーグルスファン

  • 主観オンリーではなく、定量的な事実にもとづいた論評を読みたい東北楽天ファン


読者さんの感想

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

新天地で糸井嘉男は成功できるのか? 夢見るトラキチは直視すべき、 屈指の左打者に待ち受ける「甲子園3つのハードル」

スポンサーリンク




新天地で糸井嘉男は成功できるのか?





こんにちは。@eagleshibakawaです。

楽天に関する、あらゆるデータの収集を標榜する、鷲ファンきってのデータマン&野球ブロガーです。
ブログやnote、まぐまぐスポーツ・アウトドア有料版ランキング常時TOP10入りするメルマガ運営と並行して、「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアへの寄稿も実施しています。

今回は、「超変革」をスローガンに掲げる金本知憲監督率いる阪神タイガースについてです。

オフ最大の目玉といえば、FA宣言した糸井嘉男選手の入団ですよね。
その契約は4年総額18億円超と言われています。

まず、結論から言うと、ぼく、新天地で糸井選手がキャリアハイ級の好活躍をするのは「難しい挑戦」では?と思っているんです。





夢見るトラキチのみなさんよ、現実を直視しよう!





もちろん、NPBの当世を代表する左打ちの外野手だと思っていますよ。
4842打席で積み重ねた安打数は1251本。生涯打率は.301です。
4000打数以上の現役選手で生涯打率3割超えは、他には内川聖一選手しかいませんから。
通算OPSは.852と素晴らしいです。
首位打者1回、最高出塁率3回、盗塁王1回、ゴールデングラブ賞7回、ベストナイン5回と、数々の主要タイトルも取り、侍ジャパンでもプレーしました。

35歳シーズンの昨年も、打率/出塁率/長打率で.306/.398/.451。17本塁打、70打点、53盗塁の好成績で健在ぶりをアピール、疑いようのない球史に名を残す一流選手です。

昨年の金本阪神、得点力不足に泣きました。
投手陣がリーグ2位の防御率3.38と奮投をみせながらも、打線が同最下位の打率.245と低空飛行。
このことが響いて、4年ぶりBクラスに沈みました。

その弱点を補って余りある存在が、糸井選手なのですから、トラキチのみなさんのボルテージもウナギのぼりなのは、よくわかる。

糸井選手の鼻息も荒く、昨年11月25日の入団会見では、金本監督が37歳で自己最高の成績を挙げたことに触れ、「僕もキャリアハイを目指して頑張りたい」と決意表明。金本監督も「打てて、守れて、走れる選手。思うように、好きなようにやってくれたらいい」と大きな期待感を寄せました。

しかし、本当に糸井選手は甲子園でキャリアハイ級の好活躍を挙げることが可能なんでしょうか?
というのが、本稿の趣旨です。

で、ぼく、冒頭に述べたとおり、「かなり難しい挑戦」だと思っているんです。
そんな「無理ゲー」といってもよい難作業を、以下でご説明申し上げます。


※記録集計に当たり、「プロ野球ヌルデータ置き場」さんを参照しました。m(_ _)m


▼ウェザーニュースのウェブサイトのキャプチャより。記事「青空も球児を応援!いよいよ夏の甲子園が開幕」では、甲子園の浜風が左打者不利と出てくる。



1:甲子園に吹く左打者泣かせの浜風





ライトからホームに吹く甲子園名物の浜風。
左打者が引っ張りにいったライトへの打球が、逆風になる浜風の影響で失速したり、押し戻されたりして、スタンドまで届かないというケースがよくあります。

2015年のプレミア12では侍ジャパンの4番、昨年はセリーグの二冠王に輝いたDeNAの筒香嘉智選手。
ここまで通算110本塁打を放つ左の強打者も、甲子園でのホームランはわずかに1本にとどまります。(152打席、打率.246)

浜風に苦しむ左打者は、筒香選手だけではありません。
下記表をご覧ください。


■2016年 セリーグ左打者の球場別打撃成績
※投手の打席、両打ち打者は含まず。



こちらは、2016年セリーグ左打者全員の打撃成績を記録集計し、球場別で算出したものになります。

2016年、セリーグ左打者の平均OPSは.710、平均打率は.265でした。
しかし、甲子園ではOPS.634へ、打率も.248へ大きく下落。
これらはいずれも球場別でワースト値です。

ホームラン1本当たり何打席かかるか?という発生頻度を表す「打席÷本塁打」でも、セリーグ左打者平均59打席に1本のところ、甲子園では94打席に1本という低い頻度。これは球場別ワースト2位でした。

正直、昨年セリーグ左打者が甲子園で残したOPS、打率は、低すぎです。
こんなに低すぎの数字が2年連続で今年も続くわけはありません。
しかし、本塁打の発生頻度は、昨年も92打席に1本でしたから、ホームランの発生頻度は今年も92~94打席で1本の低い頻度になることが予想されるのです。

まさに、甲子園の浜風は、「左打者泣かせ」なのです。

糸井選手も、御多分に漏れずです。
ここまで甲子園48打席で記録した打撃成績は、下記表のとおり、OPS.683、打率.231、長打はホームランの1本のみでした。
通算OPSが.852、同打率が.301の名打者とは思えないほど、低い成績ですよね。


■糸井嘉男 甲子園での打撃成績
20170117DATA03.jpg


2:金本監督が明言するセンター起用問題





2番目に大きいのは、起用方法です。

入団会見前から、金本監督が正中堅手起用を確約したのは、正直、下手を打ちましたよね。
自らの采配に、自ら手かせ足かせをはめてしまっているようなもので、気がかりです。

糸井選手のセンター構想の背景には、どうやら福留孝介選手の起用問題があったらしいんですよね。

報道によると、昨年、正右翼手として素晴らしい働きをした福留選手を、金本監督は当初1塁コンバートしようと考えていたらしいのです。しかし、福留選手の固辞に遭い、空いたライトに糸井選手を当てはめるというプランが頓挫。
やむなく、糸井選手をセンターで使わざるをえない状況になったらしいのですが、これ、金本監督が何が何でも福留選手を説得すべき案件だったと思います。

というのは、糸井選手が正中堅手としてプレーしたのは、6年前の話なんですよ。
日本ハム在籍時、30歳だった2011年、136試合でセンタースタメン出場したのを最後に、糸井選手の正中堅手起用はありません。

2012年以降687試合でスタメン出場していますが、その内訳はライト552試合、DH86試合に対し、センターはわずか49試合。昨年はセンターでのスタメンはゼロでした。

それに、オリックス移籍後、加齢や左膝痛などの怪我に見舞われることもあり、ライトでの守備成績も、かんばしくありません。(下記表参照)


■糸井嘉男 年度別 右翼UZR
訂正:表中の年齢が誤ってます。正しくは、2015年34歳、2014年33歳、2012年32歳です。



かつては強肩と恐れられていた肩も往時の威力を失ったかのようにみえます。
昨年の6月29日、信じられない光景がありました。
楽天のルーキーに右前単打コースの当たりで一気に2塁まで進まれてしまう拙い守備を見せました。

30代半ばになり、20代のときとくらべて体力回復も遅くなった。
頻発する怪我にも襲われるなか、ライトの守備ですら苦戦を強いられている。
それが、糸井選手の現状です。


それなのに、両翼よりも広い守備範囲と多大な運動量が要求されるセンターで、シーズン通して勤まるのでしょうか?

糸井選手と同じアスリートタイプの名選手といえば、楽天の松井稼頭央選手が思い浮かびますが、あの松井稼選手も41歳を迎える昨年、センターで起用されたことが原因で右膝を負傷し、成績が下落してしまいました。

NPB全体の35歳以上選手の起用例も、ごくわずかです。

2007年以降の過去10年間、NPBで35歳以上選手が正中堅手を務めた例は、2007年の広島・アレックス選手(35歳)の73試合、2011年の横浜・金城龍彦選手(35歳)の56試合、この2例でした。
この2例とて、100試合に遠く及ばない数字です。

はたして糸井選手は「35歳の壁」をクリアして、正中堅手の任務をつつがなく遂行できるのでしょうか?

負担大のセンターでの起用は、打撃成績にも悪影響を及ぼす恐れがあるのでは?と心配です。


20161126DATA01.jpg


3:屋内球場から屋外球場へ





3番目は、本拠地球場が自身初の屋外球場になることです。

日本ハム、オリックスの2球団でプレーした糸井選手の本拠地は、ここまで札幌ドーム、京セラドームと、いずれも屋内球場でした。

地球温暖化の影響で年々暑さが厳しくなる夏場でも、空調完備された屋内球場でプレーすることができたわけです。
楽天やロッテ、西武といった屋外球場の他球団選手と比べたら、夏バテに代表される外的環境にあまり影響されず、コンディション作りも容易にできたと言えるわけです。


▼気象庁のデータをもとに作成。甲子園のある西宮の数値がなかったため、大阪の数値を用いた。昨年、大阪の猛暑日は、過去6年平均15日だったところ、26日で記録され、真夏日も74日のところ81日で記録された。
20170117DATA05.jpg


そのなか、36歳を迎える年に、屋外球場=甲子園をフランチャンズにする決断は、はたして吉と出るのか?どうなのか?という疑問が残ります。

しかも、8月にはタイガース宿命の「死のロード」も。昔と比べて、京セラドームで主催試合を行うなど緩和されつつあるとはいえ、厳しい日程であることには間違いありません。

「夏を制する者は受験を制す」とよく言われますが、これ、プロ野球でも全く同じで、糸井選手の場合、多くの選手が夏バテなどで状態を落とす7月8月に例年好成績(通算打率.304)を残したことが、生涯打率.301を作り上げてきました。今年も継続できるのでしょうか。


まとめ





というわけで、まとめです。

阪神入りを決断した糸井選手ですが、糸井選手がキャリアハイ級の好成績を残すには、甲子園で待ち受ける3つのハードルをクリアする必要があると思うのです。

その3つとは、

  1. 甲子園名物、左打者泣かせの浜風の影響

  2. 金本監督が明言する正中堅手起用の影響

  3. 外的環境の影響を受ける屋外球場の影響


いずれも、高くて険しきハードルです。

「超人」と言われる糸井選手ですから、この難作業を成し遂げてくれる可能性はあります。

しかし、今年の秋、その好成績をぼくらが見たとき、「やっぱり、糸井だよな」と簡単に考えてはいけません。

人間は常に劣化と戦っているという思想を覆し、これら3つの障壁を乗り越え、難作業のなかで掴んだ、糸井選手の「汗と努力の結晶」と、押し頂くように評価すべきだと思うのです。

というわけで、今年は36歳を迎える糸井選手が、大きな環境の変化のなかで、どこまで活躍するか、じっくり楽しみたいと思うのです。

※じつは、第4のハードルもありました。続編はこちら。【終】




関連記事


落日のソフトバンクホークス。「老い」との全面戦争突入へ 《2017年プロ野球パリーグ順位予想》
「球界の盟主」から「セ界の姥捨山」へ。 激ヤバ補強の高橋巨人が3年連続V逸する激ヤバ理由 《2017年プロ野球セリーグ順位予想》
まだ連投で消耗してるの? 悲願の3位に導いたハマのラミレス采配。じつは酷使すぎるブルペン起用だった件





《メルマガの御案内》
もっと楽天を「深堀り」しよう!
あなたが気づいていない
イーグルスの新たな魅力と現在地
数字やデータでご紹介します!




現在、オフだからこそ楽天を熱く語り尽くす!の趣旨の下、月十数本を配信してます。
まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

こんな読者さんにオススメ!

  • 数字を肴にプロ野球を楽しみたい楽天ファン

  • 自身でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙でなかなかできない「もどかしさ」を抱える鷲ファン

  • 最近、数字で見るプロ野球の面白さに気づいたイーグルスファン

  • 主観オンリーではなく、定量的な事実にもとづいた論評を読みたい東北楽天ファン


読者さんの感想

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

おい!自爆する気か! 小久保監督に再考を促したい、マジありえないソフトバンク武田翔太投手のWBC追加招集

スポンサーリンク




侍ジャパン投手陣に松井裕樹投手選出!





こんにちは。@eagleshibakawaです。
楽天に関する、あらゆるデータの収集を標榜する、鷲ファン代表のデータマン、野球ブロガーです。
ブログnote、まぐまぐスポーツ・アウトドア有料版ランキング常時TOP10入りするメルマガ運営と並行して、「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアへの寄稿も実施しています。


今朝、WBCの侍ジャパン投手陣追加招集のニュースが舞い込んできました。
日刊スポーツの記事を引用します。



■WBC侍に武田、千賀、森福、松井裕を追加選出へ
(日刊スポーツ 2017年1月11日4時59分)

 3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表として、ソフトバンク武田翔太(23)千賀滉大(23)巨人森福允彦(30)楽天松井裕樹(21)の4投手が選出有力であることが10日、分かった。

 侍ジャパンは昨年末に1次メンバー18人を発表。アストロズ青木宣親外野手(35)を加え、19選手が決まっていた。個性豊かな実力派投手を加え、世界一奪還を目指す。


ええ? 武田翔太投手を選んじゃうの?





はい。我らが松井裕樹投手も追加選出になるとのことで、このこと自体は朗報なのですが、

(プレミア12で本領発揮できず、昨年秋の強化試合にも召集されておらず、WBC使用球ぶっつけ本番の松井投手の選出は確かに疑問ありですが、鷲ファンとして背番号1のポテンシャルを見てみたいという思いが強いので、あしからず)

この中に1人だけ、選ぶべきではないでしょ!!と強く思う投手がいました。

ソフトバンクの武田翔太投手です。

小久保監督就任以降、数々の強化試合や国際大会で場数を踏んできた侍ジャパン。
しかしながら、WBCと同じ米ローリングス社製の使用球を用いて戦ったのは、2014年の日米野球、2016年秋のメキシコとオランダの強化試合のみにとどまりました。

この2大会に招集され、WBC使用球で小久保ジャパン投手陣最多の合計10イニングを投げたのが、武田投手です。

その成績を下記にまとめてみました。
ご覧ください。


◎【まとめ】 WBCと同じ使用球の強化試合で投げた、侍ジャパン投手陣の投手成績


■武田翔太 WBC使用球での侍ジャパン投手成績


与四球率8.10。WBC使用球にアジャストできていないのは明らか!





4試合に登板。毎試合、フォアボールを記録しました。

防御率こそ1.80でしたが、与四球率は8.10、被安打もそれなりに多く、WHIPは1.80、いずれも危険値です。
暴投も10イニングで2個は多すぎでしょう。

昨年秋の強化試合ではマネーピッチのカーブが決まらずボールになるケースも多かった。
滑りやすく抜けやすいとされるWBC使用球で、ここまで10イニングの実戦経験を与えられながら、いまだにアジャストできていないのが、ことここに及んでアジャストできるものなのでしょうか?

正直、不安しかありませんよね。

古巣のソフトバンクだから選びやすいという事情はあるのかもしれませんが、小久保監督には再考を促したいですね。【終】


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村




《メルマガの御案内》
もっと楽天を「深堀り」しよう!
あなたが気づいていない
イーグルスの新たな魅力と現在地
数字やデータでご紹介します!




こんな読者さんにオススメ!

  • 数字を肴にプロ野球を楽しみたい楽天ファン

  • 自身でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙でなかなかできない「もどかしさ」を抱える鷲ファン

  • 最近、数字で見るプロ野球の面白さに気づいたイーグルスファン

  • 主観オンリーではなく、定量的な事実にもとづいた論評を読みたい東北楽天ファン


現在、オフだからこそ楽天を熱く語り尽くす!の趣旨の下、月十数本を配信してます。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
1番・銀次で「夢と感動」「首位打者」を鷲掴め! プロ通算2試合しか経験のない選手会長をリードオフマンに推す、「たった1つの決定的すぎる理由」
2番で打率3割だ。打って良し!つないで良し!の死角なし。 楽天の2番打者は茂木栄五郎の一択だ!《梨田楽天2017年スタメン予想》



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

「球界の盟主」から「セ界の姥捨て山」へ。 激ヤバ補強の高橋巨人が3年連続V逸する激ヤバな理由 《2017年プロ野球セリーグ順位予想》

スポンサーリンク




2017年のセリーグ優勝はどこになる?





こんにちは。@eagleshibakawaです。

ブログやnote有料メルマガの運営と並行して、精力的に「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアにも寄稿する、楽天ファンきってのデータマンです。

今回は、2017年プロ野球、セリーグ順位予想について考えてみたいと思います。

その前に、読者のみなさんに御礼になります。
1月4日のブログ記事『落日のソフトバンクホークス。「老い」との全面戦争突入へ 《2017年プロ野球パリーグ順位予想》』は、大きな反響をいただきました。





Twitterではリツイートが100に迫るほどの多くの拡散をいただきました。
facebookでも、7,000人以上が参加する人気コミュニティ「プロ野球談話部屋」に取り上げられるなど、予想以上に数多くのみなさんに読まれたようです。
読んでくださったみなさん、ありがとうございました。m(_ _)m


今回は、これと同じ手法で、セリーグはどうなっているのか?を取り上げてみたいと思います。

で、結論を先に言いますが、巨人、ヤバいですよね。


激ヤバな巨人の高齢化率





確かに、ストーブリーグの補強は、ヤバすぎでした。

2年連続V逸、2017年は高橋由伸監督の就任2年目です。
球界の盟主の覇権奪回は、読売グループの至上命題なのでしょう。

FA市場で陽岱鋼選手、森福允彦投手、山口俊投手を獲得。
海外からは、楽天の2013年日本一に貢献したケイシー・マギー選手と契約合意。
160km超えを繰り出すアルキメデス・カミネロ投手の入団もこぎつけるなど、他球団ファン真っ青の大型補強になりました。

しかしですね。ぼくが「ヤバい」と言うのは、空前絶後の大型補強のことではないんです。

ヤバいのは、巨人の高齢化率なんです。

「セ界の姥捨て山」なんじゃないか?!と思うほど、ヤバいんです。

それをこれから説明していきますが、まずは下記のグラフをご覧ください。


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


パリーグと比べて、ベテランが頑張りすぎたセリーグ





上のグラフは、2016年セリーグ全選手の打撃成績を、以下に示した6つの年齢別に整理し、そのOPSを算出したものになります。


  • 19歳以下

  • 20~24歳

  • 25~29歳

  • 30~34歳

  • 35~39歳

  • 40歳以上



パリーグのグラフと見比べてみると、違いが出ていますね。
昨年のパリーグでは、25-29歳でOPSが頂点を迎え、30歳以降は右肩下がりでした。

一方、昨年のセリーグでは、20-24歳でOPSが.709を記録し、25-29歳、30-34歳と減り続けるのですが、35-39歳で盛り返して最高値.730を記録しているんです。

しかし、ぼくはこれ、一過性の傾向だと思うんですよね。


■2016年 セリーグ 350打席以上を記録した35-39歳の打者7人



というのは、上の表を見てください。
昨年、35-39歳の年齢帯で350打席以上を記録した7人のOPSと、前年のOPSを表にまとめてみました。
この7人、35-39歳の全打席の61%を占めていました。
その結果は、あまりにも出来すぎ。
阪神・鳥谷敬選手を除き、そろいもそろって、素晴らしい成績でした。

これをもって、2017年も彼らに同様の活躍を期待できると考えるのは、早計ですよね。

昔前と比べて、トレーニングメソッドや栄養学、スポーツ医学も格段に発達し、それら領域を自ら学ぼうとするプロ野球選手も増えたと思います。イチロー選手、元中日の山本昌投手に代表されるように、40歳を超えても第一線で素晴らしいパフォーマンスをみせる選手も増えました。


大切にしたい「人間は常に劣化と戦っている」という価値観





しかし、実際は、40歳を超えてもパフォーマンスを維持できる選手はごく一握りです。

Baseball Labさんの2015年12月17日付の記事「平均8.9年。プロ野球選手のタイム・リミット」にもあるように、今なお、28歳~33歳で現役生活を終える選手が多いのが、現実です。

それは、やはり、30歳を超えると目に見えて身体機能が衰え、パフォーマンスも低下し、怪我のリスクも高まることが大きいのだと思います。

名著『マネーボール』にも、選手が1つ歳を重ねることは、すなわち罪だという趣旨の一節が出てきました。
2015年12月に開催された「SAJ2015 スポーツアナリティクスジャパン2015」で「日米野球界に見るデータ活用の思想と実践」というテーマで講演された山本一郎氏も、「常に人間は劣化と戦っているというのが、我々の観点からすれば大事な世界観」と述べていました。

また、上記グラフも、20代と30代以上という括りでみれば、パリーグと同様の傾向でした。
つまり、20代のほうがOPSが高く、30代以降は下がる傾向にありました。

(実際、29歳以下は.701、30歳以上は.694でした。パリーグと比べてセリーグのほうが多くのベテランが活躍できているのは、神宮や東京ドーム、横浜スタジアムなど打者有利の球場が多いこと。巨人、ヤクルト、DeNAと在京球団が多く、パと比べて移動距離が短いこと、パよりもセの投手のストレート平均球速が1.5km遅いことなども、大きいのでしょう)


あまりにも異常すぎる巨人の現状





ということをふまえると、巨人の激ヤバ、鬼ヤバが、よくわかるんですよ。

下記グラフをご覧ください。




こちらは、タイトルのとおり、2016年のセリーグ各球団総打席数を、「29歳以下」「30歳以上」に分け、その割合を示した棒グラフです。

見てくださいよ!
巨人が30歳以上選手に割いた打席割合を!

全体の59%、5356打席中3154打席が、1軍実績はあれど、将来性に乏しい30歳以上選手に投下されていたのです。
この59%という割合は、奇しくも、最大11.5ゲーム差をひっくり返され「世紀のV逸」を喫したソフトバンクと同じ数字でした。


成長の伸びしろがたっぷり残されている広島とDeNA





昨年ともに躍進した広島とDeNAをみてみましょう。

30歳以上選手に多くの打席を割いていません。
1軍実績は発展途上も、豊かなポテンシャルを持つ29歳以下選手に、広島は全体の63%を、DeNAは70%を割いています。

広島は、コアメンバーの田中広輔選手が今年28歳、菊池涼介選手は今年27歳、丸佳浩選手は今年28歳。
センターラインを占める鯉のメインエンジン「タナキクマル」が全員29歳以下という点が、心強い要素だと思います。
さらに、その下には今年23歳の鈴木誠也選手という次世代スーパースターも出てきました。

DeNAも、4番・筒香嘉智選手を始め、20代選手が多いのが特徴的。
前任の中畑政権下で血の入れ替え、世代交代が進み、TBSが親会社だった頃の淀んだ体質を、新陳代謝を促すことで刷新しました。
年齢別のチーム構成比でいえば、理想に近いかたちにあると思います。

一方、巨人はどうか?


■2016年 100打席以上を記録した巨人の打者12人の一覧
20170108DATA05.jpg


2016年、巨人で100打席以上バッターボックスに立った打者は12人を数えました。
その中、30歳以上選手は、表の黄色網掛けのとおり、じつに7人と多くを占めていたのです。

今年は、さらにここに陽岱鋼選手(30歳)、ケイシー・マギー(35歳)が加わるのですから、まさに「セ界の姥捨て山」でしょう。

「セ界の姥捨て山」ならぬ、球界の盟主が2年連続でV逸を喫した最大要因は、得点力にあります。
下記表をご覧ください。


■2013年以降 巨人の得失点
20170108DATA06.jpg


2013年、2014年には600点に迫る得点を挙げていたのが、2015年以降、大きく落ち込みました。
2015年は、投手陣の頑張りなどで443失点でした。
2013年以降の4年間で最少失点にとどめたのですが、打線があまりにも打てなさすぎて、2位に終わってしまいました。
打線が例年どおりの機能をみせていれば、優勝はヤクルトではなく、巨人だったでしょう。

なぜ得点力が大幅に落ち込んでしまったのか?
これは、次のグラフがズバリ教えてくれます。


20170108DATA04.jpg

セ界の姥捨て山か!





2013年以降の、巨人の年齢別打席割合です。
「29歳以下」「30-34歳「35歳以上」の3つに分けてみました。
各年度の棒の左側に、得点を入れました。

ご覧いただいているとおり、
2015年以降、全打席に占める35歳以上割合が、急増しました。
その割合は2年連続で30%超え。

まさに超高齢化なのです。

ベテランになればなるほど、体力の回復も遅くなり、怪我のリスクも高まります。
怪我を恐れて無理をしないケースも増えるでしょうし、そもそも俊敏性がなくなってきますから、盗塁やベースランニングも、あまり期待できません。(もちろん、鈴木尚広選手のような例外はありますよ)

監督も、ベテランのコンディションに気を使いながらの起用になります。
1軍で積み上げてきた実績がありますから、下手なタクトを振ってヘソを曲げられるでもしたら厄介です。

もちろん、メリットもあるのでしょうが、相応にデメリットも大きいのです。
高橋由伸監督は2017年も苦労するんだろうなあと思うのです。

10年間で6度のリーグ優勝を飾った第二次原政権の遺産が、いよいよ完全に尽きかけようとしています。
少なくとも、ぼくにはそう見えます。

功労者の加齢が進み、彼らに取って変わる20代の新戦力の台頭も、ほとんどない。
特に野手でいえば、ポッと出の短期の活躍はあっても、定着することがないのが昨今の巨人だと思います。


昨今、東京都内の高齢化が激ヤバ、そんなニュースをよく耳にするようになりました。
高度経済成長時、都内各地に分譲されたマンションや団地。
日本の経済を支えた働き手に夢のマイホームを提供したそれらニュータウンの高齢化率が今や・・・という悲惨な状況なのだそうです。

ぼくには、巨人の置かれた現状が、そんな寂しい日本の現状そっくりに思えてなりません。

3年連続V逸となれば2006年以来のことになりますが、球界の盟主は、これからどこからどこへ漂流するのでしょう...

というわけで、現時点でのぼくのセリーグ順位予想は、


  1. 広島東京カープ

  2. 横浜DeNAベイスターズ (←期待感ガッチリ込み込み 笑)

  3. 読売巨人軍



とさせていただきます。

【終】


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村




《メルマガの御案内》
もっと楽天を「深堀り」しよう!
あなたが気づいていない
イーグルスの新たな魅力と現在地
数字やデータでご紹介します!




こんな読者さんにオススメ!

  • 数字を肴にプロ野球を楽しみたい楽天ファン

  • 自身でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙でなかなかできない「もどかしさ」を抱える鷲ファン

  • 最近、数字で見るプロ野球の面白さに気づいたイーグルスファン

  • 主観オンリーではなく、定量的な事実にもとづいた論評を読みたい東北楽天ファン


現在、オフだからこそ楽天を熱く語り尽くす!の趣旨の下、月十数本を配信してます。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
落日のソフトバンクホークス。「老い」との全面戦争突入へ 《2017年プロ野球パリーグ順位予想》
まだ連投で消耗してるの? 悲願の3位に導いたハマのラミレス采配。じつは酷使すぎるブルペン起用だった件
侍ジャパンに欠かせない、ソフトバンク中村晃の優秀すぎる戦歴と10年に1度級の快記録


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}