お知らせ

スポンサーリンク







---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!! 登録初月は購読料は無料!!
---------------------------------------------------------------
昨年8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始・祝祭日除く)、月額514円(1通当たり約129円)。読者登録初月は購読料無料のサービスをおこなっています。購入方法(まぐまぐと直接販売)など詳しいご案内はやバックナンバー一覧/詳細はコチラでどうぞ。
まぐまぐの読者登録はhttp://www.mag2.com/m/0001609734.htmlから。
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。

◎5/26Vol.038 : 楽天主要投手の打者2球目0-2経由投手成績
◎6/2Vol.039 : 連覇へ向けた昨オフ補強、ここで改めて振り返る
◎6/9Vol.040 : 松井裕樹の2軍成績を振り返る
◎6/16Vol.041 : 球団通算800号本塁打を放った打者は?
◎6/17Vol.042 : ゾーン空振り率で診る楽天主要打者の得意・不得意ゾーン
◎6/23Vol.043 : 足を使った攻撃は何も盗塁だけではない。一号丸ごと走塁特集
◎6/30Vol.044 : 枡田、島内、永井、戸村。気になる選手の2軍成績をチェック
◎7/7Vol.045 : セイバー採用で走らなくなった楽天が失った最大メリット
◎7/21Vol.047 : オリ本屋敷コーチが警鐘。救援陣の負担大ナイトデー連投。パリーグの実態を緊急調査
◎7/28Vol.048 : 美馬学はスライダーピッチャー?!


---------------------------------------------------------------
facebookページでブログ更新情報をお届けします
---------------------------------------------------------------
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。
LINEもやっています。IDはeagleshibakawaです。「最近使うSNSはもっぱらLINEなんだよね」という方にお薦め。


◎2014年パリーグ順位予想:1位ソフトバンク、2位楽天、3位西武...6位オリックス
◎ファン44人が選んだ2014年活躍を期待したい野手Top3
◎ファン44人が選ぶ2014年活躍を期待したい投手Top3
【練習試合~オープン戦試合評】
2/23○E7-4S2/23●E2-3xG2/25○E7-3L2/28●E1-13M3/1●E2-4H3/2○E4-1H3/4○E2-1M3/5○E5-2M3/7○E3-2L3/8○E1-0D3/9○E4x-3D3/12○E8-5Bs3/13○E3-0Bs3/15○E12-6S3/16△E2-2S3/18E0-3M〔ノーゲーム〕3/19●E2-4DeNA3/21△E5-5D3/22○E3-0D3/23○E5-4D
【ペナントレース】
3/28○E2-1L3/29○E5-2L3/30○E7-1L4/1●E2-4Bs4/2●E2-7Bs4/3●E1-3Bs4/4○E6-3H4/5●E4-8H4/6○E3-2H4/8○E11-7F4/9●E2-5F4/10●E3-5F4/11●E3-44/12○E17-10〔1試合24安打の球団新記録〕4/13○E3-0M4/15●E1-4H4/16●E1-3H4/18○E11-0F〔則本プロ初完封勝利〕4/19○E9-5F4/20●E2-4F4/22○E2x-L〔今季初サヨナラ勝利〕4/23●E5-7L4/24○E6-1L〔森雄大プロ初勝利〕4/25●E0-11Bs4/26●E4-10Bs4/27●E1-4Bs4/29●E0-3M4/30●E2-3M〔出塁率5割打者にバントさせて敗戦〕5/1○E8-4M5/2●E2-5H5/3○E6-5〔AJ3戦5発〕5/4●E0-1H5/5○E5-0L5/6●E1-4L5/9○E5-2M5/10●E1-4M5/11○E12-2M〔今季初の1試合3本塁打〕5/13●E1-2Bs〔川井好投もファルケンボーグ炎上〕5/14●E4-8Bs5/15E4-3Bs〔雨天ノーゲーム〕5/17●E0-7L〔岸完封。今季最多の借金6へ〕5/18●E2-12L〔塩見自己ワースト8失点〕

5/20●E2-3DeNA〔交流戦開幕〕5/22○E4-0DeNA〔則本完封勝利〕5/23●E1-5D5/24●E0-2D5/25○E3-2S〔ブラックリー来日初勝利〕5/26●E1-4S〔星野監督腰痛休場〕5/28○E4-0G〔則本完封勝利〕
5/29●E0-6G5/31○E3x-0C〔今季2度目サヨナラ勝利〕6/1●E1-4C6/3○E4x-3T〔牧田明久誕生日サヨナラ打〕6/4●E1-9T6/6●E1-5D〔2011年以来の借金10〕6/7●E3-6D〔借金11へ〕、6/8●E1-5D〔今季初の試合評休載〕、6/9○E10-0De〔則本4度目完封勝利〕6/11●E0-1S〔球団史上初のスミイチ敗戦〕
6/13○E8-2S6/14●E1-3G〔3年ぶり単独最下位転落〕、6/15●E2-3G〔則本完封目前逆転負け・・・〕、6/18●E1-6C6/19●E2-6C6/21○E4-0T〔則本交流戦4完封新記録〕6/22○E5-1T〔2ヵ月ぶり連勝〕

6/27○E7-2M〔開幕カード以来の3連勝〕6/28●E1-2F、6/29○E3-2F〔多忙で試合評書けず・・・〕、7/1●E5-8Bs7/2○E2-0Bs〔松井裕樹プロ初勝利/大久保監督代行初采配〕7/3●E4-7Bs〔自力優勝消滅〕7/4●E2-3xH7/5○E7-5H〔今季最短KO則本を救う9回サファテ攻略劇〕7/6●E1-5H7/8○E12-5F7/9●E1-2F〔大谷翔平113球16奪三振完投勝利〕7/10●E6-7F〔借金は今季最多タイ15へ。3位とのゲーム差9.0へ〕7/11○E8-7M〔球団通算8度目ルーズヴェルトゲーム〕、7/12●E5-7M、7/13○E7-4M7/14○E2-1Bs7/15○E7-1Bs7/16●E1-8Bs

7/21○E9-8L7/22●E0-2L〔ラッツ骨折離脱〕7/23●E1-2xL〔松井裕樹先発初勝利ならず〕7/25●E1-8F〔闘将復帰戦〕7/26○E3x-2F7/27●E3-77/29●E4-10H〔今季最多借金16へ〕


楽天イーグルスの久米島キャンプいよいよ始まりました。今年もニコニコ動画で中継があります。その中継を垣間見た感想メモを日々残していけたらと思います。
【初日】2/1(土)球春日和に恵まれた初日、日本人投手16人全員がブルペン入り
【2日目】2/2(日)森&大塚の声出しで始まった2日目、銀次サードでノックを受ける
【3日目】2/3(月)雨のち晴天なり。野手陣初のブルペン入り&しばし見入った投内連携
【4日目】2/4(火)熊崎コミッショナー視察。強風の4日目。銀次、西田らブルペン入り
【5日目】2/5(水) 爆笑の早朝声出し。初のバントシフト練習で嶋、辛島の好プレー
草野大輔インタビュー。“天才”が見る内田靖人現在地。理想のコーチ像とは
【6日目】雨模様の第1クール最終日、シート打撃始まる。小関3日連続の早出特打ほか
【8日目】 ユーク合流の第2クール初日、フリー打撃に初登板の森、AJの内角を突く
【9日目】初の紅白戦。枡田、西田が魅せた豪快弾の共演。3奪三振の大塚尚仁
【10日目】今キャンプ初の本格的な雨模様。練習はホタルドームへ
【11日目】紅白戦2試合目。枡田の新人撃ち先制弾。“らしさ”が出た後藤の3打席
【12日目】予定されていた紅白戦は中止に。ファンミルのブルペン投球を目撃した
【最終日】 最終日の紅白戦。パパ小斉祐輔、復活目指す永井怜打ちの満塁場外弾



blogtopcolum2014.jpg
◎2013試合評はコチラをクリック。
◎日本シリーズ前評/試合評/後評の一覧はコチラをクリック。
その他、2013年の主な記事INDEXはコチラをクリック(嶋基宏vs岡島豪郎。記録で診る両者の違い、久米島キャンプ雑記、犬鷲戦士達のWBC戦記録ほか)

◎相手を窮地に追い詰めていくイーグルスお得意の攻撃パターンとは
◎あのお騒がせ外国人の今を調べてみた。元楽天トッド・リンデン編
松井稼頭央の守備力衰えを証明するリーグワースト3.52。その数字の意味
お茶濁しにしか映らないジョン・ボウカー緊急獲得劇
◎【2014年プロ野球選手名鑑購入ガイド(1)】 BBM、BTなど携帯サイズ5冊を比較
◎【2014年プロ野球選手名鑑購入ガイド(2)】Slugger特別編集等大判6冊比較
◎ファン21人が考える楽天イーグルス開幕スタメン&開幕投手予想
◎2013年パリーグ。球団別の許した犠打企図数、犠打阻止率
◎沿岸魂の銀次。夢を追いかける原石へ送る言葉とは。BS日テレ「アスリートの輝石」
◎【まとめ】各種報道からみる楽天ドラ1、松井裕樹2014年動静一覧
◎連覇を目指す東北楽天:闘将が考える2013年開幕スタメン構想〔打順編〕
◎連覇を掲げる楽天:星野監督が考える2013年開幕スタメン構想〔守備位置編〕
◎データで確認する嶋基宏のリーグ屈指を誇るプレート周り守備力
◎楽天イーグルス2014年達成されそうな主な記録
◎【まとめ】銀次の長男・虎次郎など。犬鷲戦士ジュニア誕生日一覧
◎ファン34人が考える“四球のギリシャ神”ユーキリス成績予想
◎驚き!! 現役No.1外野手・糸井嘉男誕生に立ち会った楽天選手は?!
◎【まとめ】犬鷲戦士、新春始動。主な選手の自主トレ動静一覧
◎田中将大ら年始の挨拶続々。Twitterで見る楽天イーグルス選手あけおめ一覧
◎素晴らしかったファルケンボーグはもういない。来年36歳アラフォー投手の現在地
◎楽天のサブちゃん、福山博之。2014年活躍できないその理由とは?!
◎楽天聖澤オリ金子。「信州人プロ野球選手トークショー2013」詳細
◎犬鷲ファン51人が選んだ楽天イーグルス歴代ベストナイン
◎則本昂大は2年目のジンクスを打破できるか?!
◎釜田佳直を右肘手術に追い込んだ大久保2軍監督&酒井2軍チーフ投手コーチの責任
◎2年連続で打者にライトゴロを打たせた楽天投手は誰?!
◎大幅減の楽天鉄平。3割復活にかすかな希望を与えるデータとは?!
◎2013年パリーグ投手別の併殺打記録を公開。最も多くゲッツーを打たせた投手は?!
◎打順別OPSをリーグ平均と比較する、楽天イーグルス日本一の攻撃力
◎日本一の楽天。その攻撃力をポジション別OPSで振り返る


◎“催眠術師” 岩隈久志のメジャー3年目。2014年成績を予測する
◎マジかよ・・・岩隈久志がシアトルマリナーズに潰されるかもしれない危険性
◎マリナーズ岩隈久志の右手中指腱負傷。私が朗報と考えているその理由
◎青木宣親が明かす岩隈フォーク高速化。NPB最終年MLB1年目の平均球速を確認

レギュラーシーズン
5/3HOU7回途中4失点〔今季初勝利〕5/8KC8回無失点〔2勝目〕5/13TB8回無失点〔16イニング連続無失点〕5/20TEX8回2失点〔3戦連続8回100球以内/3勝目〕5/25HOU7回4失点〔今季初黒星〕5/30DET6回5失点〔2敗目〕6/4ATL7回無失点〔4勝目〕6/10NYY8回途中3失点〔3敗目〕6/20KC6回途中5失点〔5点リード追いつかれる〕6/25BOS5回途中5失点〔4敗目〕7/1HOU6回1失点〔6勝目〕7/7MIN7回無失点〔7勝目〕7/12OAK9回途中2失点〔8勝目〕7/18LAA7回2失点7/24BAL7回4失点〔5敗目〕


⇒2012年試合評INDEXこちらにまとめました。
⇒2013年試合評INDEXはこちらにまとめました



◎【予想】で、結局何勝する?! 田中将大、メジャー1年目の2014年成績予測
◎田中マー君の経済効果を他の有名どころと比べてみた
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その2。マー君を得意にした打者10傑
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その1。マー君がカモにした打者10人
◎田中将大、日米のファンを魅了した上々の“メジャーデビュー”32球
◎初被本塁打もゴロアウト量産の本領発揮。3回1失点41球の詳細
◎ブレーブス戦に登板5回途中1失点。ピンチで驚異の空振り率
◎楽天日本一の投打の立役者、田中vsマギー夢の対決が実現!!
レギュラーシーズン
4/4TOR7回3失点〔初勝利〕4/9BAL7回3失点〔勝敗つかず〕4/16CHC8回無失点〔2勝目〕4/22BOS8回途中2失点〔3勝目〕4/27LAA7回途中2失点5/3TB7回3失点〔4勝目〕5/9MIL7回途中2失点〔5勝目〕5/14NYM9回114球メジャー初完封勝利〔6勝目〕5/20CHC6回4失点〔連勝記録ストップ。メジャー初黒星〕6/5OAK6回1失点〔粘りに遭うも9勝目〕6/17TOR6回1失点〔11勝目/日米通算110勝〕6/22BAL7回3失点〔2敗目〕6/28BOS9回2失点〔3敗目〕7/3MIN7回4失点〔12勝目/デビュー以来QS記録止まる〕7/8CLE7回途中5失点〔4敗目〕
FC2 Management

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】デーブ負の遺産で投壊。投手陣カンカン打たれ今季ワースト19被安打~2014年7月29日(火) ●楽天イーグルス4-10ソフトバンク

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆7/28配信最新号の主な内容は「 美馬学はスライダーピッチャー?」です。




デーブ負の遺産に苦しむ復帰後の星野監督



楽天は今季最多被安打を更新する19本。チケット完売になった郡山のファンの前でカンカン打たれて10失点。終わってみれば4-10の大敗を喫している。

試合前、ネット上には「星野楽天を苦しめる“デーブ負の遺産”」という記事が掲載されていた。発信源は眉つばモノが多い東スポの記事だが、言わんとしているところはまさにそのとおりの内容だった。

デーブ采配を評価する声で良く聞かれるのは、大久保代行が指揮を取って打線が活発になったという意見。確かにそのとおりなのだが、正確に言えばこれは正しくない。佐藤代行指揮の交流戦終盤、銀次、ラッツの合流で3番5番に穴がなくなった打線。大久保前夜には既に上向く兆しを見せ始めていたのだ。そこへ大久保代行が大胆な組み替え等で火を付けたというのが、より正しい表現になる。

一方、大久保代行下で投壊したという意見。これも厳密ではない。開幕来の疲労は交流戦の飛び石日程や則本の頑張りすぎで顕在化しなかっただけで、投手陣には確実に疲れが蓄積されていたのだ。その疲労を加速化させ、投手陣の鮮度を奪い、結果的には投壊に追い込んだのが、前半戦9連戦の中4日5日強行ローテだったと言える。

今、冷静に振り返ってみるに、ドタバタあったとはいえ、あの時点での大久保代行就任は他に選択肢がなかったのも事実だと思っている。投手コーチ兼任の佐藤代行には荷が重すぎたし、試合後の佐藤代行の穏やかな語り口からは、低迷したチームを一気に立てなおす強いバイタリティは見てとれず、どこか他人事のように感じられてしまったのだ。

その意味で大久保代行就任に理解を示している私だが、それにしても、大久保代行はデストロイヤーだった。あまりにも短兵急にチームをいじりすぎ、ひっかきまわしすぎた。チームがまとまったようにみえ、上手くいったように見える部分もあったのは、非常事態ゆえに一時的にケミストリーが生まれたように見えたという「錯覚の側面」もある。

大久保代行から引き継いだ復帰後の星野楽天は今、苦しんでいる。ラッツ骨折で得点力がパワーダウンした打線と、大久保代行下で疲労度が倍増され疲弊しきっている投手陣。これで後半戦7試合のうち、投手陣が二桁被安打を許したのは5試合を記録。一方、打線の二桁安打は2試合止まりになっている。

本戦では前半戦ブルペンを支えた西宮、福山がそれぞれ打たれしまった。6月~7月中旬まで好調だった長谷部もここへきて登板回数が増えたことによる影響も大なのだろう、柳田に特大ソロを打たれるなど3イニング投げて3失点。打線は4回以降散発2安打のみ。先発・スタンリッジに立ち直りを許すと、8回からは森福、柳瀬、金の細かい継投リレーに抑えられてしまっている。

3位とのゲーム差8.5へ



試合終了後、3位・日本ハムが延長戦の末ロッテを降し、これで3位・日本ハムとのゲーム差は8.5へ。楽天が勝率5割に戻すには、残り54試合を30勝14敗の勝率.682、ほぼ7割のペースで勝ち抜かなければならなくなり、Aクラス入りも完全に閉ざされてしまった感を抱く。

これでチーム成績は90試合37勝53敗の6位ぶっちぎり。借金は今季最多を更新する16に広がり、ゲーム差は1位・ソフトバンクと17.5、2位・オリックスと16.0、3位・日本ハムと8.5、4位・ロッテと3.5、5位・西武と3.0としている。

各種戦績は、直近10試合4勝6敗、後半戦2勝5敗、闘将復帰1勝3敗、ソフトバンク戦4勝8敗、地方球場1勝3敗、カードの初戦17勝19敗、先制したゲーム30勝18敗。

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・中村(左)、2番・今宮(遊)、3番・内川(指)、4番・李大浩(一)、5番・柳田(中)、6番・長谷川(右)、7番・本多(二)、8番・細川(捕)、9番・明石(三)、先発・スタンリッジ(右投)

楽天=1番・松井稼(三)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(一)、6番・ボウカー(左)、7番・嶋(捕)、8番・西田(遊)、9番・聖澤(中)、先発・青山(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞ投票よろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140729DATA02.jpg
HANREI3.jpg

ホークス相手に打ち合いになった時点で形成不利ですね



序盤はチーム打率2割9分に迫るホークス相手に、イーグルスも点取り合戦。互角に打ち合っていた。

先手はイーグルス。1回裏、2番・藤田が安打出塁。岡島進塁打で二進すると、4番・AJが失投スライダーを左前に弾き返し、藤田ホームイン。楽天が1点を先制した。

しかし、直後の2回表、立ち上がり三者凡退でスタートさせた先発・青山が5連打3連続タイムリーなど単打6本を集められ3失点。翌3回にも本多三塁打で1点を失っていた。(楽1-4ソ)

3点を追いかけた3回裏、イーグルスの反転攻勢が始まる。先頭の9番・聖澤による粘りの10球四球を起点に3得点。試合を振り出しに戻すことに成功した。

続く1番・松井稼は左中間フライヒット。一走・聖澤が一気三進すると、2番・藤田は左翼線ヒットコース。レフト中村のダイビングキャッチに遭ったが、聖澤悠々タッチアップ、チーム2点目のホームを踏む。その後、岡島がつなぎ、1死2,1塁でAJのセンター返しが本戦2本目のタイムリー。2塁から松井稼が生還すると、なおも1死2,1塁、銀次の6-4-3の併殺コースが、セカンド本多の1塁悪送球というタイムリーエラーで岡島生還。この回一気に3点を取り、同点に追い着いていた。(楽4-4ソ)

その後、試合は膠着状態に。楽天打線は4、5、6回と修正してきたスタンリッジに三者凡退に抑えられると、青山も4回は三者凡退投球、5回は1死後出塁を許したが併殺で切り抜け、2イニングをゼロに抑えた。

しかし、6回表、均衡が破れる。1死後、7番・本多、8番・細川の下位打線による短長連打攻勢で勝ち越しを許すと、その後、中村、今宮、内川の3連打でさらに2失点。この回3点を奪われたのが致命的になった。(楽4-7ソ)

4点を追いかけた7回裏、楽天はショート今宮のエラー等で無死2,1塁のチャンスを迎えていたが、聖澤が初球打ち三飛、1死で松井稼がセカンド併殺打、得点ならなかったのが痛かった。

下記、投手陣のデータのみ掲載する。

20140729DATA03.jpg

青山浩二の投手成績

5回1/3、打者26人、90球(1回当たり16.88)、被安打11、被本塁打0、奪三振5、与四死球0、失点6、自責点6。

「立ち上がりから調子自体は悪くはなかったですが、多少ボールが高く、修正できませんでした。加えて、ソフトバンク打線にうまく打たれた部分もありました。点を取られたイニングの中で、高さの修正ができなかった。それに尽きます」

20140729DATA04.jpg
20140729DATA05.jpg

スタンリッジの投手成績

7回、打者28人、102球(1回当たり14.57)、被安打6、被本塁打0、奪三振5、与四球1、失点4、自責点3。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《青山浩二の前回先発試合》
【試合評】 終戦記念日~2014年7月22日(火)●楽天イーグルス0-2西武
《直近の試合評》
【試合評】疲労の色隠せない投手陣を救う9回裏2死、国学院コンビの躍動~2014年7月26日(土)○楽天イーグルス3x-2日本ハム
【試合評】残り55試合「希望」が見えない敗戦ショック~2014年7月27日(日) ●楽天イーグルス3-7日本ハム


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

メルマガVol.048配信しました~レンジファクターで診る遊撃西田、三塁松井稼の守備力。美馬学はスライダーピッチャー?!

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これを お読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信 。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イ ーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。 皆様の読者登録をお待ちしております。
☆7/28配信最新号の主な内容は「 美馬学はスライダーピッチャー?」です。


メルマガVol.048を配信しました



こんばんは。Twitterのフォロワーさんが1230人を突破した@eagleshibakawaです。フォローしてくださった皆さん、ありがとうございます。

さて、本日月曜日ということで、メールマガジンVol.048を先ほど配信いたしました。

今号の主な内容は、遊撃・西田、三塁・松井稼の守備力を7/26終了時データのパリーグ主な野手のレンジファクターで確認しています。もう1つ、今季の美馬はスライダー投手?!ということで、美馬の球種割合の激変について1文を書いていますので、メルマガ読者の皆様、宜しくお願い致します。

下記に目次を公開いたします。御参考までに。

メルマガ新規読者も募集しております。詳細は上記を御確認下さい。新規登録初月無料サービス実施中です。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
現在「楽天イーグルス」部門2位3位低迷中・・・

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

Vol.048のメルマガ全文と目次を公開



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン】

各種記録からイーグルスの魅力を探ります 2014/7/28(MON) Vol.048
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんばんは。発行人のshibakawaです。

7月最後の発行になります。6,7月と多忙でブログともども細切れ時間での更新、メ
ルマガ作成など苦労しましたが、8月は少し余裕を持つことができそうです。

美馬が今季2度目の1軍登録抹消となりました。致し方ないと思います。その理由な
どを下記に書きました。美馬をリードする嶋の苦労もうかがえる数字が出てきまし
た。今年は午年で二桁期待していたファンも多いと思うのですが、残念です。

それでは、今号のトピックスに行く前に、

読者の皆さんからの記事ネタのリクエスト、お待ちしております。
ネタ枯渇気味のため、頂けると大変助かります m(_ _)m


□┓
今号のTopics
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・・・・・・

◆【記録】レンジファクターで確認する遊撃・西田、三塁・松井稼の守備力

○レンジファクターが実証する遊撃・西田起用の戦果
○ホットコーナーの番人として奮闘する松井稼
○エバンス合流後も遊撃は西田メイン起用を


◆【比較】 美馬学はスライダーピッチャー?

○右打者ボール先行時にスライダー配球が激増
○2013年と2014年の球種割合を比較する
○7/21西武戦は美馬の現在地を象徴した一戦に
and more...


◆【クイズ】箸休めにお楽しみください!
  楽天イーグルス検定2014 Vol.022

○エバンス獲得で今季の外国人10人。皆さん、全員の名前、言える?
○闘将復帰戦。スコアボードに翻った横断幕。そこにあったメッセージとは?
○2軍で珍記録。無安打でのサヨナラ劇
and more...


◆【情報】shibakawaが
     気になるニュース、記事を交通整理します

○現場復帰した星野監督が抱く『楽天再浮上計画』
○あのトレードの結果は?5年間のトレードを振り返る
○投手故障の原因はMLBのみに非ず。「熱投」「連投」を称える日本の風潮
and more...


◆【編集後記】今後の配信スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎◎◎関連記事◎◎◎
メルマガVol.044配信しました~枡田、島内、永井、戸村。気になる選手の2軍成績をチェック
メルマガVol.045を配信しました─セイバー採用で走らなくなった楽天が失った最大メリット
メルマガVol.047配信しました~~オリ本屋敷コーチが警鐘を鳴らす、救援陣の負担大ナイトデー連投。パリーグ各球団の連投数を調べてみた


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。 ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流され た御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネー ムがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象 となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球 、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報や ブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
 レンタルCGI




テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】残り55試合「希望」が見えない敗戦ショック~2014年7月27日(日) ●楽天イーグルス3-7日本ハム

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆7/21配信最新号の主な内容は「救援陣の負担大ナイトデー登板、パリーグ各球団の連投数を調べてみた」です。




残り55試合への希望を失う痛すぎる敗戦



崖っぷちからの反転攻勢のためには絶対に勝たねばならないゲームだった。前夜タフな投手戦を制す背番号23のサヨナラ打で劇的勝利を収めたイーグルスは本戦則本で勝って弾みをつけなければならない一戦だったはずだ。

なにせ、勝って3位とのゲーム差5.5にするのと、敗れて後半戦2カード連続負け越しで7.5にするのでは、エライ違いだ。5.5なら厳しさは変わらないものの望みをつなぐかたちになる。しかし、7.5になってしまうと目指すべき3位の目標がもはや視界から消えかかりそうなほど遠くなってしまったのかな、そんな寂しいイメージになってしまうのだ。

う~む・・・なんと言ったら良いのか・・・言葉が出ないし、適切な表現が見当たらない。残り55試合への希望を失う、あまりにも凄惨な敗戦である。

これでチーム成績は89試合37勝52敗、借金は再び今季最多タイの15に逆戻り。順位は6位のまま。ゲーム差は1位・ソフトバンクと16.5、2位・オリックスと15.0、3位・日本ハムと7.5、4位・ロッテと3.5、5位・西武と3.0としている。

球宴後2勝4敗、闘将復帰1勝2敗、日本ハム戦7勝8敗、6回終了時リードしている試合31勝2敗の推移になった。

両軍のスタメン

日本ハム=1番・西川(右)、2番・中島卓(二)、3番・陽(中)、4番・中田(一)、5番・アブレイユ(指)、6番・谷口(左)、7番・大引(遊)、8番・近藤(三)、9番・大野(捕)、先発・メンドーサ(右投)

楽天=1番・松井稼(三)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(一)、6番・ボウカー(左)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・則本(右投)


ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門2位転落中(泣)
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140727DATA02.jpg
HANREI3.jpg

序盤攻め込まれ2点を奪われた則本昂大



楽天の先発は則本。7月に入り精彩を欠いている2年目右腕は、19球を投げて2回4安打1失点だったオールスターから中7日、前半戦最後の登板から中9日マウンドになった。首脳陣のここまで登板間隔を空けた決断には拍手を送りたいと思う。

しかし、本戦も序盤から打たれて2点を失った。

1回表は2死から守備ミスも絡んで4連打を浴び1点を先制された。

起点は3番・陽の三遊間深くへのショート内野安打。続く4番・中田には真中高めの失投スライダーを打ち返され三遊間突破の左前安打。2本のヒットで2,1塁のピンチを背負うと、5番・アブレイユの当たりはこれまた飛んだコースが不運の三遊間深いゾーン。遊撃・西田が懸命に追い着き、体勢崩しながらも懸命な2塁封殺を狙ったが、この送球が逸れてしまう。球が一塁側に転々とする間、陽の生還を許した。

その後、2死2,1塁で6番・谷口の当たりは1塁線強襲。一塁・銀次が懸命な横っ飛びで打球を止めたものの、則本のベースカバーが遅れてセーフ。2死ながらも満塁にしてしまう。7番・大引は左飛に仕留めたとはいえ、初回だけで31球も費やす苦しい立ち上がりになった。(楽0-1日)

先制された直後の1回裏、イーグルスの攻撃。1番・松井稼が安打出塁。しかし2番・藤田の併殺打で好機消滅。同点劇はその後始まっている。3番・岡島が四球で1塁に歩くと、AJの打席時に相手先発メンドーサのワイルドピッチで得点圏進出。二進した岡島をホームへ呼び込んだのは、球宴後2本目のヒット、初のタイムリーになったAJの左中間エンタイトルツーベースだった。(楽1-1日)

2回表、同点に追い着いてもらった直後の守備回である。ゼロに抑えるべきが先発投手の基本。しかし、2本の二塁打で1点を失った。先頭の8番・近藤と1死3塁からの1番・西川、いずれもフォークが落ち切らずストライクゾーン内に止まった失投を右翼線へ痛打されている。(楽1-2日)

3回表の則本は2三振含む本戦初の三者凡退投球。4回表も先頭・大引に安打されバントで1死2塁、スコアリングポジションに走者を背負ったが、大野、西川と連続三振。球数過多ながらも、徐々に立ち直りの兆しを見せ始めた則本だった。

4回裏無死満塁、筋トレ兄弟空回り



その則本を援護したいイヌワシ打線、4回裏、絶好の好機を迎えていた。

先頭の岡島、AJの3、4番コンビが連打、5番・銀次も3-1から1塁に歩いて、今季17度目の無死満塁。打順はボウカー、西田へと続く場面。次兄ラッツを欠いた筋トレ兄弟が空回り。ボール球に手を出して追い込まれた長男はラスト膝元絶妙変化球にあえなくバットが空を切る。打ち気に逸った三男もバットをむやみに振りまわしての3球三振。

こうなると8番・嶋へのプレッシャーは相当なもので、それに押し潰されるかたちでの低め初球ボール気味の球を打って出た当たりは平凡な遊ゴ。無死満塁から3アウトまで無得点に終わったのは、7/5ソフトバンク戦3点を追う8回無死満塁以来、機会17度中4度目になり、終わってみれば、このビッグチャンスを逸したのが、試合の明暗を分ける1つの分岐点になった。

国学院コンビ、連夜にわたる獅子奮迅



満塁のチャンスを潰したイーグルスに6回裏、再び満塁機が訪れている。

1死後、銀次、ボウカーの連打で銀次好走塁の3,1塁、代打・島内がメンドーサから四球を選んで1死満塁、再びビッグチャンスを迎えていた。ここで国学院コンビが連夜の獅子奮迅。火消しに入った二番手・谷元を相手に見事な槍働きをみせた。まずは8番・嶋がフルカウントから右犠飛をしっかり打ち上げて同点に追い着くと、9番・聖澤は0-2経由で追い越まれながらも、低めフォークを巧く拾った左中間へのシングルヒット。これが勝ち越し打になる。(楽3-2日)

嶋の美技も、嗚呼、則本・・・



背番号23の目覚ましい働きで勝ち越したイーグルス。さあ、あとは7回を則本がしっかり締め、8、9回はブルペンリレーで逃げ切りたい場面。しかし、「軍師官兵衛」の放送が始まった7回、則本が相手打線主軸の相次ぐ艦砲射撃に遭い、まさかの大破撃沈...

先頭は代打・稲葉だった。1塁線を突破される痛烈二塁打で無死2塁のピンチを招いていた。しかし、ここは女房役の嶋が今度は好守で則本を救う。1番・西川の送りバント、ホームプレート手前で弾んだバウンドを機敏なフットワークで素手で捕球すると、間髪入れずの3塁好送球。代走で出ていた二走・杉谷をタッチアウトにする美技は、楽天ファンを惚れ惚れとさせ、この人のプレート周りのゴロ処理能力がリーグ屈指であることを再確認できる格好のシーンになった。


◎参照エントリー>データで確認する、楽天・嶋基宏のリーグ屈指を誇るプレート周り守備力


しかし、そんな女房役のファインプレーを活かすことができない則本。塁状況代わって1死1塁、2番・中島卓。前夜、辛島を相手に粘りをみせ押し出し四球をもぎ取っていた左の燻し銀に連夜にわたって粘られた。僅か2球で0-2と追い込みながらもその後ファウルで7度粘られるなど13球を費やしての根負け四球。完全なる投手の失策と言えた。これでスコアリングポジションに走者が進んで2,1塁、3番・陽を遊飛に討ち取った2死後、4番・中田、5番・アブレイユの豪砲2連発が左翼席にぶちこまれた。

中田には0-1から投じた内角速球が高めに上ずったところをバット一閃。完璧な手応えだったという当たりは左翼ポール際のスタンド中段付近まで飛んでいく3ランに。5番・アブレイユには完全なる失投。縦割れのブレーキングボールが真中に入るホームランボールをしっかりさばかれ、左翼席Eウィングを越えて最前列へ着弾するソロショット。イーグルス投手陣が2者連続被弾を許したのは今季初になっている。(楽3-5日)

9回西宮が1点を失い3点差に広げられて最終回の攻撃を迎えた楽天。最後はクロッタの前に三者凡退に抑えられ、3-6の逆転負け。終わってみれば明暗分かれた4番の働きが目立つ本カードになった。

20140727DATA03.jpg

6回2/3、打者32人、132球(1回当たり19.80)、被安打12、被本塁打2、奪三振7、与四球1、失点6、自責点5。

初球32球・・・ストレート13、スライダー12、フォーク2、チェンジアップ1、カーブ4
2ストライク以降51球・・・ストレート29、スライダー7、フォーク9、チェンジアップ6

「情けない。それしかないです。これだけ登板間隔を空けてもらったのに、こんなピッチングしかできなく」

立ち直りの兆しは次回登板につながるのか?!



これで今季成績を防御率3.32(リーグ9位へ後退)、9勝6敗、QS率66.7%、WHIP1.18としている。10勝にリーチをかけて4試合で足踏み、4戦連続4失点以上になった。

本戦も球数が多かった。イニング別の球数は6回まで31、13、17、16、11、20。6回終了時には108球を数えていた。

嶋&聖澤の活躍で逆転に成功した直後の7回表、この場面、首脳陣の選択肢には則本続投しかなかっただろう。星野監督、佐藤コーチの性格からすれば、逆転直後のあの場面、自ら責任を取ってこいという考えだっただろう。立ち直りの兆しがあったし、球数過多気味なのは気がかりだったが、妥当のように思えた。

先頭打者二塁打でピンチを抱えたが嶋美技ですぐさまピンチを摘み取り1死1塁にしたことで、首脳陣も継投する腹積もりはなかったはず。もし、新鮮だった頃の福山、西宮が手元に残っていたとしても継投のカードは切らず、則本に最後までケツを拭かせたに違いないと思うのだ。やはり誤算は中島卓への13球四球だ。今季則本が対戦1打席に費やした最多球数になった。そして、あれよあれよの連続被弾で球数膨らみ132球。

次回登板に悪影響が出るリスクの高い130球超えになってしまったことが、心配である。

ヒット7本を打たれた序盤1、2回は7月の悪いかたちをそのまま引きずっているようにみえた。テンポも悪くボール先行も目だっていた。しかし、3回以降6回までテンポの悪さは変わらないものの、徐々に良化の兆しが見え始めただけに、暗転した7回の衝撃は大きい。あのまま7回も抑えていたら、これでいつもの調子に戻っていくのでは?と期待できた気持ちが、立ち直りの兆しは本当なのだろうか?とクエスチョンマークになってしまうのだ。

昨年の蓄積疲労に加えて、中5日などでまわった疲れなど身体的な疲労度も相当だと推測できる一方、精神的な疲れもかなり来ているに違いない。心身共に充実していたのが交流戦時期だとすれば、現在は心身ともに疲弊しきっている状況だという。

そんな悩める則本が、後半戦に向けて改めて掲げた今季目標が気になっている。

10完投15勝。(現在7完投9勝)

則本が生きた教科書として目標にした田中将大の存在が、今や(良くも悪くも)大きく則本を苦しめているとも言えるのだ。

■則本昂大 イニング別失点表


多いと言わざるをえない味方得点直後の失点



それにしても、本戦の則本、2回表、7回表の失点はいずれも味方得点直後の失点だった。

今季の則本は開幕直後から味方得点直後に失点するケースが印象的だったのだが、6/20時点では他投手と比較した場合、際立って多くないのでは?と指摘した当ブログだった。しかし、ここへきてその前言を撤回せねばならないと思っている。


◎【検証】点を取って貰った直後の失点は、本当に楽天・則本昂大の悪い癖なのか? (2014.6.20)


上記表は則本のイニング別失点である。ベージュ網掛けイニングは味方得点直後回を示している。本戦終了含めて今季28イニングを数えた。その28イニングで失点したのは9イニング。6/20時点では25.0%だったそれが、本戦で32.1%にまで跳ね上がってしまっている。これは、指摘されているとおり、多すぎると言わざるをえない事態になっている。

20140727DATA04.jpg
20140727DATA05.jpg

「満塁でクソボールばかり振って。厳しく言っていないからだ」



メンドーサの投手成績

5回1/3、打者25人、94球(1回当たり17.63)、被安打7、被本塁打0、奪三振3、与四球3、失点3、自責点3。

このような試合をしていると、せっかく復帰した星野監督も腰の状態が再びぶり返してしまうのでは?と心配になってくる。

試合後の闘将、「今年は2アウトから抑え切れていない。ようやく逆転したところで。ああいうところは、ダメだね!」

1回2死から連打を浴びた先制失点。7回2死からの2連発などバッサリ。確かに今季の楽天投手陣は2死得点圏被打率が.246と対戦敵軍投手陣より高すぎるのだ(本戦試合前データ。昨年と比べた場合はほぼ変わらないことも付記しておく)。一方、楽天打線の2死得点圏打率は.216である。

「満塁でクソボールばかり振って。厳しく言っていないからだ」

前述のとおり、4回無死満塁で2者三振に倒れたボウカー、西田の打撃内容についてもバッサリ。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
《則本昂大の前回登板試合》
【試合評】中4日の則本昂大、オリ主砲の艦砲射撃を浴びて大破撃沈~2014年7月16日(水) ●楽天イーグルス1-8オリックス
《直帰のの試合評》
【試合評】僅か1球で流れを手放した塩見貴洋。闘将復帰戦を白星で飾れず、借金今季最多タイ15へ~2014年7月25日(金)●楽天イーグルス1-8日本ハム
【試合評】疲労の色隠せない投手陣を救う9回裏2死、国学院コンビの躍動~2014年7月26日(土)○楽天イーグルス3x-2日本ハム


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI







テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】疲労の色隠せない投手陣を救う9回裏2死、国学院コンビの躍動~2014年7月26日(土)○楽天イーグルス3x-2日本ハム

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆7/21配信最新号の主な内容は「救援陣の負担大ナイトデー登板、パリーグ各球団の連投数を調べてみた」です。


20140726DATA10.jpg

辛島航vs大谷翔平3度目のマッチアップはタフな投手戦へ



試合は2-2の同点、9回裏を迎えていた。楽天・辛島vs日本ハム・大谷翔平。今季3度目のマッチアップは前回7/9対戦時と同じく投手戦となった。

2回表、辛島が先頭の4番・中田への四球を含む1安打3四死球3四死球、2死満塁から押し出しのフォアボールで1点を先制されると、楽天は3回裏、2死から中田のエラーを起点に聖澤が二塁打でつなぎ、松井稼の犠飛で同点とする。5回裏には2死から2四死球で貰った好機を3番・岡島が痛烈な適時打、1点を勝ち越していた。

楽天は7回表から継投作戦。投手交代の代わりばなを攻め込まれ、金刃が西川三塁打を打たれると、火消しのクルーズが小谷野に152キロを中前へ弾き返され、2-2の同点。試合は振り出しに戻っていた。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営の元気印になります
なにとぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140726DATA11.jpg
HANREI3.jpg

闘将復帰初勝利を手繰り寄せた国学院コンビの槍働き



その後、試合は7回裏から9回表まで両軍三者凡退が続く。8回表は福山。満身創痍の投球は球が高めに上ずっていたものの、気迫の三者凡退を見せると、9回表はファルケンボーグが三者三振の圧投で抑えていた。

そして、2-2で迎えた9回裏、日本ハムはこの回から二番手・アンソニー・カーター。ボウカー遊飛、西田空三振で2死、延長戦が脳裏をよぎる中、嶋、聖澤の国学院コンビが試合に終止符を打つ槍働きをする。

聖澤のサヨナラ打は約3年ぶり



まずは8番・嶋。内角152キロ真っすぐをお得意のライトヒッティング。右中間を割った快飛球はエンタイトルツーベースになり、得点圏進出。すると、2塁の嶋をホームに呼び込んだのは、闘将復帰戦で先制打を打った背番号23だった。

1-0からのファーストストライクを捉えた。真中に入ってきた甘いスライダーだった。

「積極的に自分のスイングを心掛けました」という当たりが右中間に弾む。嶋が悠々3塁を蹴ってサヨナラのホームを踏む。殊勲者・聖澤はナインの手荒いアクエリアスの洗礼を受け、甘い匂いを漂わせながらヒーローインタビューのお立ち台に登り、喜びを爆発させていた。

楽天のサヨナラ勝ちは4/22西武戦(○E2x-1L、AJ)、5/31広島戦(○E3x-0C、AJ)、6/3阪神戦(○E4-3T、牧田)に続く今季4度目。聖澤のサヨナラ打は2011年7/17オリックス戦(○E4x-3Bs)の岸田撃ち以来、通算2度目の快挙となった。

聖澤は闘将復帰後2戦連続マルチ安打。例年スタミナ切れで夏場に成績を落とす背番号23が、今年は真夏のヒーローになるかもしれない。そういう期待感高まる槍働きを打線の下位で見せている。適時打の岡島は打撃好調で7試合連続安打、一方、2三振含む4の0に終わったAJは球宴明け17打数1安打。相当お疲れのようだ。

それにしても、9回裏2死からの終止符は、疲れの色が隠せない投手陣を救う本当に大きな意味を持っていた。

日本ハムは大谷が8回まで投げ、9回に2人目のカーター。一方の楽天は辛島が6回まで投げて、その後、金刃、クルーズ、福山、ファルケンボーグ、合計5人が使われていた。ブルペンに残っていたのは斎藤と、もし投げれば連投になる長谷部、西宮、宮川の4人である。夏本番を迎えた中での延長戦で数多くの投手を注ぎ込むのは、できれば避けたいところだったのだ。本戦でも際どい投球がボールになるたび、投手のスタミナが少しずつ目減りするような気がして、ハラハラ気を揉んでいた私だった。

これでチーム成績は88試合37勝51敗、借金は14。順位は6位。ゲーム差は1位・ソフトバンクと15.5、2位・オリックスと15.0、3位・日本ハムと6.5、4位・西武と3.0、5位・ロッテと2.5としている。

オールスター明けは2勝3敗、日本ハム戦7勝7敗、1点差ゲーム11勝12敗、先制された試合7勝34敗の推移になった。

両軍のスタメン

日本ハム=番・西川(右)、2番・小谷野(三)、3番・陽(中)、4番・中田(一)、5番・アブレイユ(指)、6番・大引(遊)、7番・石川慎(左)、8番・大野(捕)、9番・中島卓(二)、先発・大谷(右投)

楽天=1番・松井稼(三)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(一)、6番・ボウカー(左)、7番・西田(遊)、8番・小関(捕)、9番・聖澤(中)、先発・辛島(左投)


20140726DATA12.jpg

6回、打者27人、97球(1回当たり16.17)、被安打5、被本塁打0、奪三振4、与四死球4(四3死1)、失点1、自責点1

初球27球・・・速球14、スライダー5、チェンジアップ5、カーブ3
2ストライク以降33球・・・速球16、スライダー1、チェンジアップ16

辛島の談話「もう少し長いイニングを投げたかったのですが、四球が多く、球数が増えてしまいました。何とか粘って1失点に抑えたことは良かったです。でも、その1失点が先制点だったこと、これは反省しないといけないと思います。打線が逆転してくれましたが、追いかける展開はどうしても苦しくなりますから」

辛島航、再三のピンチをしのぐ粘りの6回1失点



本戦勝敗つかずながらも、これで今季成績を17試合6勝9敗、防御率3.34、QS率58.8%、WHIP1.27、FIP3.79としている。

前回7/15オリックス戦は7回無安打1失点の珍記録ながらも、制球はすこぶる荒れていた。また、西武ドームで壮絶な3連戦を戦いヘロヘロになった相手のバッドコンディションもあり、今後を占う意味ではベンチマークにできない試合で、後半戦最初の登板がカギを握ると私は考えていた。

立ち上がりの序盤1、2回は全体の半数がコマンド不足、前回の制球難を引きずっているようにみえたが、味方の好守、相手の攻撃ミスもあって、最少1失点に止めることができた点は大きい。

1回表は1死後、2番・小谷野にセンターオーバーの二塁打を打ち返され、3番・陽の当たりはセンター方向への痛打。この中前ヒットコースのライナーを予め2塁寄りに位置取りしていた藤田がダイビングキャッチ。飛び出していた二走・小谷野を併殺にする好守で、辛島を救う。

2回裏は中田四球、アブレイユ安打の無死2,1塁、大引のバント失敗で1死を取ることができたのも大きかった。その後、大野にぶつけて2死満塁、9番・中島卓には粘られ、球審・津川との相性もあって押し出し四球で1点を先制された辛島だったが、バントで送られ1死で三進を許すのか?大野死球で2死から三進を許すのか?この違いは重圧という意味で大きいように思えた。

本戦で辛島はスコアリングポジションに走者を背負って合計11人の打者との対戦を余儀なくされたが、9打数0安打、2三振、1四球、1死球、ヒットを許さない粘りのピッチングが素晴らしかった。

キーポイントの6回表ピンチをしのいだ辛島航



中でもカギになるのでは?と思われたのは、1-1で迎えた6回表の攻防だ。

この回の先頭は6番・大引。僅か2球で0-2と追い込んだ後、際どい投球を看破され四球を与えていた。その後バントで送られ1死2塁、大野の右飛でタッチアップ三進されたが、中島卓を平凡遊ゴに仕留め、危機脱出。もしここで勝ち越されていれば、「投手の失策」と言える0-2経由で与えた先頭打者四球が得点に絡むことになり、試合の主導権を手放しかねない場面だった。それだけに、ここで踏ん張ったのは大きい。

2ストライク以降のボール球が大変多く、観ていてストレスも溜まったのだが、得点圏で踏ん張る、これは今季辛島の持ち味だ。全体の被打率は.265ながらも、得点圏被打率は98打数20安打の.204としている。

20140726DATA13.jpg


8回、打者32人、116球(1回当たり14.50)、被安打5、被本塁打0、奪三振10、与四死球2(四1死1)、失点2、自責点1。

初球32球・・・ストレート10、スライダー16、フォーク4、カーブ2
2ストライク以降30球・・・ストレート12、スライダー7、フォーク7、カーブ3

大谷翔平を足で揺さぶったイヌワシ打線



「スチールが成功したね。どんどん走れというサインでね。真っ直ぐ・フォーク・スライダー、カウントによって思い切っていけばいいと言っていたら、みんな思い切ってスタートを切ってくれたね」

試合後、指揮官が語ったように、前回には見られなかった盗塁作戦で大谷に揺さぶりをかける攻撃が印象に残った。3度企図した盗塁はいずれも決まった。球種は変化球。配球を読むことに成功した。5回二盗成功させた松井稼は岡島のタイムリーで生還を果たしている。

1回無死1塁、藤田打席時、1-2からの牽制直後のフォーク、松井稼二盗、大野投げられず
4回2死2塁、西田打席時、1-1からのフォーク、ボウカー二盗、大野送球高すぎ
5回2死1塁、藤田打席時、0-0からのスライダー、松井稼二盗、大野送球ワンバウンド逸れた

ボール先行で変化球を見きわめ、速球を打ち返したイヌワシ打線



この日、大谷の全体ストライク率は67.2%と合格点だったが、早めのカウントでボール先行するケースが目立っていた。打者2球目で0-2と追い込んだのが5度に対し、2-0とボール先行したのはそれを上まわる6度。1球目2球目に投じられた変化球の誘いに乗らず、しっかり見定めてボール先行カウントを作ることに成功する。

その後、1-0、2-0、3-0、3-1、2-1のボール先行カウントからの変化球には手を出さず(12球中スイングは1球のみ)、ストレートを打ちにいった(20球中スイング14球)。ファウルも9球あり、なかなか打球が前に飛ばなかった側面はあったものの、前に弾き返したストレート4球のうち2球がヒットになっている(4回ボウカー中安、6回銀次左安)。4回銀次の左飛もフライナー性の飛球が野手正面を突くかたちで捉えた当たりだった。

前回7/9対戦時には大谷のストライク率が77.9%で空振り率が28.3%だったことを考えると、今回は前回の反省を踏まえて、変化球を見きわめ(それでもスライダー等多くを振らされはしたものの)、改善することに成功できたと言えそうだ。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《大谷翔平との前回対戦試合》
【試合評】コボスタの中に1人だけメジャーリーガーがいた~2014年7月9日(水)●楽天イーグルス1-2日本ハム
《直近の試合評》
【試合評】松井裕樹ベストピッチと命を削った福山博之~2014年7月23日(水)●楽天イーグルス1-2x西武
【試合評】僅か1球で流れを手放した塩見貴洋。闘将復帰戦を白星で飾れず、借金今季最多タイ15へ~2014年7月25日(金)●楽天イーグルス1-8日本ハム


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

企画参加したスポーツ雑誌
Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
facebook聖澤選手応援ファンページ
facebookに聖澤諒選手のページを作成しました。ほぼ毎試合の聖澤選手にフォーカスした寸評、聖澤選手ブログ更新情報やニュース記事、各種記録やデータなどをアップデート。現在483人が「いいね!」と言っています。目指せ500人!!
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
主な過去記事
楽天イーグルスの話
◎〔図表〕得失点差 1試合平均得点&失点 年度別推移
◎〔一覧〕2012年試合評
2013犬鷲通信簿
島内宏明戸村健次中島俊哉聖澤諒永井怜枡田慎太郎
2013年ゾーン・コース打率
聖澤vs右聖澤vs右ジョーンズvs右ジョーンズvs左銀次vs右銀次vs左枡田vs右枡田vs左岡島vs右岡島vs左島内vs右島内vs左松井稼vs右松井稼vs左 二軍選手2013年成績
北川倫太郎中川大志榎本葵森雄大武藤好貴小関翔太島井寛仁柿澤貴裕下妻貴寛大塚尚仁三好匠小斉祐輔神保貴宏阿部俊人
2012-2013惜別─
フェルナンデス中村真人草野大輔下柳剛本西厚博山村宏樹川岸強有銘兼久岩村明憲高須洋介
その他
マギーのメジャー打撃成績
一番靖弘潰しは楽天のせい?!
昨年の走塁ミス。前年との比較
プロ1年目。田中vs釜田どちらが凄い?!
プロ野球、パリーグの話
2012年パ投手別の許盗塁記録
2012年パ投手別の併殺打記録
2012年パ球団別得点内訳
2012年パ球団別失点内訳
2013年レンジファクター
右翼左翼中堅三塁二塁遊撃
統一球で右投左打は不利。これって本当?
右投左打のホームランは本当に激減したのだろうか?
小関順二氏の右投左打神話崩壊説を否定する
統一球の影響をビジュアルで確認
打率ヒストグラム
長打率ヒストグラム
OPSヒストグラム
盗塁の話
プロ入り5年盗塁順位
岩隈久志投手の話
◎メジャーでさらなる進化を見せたクマの絶対球フォーク
◎2012試合評
◎2012打者別対戦成績:LAATEXOAKNYYTB、TOR、BALCLECWS、DET、MIN
ダルビッシュ有投手の話
〔記録〕NPB登板日別投手成績(LNA1977さんのサイトでどうぞ)
〔記録〕NPB被本塁打明細表
〔記録〕NPB対戦チーム別勝敗表/楽天戦登板日別投手成績
〔記録〕楽天vsダル打者別対戦成績
松井秀喜選手の記録
私が愛読するブログ「野球の記録で話したい」さんでどうぞ
〔記録〕NPB332本塁打の明細
〔記録〕MLB175本塁打の明細
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク2
楽天イーグルスファンのブログ、他球団ファンのブログなど。2013年まで相互リンクを募集していましたが、現在は受付けておりません。
リンク3
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
歴代9位。虎の盗塁王が今こそ明かす初の盗塁論
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
2013年人気記事TOP10
上記は月間ですがこちらは年間です。Google Analyticsで集計。期間=2013年1/1~12/31
歴代人気記事TOP15
Google Analyticsで集計。期間=2011年1/1~2013年12/31
興味が尽きない2番打者論
今まで実現不可能だった対談が実現!
和製・野球抄
セイバーメトリクスファン必携!
野球の観方が変わる劇的な1冊

弱小球団オークランドアスレチックスの奇跡。野球で挫折した男ビリー・ビーンが野球で栄光を掴む成功物語。現在、僕にとっての座右の書。考える野球がお好きな方、未読でしたら是非!ブラッド・ピットがビーン役で主役を演じる映画も2011年公開された。
セイバーメトリクス入門書に最適

08年出版。スポーツ紙のどこにも書いてない、セイバーメトリクスを筆頭とする様々な切り口・視点でのチーム分析は、参考になる部分が多々。今なおひっくり返して確認することがしょっちゅう。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
ジオターゲティング

ジオターゲティング
RSSリンクの表示