【試合評】 絶品かな!舌鼓を打った犬鷲戦士の攻守にわたるファインプレー ~2017年2月26日○楽天6-4西武

スポンサーリンク





9回表は「盗塁作戦」を絡めての決勝点!





高知・春野での練習試合、ライオンズ2連戦の第2戦。
初戦を13安打10四球9得点で勝利したイーグルスが、2戦目も取っている。

試合結果は6-4。
9安打6四球に3盗塁を絡めて6点を奪取した。
前半戦は点取り合戦になり、4-4で迎えた中盤以降は均衡状態が続いた。
しかし、9回表、イーグルスに勝ち越しの2点が入り、西武を突き放した。

9回表は回またぎした西武新外国人キャンデラディオを、今季テーマの1つ「盗塁作戦」で鮮やかに崩した。

直前の8回表、8カ国でプレーしてきたという謎のドミニカンの癖を、福田の二盗で完全に盗み取っていた楽天。

このときのリサーチが活き、1死後、ストレートの四球で歩いた岡島が続く中川初球ですかさず二盗を敢行。
1死2塁となって、中川の打棒にも火がついた。
高めの甘い球を捉えた一閃が、浅めの守備位置を敷いた西武外野陣の頭上を悠に越え、決勝の右中間三塁打に。

この勢いに上手く乗ったのが、後続の西田だ。
負けじと内角球を中前へ弾き返した当たりは、対外戦4本目のヒットになる。
中川が3塁から生還した。

さらに西田も次打者初球で二盗を決め、阿部進塁打で3塁へ。
2死3塁、松井稼が粘って10球勝負の末、フォアボールをもぎ取った。
この後、さらなる追加点は入らなかったものの、開幕に向けてチーム構想を練る辻監督を大いに悩ます攻撃ができた。


◎note新規読者さん募集中!Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017前半戦〕

価値ある「大志の一撃」2本





チーム9安打中、茂木と中川が2安打を放った。

とくに中川のマルチヒットは嬉しい。
対外戦の初っ端、いきまり満塁弾を一閃した中川は、その後が続いていなかった。
ここまでの30打席で打率.148と低迷。
ゴロ率も64.0%と強打者らしからぬ値。
しかし、本戦では打球を外野へ飛球で弾き返し、2本のヒットを作ることに成功した。

決勝打のスリーベースもおみごとながら、4回2死1塁で國場と対戦しての中安も内容のあるバッティングだった。
早々に1-2と追い込まれた後、ウイニングショットできっと投げてくる変化球に狙いを定め、ひたすら待った。
真っすぐ投球は粘り強くファウルでカット。
来ると信じてきた10球勝負の結果球。
甘く入ってきた変化球を狙いどおりのミート打撃で弾き返した。
中前に弾んだクリーンヒットは、1塁走者を楽々3塁に送り込み、3,1塁のかたちを作る一打になった。

◎決して聖澤ではない。信州の山奥で、ぼくが鷲ファンをやっているその理由


両軍のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・今江(三)、3番・銀次(一)、4番・枡田(指)、5番・島内(中)、6番・聖澤(左)、7番・三好(二)、8番・細川(捕)、9番・岡島(右)、先発・古川(右投)

西武=1番・木村文(中)、2番・斉藤(左)、3番・浅村(二)、4番・中村(三)、5番・森(捕)、6番・メヒア(指)、7番・山川(一)、8番・愛斗(右)、9番・源田(遊)、先発・野上(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

HANREI3.jpg

冴えない西宮を救った細川のリード





投手陣は、先発した古川が誤算。
4回まで毎回走者の出塁を許す苦しい内容で5回4失点。
最速143kmを計測した真っすぐが、全く機能せず。
真っすぐで木村文、メヒアに2本の一発を被弾。
5回森の一ゴのように、凡打の中にも、真っすぐを捉えられた良い当たりが目立ち、ストレートで奪った空振りはわずかに1球だった。

二番手・西宮は1安打1四球ながらも1イニングをゼロ。
本戦は早くも対外戦5試合目の登板で、まずまず。

走者2人を背負って2死3,1塁、木村文との対決がシビれた。
第1打席に初回先頭打者本塁打、第3打席には左犠飛、いずれも古川の真っすぐを捉えていた右打者を相手に、フルカウントの6球勝負。
西宮=真っすぐというイメージが強いなか、マスクを被った細川の巧みなリードに唸らされた。
真っすぐで結果を出し、バラつく西宮の甘い真っすぐに狙いを絞っていた木村文に対し、速球を見せ球に使いながら、変化球をゾーンに要求する配球で、みごと遊ゴに仕留めた。


今年のドラ4は有能です!





一方、素晴らしかったのは、菅原と小山だ。
9回をしっかり締めた小山の出来もさることながら、7回8回の2イニングを零封した、ドラフト4位右腕の好投に、とにかく目を奪われた。



...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
ここから先は下記のnote、まぐまぐメルマガで、お楽しみいただけます!
新規読者さん絶賛募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!

メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」は
《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

球史に名を残す元プロ野球選手の「中村紀洋の野球マガジン」より多い読者さんに好評いただいてます。

球音到来! 開幕まで待ちきれない!
逸る心をテキストに込めて、鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、2月3月もスパークする!
本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月10本近くを配信中。

こんな読者さんにオススメ!

  • 「数字」「データ」を肴に、プロ野球&楽天を、もっと楽しみたいキミ!

  • 「読むのが飽きた」。スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ

  • 自分でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙で実現せず、もどかしい思いのあなた

  • 主観&提灯記事だけではない、定量的な客観や事実もまじえた記事を希望する鷲ファン


読者さんの感想、続々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

「私は元々ブログの方を読ませて頂いておりまして、シーズン中、毎日の楽しみだった試合評をnoteに移行されるということを聞いて、迷わず購読を決めました。大学院の博士課程で研究を行っております。shibakawaさんの膨大なデータから一筋の解を見つけ出すストーリー作成能力や、『真のバント成功率』などの実態をより反映した指標作成能力は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。ご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので、今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 ハム打線の「斬られ役」になった菊池保則、大塚尚仁の赤点ピッチ~2017年2月21日●E8-11F
【試合評】 鷲のデータマンがズバッと斬る!梨田楽天「投打の課題点」~2017年2月23日●E1-3S
【試合評】 森雄大、塩辛コンビの危機感に火をつける5回1失点の好投~2017年2月25日●楽天9-7西武



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 森雄大、塩辛コンビの危機感に火をつける5回1失点の好投~2017年2月25日●楽天9-7西武

スポンサーリンク




キラリ光る森雄大の好投





沖縄本島から高知へ転戦した楽天は、今日明日と春野でライオンズ2連戦。
その初戦、イーグルスが9-7で勝利している。

春うららかな暖かさに包まれ、両軍合計25安打の快音が木霊する打ち合いのなか、キラリ光ったのが、先発・森雄大の好投だ。
まるで今シーズンのブレイクを予告するかのような66球。
素晴らしかった!

ライオンズは、侍ジャパンで秋山翔吾が離脱中だが、主軸に浅村栄斗、中村剛也、メヒアを並べる、ほぼベストオーダーと言える布陣。
一発長打の強打者揃いを向こうにまわし、森は安定した制球で1度もイニング先頭打者の出塁を許すことなく、5回4安打1失点。
塩見貴洋、辛島航と争う1軍左腕先発戦力争いに、一歩前進と言える内容で、首脳陣にアピールした。

両軍のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・岡島(右)、3番・銀次(一)、4番・アマダー(指)、5番・島内(中)、6番・松井稼(左)、7番・中川(三)、8番・西田(二)、9番・伊志嶺(捕)、先発・森(左投)

西武=1番・田代(中)、2番・金子侑(右)、3番・浅村(二)、4番・中村(三)、5番・メヒア(指)、6番・山川(一)、7番・栗山(左)、8番・炭谷(捕)、9番・源田(遊)、先発・本田(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

HANREI3.jpg

燃やし、燃やされ...





打線は今シーズン対外戦最多タイの13安打。
2安打は茂木1人のみだったが、5タコの中川大志や3タコ(1四球)の西田哲朗、2タコ(1四球)福田将儀の3タコトリオを除いた出場選手の多くがヒットを放ち、ライオンズ投手陣を打ち砕いている。

試合展開は5回まで1-1の同点。
3回表に楽天がアマダー先制打、4回裏に西武がメヒア同点打。
外国人の打棒で両軍が1点ずつを取り合った後、終盤6回以降にゲームが大きく動いた。

6回以降、じつに14点が入った。
そのうち13点が、両軍ルーキー投手の登板時だった。

6回表、楽天打線が西武新人、ドラフト5位・平井克典を攻略した。
打者一巡11人を送り込み、5四球3長短打で一挙6得点。
イニング先頭打者の田中和基が四球で1塁に歩き、俊足飛ばして二盗を決めた後、無死2塁から中川、西田が連続アウトに倒れたが、2死2塁から9番・伊志嶺忠以下が、バラつく平井の投球をしっかり選別し、チャンスを作った。

1-1の均衡を破ったのは、茂木栄五郎。
茂木は対外戦の最初5打席で5打数5安打とロケットスタートを切った後、次の8打席ではノーヒットと当たりなしと、極端すぎる対外戦を過ごしていた。
本戦でも3打席目まで凡打が続いていたが、4打席目では外角低めの投球をバットの先でひっかけるようにして中前に弾き飛ばし、2塁から田中の生還を呼び込んでいる。

その後、福田、枡田が連続四球。
2死満塁になり、バッターボックスには今江年晶。
今日もこの人のバットから長打が飛び出した。

1-0からの外角投球を振り抜いた打撃だった。
背走するセンターの頭上を軽々越えて、ウォーニングゾーンに着弾。
塁上の走者を綺麗にお掃除する走者一掃のツーベース!
対外戦8打席目にして早くも長打3本を量産する元気の良さで、ライオンズを大きく突き放す。

その今江をホームに呼び込んだのが、打者一巡してこの回2打席目の田中。
追い込まれたなか、甘く入った投球を逃さずにジャストミート。
痛烈なセンター返しがタイムリーになった。(楽7-1西)

楽天は翌7回にも、西武新人・ドラフト6位の田村伊知郎から2点を挙げている。



...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
ここから先は下記のnote、まぐまぐメルマガで、お楽しみいただけます!
新規読者さん絶賛募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!

メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」は
《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

球史に名を残す元プロ野球選手の「中村紀洋の野球マガジン」より多い読者さんに好評いただいてます。

球音到来! 開幕まで待ちきれない!
逸る心をテキストに込めて、鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、2月3月もスパークする!
本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月10本近くを配信中。

こんな読者さんにオススメ!

  • 「数字」「データ」を肴に、プロ野球&楽天を、もっと楽しみたいキミ!

  • 「読むのが飽きた」。スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ

  • 自分でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙で実現せず、もどかしい思いのあなた

  • 主観&提灯記事だけではない、定量的な客観や事実もまじえた記事を希望する鷲ファン


読者さんの感想、続々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

「私は元々ブログの方を読ませて頂いておりまして、シーズン中、毎日の楽しみだった試合評をnoteに移行されるということを聞いて、迷わず購読を決めました。大学院の博士課程で研究を行っております。shibakawaさんの膨大なデータから一筋の解を見つけ出すストーリー作成能力や、『真のバント成功率』などの実態をより反映した指標作成能力は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。ご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので、今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 打者・足立祐一「2年目の最重要課題点」をみた!~2017年2月18日○E8-2KIA
【試合評】 独擅場とはこのこと。鷲バッテリー、ゲレーロ旋風の前に屈す~2017年2月18日●E1-4D
【試合評】 ハム打線の「斬られ役」になった菊池保則、大塚尚仁の赤点ピッチ~2017年2月21日●E8-11F
【試合評】 鷲のデータマンがズバッと斬る!梨田楽天「投打の課題点」~2017年2月23日●E1-3S



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 鷲のデータマンがズバッと斬る!梨田楽天「投打の課題点」~2017年2月23日●E1-3S

スポンサーリンク




天候回復し、13時からヤクルトと練習試合





今日は浦添も雨。朝からの悪天候で、練習試合の開催がどうなるか?と思われたら、天候回復し、グラウンド整備も無事整い、13時プレイボールになった。

対戦相手のヤクルトは、侍ジャパンの山田哲人と、椎間板ヘルニアで2軍調整中の川端慎吾を欠く布陣だったが、ほぼフルメンバーといってよい陣立て。

楽天は、昨日30歳の誕生日を迎えたペゲーロが調整遅れのため、本戦も出場できず、以下のラインアップで臨んだ。

両軍のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・田中(右)、3番・銀次(一)、4番・アマダー(指)、5番・松井稼(左)、6番・今江(三)、7番・福田(中)、8番・三好(二)、9番・足立(捕)、先発・釜田(右投)

ヤクルト=1番・坂口(中)、2番・大引(遊)、3番・雄平(右)、4番・バレンティン(左)、5番・グリーン(指)、6番・畠山(一)、7番・中村(捕)、8番・谷内(二)、9番・廣岡(三)、先発・オーレンドルフ(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

HANREI3.jpg

ヤクルトの「独特な継投」の前に打線沈黙





試合結果は1-3で楽天の負け。

先手はヤクルト。
先発・釜田佳直が立ち上がりの初回、雄平に先制ソロを許した。
その後は中盤まで両軍無得点が続いたが、5回に西宮悠介が3本の単打を集められ、スワローズのスコアボードに2点目が入った。(楽0-2ヤ)

9回は両軍の「大志」が得点を挙げた。
楽天は2点を追う9回表、田中和基、枡田慎太郎の連打に、岡島豪郎が0-2から奪った四球でノーアウト満塁の絶好機。
島内倒れて1死後、中川大志の初球打ちが中犠飛になり1点を返した。(楽1-2ヤ)

練習試合の特別ルールで実施された9回裏は、2死2塁から廣岡大志が左前へ。
レフト島内のバックホームと、2塁走者・西田明央の競争になったが、間一髪クロスプレーの末、ホーム生還を許している。(楽1-3ソ)

楽天は今季対外戦でワースト4安打。
先発オーレンドルフを筆頭に、外国人投手がぞろぞろお出まし、さらには和製サブマリンという、この時期ならではの「独特な継投」の前に、打線が沈黙した。
アマダー、今江年晶、田中、枡田の各1本にとどまった。

これで対外戦成績は4勝2敗、NPB球団との対戦成績は1勝2敗になっている。


開幕までにメドをつけたい投手陣の課題





対外戦6試合を終えた楽天投手陣の防御率は3.48。
この3.48を先発・救援別に分けると、先発5.21、救援3.36。

先発が悪いのは、昨年まで1軍戦力に届かなかった森雄大、宋家豪らに機会を与えているためであり、数字のインパクトほど悲観する必要は全くない。

一方、昨年セパ12球団ワーストの防御率4.53を記録したリリーフ陣は、ここまで頑張りを見せている。
巨人からトレード移籍してきた小山雄輝、本戦でも2回をゼロに抑えた新人・高梨雄平など、「使えそうな新戦力」も登場。
弱点解決の道が見えてきたと言えるのだ。

しかし、こと、この課題に限って言えば、解決の道はまだまだ先になりそうな雰囲気である。

その課題点とは?




...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
ここから先は下記のnote、まぐまぐメルマガで、お楽しみいただけます!
新規読者さん絶賛募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!

メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」は
《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

球史に名を残す元プロ野球選手の「中村紀洋の野球マガジン」より多い読者さんに好評いただいてます。

球音到来! 開幕まで待ちきれない!
逸る心をテキストに込めて、鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、2月3月もスパークする!
本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月10本近くを配信中。

こんな読者さんにオススメ!

  • 「数字」「データ」を肴に、プロ野球&楽天を、もっと楽しみたいキミ!

  • 「読むのが飽きた」。スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ

  • 自分でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙で実現せず、もどかしい思いのあなた

  • 主観&提灯記事だけではない、定量的な客観や事実もまじえた記事を希望する鷲ファン


読者さんの感想、続々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

「私は元々ブログの方を読ませて頂いておりまして、シーズン中、毎日の楽しみだった試合評をnoteに移行されるということを聞いて、迷わず購読を決めました。大学院の博士課程で研究を行っております。shibakawaさんの膨大なデータから一筋の解を見つけ出すストーリー作成能力や、『真のバント成功率』などの実態をより反映した指標作成能力は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。ご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので、今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 打者・足立祐一「2年目の最重要課題点」をみた!~2017年2月18日○E8-2KIA
【試合評】 独擅場とはこのこと。鷲バッテリー、ゲレーロ旋風の前に屈す~2017年2月18日●E1-4D
【試合評】 ハム打線の「斬られ役」になった菊池保則、大塚尚仁の赤点ピッチ~2017年2月21日●E8-11F



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 ハム打線の「斬られ役」になった菊池保則、大塚尚仁の赤点ピッチ~2017年2月21日●E8-11F

スポンサーリンク




両軍27安打6ホーマーの乱打戦に





楽天は名護で13時からファイターズと練習試合。
日曜日の中日戦に続き、今季2試合目に当たるNPB球団との実戦になった。

試合結果は8-11で楽天の負け。
激しい点の取り合い、打ち合いの応酬になった。
両軍合計17イニング中、1人の走者も出さずに終わったのが、松井裕樹、森原康平が投げた7回裏、8回裏の2イニングのみ。

イヌワシ打線は茂木栄五郎の初回先頭打者安打を皮切りに、今季最多タイの13安打を記録した。
2安打は聖澤だけだったが、茂木、今江、島内、三好、足立、銀次、アマダー、福田、田中、阿部、中川と多くの打者が各1本を放った。
日本ハムも、杉谷拳士の3安打など14安打で、両軍合計27安打だった。

ホームランも、楽天は今江年晶の右越えソロ、アマダーの左越え2ラン、阿部俊人の右越え2ランが飛び出し、日本ハム側も西川遥輝が2打席連続ソロ、レアードが3ランと両軍6本の一発が飛び交う乱打戦になった。

両軍のスタメン

昨日、2軍から細川亨、阿部俊人が1軍合流。
入れ替わりに下妻貴寛、島井寛仁、村林一輝の3人が2軍行きになった。

楽天=1番・茂木(遊)、2番・岡島(右)、3番・銀次(一)、4番・ウィーラー(指)、5番・今江(三)、6番・島内(中)、7番・聖澤(左)、8番・三好(二)、9番・足立(捕)、先発・辛島(左投)

日本ハム=1番・西川(左)、2番・杉谷(二)、3番・岡(右)、4番・中田(一)、5番・レアード(指)、6番・横尾(三)、7番・大野(捕)、8番・石井(遊)、9番・松本(中)、先発・吉田(右投)


HANREI3.jpg

ハンカチも天然も燃えに燃え...





イヌワシ打線は、開幕ローテ入りを目指していた斎藤佑樹を完全攻略した。4回5回の2イニングに登板してきたハンカチ王子に対し、死球、遊ゴ失など相手ミスを起点にしながら、ノーアウト満塁のチャンスを作る。
島内、三好、足立にタイムリーが飛び出し、アマダーが甘い半速球を一閃しての一時逆転になった2ランなど、合計7安打で5点を取った。

一方、楽天も大塚尚仁が派手に炎上した。
アマダーの2ランで6-5と逆転に成功、1点リードに変わった直後の5回から登板し、6回までの2イニングを投げたが、7安打3四球。
大きく崩れ、合計6失点と再逆転を許すかたちになった。(楽6-11日)
終盤、阿部が右越え2ランで反撃したが、点差重く8-11の敗戦になった。

これで対外戦成績は5試合3勝2敗となっている。


明暗わけた走塁





なんとも締まらない試合展開になったが、その中でも、好走塁があった。

たとえば、1回だ。




...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
ここから先は下記のnote、まぐまぐメルマガで、お楽しみいただけます!
新規読者さん絶賛募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!

メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」は
《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

球史に名を残す元プロ野球選手の「中村紀洋の野球マガジン」より多い読者さんに好評いただいてます。

球音到来! 開幕まで待ちきれない!
逸る心をテキストに込めて、鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、2月3月もスパークする!
本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月10本近くを配信中。

こんな読者さんにオススメ!

  • 「数字」「データ」を肴に、プロ野球&楽天を、もっと楽しみたいキミ!

  • 「読むのが飽きた」。スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ

  • 自分でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙で実現せず、もどかしい思いのあなた

  • 主観&提灯記事だけではない、定量的な客観や事実もまじえた記事を希望する鷲ファン


読者さんの感想、続々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

「私は元々ブログの方を読ませて頂いておりまして、シーズン中、毎日の楽しみだった試合評をnoteに移行されるということを聞いて、迷わず購読を決めました。大学院の博士課程で研究を行っております。shibakawaさんの膨大なデータから一筋の解を見つけ出すストーリー作成能力や、『真のバント成功率』などの実態をより反映した指標作成能力は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。ご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので、今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 鷲の先発三本柱へ安楽好発進。打線は収穫と課題と... ~2017年2月16日○E2-0ハンファ
【試合評】 打者・足立祐一「2年目の最重要課題点」をみた!~2017年2月18日○E8-2KIA
【試合評】 独擅場とはこのこと。鷲バッテリー、ゲレーロ旋風の前に屈す~2017年2月18日●E1-4D



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 打者・足立祐一「2年目の最重要課題点」をみた!~2017年2月18日○E8-2KIA

スポンサーリンク




韓国プロ野球チーム相手に3連勝





沖縄二次キャンプの本拠地・金武ベースボールスタジアム最後の練習試合。
楽天は韓国プロ野球で昨年5位だった起亜タイガースと戦い、8-2で勝利した。

初回に両軍1点ずつを取り合った試合は、中盤4回以降、楽天が圧倒した。

1-1の同点で迎えた4回、イーグルスは三好匠の中犠飛で勝ち越しに成功する。
翌5回は2死無走者からチャンスを作り、地元・沖縄出身の島井がタイムリー。
6回には4番・ウィーラーが今季チーム第2号となる満塁ホームランを叩き入れると、8回には相手ミスも絡めて福田将儀の左邪飛でダメ押しの8点目を取った。
チームは今季対外戦最多となる13安打。
茂木栄五郎、枡田慎太郎、島井寛仁、ウィーラー、三好がマルチ安打を決めた。

投手陣は3回1失点だった先発・則本昂大以下、6人が登板。
ドラフト4位の新人・菅原秀が1イニング三者凡退のワンツースリー。
右打者を投ゴ、遊ゴに退けると、左打者に身じろぎを許さない見三振の実戦デビュー劇になった。
投手陣全体では、7安打8奪三振、無四死球、2点に抑える好投をみせた。


◇ note読者さん募集開始!「Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017前半戦〕」

楽天のスタメン

1番・茂木(遊)、2番・田中(右)、3番・枡田(一)、4番・アマダー(指)、5番・島内(中)、6番・聖澤(左)、7番・中川(三)、8番・三好(二)、9番・足立(捕)、先発・則本(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

HANREI3.jpg

茂木、絶好調!





今日も1番・茂木が初回先頭打者安打を決めた。
対外戦では初のサウスポーとの対決を、2-1から制した打撃は、逆方向への快飛球に変身。
伸びた飛球は、そのままレフトの頭上を越えていく悠々三塁打になった。
1回表に先発・則本が失点し、1点を追いかけるなかで幕開けした最初の攻撃で、核弾頭の役割をみごとにこなし、その後の3番・枡田のタイムリーを手繰り寄せている。

右投手との対決になった2打席目もよし。
1-2と追い込まれてからのインコース厳しい球だった。
バットをしっかり振り抜くことで、詰まりながらも右前へ運ぶフライ安打。

これで対外戦4打席4打数4安打(中越二、右安、左越三、右安)。
球がしっかり見えているのだろう、ここまで空振りゼロなのだ。

◇ note読者さん募集開始!「Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017前半戦〕」

■打撃成績
丸囲み数字は得点
20170218DATA01.jpg

存在感を誇示したウィーラーの満塁弾





アマダーやペゲーロの調整がまだまだの中、外国人の中で唯一気を吐く状態に仕上げてきたのが、来日3年目のウィーラーだ。

すでに下記ブログ記事でご紹介したとおりだが、


◎今年も鷲の4番でイクワヨ! 来日3年目の打棒を大覚醒にみちびく最強起用法 《梨田楽天2017年スタメン予想》(2017.1.27)


昨年NPBでプレーした外国人打者のなかでNo.1選球眼の持ち主なのだが、その選球眼がさらに研ぎ澄まされるのが、得点圏なのだ。
ランナーをスコアリングポジションに置くと、非得点圏と比べてOPSは約2割上昇して.971に。
打率も.243から.323にアップし、三振率は減り、四球率は逆に増えるのだ。
今日のグランドスラムは、まさにそれを体現したかのような一撃だった。
2-2と追い込まれていたが、甘く入った失投を逃さず、打った瞬間の弾道で左翼席に運んでいる。

ホームランの前の打席、代打で出場した4回には、2死走者なしからの得点劇を演出した。
まず、三遊間を破るゴロ安打で出塁。
続く島内の打席時に積極的にスチールを仕掛けて二盗を成功させた。
これに相手バッテリーは動揺したのか、直後の投球がワイルドピッチ、ウィーラーは楽々三塁へ。
島内四球で1塁に歩いた2死3,1塁後、島井の初球センター前タイムリーでホームに帰ってきた。


◇ note読者さん募集開始!「Shibakawaの楽天イーグルス観戦記〔2017前半戦〕」

足立祐一、リカバリーの進塁打





昨年、ルーキーイヤーながらも5月21日ファイターズ戦にプロ初出場・初スタメンでマスクを被って以来、怪我して戦線離脱中だった正捕手・嶋基宏の代役を務め上げた足立祐一。
2年目の今年、63試合で先発マスクを被った昨年以上の出場機会を確保するには、「打」でも成長が見られないと厳しいだろう。

そのなか、1-1同点の2回無死1塁でまわった第1打席では初球打ち6-4-3の併殺打に倒れていた。
これには、解説席に座ったジュニアコーチの永井怜氏も、思わずダメ出し。
足立自身が、この打席のマズさを痛く反省したのだろう。
3-2の6回無死2塁でまわってきた第3打席では、2塁走者を3塁に送り込む進塁打の一ゴを放ってみせた。

右投手とのフルカウント勝負だった。
三好が二盗で2塁に進んだこともあり、ゲッツーのリスクを恐れる必要がない状況に。
追い込まれてから打った2本の粘りファウルは、いずれも右方向を意識したもの。
8球目を捉えた当たりも、1,2塁間を破ろうかというヒットコースのゴロ打球。
相手一塁手の好守に阻止されたが、みごとなバッティングだった。

打者・足立としての最重要課題は、まさにここなのだ。


■足立祐一 2016年 無死1死1塁 打撃成績



昨年、足立は(2死を除く)走者1塁、2塁、2,1塁で、自身がアウトに倒れても走者を次塁に送り込む進塁打(※)を1本も打つことができなかったのだ。
繰り返すが、1本も、である。(※・・・犠打は除く)

たとえば、走者1塁の打撃成績は、上記表のとおりだった。

ヒットやバント作戦を除く12打席で1本も進塁打を記録できず、自己犠牲での貢献がなかった。
こういうところを改善していければ、正捕手・嶋との差はさらに縮まるはず。

開幕までの対外戦で、足立がどのような打撃をみせるのか、注目していきたい。


■投手成績
20170218DATA02.jpg

則本昂大、WBC使用球でまだ1度も四死球なし





則本と松井裕樹が来週23日から始まるWBC侍ジャパン合宿前の最後の実戦調整を終えている。

則本は3回2安打1失点だった。
立ち上がりに失った1点は、相手の1番の左打者・バーナディーナ(MLB通算548試合1480打席、打率.236、28本塁打、59盗塁)の俊足にしてやられたもの。
打ち取った遊ゴが内野安打になり、二盗を決められ、4番打者の中安で生還を許した。
しかし、2回、3回はほぼ完璧にみえた。
細かいところの調整は今後も必要なのかもしれないが、奪三振4個中2個あった見三振は、いずれも打者が全く手が出せなかったもの。
ボール先行2-0にする場面も2度あったが、打者の打ち気を逆手に取り、低めの誘い球で2度とも空振りを取るなど、足立のリードも良かった。


■WBC使用球と同じ米ローリングス社製の球を投げたときの則本の投手成績
20170218DATA03.jpg


これで、則本はWBC使用球と同じ米ローリングス社製の球で、ちょうど実戦10イニングを経験したことになる。
各々、階層・状況が異なるものの、それでも、与四死球がゼロは素晴らしいこと。

どんな試合でもそうだが、首脳陣やぼくらファンが見るとき、投手の与四死球だけはご勘弁こうむりたいシロモノである。
だって、計算ができなくなるし、予期せぬ綻びのきっかけにもなるからだ。

その意味では、ローリングス社製の球を操り、投球回を上まわる奪三振を取り、ヒットを3本に抑え、与四死球ゼロは、すばらしいと思う。

それにしても、各種報道をつきあわせると、侍ジャパン・小久保監督は、則本の第1ラウンド先発を凍結、リリーフにまわすことを決めたようである。
この起用、はたして吉と出るか?凶と出るか?

リリーフで使う場合は、小久保監督、権藤コーチにには、下記ブログで指摘した「使用上の注意」を必ず音読して絶対厳守でお願いしたいものである。【終】


◎侍ジャパン・小久保監督が絶対厳守すべき「鷲のエース」を最大限に活かすための「使用上の注意」(2017.2.12)





20170130久米島キャンプ
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界


球音到来! 開幕まで待ちきれない!
逸る心をテキストに込めて、鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、2月3月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記URLにまとめましたので、ぜひ。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
茂木&中川の反撃一閃。新人田中2安打2盗塁。楽天、今季初の対外試合で勝利~2017年2月14日○E8-4ハンファ
明暗分かれた崖っぷち組。今キャンプ初のシート打撃を見た! 《2017久米島キャンプ第2クール2日目》
【試合評】 鷲の先発三本柱へ安楽好発進。打線は収穫と課題と... ~2017年2月16日○E2-0ハンファ



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}