評価したいファルケンボーグ自由契約&広島退団ミコライオの獲得劇

スポンサーリンク






ベールボールチャンネルさんへの寄稿開始!!
雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。中の方にお声をかけて頂き、しばらくの間、月1でコラムを書いていきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。みなさま、御笑覧よろしくお願いします。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を
◎楽天の今オフ〝最大〟の補強は、嶋基宏の残留だ――数字が証明した嶋の測り知れない貢献度


2015年の新守護神、ミコライオに決定



昨日、楽天イーグルスは広島を退団になったミコライオの獲得を発表している。契約金や年俸など1年総額1億5000万円で契約合意に至り、背番号は43に決まったという。

◎背番号43・・・徳元敏(投手、2005~2007年)─寺田龍平(投手、2008~2011年)─小斉祐輔(内野手、2012~2014年)─ミコライオ(投手、2015年~)

楽天は今季抑えを務めていたファルケンボーグを構想外にしていたため、来季の守護神候補探しに注目が集まっていたが、これで一安心。報道を追いかけていると、かなり早い段階からミコライオに白羽の矢を立て獲得調査に入り、交渉のテーブルについていたことが確認できる。

ファンミルが戦力外になったため、205cmのミコライオは現在、NPBの現役選手最身長。長身から投げ込まれる角度のある“動く速球”が武器。打者にゴロを打たせる典型的なグラウンドボール・ピッチャーだ。年齢も30歳とまだ若く、選手生命の全盛期と言える。来季の活躍次第では契約延長ということもあるのだろう。

個人的には、良い投手と契約したと思っている。ファルケンボーグを構想外にして、代役にミコライオを手に入れたこの補強、賛成なのだ。

今年の救援陣の陣容を眺めた時、斎藤隆とファルケンボーグの2人が共に名を連ねたことが少々拙かった。いずれもアラフォー。連投が効かないなど起用に制限があった。

このことが今季躍進した福山の過剰な登板を招くなど(3点差以上で19試合、ビハインドで19試合登板)、他投手の運用へしわ寄せが生じていたように思われる。起用に縛りがつくベテラン右腕を2人もブルペンに入れる今季の体制は良いとは言えず、1年で解消するべきものだった。

今オフ、球団は斎藤を来季構想の枠内に入れた。ということは、必然、ファルケンボーグはリリースということになるわけなのだ。

劣化が進んでいたファルケンボーグ



ソフトバンク時代の2011年、平均球速150.0キロを誇ったストレート。今季は147.2キロまで落ち込み、過去3年.214以下だった被打率は.262に悪化した。

被本塁打2本に抑え、被本塁打率0.48と一見素晴らしかったように見えるが、打者に打たせた(犠打を除く)全打球に占めるウォーニングゾーン以遠飛球の比率は、同じベテラン右腕の斎藤と共にチーム内で高い割合を残していた。(下記参照)

■2014年 楽天主な投手 全打球に占めるウォーニングゾーン以遠飛球比率
斎藤隆 7.4% (7/94)
ファルケンボーグ 6.3% (6/95)
菊池保則 5.4% (8/147)
則本昂大 4.9% (27/554)
辛島航 4.1% (20/491)
西宮悠介 3.2% (4/126)
松井裕樹 2.41%(7/290)
昨年の田中将大 2.37% (14/590)
福山博之 1.9% (4/211)

36歳を迎えたファルケンボーグの体内では、加齢による衰えが確実に進行していたと言える内容だったのだ。

使用時に何かと面倒な36歳を、あまり気にしなくて良い30歳に置き換えることができ、かつ、年俸も2億から1.5億と5000万コストが浮くのだから、これほど良い補強はない。

それでは、下記でミコライオの成績、球種割合などを確認してみよう。

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門3位
どうぞ応援のクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■ミコライオ 年度別 投手成績


広島で73セーブ。ゴロ率高く、被打率、BABIPが安定推移



広島の3年間で169試合に登板、6勝10敗、28ホールド、73セーブ。防御率は3年とも2点台で安定している。

被打率の推移は.207、.225、.227。BABIPは.250、.253、.260、こちらも安定推移。

元々、一発を浴びるタイプではないが、被本塁打率も0.62、0.47、0.19と年々減らすことに成功。(もちろん場数が少ないこともあるのだが)パリーグ球場ではいまだに一発を打たれていないのも魅力かもしれない。

ざっと挙げたこれらの数字だけを見ても、来季の好活躍に胸が高まってしまう。

今年の数字は分からないものの、ゴロ率が異様に高いのも良し。2012年はリーグ平均47.8%に対し、ミコライオの数字は64.4%を記録。2013年も同平均47.3%のところ、57.1%という依然として高い数字を残している。

与四球率2.17、奪三振率8.38を記録した2012年と比べると、ここ2年間は与四球率が3.45、3.40の推移、奪三振率は6.12、5.48と下落傾向。三振が減って四球が増えた点がやや気になるかもしれない。

ただ、これはコントロールが悪化したというより、統一球で極端な投高打低にあった2012年は臆することなくストライクゾーン内に投げ込んで勝負できていたからこその2.17だったのだろう。また、統一球は従来球と比べて曲がり易いという特徴もあったため、打者の対応が進むまで三振も多く奪えていたと推測できる。

2013年、2014年の数字のほうが本来の姿と言えそうで、反発係数が上方修正され、2012年のようにストライクゾーン内にドシドシ勝負するわけにもいかず、また、球を動かすタイプのため、クサイところを狙ったのが外れることもあり、与四球率が3.40台を記録しているものと思われる。

ただ、昨年は6試合を数えた1登板2四死球が、今年は9/27中日戦の1試合だけだったことからも分かるように、連続で四球を出して自壊するタイプではないと言えそうだ。

■ミコライオ 球種割合
※表中シュートの表記にしてしまったが、ツーシームである。
20141208DATA02.jpg

150キロ超をコンスタントに計測するファストボールが武器



いずれも平均球速150キロ前後を計測するストレートとツーシームを軸球に、球を動かして打者にゴロを打たせてアウトを取るタイプである。ストレート+ツーシームの球種割合。今年は全体の78.4%にも及んだ。そのファストボールはコンスタントに150キロ超えを連発している模様で、脂が乗り切った投球を感じさせる。

ほとんどヒットを許さないスライダーに、チェンジアップの変化球。共に平均球速130キロ台半ば。いずれも空振り率が20%台と高く、打者が対応に苦慮している姿が彷彿とさせるのに十分。カーブは持ち球にない模様だ。

■ミコライオ vs右打者 投手成績
20141208DATA03.jpg

■ミコライオ vs左打者 投手成績
20141208DATA04.jpg

左打者との対戦を苦手とするものの、右打者は被打率.189と圧倒



最後に、投手成績を対戦打者の左右別にチェックして終わりにしたい。

御覧頂いたように、右打者は通算被OPS.477、被打率.189と実に良く抑えている。四球も少ないことが見て取れる。

しかし、左打者との対戦では通算被OPS.708、被打率.254と相性が悪いようだ。2012年、2013年は打たれたヒットの3分の1が長打になっていた。ただし、今年は.573、.211と改善に成功している。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
2年総額3億円の後藤光尊を引き取った立花陽三クン。その呆れた大盤振る舞いに唖然呆然の巻
楽天の捕手人材難。解決のトレードは実現する?! 戸村健次を出して取りたいハマの来季5年目捕手とは?!
豪州で奮戦中。楽天・中川大志のウインターリーグ打撃成績10月11月分の詳細をまとめてみたよ


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}