東北サブマリン、楽天・加藤正志が乗り越えるべき、2年目の課題4箇条とは?!~2015年成績より

スポンサーリンク




《NewsPicksやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。プロ野球、スポーツのネット記事を含むその他諸々をPick、時々コメントをつけています。フォロワー数130人突破。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1900人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!420人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

東北サブマリンのルーキーイヤーを振り返る



173cm71kgの26歳。JR東日本東北からドラフト6位で楽天入りし、東北サブマリンの期待高まる加藤正志の2015年を振り返りたい。

下手投げに転向したのは東京実業高時代だと言う。当時の同高は同期の右投手が10人在籍する激戦区、「変わったことをやらないとダメと思った」と判断した加藤は迷わずにアンダースローへの転向を決断、元ロッテの渡辺俊介の映像を参考にしながら、独学でアンダースローをマスターしたのだと言う。

下手投げ習得の過程からして、この人、心根は相当肝が据わっている。本来なら、リスクと可能性を両天秤にかけたその間で、それなりの時間を逡巡するのが普通のはずだ。にもかかわらず、加藤はそんなに悩まなかったのだと言う。フットボールアワーの岩尾のようなボヤッとした地味な顔立ちながら、その実、心に秘める探求心は熱いタイプなんだろうと感じた。大学・社会人時代のチームメイトには「カラス」の愛称で呼ばれていた加藤。どういう理由でそのあだ名になったか?は知らないものの、なんとなく合点が行く。「したたかな頭脳派」というイメージは両者の共通項のような気がしてくる。

そんな加藤の、本人自己採点60点だというルーキーイヤーを下で確認してみよう。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
オーナーズリーグ OL24 NW 加藤正志 OL24-060

オーナーズリーグ OL24 NW 加藤正志 OL24-060
価格:30円(税込、送料別)



■楽天 加藤正志 2015年 投手成績


ストライクゾーンの真中近辺に球が集まった



2軍では15試合に登板。先発4試合、救援11試合で投げている。
防御率、WHIPはイースタンのリーグ平均値付近を記録した。(同平均は防御率3.61、WHIP1.34だった)

奪三振率は同平均6.45に及ばない5.80。打たせて取るタイプだ。

与四球率は同平均3.44より良い2.78、1軍では1.35と素晴らしい数字を残している。
とはいえ、コントロールが良いと評価するには時期尚早だ。ストライクゾーンの枠内に球を投げ込むことはできる能力があるので、与四球率の数字が良いだけで、狙ったコースや高低にしっかり球を投げ切れているのか?という意味では疑問符がつく。下記の投球マップがそれを如実に示している。

■楽天 加藤正志 2015年 投球マップ
※1軍データ。Baseball Labより。投球コース・高さのデータを基に、対象の投手がどのゾーンに多く投げているかをグラフィックで表現した。赤は多く投げているゾーン、青はあまり投げていないゾーンを表している。


同じ下手投げの西武・牧田との差は歴然



左打者、右打者いずれの対戦時も、ストライクゾーンの真中近辺に球が集まっていて、赤く染まっているのが確認できる。

加藤に限らず、下手投げの投手は、制球力勝負というより、緩急勝負のほうが大切で、優先順位も高くなるのだろうが、それにしても、もう少しコントロールに磨きをかけて欲しいところだ。

プロ入り後、泉犬鷲寮の部屋の壁にもそのポスターを張っているというほど加藤がリスペクトしている西武・牧田明久のそれと比べれば、その差は一目瞭然だ。牧田は左打者にはストライクゾーン外角低め枠内ギリギリに球を集め、右打者対戦時には両サイドに球をしっかり散らしているのが、投球マップでも確認できるのだ。

■西武 牧田明久 2015年 投球マップ
20151216DATA06.jpg

2軍では救援防御率0.66。リリーフ適性あり



2軍成績を先発、救援の2つに分けると下記の結果になった。

先発・・・防御率5.32、奪三振率5.32、与四球率3.68
救援・・・防御率0.66、奪三振率6.92、与四球率1.32

明暗分かれる結果になった。11試合13.2回を投げたリリーフ登板時では素晴らしい成績を挙げている。恐らくこの結果を踏まえて、球団は加藤をリリーフ投手として起用していくことを決めたのではないか。加藤は既に26歳。即戦力として入団してきている背景もあり、先発の伸びしろを時間をかけて探るという立ち位置ではない。実際、10/27契約更改の席上、加藤本人も来年の目標に「中継ぎで30試合登板を果たして、飛躍したいです」と口にしていた。1軍で投げた9試合も、宮崎フェニックスリーグで投げた6試合も、全て短いイニングだった。

1軍デビューは6/30敵地ロッテ戦。4番・デスパイネを緩急差36キロで翻弄



1軍デビューは6/30敵地ロッテ戦(●E0-8M)だった。既に大勢は決しており、8点ビハインドの7回から三番手で登板。マスクも小関から、ファームで加藤と何度もバッテリーを組んできた下妻に交代した。

迎えた打者は、いきなり、4番・デスパイネ。初球123キロの真っすぐが低めにポンと決まり、2球目は一転、87キロの外角高めカーブ。緩急差は実に36キロ。それに待ちきれなかったのだろう。ボールくさい球だったが、デズパイネは強引に打ちにいき、ショート正面の遊ゴに打ち取る。完全に緩急でタイミングをズラし、体勢崩すことに成功した。

そのデスパイネを含む打者8人と対戦し、2本の二塁打を許したが、2イニングを見事にゼロに抑えている。「すごく緊張した。ゼロに抑え、自信になった」と振り返った加藤、「打者一人一人を抑えることを心掛けた」35球のデビュー劇になった。

■楽天 加藤正志 2015年 秋季教育リーグ 投手成績
20151216DATA03.jpg

■楽天 加藤正志 2015年 条件別 投手成績
20151216DATA02.jpg

同期の新人対決は15打数1安打と圧倒。加藤に軍配上がる好結果に



条件別成績を確認してみよう。

ファームでは1軍通算100打席未満の経験に乏しい打者との対戦では.227/.301/.293、被OPS.595と良く抑えていた。

特に15打席を数えた同じルーキー対決では、相手新人打者を15打数1安打4三振と圧倒した。

経験が少ない打者にとって、アンダースローという特殊性が極めて有効だったことを物語る数字だ。しかし、1軍通算100打席以上の経験豊富な打者との対戦では3割近くの被打率を許す形になっている。

サブマリンの永遠の宿命、左打者対策をどうするか?!



左右打者別の成績では、加藤本人が「通用したのは右バッターを抑えられたことです。逆に、左バッターには打たれたのが課題です」と振り返るように、右打者には上々の数字を、1軍でもそれなりの数字を示すことに成功たが、左打者には1軍2軍どちらでも3割以上を打たれた。

左打者対策はアンダースローピッチャーにとって永遠の課題である。どうしても球が見やすくなるため、左打者に対応され易くなる。

1軍では左打者と25打席で対戦し、合計79球を投げ込んだが、奪った空振りは僅かに1球止まりだった。79球中32球でスイングされ、31球でコンタクトを許し、23球がインプレー打球となり、そのうちの9球が安打になった。バットを振りにいった3割近くがヒットになったその頻度は、やはり多すぎると言わざるをえない。7/29盛岡ではソフトバンク柳田に、8/7敵地札幌では代打・大谷翔平に、いずれも1-0からの甘く入った失投をスタンドに運ばれた。左打者をどのように打ち取るか?は2年目の大きな課題だ。

■楽天 加藤正志 2015年 球種別 投手成績
20151216DATA04.jpg

1軍では最速126キロ、最遅85キロ



球種成績を確認してみよう。

ストレートは最速126キロ、平均121.2キロを計測した。これは西武・牧田のファストボールより6キロほど遅い。その球速差も影響しているのだろう、空振り率は僅かに0.8%だった。このストレートがもっと有効活用できれば良いのだが。打者の手元で浮き上がってくる真っすぐを、高め空振りゾーンに狙って投げ込むことができれば、高低差を使って打者と駆け引きもできるようになる。

最遅は85キロ。2球で記録した。いずれもカーブだ。4つある球種の中では空振り率、被打率いずれも素晴らしく、1軍で通用した唯一の球種と言えそうだ。

本人も課題に挙げるシンカーは12球を投げ、空振りゼロ。見逃しストライク2球に対し、ボールカウント5球、打者が5球でバットを振りにきて、2ストライク以降ファウル1球、インプレー打球4球(安打2球、凡打2球)という内訳だった。来年はこの球種の精度を上げていきたい。

走者のケアも継続課題だ



最後に、盗塁成績について触れておきたい。

下手投げはどうしてもモーションが大きくなるため、走者に盗塁を盗まれやすくなる。加藤もその対策として1.1秒台、時には1.00秒を切る高速クイックを所持しているが、それでも、走られていたと言える数字が残っている。1軍では13.1回で許した企図は2個(盗塁1盗塁刺1)。35.2回を投げた2軍でも当方が確認した限りで少なくとも打者に5個の盗塁を決められていた。1軍2軍合計で49回投げて少なくとも7個の盗塁企図を許しており、9イニング換算では1.29。この数字、1.00を超えてくると多すぎという印象のため、加藤の場合も多く走られたというイメージなるわけだ。

以上、2年目の課題を挙げると、

◎左打者対策
◎制球力改善
◎球種習得とその向上(ストレートの機能改善とシンカーの完全習得)
◎走者のケア


この辺りになってきそうだ。

一昨年の12/1新入団選手発表会見で、対戦してみたい打者に西武の中村剛也の名前を挙げた加藤。しかし、残念ながら1年目の今年、西武戦での登板はなく、その願いは叶うことはなかった。来年は中村、メヒア、浅村と右の強打者がズラリと並ぶ西武打線との対決は実現するだろうか? そして、快投を演じることができるだろうか? 東北サブマリンの活躍を期待したい。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
空振りの取れるサウスポー候補、楽天・濱矢廣大の2015年を振り返る
ガラパゴス化で支配下登録を目指す楽天・島井寛仁。その挑戦は実るのか?!~2015年2軍成績より
楽天・三好匠の4年目活躍劇をWord換算9,000字で語り尽くす!!



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【記録】 球団史上初のアンダースロー投手デビュー劇。加藤正志プロ初登板、上々35球

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ドラフト6位のルーキー、加藤正志、プロ初登板



昨日6/3のロッテ11回戦(●E0-8M@QVCマリンフィールド)、28日に1軍初登録されていたドラフト6位の新人、加藤正志がプロ初登板を記録している。

2軍で9試合に投げて防御率4.11。しかしながら、6月に入ってからは15回2/3で防御率0.57。調子を上げてアピールに成功し、自らチャンスを掴んでの1軍初昇格になった。

0-8と8点ビハインドの7回裏から三番手で登板、2イニングを零封した。

楽天球団史上、アンダースロー投手が1軍のマウンドで投げたのは初めて。2011年にコリアンサブマリンと呼ばれ、MLB通算54勝をマークした金炳賢が在籍したことがあったが、1軍登板なしのまま同年オフに解雇されたからだ。

先頭打者は4番・デスパイネ。プロ初対決がいきなりの強打者。則本を打ち砕いたキューバの至宝との対決は、初球123キロ真っすぐで見逃しストライクを取った後、0-1からの第2球、外角狙いの87球カーブで平凡な遊ゴに仕留めた。

アウトハイに上ずり気味の投球になったが、36キロの緩急差に加えて、今季楽天投手陣が投げた最遅の87キロというスローブレーキングボールで、デスパイネのタイミングを完全にはずすことに成功、先制決勝弾のスラッガーを見事に翻弄した。

続くクルーズにはボール先行3-1から内角投球の速球をひっぱられ、三塁線突破のツーベースを打たれたが、6番・今江を2-2からインハイ123キロ速球で完全に詰まらせた遊ゴに討ち取ると、7番・鈴木にはアウトコース110キロのスライダーを打たせてショート後方の浅い左飛に仕留めた。

翌8回は、先頭・田村を捕邪飛。フルカウント勝負から下妻の要求どおりインコースを厳しく攻めた。続く岡田はライトにまわった牧田の守備支援を受けての右飛。2死後、清田に内角球を左翼線へツーベースにされたものの、後続の三木を平凡な投ゴに凡退させ、2イニングをゼロに抑えている。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



走者を出しても崩れない。今江初球のクイックは1.00秒を切る高速タイム



2回、打者8人、球数35、被安打2、被本塁打0、奪三振0、与四死球0、失点0、自責点0。

加藤「すごく緊張した。ゼロに抑え、自信になった。(デスパイネとの対戦を訊かれて)最初にストライクを取ったのが大きかった。打者一人一人を抑えることを心掛けた」

大久保監督「誰が投げても得点されるような状況で、無失点だったのは収穫」

試合後、加藤本人は「すごく緊張した」と初登板を振り返っているが、ボール球が3球連続して続くようなシーンはなく、与四死球ゼロ。少なくとも外から見ている限りでは落ち着いているように見えた。

恐らくマスクを被ったのが2軍で何度もバッテリーを組んだ下妻だったのも、大きかったのだろう。直前の7回に小関に代打が送られたため、8回から下妻がマスクを被ることになったのだが、恐らく大久保監督、8回から加藤─下妻で行かせるために7回に小関のところで代打・島内を起用したのだろう。

投げた球種は4つ。最速125キロ、平均122キロのストレートを軸に、110.4キロのスライダー、109.3キロのシンカー、87.0キロのカーブを投げ分けていた。

コントロールはアバウト。下妻の構えたミットそのままに収まったエクセレント投球は35球中、僅かに6球と少なかった。逆球も目立ち、右打者に打たれた2本のツーベースは外角狙いがインコースに抜けた投球を打ち返された。右打者のスライダーは外角にはずれるケースが多く、コントロールの改善は今後の課題点になりそうだ。

一方、走者を出した後にガタガタっと崩れることなく、自身のテンポで安定した投球を続けることができた点は大きい。特にセットポジションに入ってからのクイック投法は素晴らしく、7回1死2塁で今江の初球は1.00秒を切るタイム。その後、2球目、3球目も、クイックの合格ライン1.20秒を切るタイムだった。

右打者のインコースを狙って投げ切ることができたストレートには力強さがあった。浮き上がりながら食い込んでいくファストボールで今江を遊ゴ、田村を捕邪飛。いずれも詰まらせた凡退に打ち取っている。

みちのくサブマリン、プロデビューの35球、まずは順調な船出になったと言えそうだ。

20150701DATA02.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 則本丸焼き事件。新旧新人王の初対決はまさかの結果に~2015年6月30日●楽天イーグルス0-8ロッテ



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}