松井裕樹の起用が2017年も抑えになった「もう1つの事情」とは?!

スポンサーリンク


背番号1起用問題の背景に来春開催のWBCあり



おはようございます。信州上田在住、故郷の英雄・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える楽天推しの野球好き、野球専門メディアなど他媒体への寄稿も行う@eagleshibakawaです。

松井裕樹投手の来季起用問題に決着がつきました。14日にkoboスタ宮城で梨田監督と松井裕が話し合いを持ち、高卒4年目の2017年も抑えを任されることになりました。

報道によると、「外国人、ドラフトやトレードでは抑えを取れない」「(松井裕を除けば)抑えができるのは則本しかいない。則本を(先発から)動かすつもりはない」という考えを持つ梨田監督と、「もう一度ちゃんと仕事をしてから先発したい」という松井裕本人の希望が一致したと言われています。

そのどちらもその通りだと思うのですが、みなさん、1つ重要な要素を忘れていると思います。

来春開催される第4回のWBCの存在です。

というのはですね。高い確率で招集される侍JAPANでは、中継ぎ・抑え起用が濃厚なんですよね。もしこのタイミングで来年から先発転向を決定してしまうと、チームと侍JAPANでの起用法に差異が生じてしまうことを意味するのです。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



チームと侍JAPANでの起用が違うと、調整が困難に...



この2年、松井裕は開幕前、キャンプでの調整の重要性を痛感したはずです。

一昨年は先発の予定で送っていたキャンプの途中でミコライオの長期故障問題もあり、急遽抑えにまわることになりました。今年は2月下旬に左肩に張りが生じた影響で投げ込み不足に陥りました。結果、フォームを固めることができずにシーズンに突入したことが、不調の原因だったと言われています。

WBCは東京開催の第1ラウンドが3月7日から始まり、決勝戦は3月22日にロサンゼルスで開催されます。プロ野球の開幕は3月31日という日程になります。もし来年から先発転向ということになると、松井裕はこのスケジュールの中で大変難しい調整を余儀なくされることになるのです。

先発転向は3年ぶりです。長い回を投げることができるスタミナやペース配分、打者との駆け引きなど色々とチェックしなければならない項目がある。侍JAPANに召集されれば、開幕前のオープン戦で何試合か先発で試運転して満を持してという訳にもいかなくなります。帰国後の突貫工事で開幕ローテに滑り込みという芸は、あまりにも高難度。それこそ不調や怪我につながる起用法と言えるでしょう。

3年連続で抑え起用という決断の背景には、松井裕本人、梨田監督ともに、そういったリスクを回避した事情も大きかったのでは?と推測できるのです。

今年は58試合62.1回で防御率3.32と成績を落とした背番号1。それでもセーブ機会での失敗はゼロでしたし(追記:5月5日に1度ブラウンセーブがございました。御指摘頂いた読者さん有難うございました)、奪三振率は10.83という高い値を維持しました。これは救援50試合以上を記録したパリーグ投手22人中、ソフトバンクのサファテの10.54、同・スアレスの10.73を抑えて堂々の1位です。

抑えとしての傑出した力量は誰しもが認めるところです。来季は侍JAPANでプレミア12の悔しさを晴らす快投をみせ、レギュラーシーズンでは目標の40セーブ、通算100セーブを目指して腕を振ってくれれば、チームの4年ぶりAクラス入りも現実味を増すはずです。

来季もkoboスタ宮城の9回表にFall Out Boyの「Centuries」が高らかに鳴り響くことを心待ちにしたいと思います。


《御案内》中村紀洋の野球マガジンより読者数が多い当メルマガを読んでみませんか?



まぐまぐで配信中の「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」(2013年8月創刊)。試合評、データ系のコラムや読み物など月十数本の配信。講読料は月額514円になります。

10月現在、note有料読者と合わせて50名に迫る読者数で推移中。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。


◎◎◎関連記事◎◎◎
侍JAPAN・松井裕樹のプレミア12を総括する。小久保監督が梨田監督に送ったメッセージとは?!
明らかになりつつある楽天・嶋基宏選手の4年長期契約の中身
パリーグのクライマックスシリーズから、内野前進守備の有効性について考える


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

東北は日の出を待っている shibakawaが作る犬鷲選手名鑑2016 松井裕樹編

スポンサーリンク




1月2月大好評のshibakawa責任編集
「--東北は日の出を待っている-- 犬鷲選手名鑑2016」
話題のnoteでも展開中!!

自分で言うのもナンですが、入魂の内容です。コボスタで6回裏にタコ焼き買ったという気分で是非読んで見て下さい。各々1選手分のみサンプル公開中。試読頂けます。

◎藤田一也、阿部俊人、長谷部康平、釜田佳直、西宮悠介、牧田明久、下妻貴寛、ルシアノ・フェルナンド、加藤正志

◎中川大志、嶋基宏、武藤好貴、森雄大、今江敏晃、相沢晋、宮川将、大塚尚仁、岩崎達郎、小関翔太

◎青山浩二、キャム・ミコライオ、内田靖人、松井稼頭央、入野貴大、茂木栄五郎、ジェイク・ブリガム、銀次、枡田慎太郎、相原和友

◎後藤光尊、美馬学、伊東亮大、高堀和也、宋家豪、三好匠、伊志嶺忠、片山博視、横山貴明、川本良平

◎辛島航、山内壮馬、栗原健太、濱矢廣大、金無英、菊池保則、ジョニー・ゴームズ、島内宏明、榎本葵、島井寛仁


──東北は日の出を待っている──
shibakawaが作る犬鷲選手名鑑2016 : 松井裕樹編


2017年WBC侍ジャパンの守護神(願望込み)。先発から抑えへの配置転換は昨年大久保体制が繰り出した数少ない妙手になった。

高卒2年目で記録したその成績は質・量共にNPB史上例を見ない傑出したもの。63試合72.1回中、回またぎは12試合、2イニング登板は9試合と本来の持ち場を越えてフル回転し、34回のセーブ機会で失敗は僅かに敵地1度のみ、球団新33セーブを挙げ、防御率は1.00を切り0.87を叩き出した。

被打率は.150。この数字、スコアリングポジションに走者を背負うとさらに下がり...

※※※ここから先はnoteでお楽しみ下さい。コボスタで6回裏に100円安くなったタコヤキ買ったその100円分だと思って是非お読みください。下記URLになります。なお、当メルマガ読者の皆さんには本コンテンツは2月29日配信号に掲載します。

https://note.mu/eagleshibakawa/n/n836287c5d332


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
楽天イーグルス MyHEROタオル2016松井裕樹#1

楽天イーグルス MyHEROタオル2016松井裕樹#1
価格:1,000円(税込、送料別)



◎◎◎関連記事◎◎◎
目の色変わった5年目若鷲、楽天・島内宏明が所持するチーム屈指の"特殊技能"をデータで明らかにする
楽天・銀次こそNPB当代随一のコンタクトヒッターである7つの決定的理由
楽天の正捕手・嶋基宏選手が打者として魅せる新たな魅力とは?!


有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

侍JAPAN・松井裕樹のプレミア12を総括する。小久保監督が梨田監督に送ったメッセージとは?!

スポンサーリンク




《NewsPicksやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。プロ野球、スポーツのネット記事を含むその他諸々をPick、時々コメントをつけています。フォロワー数130人突破。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1900人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!420人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

揺らがない小久保監督の信頼感



今大会、小久保監督による松井裕樹への期待感や信頼度は、揺らぐことはなかった。3月の日欧野球で侍JAPANデビューを飾った高卒2年目サウスポーは、登板すれば(準決勝韓国戦を除いて)必ずヒットを打たれていた。不安定さが目立つ内容で、周囲を見渡せば巨人・澤村、DeNA・山崎康ら他にも抑え投手がいた。それなのにだ。

大会開幕戦になった1次ラウンド韓国戦。3連打で無死満塁を招いた松井裕は、しかし後続を空三振、遊飛、一邪飛に仕留め、死地からゼロの生還を果たす。この投球に対し、小久保監督「7、8、9回は少しずつ(勝ちパターンが)見えてきた。(松井裕は)僅差になればなるほど動じない。ヒットを打たれても0で抑えますから」。逆転二塁打を浴び、プロ通算2度目のセーブ失敗になった11月15日ベネズエラ戦後も、「(松井裕は)僕の中では一番、最後の強さを持っている」。指揮官の評価は揺らぐどころか高まる一方だった。

確かに準決勝韓国戦、則本を9回まで引っ張った背景には、小久保監督の中で最後の最後になり、松井裕への信頼感が揺らいでしまったのでは? そう診る観方もある。しかし、完全に揺らいでしまったのであれば、則本が作ったあの絶対絶命・無死満塁、松井裕を投入するような起用は見せなかったはずだ。

小久保監督が梨田監督に送ったメッセージ



松井裕が小久保監督から高い信頼感を勝ち得たのは、レギュラーシーズンの圧倒的な成績に加え、則本のエントリーで述べたように、楽天から投手起用に関する要望が恐らく無く、気兼ねせずに使うことができたこともあったに違いない。しかし、もう1つ、松井裕の将来性を買い、侍JAPANの守護神に育て上げたいという小久保監督の願いも、そこにはあったのでは?と思うのだ。

この大会期間中、就任当初は松井裕の先発再転向を示唆していた梨田監督が、河北新報の取材に対し、来季も抑えを表明した。地元紙に「すごい数字を残して成功した投手を1で配置転換するのはどうか。仮にいい外国人投手が入ったとしても、来季に限っては今の形のまま力を発揮してもらった方がいい。チームとしても逃げ切りの形は崩したくない」と語った梨田監督の起用方針変更は、抑え候補の外国人探しに難渋したことも背景にあるだろうが、同時に小久保監督の松井裕に対する揺らがない信頼感から、2017年WBC守護神は松井裕だとする小久保監督の、無言ながらも強烈なメッセージを受け取ったがためだったのでは?と私は想像している。

※下記ではデータまわりを見ていきます。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2015年 パリーグ 救援投手 球数上位六傑


プレミア12はリーグ最多球数を投げての招集だった



私の中での今大会の評価は、結果はともかく、「本当に良く投げた」。この一言に尽きる。

上記表は今年パリーグで最も多くの球数を投げた救援投手の表だ。上位6人をまとめてみた。何を隠そう、松井裕は、リーグ最多登板の西武・増田らを抑え、同最多1291球を投げていたのだ。

奪三振能力が高く、対戦打者の36.3%をストライク・アウトで取るピッチングスタイルもさることながら、抑えにも関らず、回またぎ起用は実に12試合、2イニングを投げたケースも9試合とセットアッパーの役割を担うことも多々あった。そのため、1291球まで膨らんだのだろう。

プレミア12は、高卒2年目ながらも抑えという重役をこなした初のシーズンでリーグ最多の球数を投げた後に招集された国際大会だったという位置づけになる。疲労もある中で自分以外のメンバーは当然年配者。人間関係で気を使う場面もあっただろうし、日の丸を背負う国際大会特有の緊張感もあったはずだ。その中で、多くのヒットを打たれながらも、ポテンシャルの一端は見せることができたのでは?と思う。

■松井裕樹 プレミア12 試合別 投手成績
20151126DATA03.jpg

同じ無死満塁でも・・・



則本、増井と並ぶチーム最多5試合に登板した。

11月8日韓国戦の無死満塁からの脱出劇は見事だった。空三振、遊飛、一邪飛。(バント以外の)打球に占める内野フライ比率が15.5%とかなり高く、三振も多いという自らの特徴をそのまま発揮する投球内容になった。一番大きかったのは、リードが5点とまとまった点差があったことが影響しているだろう。

ただし、自らが招いたピンチと他人が作ったピンチでは、やはり、ギアの入り方は異なってくる。さらに、2点差という僅差で負ければその時点で3位以下が決まるというトーナメント方式。その中での切迫した無死満塁だ。あの起用法は本当にムチャぶりとしか言いようがなく、気の毒すぎた。付け加えると、今年、松井裕が無死で複数走者を塁上に背負ったケースは4/10オリックス戦の9回無死2,1塁、安達(遊ゴ併)の1打席だけだった。ああいったシーンに慣れていなかったのも大きかった。



87球中、スライダー、カッターは投げなかった



シーズン中の快投を支えてきたチェンジアップ、今大会はなかなか思うように機能しなかった。高めに到達するケースが36.4%を占め、この割合はシーズン中の27.1%と比べても、高すぎた。

スライダー、カッターなどの曲がる球は未使用となった。シーズン中でも11.4%と1年目と比べて大きく割合を減らしていたが、それでも0.0%は、どうしたものか?と思う。準決勝戦の前、「隠していたわけじゃないけど」と報道陣に語っている松井裕だが、則本が開幕前にスライダーを封印したように、疲労の溜まっている肘に配慮したということなのだろうか?

■侍JAPAN投手別のPlate Discipline
分母は打者のスイング数


ポテンシャルと世界の壁



数多くのヒットを打たれたが、実は侍ジャパン投手陣の中で打者から最も空振りを奪ったのも、松井裕である。

打者のスイング数を分母としたときの空振り率は48.9%を記録。スイングしにきた2球に1球という極めて高い頻度で空振りを奪取していた。(上記表の赤線囲み部分)

ここに私はポテンシャルを見る。

発売されたばかりの「Eagles Magazine」2015・12-2016・1月号34ページには、チーム戦略室室長・上田顕氏が松井裕の凄さを語るくだりが出てくる。

「今回(トラッキングシステムで)データを取ってみてわかったのは、例えば松井選手のストレートのホップする量のすごさ。通常のピッチャーは30~40cmほどなのですが、彼の場合は70~80cmぐらいホップするので、バッターにとっては浮いてくるように見えてくる。さらに松井選手には同じ腕の振りからストレートと比較して20cm沈むチェンジアップがあります。空振りが取れるのはホップするストレートと、チェンジアップとの組み合わせが打者に非常に有効だからと言えるでしょう」

今回打たれてしまった理由の1つには、野球に限らず万事、型に嵌めた平均的な人材教育を目指してきた我が国とは違い、個性溢れる選手が多い海外にあって、松井裕の個性は、NPBでは珍しくあっても、海外ではその希少性は下がってしまうということ。データや駆け引きをあまり必要としない一発勝負の色彩が強い国際大会で、海外勢が見せる対応力の凄さを感じ取ることができたことは、今後への大きな収穫になったと思う。【終】

▼松井裕の凄さが語られている「Eagles Magazine」2015・12-2016・1月号は必読!!


◎◎◎関連記事◎◎◎
侍JAPAN正捕手、嶋基宏のプレミア12を総括する
可能性を知り、限界を感じた則本昂大のプレミア12



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【アンケート集計結果】先発?抑え? 犬鷲ファン62人が選ぶ、松井裕樹の来季起用問題

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

河北新報の取材に対し、梨田監督、松井裕の抑え続投を表明



今朝、河北新報が松井裕樹の来季起用に関する記事を伝えている。同紙の取材に対し、梨田監督が来季も抑えで使うことを明らかにしたと言う。


◎<楽天>松井裕は来季も抑え 梨田監督明言 (河北新報2015年11月18日水曜日)


就任当初は、梨田監督、与田投手コーチいずれも松井裕の選手寿命を考え、先発転向を示唆していた。しかし、記事によると、抑えを任せることのできる新外国人探しが難航。また、松井裕の今季活躍を再評価するに至ったということで、首脳陣も思い悩んだ挙句の決断になったようだ。

合わせて11/10付のサンスポ、梨田監督インタビュー記事にも目を通したい。


◎楽天・梨田新監督、ホークス包囲網を!(サンスポ2015.11.10 10:00)


文中、背番号1の"処遇"を訊かれた指揮官は「まだ松井裕をどうするか、決めていない状況ではあるんですが…。抑えの新外国人が来れば彼を先発に戻してあげようと思ってます。来なければ彼に頑張ってもらうしかない。五、六回まで勝っていて、最後に逆転されるほどショックなことはない。みんながガックリきてしまう」とその揺れる胸の内を告白していた。

ここから読み取ることができるのは、残留のミコライオは守護神候補の構想から外れていること。松井裕の代役はあくまでも"まだ見ぬ"新外国人投手だった点だ。今回、その選定・交渉が難航していることから、背番号1の続投が決まった。

さて、当ブログでは先月10日から31日までアンケート 「先発or抑え。あなたが選ぶ松井裕樹の2016年」を実施していた。

管理人含めた応募総数62名。

性別:男性57人、女性5人
年代:10代3人、20代18人、30代15人、40代19人、50代5人、60代2人
地域:北海道1人、東北20人、関東29人、東海1人、北陸2人、甲信越2人、近畿5人、四国1人、中国1人、

数多くの方々から意見をお寄せ頂いた。アンケートに御協力頂いた皆さん、大変ありがとうございました。

今回はその集計結果をお送りしたい。

頂いた御意見は掲載に当たり、若干手直しを加えさせて頂いた部分もあることを御了承頂きたい。

ブログ村投票のお願い
オフも定期更新中です。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


ファンの声は3分の2が先発希望



結果は、先発41票(66%)、抑え21票(34%)。

予想どおり、先発転向を望む声が多くなっている。

しかし、抑えも想像以上に多くの票を集め、全体の3分の1を占めるに至った。多くの皆さんが、どちらに入れるべきか大変悩んだのが、寄せられたアンケートから良く見てとれるかたちになっている。

全体の3分の2を占めた先発を希望する御意見から見ていこう。

寄せられた声の中で最も多かったのは、「選手寿命」や「将来性」を理由に挙げる声だった。その次に「左のエース」「イニングイーター」「先発の駒不足」「シナジー効果」等々が並ぶかたちになった。

また、先発に入れた人の中にも、抑え適性を認めた上で先発を選んだ方や、松井裕に代わる抑えが見つかれば先発で観たい等と、条件や枕詞がつく回答も多かった。それだけ多くの皆さんが悩んだということなのだろうと思う。

さて、寄せられた声を確認しよう。

岩隈、田中、則本と右のエースは見てきたが、今度は左のエースを。
抜群の奪三振率を武器に絶対的エースへ。(東北30代男性A)



則本、松井裕樹で奪三振争いをしてほしい! 森雄大、辛島、戸村、菊池、安楽。全員に相乗効果を生み出しそうだから。(関東20代男性B)

単純に、能力が高いピッチャーが年間70イニングしか投げないのなら、先発ローテーションで回って200イニング近く投げたほうがチームのためになる。チームとして年間1250イニングは誰かが投げないといけないのだから。(東北40代男性A)

適性は抑えにあると思うが、余りに戦力が足らないので先発でゲームを作ってもらいたい。先発の頭数が揃うなら抑えで見てみたいが、編成次第か。(中国30代男性A)

クローザーは肩を消耗するイメージ。せっかくの逸材は大切に。ミコライオ、クルーズで何とか抑えは埋まりそうだが、先発不足は深刻に感じます。(北海道40代男性A)

やっぱり先発で見たいです。岩隈、田中、則本と右のエースは見てきましたが、左のエースを見たいです。抜群の奪三振率を武器に絶対的エースへなって欲しいです。(東北30代男性A)

抑えの適性があり、他に安心して任せられる人が見当たらないのも事実です。しかし、松井には末永くイーグルスや日本球界を引っ張ってもらいたい。抑えの負担は大きく、もって3年。先発として長くやって欲しい。先発も則本一人に負担がかかっており、松井がローテの軸になれば、連敗もしづらくなるはず。先発がもたなければ、抑え松井を使いきれない。(関東40代男性A)

あれだけ抑えで活躍できたので、今度は先発でどのくらいできるのか、見てみたい。(東北50代男性A)

抑えの適性は疑う余地がないが、まだ若く、貴重な左腕であり、則本に次ぐチームを引っ張るエースとなりうるのは松井しかいない。イニングイーターとして救援陣の負担の軽減にも一役買ってほしい。(関東20代男性F)

いかに優秀な「抑え」だとしても、チーム状況を見れば、それに先立つ「先発」が不足している。エース・則本と肩を並べる先発になることで、則本のみならず、辛島、戸村ら先発3番手以降の精神的負担を軽減できるのでは。岩隈、田中、永井のような3本柱を揃えるために、やはり先発でやってもらいたい。(関東30代男性C)

先発足りな過ぎるので… 弱いなら中継ぎより先発を充実させる方が大切。シーズン終盤にはカットボールを使い始めるなど先発を意識した?と考えられる試みもあったので通用するのか純粋に見てみたいという思いもある」(関東20代男性G)

クローザーとしての活躍が見事過ぎて、この先もうこんなクローザーは現れないだろうと思ったほど。クローザーにも未練たっぷりなのですが、来季は先発で。まだ若いですし、先発も見てみたい。初年度は先発としてなかなか安定しなかったですが、後半良くなってきていた印象があります。先発してどの程度成長したのか確認したいです。松井投手の未来の為にも先発に戻り、壁はくるでしょうがもうひと皮剥けた姿を見せて欲しい。(東北40代女性B)

借金生活のチームですからね。リリーフは補強できても、二桁勝てる投手は簡単に補強できないので。(関東40代男性E)

最初から抑え転向は反対です。星野監督だったら100%ありえない人事です。球界のエースと成りうる素材を、その場のチーム事情で先発投手として育成しないなど、ただの愚行と断じられて然るべきでは? 圧倒的イニング数を任される先発投手こそ、最重要ポジションなのは疑いの余地がないからです。(関東30代男性D)

ミコライオも戻ってくるのならぜひ先発として頑張ってほしい! 今年抑えることができた自信をもって奪三振王、二桁勝利難なくやってのけそう! 将来的には則本、松井裕、森、安楽と楽天投手王国の左の先発エースとして期待したい!(関東10代男性A)

観戦日(登板日)が確定するから! 彼はピッチンクで客を呼べる! (関東40代男性F)

2015年は「松井が出れば大丈夫」「松井で打たれたら仕方ない」と言われるくらいの信頼・実績を得たわけです。そうなるとファンは欲張りになり、松井先発と言う新たな夢が湧いて来るのだと思います。私もその一人で先発松井を期待してます。ただそうなると抑えがどうなるか。ミコライオの状態がどうかと言う懸念もあります。先発で結果が思わしくない場合、また抑えに戻ってもアリかと思います。(東北50代女性A)

本格派になれる素材だから、長くやってほしい。(東北60代男性A)

まず、現在のピッチングスタッフで先発の駒が不足してること。則本と二人で大きな柱になって欲しい。もうひとつはエース(あえてこう呼びます)則本にとってチーム内にライバルがいることで更なる飛躍が期待出来ること。二人を同じ土俵(先発)で起用することによる相乗効果。今からワクワクします。その為にも優秀なクローザーの獲得には全力を注いで頂きたいですね。東海40代男性A)


(下記へ続く)



濃密な松井裕樹を堪能するなら、魅力が濃縮還元された抑えでこそ (shibakawa)



次に、抑えに票を投じた皆さんの声を御紹介しよう。

共通項は「適性抜群」と「他の候補不在」だ。三振奪取できる松井裕の高い抑え適性に加えて、チーム内に松井裕に代わる候補が見当たらないこと。この2点を挙げる御意見が圧倒的に多かった。

また、この1、2年は抑えで良いが、選手生命を考えた時、近い将来は先発へという声も複数あった。力投型のためどうしても球数がかさんでしまう、スタミナはどうなのか?そのこと等の懸念から先発適性に疑問符を投げかける声も複数あった。

それでは、幾つか見ていこう。

濃密な松井裕樹を堪能するなら、魅力が濃縮還元された抑えでこそ。バットを振られても4分3で打球を前に飛ばさせず、セーブ機会での得点圏では2球に1球で空振り奪取。♪お前は俺を忘れないだろう。何世紀経っても覚えているさ♪という存在になるはず (shibakawa)

◎1291球の無双投球。その続きをまだ見たい。もっと堪能したい。shibakawaが期待する2016年の松井裕樹 (2015.10.26)


創設以来、悲願だった真のクローザー。たった19歳の青年から感じる威圧感と安心感は、佐々木や高津などの名ストッパーを彷彿とさせます。彼で負けたら仕方ないと、楽天ファンになって初めて感じています。来年以降もクローザーを続けて日本版のMLB最強守護神(マリアノ・)リベラになってほしいと思います。(関東30代男性G)

1イニングしっかり抑えられる能力があり、今までなかなか固定できなかった抑えを1年通してやれた。役割をコロコロ変えるのではなく、中日・岩瀬投手の通算セーブ記録(402セーブ)を抜くまでやってほしい (関東20代男性A)

彼ほど信頼できる中継ぎがほかにいないのが現状。抑えの時はほぼ常に全力投球ができ、三振も比較的取りやすい。
代わりがいないのと、三振能力を十分に発揮するために抑えを推したい。(関東10代男性B)

抑えの役割に充実感とやり甲斐を感じていると思う。これだけの成績を残しながらも、来シーズンは抑えとして更に進化しようと企んでいる事も想像できる。リリーフ投手は旬が短いポジションなので将来的に2017年、2018年からは先発でやってほしいとは思いますが、2016年は2015年の経験をもとにした考える力を表現してほしい。(関東40代男性G)

正直、先発の松井裕樹を見たい気持ちはあります。この1年で成長し、1年目とは違った姿を見せてくれると思いますし、抑えで70イニングよりは先発で200イニング投げたほうがチームのためにもなると思います。将来的には絶対先発の柱になってほしいです。ただ、セーブシュチュエーションでの登場時のコボスタの盛り上がり、安心感は捨てがたいです。そして何より、松井が先発になった場合に誰に抑えを任すのか。という事で、代わりの抑え候補が見つからない現時点では、来シーズンは抑えでタイトルを取るか、とんでもない記録を作っていただき、2017年より先発という意見にさせていただきます。(東北40代男性C)

なによりも今季の働きが大きいかなと。リード時に松井が登板したら勝ったな!と迷わずに思えたのはとても頼もしいものがありました。(東北10代男性A)

他に守護神を務めることができる人材がいないという理由で抑えとしました。守護神を務めるなら絶対的な決め球が必要でしょう。先発転向時の新守護神は、武藤、福山、クルーズ辺りでしょうが、どれも相手をねじ伏せる決め球に欠ける印象です。(東北20代男性E)

チーム事情云々の前にピッチングスタイルや性格が抑え向きだと思われるので。目の前の打者一人一人に全力で行くタイプらしいので、先発にしたら二桁勝ててもペース配分が苦手そうだから、完投数は少ないのでは? 抑えで行けば岩瀬クラスになる期待も。(関東40代男性B)

確かに今季は抑えとして活躍しました。しかし松井の投球を見ているとまだはっきりしたボール球が多い気がします。なので先発としての長いイニングを投げる能力としてはまだ疑問符が付きます。(東北20代男性C)

先発という長いイニングでは体力が持たないのではないか。将来的にはいずれ先発に戻すのもありだとは思うが、来季はまだ抑えで。短イニングを気持ちを前面に出し抑えていくのが松井にあっていると思う。(関東20代男性D)



以上、アンケート結果をお送りした。

いずれにせよ、NPB全体を見渡しても、燃える闘志に高いポテンシャル、マウンド支配力を持つサウスポーは、他にほとんど見当たらないのが事実。先発、抑え、どちらでも好成績を残すのは間違いないことだ。

梨田監督も考えに考えた末の抑え続投。松井裕の2016年、その活躍劇を思う存分に楽しみたい。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
犬鷲ファン51人が選んだ、東北楽天ゴールデンイーグルス歴代ベストナイン
ファン110人が参加した楽天イーグルス次期監督候補アンケート結果



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

1291球の無双投球。その続きをまだ見たい。もっと堪能したい。shibakawaが期待する2016年の松井裕樹

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

10/30までアンケート募集中です!!



当ブログでは10/10から「アンケート:先発or抑え。あなたが選ぶ松井裕樹の2016年」を募集しています。

開始から2週間経った現在、60名に迫るファンの皆さんから御応募がありました。そこには皆さんの色々な思いが溢れており、正直、なぜこの世に松井裕樹は1人しかいないのか?2人いれば解決するだろう!!と現実的ではないことを思ったりする始末です(苦笑)。

アンケートに御協力頂いている皆さん、有難うございます。また、まだの方はぜひお気軽に御応募頂ければと思います。10/31まで募集中です。集計結果は下記URLからどうぞ。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2875.html

さて、ここで私の考えを旗幟鮮明にしておきたいと思います。

先発か?抑えか?

私の答えは、後者だ。2016年、来季も松井裕樹に最終9回のマウンドに登って欲しいと考えています。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
オフも面白いブログ作りを続けていきます
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■松井裕樹 年度別 投手成績


客観的視点では松井裕樹の2016年は先発の完全一択だ



もちろん、客観的視点に立てば、背番号1の来シーズンは、梨田監督・与田投手コーチが構想しているように、先発転向だ。

2年ぶりに先発転向しても、問題なく好活躍するポテンシャルは十分に有している。チーム全体で年間1300回を投げる中、その12.3%~15.4%に当たる160~200イニング近くを消化し、防御率は2点台後半。QS率70%以上。打線の援護力次第では15勝前後する潜在能力は持っている。つつがなく好投してくれるはずだ。

松井裕を先発にまわした場合、抑えを誰にするのか?という問題がある。

しかし、これは海外FA権取得も、球団との話し合いの中で残留に心が傾きつつある青山(今季防御率2.81)や、今季登板なしも2年契約で残留濃厚だというミコライオ(昨季防御率2.45)に任せれば良いだろう。ミコライオは連投が効かないので、その場合は青山、福山が務めれば良いと思う。

本当に青山に務まるのか?と言う向きもあるだろうが、なにも「最終9回=1点リードの僅差」ではない。実際は、2点リード、3点リードでの登板も多い。今季、松井裕がセーブシチュエーションで登板した34試合を調べてみると、1点リードは13試合、2点リードは15試合、3点リードは6試合だった。未曾有の得点力に悩まされながらも、実は1点リードの僅差登板は全体の38%に止まり、残りの62%は2点、3点リードのシチュエーションなのだ。



防御率3点台でも抑えはできる



上記表は、防御率3.00投手の失点パターンになる。9回中1回で3失点、残り8回をゼロに抑えても防御率3.00。9回中1回で2失点、1回で1失点し、残り7回を零封しても防御率0.00。9回中3回で各1失点し、残り7回無失点でも防御率3.00なのである。

この3タイプとも、リードの点差と失点パターンが上手く噛み合うことができれば、数少ないブラウンセーブで、そこそこのセーブを稼ぎ出すことができる。

野球談議では先発or抑え、大事なのはどっちなの?という議論に多々なることがあるが、私はそのたびに『マネーボール』の一節を思い出しているのだ。

市場ではクローザーの価値が「セーブ」というデータによって決まる。一般に、セーブポイントが多いほど、すぐれたクローザーとみなされる。しかし、セーブポイントがつく場面と言えば、自軍がリードしている9回にランナーなしで登場、というかたちが多いだろう。投手の真価が本当に問われるのはそんな場面ではない。したがって、セーブポイントというデータは“言葉の力”を持っていない。たんなる数字だ。なんなら、平均よりちょっと上の実力を持つ投手にクローザーをまかせ、セーブポイントをたっぷり稼がせて、高く売り払うことだってできる。株を買ったあと、偽情報で相場を吊り上げて売却し、たんまり利ざやを稼ぐ、というのと実質的には同じ構図だ。ビリー・ビーンはこの手を2回使った。今後まだまだ使い続けられると思っている。


選手総合評価指標WARでも先発>抑え



現在、セイバーメトリクスの世界では、控えレベル選手と比べて何勝分チームに貢献したかを表すWARという選手総合評価指標がよく用いられている。

例えば、このWARの2014年投手ランキングを見てみると、1位の金子千尋(7.4)から21位のスタンリッジ(3.0)まで全員先発投手で占められている。救援・抑え投手の名前がようやく出てくるのはその次の22位。サファテ(3.0)まで待たなければならない。救援・抑えは、どれだけ好投しても、投球回が少ないという絶対的ハンデがあるため、活躍した先発には数字上ではかなわない。

このことからも、客観的に見れば、松井裕の2016年は先発の完全一択だと思うのだ。

濃密な松井裕樹を堪能するなら、魅力が濃縮還元された抑えだ!!



しかしだ。shibakawaも人間だもの。そこには主観が介在する。

こと松井裕に関して言えば、主観100%、私の希望は、クローザー松井裕樹完全無双伝説、その続きの鑑賞である。

ルーキーイヤーの昨年も、松井裕樹は打たれていなかった。被打率は僅かに.220。一般的な投手の平均値から回転数等が大きくハズれる独特のファストボールに加え、甲子園を沸かせたキレ味抜群のスライダー、プロに入って磨きをかけたチェンジアップ。どれもが一級品で、奪三振率は9.78。これは116回以上を投げたパリーグ投手20人中、大谷翔平に次ぐ2位の数字だった。

松井裕が持つ最大の特殊スキルは、打者のバットに球を当てさせない。この一言になる。抑えに抜擢された2年目は、この魅力が濃縮還元され、一気に噴出。そんなシーズンになった。

1試合に同一打者と数打席で駆け引き・読み合いをしながら対戦していく先発の時はスタミナやペース配分もあるため、どうしても腹八分の投球になる。しかし、味方勝利が目前に迫った状況でのクローザーという持ち場では、打者との対決も1打席限りだ。ただでさえ打たれにくい球種を、リミッターを外して手加減することなく投げ込むことができるのだから、観ているファンからすれば、こんなに胸のすくシーンはなかった。


20151026DATA03.jpg

バットを振られても、4分3でインフィールドに飛ばさせず



相手打者のスイング数からみた松井裕樹の投球結果。2014年と2015年を円グラフにまとめてみた。(上記参照。※ここで言う凡打の中にはエラーや犠打、犠飛も含まれる)

空振りは30%から33%へ。ファウルも38%から43%へ上昇した。それに伴い、凡打は22%から18%へ、ヒットは10%から6%へ減少している。

18.44mのバッターにバットを振りに来られても、その4分の3に当たる76%で空振りかファウルになり、打球がインフィールドに飛んでいかないのだ。インフィールドに飛ばしさえしなければ、もしノーアウト満塁のピンチでフルスイングされても、失点する確率はほぼないと言えるのだ。

20151026DATA04.jpg
20151026DATA05.jpg

Batted Ballで診る松井裕樹の2年目進化



上記円グラフは、松井裕樹と対戦した相手打者のBatted Ballデータになる。犠打を除く打球を円グラフにまとめた。外野フライには外野ライナーも含む。

近年NPBでも重視されてきているゴロ率。これが41%から今季はリーグ平均値付近の47%に上昇した。それに伴い、長打リスクを内包する外野フライ率は42%から34%へ大きく減らすことに成功している。

外野フライが減り、ゴロが増えた。この要因はチェンジアップにさらに磨きがかかったことが大きい。一段階、二段階上の球種に成長したことが、松井裕のほぼ完璧といえる2年目の成績を生み出す原動力になった。

フォークを含む落ちる球の投球割合は、1年目の昨年は19.7%と20%に届かなかったところ、今年は26.3%に増えた。また、チェンジアップの空振り率が22.8%から26.5%に上昇し、それに伴い、同ゴロ率も34.3%から58.8%へ大きく増加したことで、ゴロを打たせる投球術を手中に収めた。

1年目からの特徴、内野フライの多さは今年も健在だ。内野フライは打球の中で最もアウトになる確率の高い"安全な打球"になる。セイバーメトリクスの先行研究では内野フライの多寡は、ゴロや外野フライと比べると、年度別の相関関係は低いとされているが、松井裕は1年目も2年目も内野フライが多いのだ。今季は打球の15%が内野フライに、ライナー含む飛球の29.3%を内野フライに討ち取っている。

その大半が安全にアウトになる内野フライの割合はそのままに、フライの割合を減らすことに成功し、ゴロを増やした松井裕。このことで、長打を浴びるケースがめっきり減っている。

昨年は被安打91本中26.4%に当たる24本の長打を浴びていた(二塁打17、三塁打5、本塁打2)。しかし、今年は被安打37本中10.8%に当たる4本のみ。二塁打は1本も許さず、三塁打1、本塁打3という内訳だった。この10.8%という割合は、サファテの18.5%、西野の15.9%、オンドルセクの19.2%、バーネットの21.6%よりも遥かに良い値なのだ。

20151026DATA06.jpg

際立つ得点圏での無双投球



次に、上記表に目を通して頂きたい。松井裕の投手成績を塁状況別にまとめた表だ。空振り率は球数が分母の率と、スイング数が分母の率、2つを併記した。

際立つのは得点圏の各種数字だ。じっくり、ご堪能頂きたい。

スコアリングポジションでは打者のOPSは.328へ変貌する。これはパリーグで適当な例がないから仕方なくセリーグで探してくると、ヤクルトの成瀬善久のOPSよりも低い値である。パリーグで長い間投げ続け、打席に入ることが交流戦の時期以外になかった成瀬はFAで今季からスワローズに移籍し、26打席に立ったが、そのOPSは.375だった。その成瀬の値よりも約.050低いのだ。被打率は僅かに.102だった。

そして、さらに注目したいのは、得点圏での空振り率なのだ。走者無し32.5%、走者1塁31.3%だった数字が、2塁以上にランナーを背負った時には一気に39.1%まで大幅上昇しているのである。

表には記載しなかったが、スコアリングポジションのゴロ率は驚異の51.9%。チェンジアップやフォークの落ちる球の投球割合も40.0%に増え、この落ちる球を駆使し、空振りを多く奪い、数多くのゴロを打たせているのだ。



セーブ機会で走者を得点圏に背負うと2球に1球が空振り



さらに極め付けの数字を御紹介しよう。抑えの最大任務はセーブシチュエーションで登板し、味方のリードを維持したまま、最後のアウトを取ることになる。セーブ状況でピンチを招いても、相手の反撃をしっかり封じることが肝要になる。

そこで、リード3点以内での得点圏成績を調べてみた。25打席、23打数1安打、11三振、2四球、1併殺打、ゴロ率58.3%。スイング数を分母とした時の空振り率は実に47.1%。これには本当に驚き、約2球に1球は空振りなのである。

これらの数字を見ると、先発以下の数々の投手陣の思いと、打撃陣の思いが託された「勝利のバトン」というシチュエーションで、松井裕樹が闘志を燃やし、集中力を高め、ほぼ完璧なピッチングをしていたことが確認できる。

♪お前は俺を忘れないだろう。何世紀経っても覚えているさ♪



もちろん、抑えは防御率3点台でも務まる。長らくこれが私の持論だった。しかし、イーグルスは長い間、球史に残るような一流クローザーが出てこずに悩んだ歴史を持っている。そのことと、松井裕が高卒2年目にして、あまりにもハイレベルな1291球を見せてくれたものだから、もっと見たい!松井裕の魅力が思い切り濃縮還元されたピッチングをまだ見たい!という欲を抑えきれなくなっている。

♪ 伝説っていうのは語り継がれるにつれて
色褪せるものもあれば輝きを増すものもある
でもお前は俺を忘れないだろう
何世紀経っても覚えているさ ♪

9回最終マウンド、コボスタに流れるFall Out Boyの「Centuries」をまだ聴きたい。もっと聴きたい。かつてヤンキースファンが「Enter Sandman」に歓喜したように、その昔パドレスファンが「Hells Bells」で勝利を確信したように、shibakawaも「Centuries」を何十回と耳に焼き付けたい。そんな欲望に駆られた自分がいる。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
日本ハム近藤健介が松井裕樹のストレートをどんだけ超苦手にしているのか?データを公開しますよ
松井裕樹のリリーフ起用についてベースボールチャンネルさんに寄稿しました
【アンケート】 先発or抑え。あなたが選ぶ松井裕樹の2016年



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}