お知らせ

スポンサーリンク









---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!! 登録初月は購読料は無料!!
---------------------------------------------------------------
昨年8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始等除く)、月額499円(1通当たり約125円)。読者登録初月は購読料無料のサービスをおこなっています。購入方法(まぐまぐと直接販売)など詳しいご案内はやバックナンバー一覧/詳細はコチラでどうぞ。
まぐまぐの読者登録はhttp://www.mag2.com/m/0001609734.htmlから。
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。

◎2/24発行Vol.023:主要左打者の「泣き所」対応度ランキング
◎3/3発行Vol.024:145キロ超の速球、25キロ差以上の緩急を物ともしない打者を探せ
◎3/10発行Vol.025:現時点で考える開幕ローテ予想、ミトレの投球レポート
◎3/17発行Vol.026:春季教育リーグ成績完全版、22打席無安打ユーキリス不安点
◎3/24Vol.027:松井裕樹のオープン戦登板、その成績全詳細
◎3/31Vol.028:2軍本拠地開幕戦試合評&田中将大オープン戦成績の総括
◎4/7Vol.029:開幕3カードを終えて。shibakawaによる主要打者寸評
◎4/14Vol.030:ストレートの球種データから診る主要投手の出来、不出来


---------------------------------------------------------------
facebookページでブログ更新情報をお届けします
---------------------------------------------------------------
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。
LINEもやっています。IDはeagleshibakawaです。「最近使うSNSはもっぱらLINEなんだよね」という方にお薦め。


◎2014年パリーグ順位予想:1位ソフトバンク、2位楽天、3位西武...6位オリックス
◎ファン44人が選んだ2014年活躍を期待したい野手Top3
◎ファン44人が選ぶ2014年活躍を期待したい投手Top3
【練習試合~オープン戦試合評】
2/23○E7-4S2/23●E2-3xG2/25○E7-3L2/28●E1-13M3/1●E2-4H3/2○E4-1H3/4○E2-1M3/5○E5-2M3/7○E3-2L3/8○E1-0D3/9○E4x-3D3/12○E8-5Bs3/13○E3-0Bs3/15○E12-6S3/16△E2-2S3/18E0-3M〔ノーゲーム〕3/19●E2-4DeNA3/21△E5-5D3/22○E3-0D3/23○E5-4D
【ペナントレース】
3/28○E2-1L3/29○E5-2L3/30○E7-1L4/1●E2-4Bs4/2●E2-7Bs4/3●E1-3Bs4/4○E6-3H4/5●E4-8H4/6○E3-2H4/8○E11-7F4/9●E2-5F4/10●E3-5F4/11●E3-44/12○E17-10〔1試合24安打の球団新記録〕4/13○E3-0M4/15●E1-4H4/16●E1-3H


楽天イーグルスの久米島キャンプいよいよ始まりました。今年もニコニコ動画で中継があります。その中継を垣間見た感想メモを日々残していけたらと思います。
【初日】2/1(土)球春日和に恵まれた初日、日本人投手16人全員がブルペン入り
【2日目】2/2(日)森&大塚の声出しで始まった2日目、銀次サードでノックを受ける
【3日目】2/3(月)雨のち晴天なり。野手陣初のブルペン入り&しばし見入った投内連携
【4日目】2/4(火)熊崎コミッショナー視察。強風の4日目。銀次、西田らブルペン入り
【5日目】2/5(水) 爆笑の早朝声出し。初のバントシフト練習で嶋、辛島の好プレー
草野大輔インタビュー。“天才”が見る内田靖人現在地。理想のコーチ像とは
【6日目】雨模様の第1クール最終日、シート打撃始まる。小関3日連続の早出特打ほか
【8日目】 ユーク合流の第2クール初日、フリー打撃に初登板の森、AJの内角を突く
【9日目】初の紅白戦。枡田、西田が魅せた豪快弾の共演。3奪三振の大塚尚仁
【10日目】今キャンプ初の本格的な雨模様。練習はホタルドームへ
【11日目】紅白戦2試合目。枡田の新人撃ち先制弾。“らしさ”が出た後藤の3打席
【12日目】予定されていた紅白戦は中止に。ファンミルのブルペン投球を目撃した
【最終日】 最終日の紅白戦。パパ小斉祐輔、復活目指す永井怜打ちの満塁場外弾



blogtopcolum2014.jpg
◎2013試合評はコチラをクリック。
◎日本シリーズ前評/試合評/後評の一覧はコチラをクリック。
その他、2013年の主な記事INDEXはコチラをクリック(嶋基宏vs岡島豪郎。記録で診る両者の違い、久米島キャンプ雑記、犬鷲戦士達のWBC戦記録ほか)
◎【2014年プロ野球選手名鑑購入ガイド(1)】 BBM、BTなど携帯サイズ5冊を比較
◎【2014年プロ野球選手名鑑購入ガイド(2)】Slugger特別編集等大判6冊比較
◎ファン21人が考える楽天イーグルス開幕スタメン&開幕投手予想
◎2013年パリーグ。球団別の許した犠打企図数、犠打阻止率
◎沿岸魂の銀次。夢を追いかける原石へ送る言葉とは。BS日テレ「アスリートの輝石」
◎【まとめ】各種報道からみる楽天ドラ1、松井裕樹2014年動静一覧
◎連覇を目指す東北楽天:闘将が考える2013年開幕スタメン構想〔打順編〕
◎連覇を掲げる楽天:星野監督が考える2013年開幕スタメン構想〔守備位置編〕
◎データで確認する嶋基宏のリーグ屈指を誇るプレート周り守備力
◎楽天イーグルス2014年達成されそうな主な記録
◎【まとめ】銀次の長男・虎次郎など。犬鷲戦士ジュニア誕生日一覧
◎ファン34人が考える“四球のギリシャ神”ユーキリス成績予想
◎驚き!! 現役No.1外野手・糸井嘉男誕生に立ち会った楽天選手は?!
◎【まとめ】犬鷲戦士、新春始動。主な選手の自主トレ動静一覧
◎田中将大ら年始の挨拶続々。Twitterで見る楽天イーグルス選手あけおめ一覧
◎素晴らしかったファルケンボーグはもういない。来年36歳アラフォー投手の現在地
◎楽天のサブちゃん、福山博之。2014年活躍できないその理由とは?!
◎楽天聖澤オリ金子。「信州人プロ野球選手トークショー2013」詳細
◎犬鷲ファン51人が選んだ楽天イーグルス歴代ベストナイン
◎則本昂大は2年目のジンクスを打破できるか?!
◎釜田佳直を右肘手術に追い込んだ大久保2軍監督&酒井2軍チーフ投手コーチの責任
◎2年連続で打者にライトゴロを打たせた楽天投手は誰?!
◎大幅減の楽天鉄平。3割復活にかすかな希望を与えるデータとは?!
◎2013年パリーグ投手別の併殺打記録を公開。最も多くゲッツーを打たせた投手は?!
◎打順別OPSをリーグ平均と比較する、楽天イーグルス日本一の攻撃力
◎日本一の楽天。その攻撃力をポジション別OPSで振り返る


◎“催眠術師” 岩隈久志のメジャー3年目。2014年成績を予測する
◎マジかよ・・・岩隈久志がシアトルマリナーズに潰されるかもしれない危険性
マリナーズ岩隈久志の右手中指腱負傷。私が朗報と考えているその理由
◎右手中指負傷のマリナーズ岩隈、再検査の結果、今後3週間ノースローに

⇒2012年試合評INDEXこちらにまとめました。
⇒2013年試合評INDEXはこちらにまとめました



◎【予想】で、結局何勝する?! 田中将大、メジャー1年目の2014年成績予測
◎田中マー君の経済効果を他の有名どころと比べてみた
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その2。マー君を得意にした打者10傑
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その1。マー君がカモにした打者10人
◎田中将大、日米のファンを魅了した上々の“メジャーデビュー”32球
◎初被本塁打もゴロアウト量産の本領発揮。3回1失点41球の詳細
◎ブレーブス戦に登板5回途中1失点。ピンチで驚異の空振り率
◎楽天日本一の投打の立役者、田中vsマギー夢の対決が実現!!
レギュラーシーズン
4/4TOR7回3失点〔初勝利〕4/9BAL7回3失点〔勝敗つかず〕4/16CHC8回無失点〔2勝目〕
FC2 Management

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

ジョーンズ、ユーキリスのYJ砲が「死に体」になるかもしれないその恐れとは?!

スポンサーリンク




当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/14配信最新号の主な内容は「ストレートの球種データから診る主要投手の出来、不出来」です。


ジョーンズ、ユーキリスのYJ砲が「死に体」になるかもしれないその恐れとは?!



こんばんは。@eagleshibakawaです。

福岡でのホークス2連戦、僅か1点止まりで終わったイヌワシ打線。

やはり、5番にはユーキリスが座ってこそと考えるファンも多いかもしれません。

そのユークですが、下記サンスポ報道によると明日からの日本ハム戦には出場できるようなので、一安心といったところです。


■楽天・ユーキリスが突き指 18日の日本ハム戦に出場の見通し
(サンスポ2014.4.17 05:00)
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140417/gol14041705000001-n1.html

 楽天のケビン・ユーキリス内野手(35)が16日、仙台市内の病院で検査を受け、突き指と診断された。ソフ トバンク5回戦(ヤフオクドーム)ではベンチを外れた。球団によると11日のロッテ戦で走塁の際に痛めたとい う。18日の日本ハム戦(コボスタ宮城)に出場の見通し。


パリーグOPSランキング、22位でユーク、26位でAJ



しかし、ユーキリスも、ジョーンズも、いまだに調子が上がってこないんですよねえ。

パリーグ規定打席到達者内の4/16終了時OPSランキング、1位は松井裕樹にプロの洗礼を浴びせた内川聖一の1.202になっていまして、2位が早くも7本のホームランをかっ飛ばしているペーニャ、1.081です。

楽天選手は?というと、嶋基宏が.927で7位にランクイン、以下、15位・岡島豪郎.739、18位・藤田一也.732、20位・聖澤諒.729...と続きまして、YJ砲はユーキリスが22位で.712、ジョーンズに至っては26位で.701という振るわない状況なのです。

連覇「打」の軸になって欲しいとされているYJ砲が、実は連覇を阻害する大いなる置物になってしまう危険性すら出てきたといえるのです。

4/16終了時で楽天の主な打者の速球・変化球打率を調べてみましたので、下記でYJ砲のそれを眺めてみましょう。

速球はここではストレートとツーシーム(シュート)を指します。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

楽天イーグルス主要打者10人中、変化球打率最低のユーキリス



現在.224の打率を残しているユークですが、その打撃成績は速球、変化球別で明暗分かれるかたちになりました。

速球ではOPS.942、打率.321といった抜群の数字を叩き出す一方、変化球はOPS.412、打率.095と散々。1割に満たない変化球打率は今回調査した打者10人の中でワーストになりました。

速球は打てるけど、変化球はカラッキシなのでは? でトータルしてOPS8割いかないのでは?と1/10に予想した当ブログの成績予測どおりの推移で来てしまっていることに、ワタクシ、複雑な心境です....


◎【予想】OPS8割未達?! NPBに降臨した四球神。楽天ユーキリスの成績を予測する


■ユーキリス


打撃の基本、速球が打てていないAJ



そのユーキリスより事態は深刻かもしれないのがAJなのです。今回調べてみた10人中8人が速球打率.280以上を残しているんですよね。速球は打撃の基本。1軍で活躍する選手なら3割前後を打って当たり前という球種になります。

その速球に対し、AJは4/16終了時で打率.200しか残せていない。これは少し深刻なのでは?と危惧を覚えています。あと数日で37歳の誕生日を迎えるAJですが、加齢による衰えで身体がついていってないのでは?という恐れが生じています。

■ジョーンズ
20140417DATA19.jpg


NPB1年目で順応するのに時間がかかると言われていた昨年の今頃、開幕17試合終了時の速球打率を確認してみると.299ありました。OPSは1.047でした。シーズントータルではOPS1.151、打率.333でした。速球にはしっかり対応していたことが確認できるのです。

開幕17試合を終えて、昨年は速球で四球を7個獲得、三振は1個に抑えたAJですが、今年は四球が3個に減少、三振は6個に増えてしまっています。この辺りも心配。

これから状態を上げてきてくれるであろうことを祈るより他はありません。

残り8人の打者の成績表を下記に掲載します。

御参照下さい。


■岡島豪郎
20140417DATA16.jpg


■銀次
20140417DATA18.jpg


■藤田一也
20140417DATA17.jpg


■聖澤諒
20140417DATA20.jpg


■嶋基宏
20140417DATA21.jpg


■松井稼頭央
20140417DATA22.jpg


■後藤光尊
20140417DATA23.jpg


■枡田慎太郎
20140417DATA24.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【予想】OPS8割未達?! NPBに降臨した四球神。楽天ユーキリスの成績を予測する
楽天ユーキリス活躍できる?! ファン34人が考える“四球のギリシャ神”成績予想
【問題】 楽天イーグルス選手シルエット人物当てクイズ。私はいったい誰でしょう?


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

田中将大107球の圧巻投球。カブス打線をバントヒット2安打に抑える8回無失点でメジャー2勝目~2014年4月16日○NYY3-0CHC

スポンサーリンク



20140417DATA06.jpg
HANREI3.jpg

田中将大メジャー3試合目の先発はカブス戦



田中将大メジャー3試合目の先発。本来ならジャッキー・ロビンソン・デーの昨日、背番号42を身にまとい、投げるはずだった。しかし、あいにくニューヨークは荒れ模様の天気で中止に。

翌日になる今日組まれたダブルヘッダーの1戦目、現地時間昼1時すぎに始まったデーゲームに登板している。

試合前、MLB公式のGamedayを確認すると気温は僅かに5度。中継の冒頭には試合前、観客席に降り積もった?氷の塊を清掃する職員の姿が映し出されていたけど、かなり冷え込んだようだ。

気温5度ということで指先の感覚は大丈夫かしら?ということが気になり、観戦に臨んだ。

両軍のスタメン

イチローが9回守備固めで出場。素晴らしい守備を見せている。

カブス=1番・ボナファシオ(二)、2番・ルジアーノ(中)、3番・リゾ(一)、4番・シーアホルツ(右)、5番・カストロ(遊)、6番・レイク(左)、7番・バルブエナ(三)、8番・オルト(指)、9番・ベイカー(捕)、先発・ハメル(右投)

ヤンキース=1番・ガードナー(左)、2番・ベルトラン(右)、3番・エルズベリー(中)、4番・ソリアーノ(指)、5番・マッキャン(捕)、6番・ソラーテ(二)、7番・ジョンソン(一)、8番・アナ(遊)、9番・サイズモア(三)、先発・田中(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

田中将大、8回散発2安打に封じる完璧投球



ヤンキースは7勝6敗でアリーグ東地区2位。対するカブスは4勝8敗、ナリーグ中地区最下位。開幕してまだ間もない時期ではあるものの、既に明暗分かれた出足を切った両軍の激突となった。

1回表、1番・ボナファシオ。打率.392で今季既に盗塁7個を決めているスイッチヒッターの俊足打者が奇襲攻撃を仕掛けてきた。田中が投じた90マイルの初球、ヒット狙いのセーフティバント。その打球は投手前へ転がり、田中が無難に処理。僅か1球で1アウトを取る。

それにしても珍しい幕開けだ。NPBで初回先頭打者にバントヒット狙いの打撃をされたことがあっただろうか?気になったので、2012年まで記録を遡ってみたけど無い。(~2011年までは時間がないため未調査)

1死後、2番・ルジアーノは右打者。僅か2球で追い込んでいく。上々だ。内角を2度見せながらの、なかなか良い配球だったが、フルカウント勝負、外の投球が高めにはずれた。フォアボールで1死1塁。しかし、この後、カブスの中軸、3番、4番をいずれもセンターへのイージーフライに取り、立ち上がりをゼロでスタートさせている。

田中が素晴らしい立ち上がりを見せた直後の1回裏、ヤンキースが1点の先制に成功している。2番・ベルトランに今季4号ソロショットが飛び出し、これが先制弾になる。(NYY1-0CHC)

1点を先制して貰った田中は、その直後の2回表、初めて2塁に走者を背負っている。

1死後、この試合2度目のバントヒット狙いの攻撃を受ける。三塁線方向に転がったゴロを機敏に処理、間一髪で1塁はアウトのコールだった。。しかし、敵軍がチャレンジ権を行使、ビデオ判定の末、判定が覆りセーフになる。その後、7番打者の空振り三振時に二盗されたものの、8番の右打ちオルトに対し、低め変化球を連続して空振りさせての三振。なんなくピンチをしのでいる。

3回以降は田中将大の独擅場。6回まで4イニング連続での三者凡退投球を披露。地元ファンの心を鷲掴みにしていく。田中が好投を続ける中、味方打線が4回、5回にそれぞれ1点ずつを追加。リードは3点に広がった。

この日の田中はストライク先行が際立ったが、中でも3回表は絶品。打者3人に対し初球は全てストライク。3球目は早くも三振に取っているか、2ストライクと追い込んでいるかのいずれか。2つの三振と1つのゴロアウトで3回、カブス打線を三者凡退に退けている。

5回あたりから無駄球を極力使わないような組み立てになっていった。

6回、9番・ベイカー。この日初めてのヒット性の打球を外野に打ち返されてしまう。中前着弾のフライヒットコースと思われた。しかし、センターのエルズベリーが突っ込んできて球際で見事なスライディングキャッチ。田中もその守備を称える堅守で、ノーアウト1塁になろうかというピンチの芽を早々に摘み取っていく。

7回表、この回の先頭は左打ちのリゾー。この打者はひっぱり専門なのか、ヤンキースの内野陣はかなり極端な守備シフトを敷いていた。サードが本来のショートの守備位置に陣取るようなフォーメーションの中、本来いるべきところのサード前にリゾーにバントヒットを決められてしまう。

この日初めてのノーアウト1塁で4番シーアホルツの痛烈なピッチャー返しが田中の真っ正面を襲った。驚いたような格好の田中だったが、どうにかグラブを出していくものの弾かれて球が転々。すかさず遊撃手アンナがバックアップして1塁送球アウトになった。この当たり、中前へ抜けていればノーアウト2,1塁になっていただけに、大きなシーンとなった。

その後、5番打者を三ゴに取ると、7回2死から8回にかけて3者連続三振劇。8回2死走者なし、9番打者を2球で追い込んで0-2としたところで、ヤンキースタジアムが歓声に湧く。田中の三振を期待しての応援を田中も感じたのだろう、三振狙いでスプリットを落としにいったものの、ぎりぎりくらいつかれて本塁手前に当たり損ねのキャッチャーゴロ。4者連続はならなかったものの、8回を投げて無失点。日米通算30連勝、メジャー2勝目を挙げている。

田中将大4月16日カブス戦投手成績

田中将大、安全運転の2勝目



8回、打者27人、107球(1回当たり13.38)、被安打2(いずれもバント安打)、被本塁打0、奪三振10()、与四球1、無失点。

ヤンキースタジアムに昨年の防御率1点台、シーズン無敗で楽天を初Vに導いた田中将大が舞い降りたような、そんな印象を受けた。

寒さで指先の感覚が気になったり、スライド登板の影響もやや心配材料にはなったものの、そんなのどこ吹く風と、相手に点を微塵も許すことがない、圧倒的な安全投球。過去2回の失敗を踏まえて、この試合では立ち上がりから速球主体の組み立てをみせ、ストライク先行。

全体ストライク率は71.0%、初球ストライク率は74.1%、3球目2ストライク率も72.2%。自らの投球で自らリズムに乗っていくようなピッチングで、打者有利のカウントを常に作り出していた。

この日3ボール以上にしたのは四球を与えた打者1人だけという事実もさることながら、打者2球目にボール先行2-0にしてしまったのも僅かに1人と本当にコントロールが冴えていた。

打たれたヒットがいずれもバント安打。そのうち1本は1度はアウト判定になったもので、もう1本は極端な守備シフトを敷いていたがためにヒットになったものだった。完璧に打たれたヒットはゼロ。良い当たりも前述2本だけと、まさにマウンドを支配した。

上記表が指し示すように、ストライク寄与ファウルが18本とメジャー自己最多。それだけ相手打者は田中の球を捉えきれなかったということになり、球威も上々だったと言える。カブスの打者は4シームやシンカーなど速球系を打ちにいき、球の下側にバットを差し込むかたちになり、打ち上げ平凡センターへのフライアウトを量産することとなったた。スプリッターなど変化球のキレも鋭いものがあった。

右打者には内角を積極的に見せたのも、好投を支える要因になったと言えるかもしれない。

これで田中の防御率は3.21から2.05へ一気に良化している。

メジャーに来てからここまでの中でNo.1ピッチングだったのではないだろうか。

というわけで、本エントリーはここまで。


■配球図
20140417DATA02.jpg


■田中将大4/16カブス戦の107球詳細
20140417DATA03.jpg
20140417DATA04.jpg
20140417DATA05.jpg


当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/14配信最新号の主な内容は「ストレートの球種データから診る主要投手の出来、不出来」です。


◎◎◎関連記事◎◎◎
【予想】で、結局何勝する?! 田中将大、メジャー1年目の2014年成績予測
【記録】 田中将大 vs NPB打者通算対戦成績その2。大松尚逸、田中賢介、G.G.佐藤、本多雄一...マー君を得意にした打者10傑
本拠地ヤンキースタジアム初登場の田中将大。QS記録の7回3失点。10奪三振の101球~2014年4月9日●NYY4-5BAL


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

【試合評】内川にプロの洗礼を浴びた松井裕樹。イーグルス4位後退、借金生活へ~2014年4月16日(水) ●楽天イーグルス1-3ソフトバンク

スポンサーリンク




当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/14配信最新号の主な内容は「ストレートの球種データから診る主要投手の出来、不出来」です。





格の違いを見せつけられた松井裕樹vs内川聖一



三度目の正直ならず。ヤフオクドームのマウンドに登った松井裕樹は前夜の美馬と同様だった。立ち上がりの1回裏、早々に先制失点を奪われてしまう。今夜も苦しい展開でゲームは始まった。

出すと厄介な1番・本多。フルカウント勝負は本多に軍馬が上がっている。

外角高め速球を左前へ流し打たれ無死1塁。前日報道陣に「左投手なりのリードをします。松井君も器用だとは思うけど“何だ、このリード”と思わせるものを出したい」と抱負を口にした本多が、さっそく大きなリードで松井裕に揺さぶりをかけていく。

そのリードはまるで盗塁王を取ったときの聖澤のそれを彷彿とさせるものだった。両足がアンツーカーを越え、人工芝に出るほどの巨大なリードは松井裕にとって初体験だったはずだ。松井の2度に渡る1塁牽制後、あっさり二盗を決められてしまう。小関の送球も良かった。しかし、スピードを緩めず2塁へ滑り込んでいく本多の盗塁技術が上まわってセーフ。

その後、バントを挟んで1死3塁、バッターボックスには鷹の主軸。シーズン打率4割超え、直近5試合打率5割超えという化け物クリーアップを迎えていた。

その3番・内川。プロ入り時に対戦してみたい打者にその名前を口に出していた松井裕の落ち切らないチェンジアップを中前へ弾き返され、先制打。ホークスに1点が入る。なおも1死1塁で李大浩、長谷川。ここはストライク先行させて2者連続三振に取り、延焼を防いだ。(楽0-1ソ)

一方の楽天打線。1回表の1死2,1塁のチャンスでAJ三振、岡島盗塁死という三振ゲッツーに倒れ先制機をフイにしていた打線は、1点を追う3回表、この日、故郷の地でスタメンマスクをかぶった小関がセンターオーバーの先頭打者二塁打。

続く聖澤が絶妙なバントヒットでチャンスを広げて無死3,1塁、岡島は制球に苦しむ寺原からフォアボールを選んで、塁上全て埋まって無死満塁の絶好チャンスを迎えていた。

ここでバッターボックスは2番・藤田。昨年寺原を7打数5安打の.714と打ちこみ、1回の第1打席でも中前にクリーンヒットを弾き返していた藤田がしっかりお仕事。左翼へ打ち返したフライが同点犠飛となって試合は振り出しに。(楽1-1ソ)

なおも1死2,1塁で3番・銀次、4番・AJという場面だったものの、銀次は相手バッテリーの内角攻めに遭い、2ストライクから3度ファウルで粘ったものの、ラストは外角低めに落とされ、空振り三振。4番・AJの打席時、二走・聖澤&一走・岡島の重盗が失敗。2塁で岡島が刺されてしまい、勝ち越しチャンスを逸してしまう。

1回の三振ゲッツーでの藤田三盗死といい、このシチュエーションといい、今季のイーグルスは盗塁による犬死が大変多い。まるで指揮官の焦慮が表れているかのような場面になった。

同点にしたとはいえ、なおも続いた得点圏で同点止まりとなったのが試合の流れを変えてしまったのか、1番・本多から始まる3回裏、松井裕は自らの3四球も絡んで2点を失っている。

先頭・本多との勝負はまたしてもフルカウント。ラスト外角低めの誘い球をガマンされてフォアボールで1塁に歩かせてしまうと、バントで送られ1死2塁、打席は先制打の内川。

初球ファウルを打たせ、2球目インハイ釣り球でもう1本ファウル。狙い通りに0-2と追い込んでからの第3球だった。

もっと低めに誘いたかったチェンジアップが、思うように低めボールゾーンへ落ちていかない。そこを狙われた。バット一閃の飛球はラインドライヴを描き、レフトを守る後藤の真っ正面へ。

これが経験のある外野手なら、フライアウトにしていたかもしれない。

しかし、後藤は今年になって初めて外野を守ることになった急造外野手だった。真っ正面に飛来するライナーは捕球するのが難しいのだ。目測を誤った後藤が懸命にジャンプ一番を見せるも、その頭上を越えていくタイムリーツーベース。ソフトバンクに勝ち越しの1点が入る。(楽1-2ソ)

1死2塁、4番・李大浩には3-1から四球、5番・長谷川には3-1、3-2から四球。いずれもボール先行で自らの首を苦しめると、1死満塁、松田にライトへ犠飛を打ち返され、さらに1失点。(楽1-3ソ)

結局、この2失点が重くのしかかってしまうソフトバンク5回戦になった。

経験に乏しい後藤を攻めることはできない。あの場面、目測を誤ったのは、ハイリスクを承知で後藤を外野で起用するベンチの責任。4番の打席で2度に渡る盗塁作戦を採って士敗したのと同様、投手陣と打線の歯車がなかなか噛み合わないことに対する星野監督、首脳陣の焦慮が采配、起用の拙さとなって、失点となって表れたと言えるシーンになった。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

4回以降調子を上げた寺原。楽天6、7、8と三者凡退



同点に追い着かれた直後、すぐさま2点を勝ち越してもらって調子に乗っていったのはホークスの先発・寺原だった。

それまで不安定だった寺原のコントロールが徐々にまとまりを帯びていく。先頭AJは外のスライダーをひっかけての三ゴ。続く後藤は低めボール球に泳がされてのピッチャー正面ハーフライナー。松井稼への外角投球が素晴らしく、外の際どい誘い球に手を出して三振に倒れてしまった。

3点を失った松井裕はその後も冴えない。4回、5回も得点圏に走者を背負った。

5回は先頭・内川に猛打賞となる三塁線を破る二塁打を打たれて無死2塁。その後2四球などで1死2,1塁~2死3,1塁、2死満塁のピンチを作りながらも、どうにか鶴岡を三振に取り、危機を脱出。しかし、6四球が響くかたちでこの時点で球数すでに101球。5回で無念の降板となった。

一方の寺原は7回まで投げた。

5回表、イーグルスは2本のヒットを集めて2死2,1塁のチャンス。打席は寺原を得意とする藤田だったが、立ち直りをみせた寺原の前にイージーな三ゴ。その後、6回、7回を三者凡退に封じられてしまうと、8回は岡島の前に3人で凡退。

9回、サファテから貰った2四球で無死2,1塁の貰ったチャンスで代打・枡田が1度もバットを振ることなく見逃し三振に倒れるなど、覇気がない。結局、1-3で福岡2連戦はイーグルスの連敗で終えている。

これでチーム成績は8勝9敗の借金1。順位は4位に後退。単独1位のホークスとのゲーム差は3.5に、5位・ロッテとは0.5に、6位・西武とは3.5になっている。

7番・DH嶋基宏、機能せず



嶋のDHスタメン起用は2011年5/11日本ハム戦(7番・DH)以来、2度目。マスクを小関に譲ったのは、小関が福岡出身であること、結果の出ていない松井裕のリードを同じ若手の小関に任せ、空気を変えてみたかったこと。そんな指揮官の狙いがあるかもしれない。また、寺原の左右打者別被打率をみると、右打者.304に対し、左打者.043。右打者を増やすべく、打撃好調な嶋をDHで起用し、同じ右打者の小関にマスクをかぶらせるという考えだったのかもしれない。

その嶋だが、3の0。全て内野ゴロ凡退と機能しなかった。

残念だったのは2点を追う7回表、1死後でまわってきた第3打席だった。

初球、2球、寺原の投球が完全なボールになる。3球目もはずれてボール先行3-0。完全有利な状況だった。しかし、3-1からの5球目、外を狙った速球がシュート回転して真中高めボールゾーンに抜けてきたところに手を出しファウルを打たされてしまう。見逃していればフォアボールだった。寺原から2安打を放っていた小関に走者を置いた状況で打たせたかった。結局、小関もあっさり凡退したものの、嶋が出ていれば、小関の打撃も、寺原の投球もまた違った結末になっていたやもしれない。嶋なら見逃すことができたはずなので、それだけにもったいないシーンになっている。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(一)、5番・後藤(左)、6番・松井稼(遊)、7番・嶋(指)、8番・小関(捕)、9番・聖澤(中)、先発・松井裕(左投)

ソフトバンク=1番・本多(二)、2番・今宮(遊)、3番・内川(左)、4番・李大浩(指)、5番・長谷川(右)、6番・松田(三)、7番・柳田(中)、8番・鶴岡(捕)、9番・中村(一)、先発・寺原(右投)


20140416DATA02.jpg
HANREI3.jpg

もったいないから もったいないから



2点ビハインドの6回裏、相手の攻撃が左打ちの9番・中村から始まる場面、楽天ベンチが二番手としてマウンドに送り出したのは連投となる西宮悠介だった。

解説・柴原洋氏、実況・信川竜太アナは星野監督らしい起用とコメントしていた。

そう、前夜、中村に今季1号ソロをくらっていたのは西宮だったのだ。その翌日、さっそくリベンジの舞台をセッティングしたのが闘将流というわけだ。なるほど、頷ける解説である。

結果はフルカウント勝負で右前安打。痛烈に1,2塁間を射抜かれて出塁を許してしまった。その後1死2塁とスコアリングポジションに走者を背負った西宮だったが、後続を絶った。ナイスピッチングだった。

しかし、もったいない起用になった。

指揮官の狙いは理解できるものの、一方で西宮は既に投げすぎの身である。

開幕して既に8試合を投げていた。これはパリーグ救援投手で1位・増井、サファテの9試合に次ぐ3位タイの登板数だった。それに引き換え同じ左腕の金刃は6試合。4/12ロッテ戦以来、登板がない。

現在、1軍登録されている救援左腕で最も安定感のあるピッチングをしているのは金刃ではなく西宮である。今後も接戦時の投入が増えるものと思われ、開幕直後、2点負けている展開で無駄使いする必要が果たしてあったのか?首をかしげざるをえない起用法になった。ここは西宮温存、金刃で良かったのではないか。

7回8回は福山が登板している。福山はこのマウンドが8試合目。4/11ロッテ戦から中4日の登板となった。しかし、福山も投げすぎで、特に福山はオープン戦でもチーム最多の8試合登板とフル回転しており、いつコンディションが落ちるのか?鮮度が失われてしまうのではないか?と気がかりなのだ。

この日は結果的に2イニングをゼロに抑えたものの、真っすぐがシュート回転して真中高めに入るシーンがしばしば見受けられ、少しヒヤッとさせられた。

まだ2点差だったから、最後の最後まで勝ちにいくという姿勢での西宮、福山起用になったのかもしれないが、無理する場所出ない場面で無理をさせて、この後、彼らが倒れてしまったら、それこそ困るのは指揮官である。

現代野球は6回終了時点で負けているチームの勝率は限りなく低くなっている。逆転勝利の楽天と言われた初Vの昨年ですら6回終了時に負けた展開での勝率は9勝40敗の.184だった。まだ開幕したばかりで、順位を争う重要どころではないだけに、もったいない起用になったと思わざるをえない場面になった。

星野監督、佐藤コーチには特定の誰かに疲労が集中するブルペン運用ではなく、もっとメリハリのある、疲労を分散させていくような賢い運用を望みたい。

20140416DATA03.jpg

松井裕樹を1軍で使い続けるのは、松井裕樹のためなのか?



5回、打者26人、101球(1回当たり20.20)、被安打5、奪三振4、与四球6、失点3、自責点3。

「調子自体はそんなに悪くはなかったのですが、無駄な四球が多かったことと、内川さんに勝負球を打たれたことが全てです」

スポニチが3敗目を受けて「松井裕 5回3失点で3連敗 2軍行き?課題の四球克服できず」という見出しの記事を報じている。

私も同感の思いである。1度下で調整させる時間をしっかり作ってやることも首脳陣の役割だと思う。

あくまでも連覇を狙うチーム目標とハイリスクを背負いながら松井裕を使い続けて育成する選択肢を、どのように天秤にかけていくのだろうか? そもそも、1軍で使い続けて育成とは聞こえが良いものの、松井裕のためになるのかどうか。2005年、松井裕と同じく鳴り物入りで入団した一場のその後の結末を、皆さんも良く御存じのはずだ。

開幕ローテに入り4/12フルスタでのソフトバンク戦に先発。5回途中8安打5三振3四球4失点で敗戦投手。以来、開幕7連敗の黒星ロードが続いた。この連敗トンネルで一場はメンタル的に相当ダメージを被ったものと思われる。もちろん一場本人にも問題はあったのだろうけど、決してそればかりではない。一場を潰したのは楽天だったと言える要素は確かに存在するのだ。


◎〔雑感〕一場靖弘を潰したのは、楽天イーグルスだったのかもしれない


当時は新興球団。一場に頼らざるをえない極貧のチーム事情が存在していた。しかし、今や初Vに輝いた楽天である。ゴールデンルーキーの将来性を摩耗するような無理をさせてまで、松井裕に頼る必要はないと言える。下には永井、上園、戸村らが控えている。困ったときのボブさんも健在なのだ。首脳陣がどのような判断をくだすのか、注視していきたい。

※追記:あと1試合チャンスを与えてもいいかもしれない。というのは、来週は現在極貧状態に陥っているライオンズ戦だからだ。また、西武は左投手に弱いというチーム事情も抱えている。松井裕樹のプロ初勝利の可能性も高いのでは?と考えることができるからだ。


20140416DATA04.jpg
20140416DATA05.jpg

寺原、史上3人目13球団からの勝利達成



7回、打者26人、97球(1回当たり13.86)、被安打5、奪三振3、与四球2、失点1、自責点1。

海を渡った田中将大はNPBにいたとき、味方得点直後のイニングや、失点直後のイニングはこれ以上点をやらないようにと強い決意でマウンドに登っていたという。その気迫が今のイーグルス打線には感じられない。

今日の寺原は特に立ち上がり、不安定な要素がそこここにあり、いつものように攻略できる下地は十分にあった。しかし、結局2回にあげた1点止まりになってしまった。

特に酷いと感じたのは、4回表もそうなのだが、1点を先制された直後の2回表の攻撃である。後藤、松井稼、嶋が僅か6球で三者凡退に倒れてしまったのだった。

1回裏の長かったピンチを切り抜けベンチに帰ってきて一息つく暇もないまま、松井裕は2回裏のマウンドに登ったと言える。新人の松井裕が流れを作れない現状、先輩である打線が流れを引き寄せていかないと、このような試合になってしまう。

寺原の甘い球を悠々見逃してストライクを取られた楽天打線



寺原の見逃しストライク率が24.7%もあったのは、楽天打線が悠々とストライクを見逃していたことを表している。特に初球ストライクゾーンの真中近辺に来た打ちごろを見逃してしまうケースが多かった。

特に後藤。4回(投直)、6回(左飛)の打席は初球は真中のストライクだった。甘い球を見逃し、ボール球に手を打してしまう。特にこの日の後藤は酷く、二ゴ、投直、左飛、いずれもボール球に手を出しての凡退劇だった。


◎◎◎関連記事◎◎◎
《松井裕樹の登板試合》
【試合評】難路となった松井裕樹のプロデビュー戦、なぜ松井稼頭央は不在だったのか?!~2014年4月2日(水) ●楽天イーグルス1-7オリックス
【試合評】 独り相撲を演じた松井裕樹のプロ2試合目先発登板~2014年4月9日(水) ●楽天イーグルス2-5日本ハム
《前日の試合評》
【試合評】1番・岡島、2番・藤田、3番・銀次、枕を並べてノーヒットは今季初~2014年4月15日(火) ●楽天イーグルス1-4ソフトバンク


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】1番・岡島、2番・藤田、3番・銀次、枕を並べてノーヒットは今季初~2014年4月15日(火) ●楽天イーグルス1-4ソフトバンク

スポンサーリンク






三度目の正直はどこへいった?!



4/1オリックス戦は5回途中4失点、4/8日本ハム戦で5回5失点。昨年の日本シリーズでMVPに輝いた美馬は、シーズン入って期待を裏切るピッチングが相次いでいた。敵地ホークス2連戦の初戦となった本試合は、三度目の正直を見せる舞台になるはずだった。

しかし、5回途中7安打4四球3失点。立ち上がりの初回に2点を先制されると中盤の5回に追加点を奪われ、塁上に走者を残して西宮にバトンタッチする無念の降板となった。これで2敗目。

前日、美馬は報道陣に「ブルペンの状態はずっといい」と語ったという。降板後のコメントも「今日の調子自体は悪くなかったです。前回よりもずっと良かったと思います。ただ、やはり四球をあれだけ出してしまっては話しにならないです」と語っている。

調子は良いのに3試合連続で結果が出ない。このもどかしさが美馬本人、首脳陣、我々ファンを覆う何とも言えない敗戦になってしまった。

これでチーム成績は8勝8敗の五分。順位は日本ハムと並んで3位タイ。1位タイのホークスとオリックスとのゲーム差は2.5に広がっている。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆4/14配信最新号の主な内容は「ストレートの球種データから診る主要投手の出来、不出来」です。


ユーキリス、左手の親指突き指で先発からはずれる



両軍のスタメン

心配されていた嶋がスタメン復帰。一方、ユーキリスが先発からはずれている。中継でのベンチリポートによると、4/11ロッテ戦で左手の親指を突き指。その後も試合には出ていたものの痛みが引かないため、今日になって病院に行ったとのこと。調べてみると2回角中のファーストへの当たりを身体を倒して止めた時に突き指してしまったのだろうか? 心配である。

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・後藤(三)、6番・松井稼(遊)、7番・枡田(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・美馬(右投)

ソフトバンク=1番・本多(二)、2番・今宮(遊)、3番・内川(左)、4番・李大浩(指)、5番・長谷川(右)、6番・松田(三)、7番・柳田(中)、8番・鶴岡(捕)、9番・中村(一)、先発・スタンンリッジ(右投)


20140415DATA04.jpg
HANREI3.jpg

2番打者の巧打で始まったホークス4回戦



ヤフオクドームに乗り込んでのソフトバンク4回戦は、両軍2番打者の巧打で幕を開けている。

1回表、楽天は2番・藤田が魅せた。2-2からのスタンリッジ内角投球を逆方向へ巧打。弾き返した当たりはフライとなってショート後方に落ちようかというヒットコースだった。しかし、相手遊撃手・今宮の背走ジャンピングキャッチに遭い、遊飛。銀次も初球を打って三ゴに倒れ、イーグルスは初回の攻撃を三者凡退で終えていた。

その直後の1回裏のことだった。5試合連続安打中の2番・今宮が美馬の戦意を挫くような巧打をみせ、そこから美馬が崩れて2点を失った。

0-2と追い込んでからの外角低めで誘ったフォークボール。その落ち際を今宮に軽打で上手くひろわれ右前へ運ばれてしまう。ふらふらっとよろけた美馬に間髪入れず、内川が襲いかかってきた。内角シュートにバットを折りながらも左前へ運ぶシングルヒット。

1死2,1塁で4番・李大浩。ここで3-1とボール先行にさせてしまったのが、まず拙かった。ファウルを打たせた後のフルカウント勝負。続く5番は今季も好調、昨季は11打数5安打と美馬を打ちこんでいた長谷川が控えていた。ここで李大浩にフォアボールを与えるわけにもいかない。前門の虎、後門の狼という緊迫した状態で投じた145キロ速球の制球が狂ってしまった。甘く入ったところを中前へ弾き返され、先制打。

この後、長谷川四球で再び満塁になり、松田にセンター後方へ犠飛を打たれて、2失点。なおも、柳田にも四球で2死満塁、鶴岡にも粘られて6球目でようやく空振り三振に取ったものの、1回だけで31球を費やした美馬だった。(楽0-2ロ)

1、2回三者凡退に封じ込められた楽天は3回表、チャンスを作る。1死後、嶋がお得意の右打ちで右中間を割る二塁打でチャンスメイク。しかし、聖澤、岡島が凡退。得点ならず。

2回こそホークス打線を3人で終わらせた美馬だったが、3回以降、降板するまでの5回まで毎回得点圏に走者を背負う苦しい内容が続く。

3回裏は1死後、先制打の李大浩に初球、2球とカーブを続けた所を今度は左中間フェンス直撃二塁打をくらう。長谷川にはこの試合2個目のフォアボール。1死2,1塁で松田を併殺打に取り、辛くも難を逃れる。

4回裏、初めて先頭打者の出塁を許す。先頭・柳田の二遊間、ショートの右を襲った痛打が松井稼が差し出したグラブの下を射抜いて左中間へ。柳田の好走塁で一気に2塁に進まれ、ノーアウト2塁のピンチ。その後バントで送られ1死3塁、中村の二ゴ時に三走が本塁に突っ込むも、嶋の好ブロックで失点を許さない。

防戦一方になりながらも辛くもしのいできた美馬は、5回裏、遂に追加点を奪われてしまう。

2四球で貰ったチャンスに嶋が併殺打で凡退した直後のことだった。1死後、ホークスの強力クリーンアップが牙を剥いた。内川&李大浩の短長連打攻勢で3,2塁のピンチに立たされた美馬は、続く長谷川に左翼ポール際の深い所へ犠飛を打たれ、ソフトバンクに3点目が入る。(楽0-3ソ)

なおも、松田に粘られて四球を与え2死3,1塁、左の柳田を迎えた所で無念の降板となった。

二番手は西宮。美馬が残したピンチ、見事火消しに成功したものの、回またぎの6回裏のことだった。9番・中村に今季1号ソロ弾を献上。ソフトバンクに4点目が入る。(楽0-4ソ)

追いかける立場のイーグルスは、6回以降4イニング連続で先頭打者の出塁に成功。無死1塁という反撃の橋頭堡を作ったまでは良かったものの、ホークス内野陣の堅守に遭い、2本の併殺打でチャンスを潰してしまう。9回表1死3,2塁、銀次の三ゴ時に1点を返すのがようやっとという状況で、結局、1-4で敗れている。

備忘録として書いておくと、7回表、青山が自作自演で作ったノーアウト満塁のピンチをゼロでしのいだが、だから何だ?!って感じになってしまったのが寂しいところである。

試合のカギ1:初回の2失点



この試合、明暗分けたカギと言えるポイントは初回にあった。今季、楽天が田中不在でYJ砲がいまひとつ調子が上がらない中、勝率5割をキープできているのは、数多くの試合で序盤に先制点を奪い、味方先発陣は初回に失点をしてこなかったからだ。序盤の投打の噛み合わせの良さがイーグルスがここまでなんとか戦うことができている一要因になっている。

しかし、今日は美馬が初回に捕まり、4/2オリックス戦以来、今季チーム2度目の初回失点を喫してしまった。一方、打線は初回から飛ばしてきたスタンリッジの好投に後手後手を踏んでしまった。

試合のカギ2:6回無死1塁で岡島凡退



もう1つのカギは、初めてイニング先頭打者を出して無死1塁のかたちを作った6回表の攻撃だろう。

先頭・聖澤がスタンリッジから通算13打席目にしてヒットを放ち1塁へ出ると、打席は岡島。スタンリッジにコースいっぱいを攻められ、僅か3球で1-2と追い込まれてしまった岡島。しかし、そこからファウルで3度“らしい”粘りを見せていく。ここで岡島がどんなかたちであれ出塁に成功すれば無死2,1塁となり、絶好調の藤田に打席をまわすことができるというシーンだった。

しかし、1-2からの第7球に思ってもみなかったカーブを投じられ、体勢泳がされての空振り三振。残念なシーンになってしまった。9回は無死1塁、岡島がスタンリッジから四球を奪って無死2,1塁を起点に1点が入ったこと等から、6回のあの場面、岡島が活路を切り開いていたら、また違った結果になっていたかもしれない。

20140415DATA05.jpg

3試合連続でゴロ率50%を切る美馬学



4回2/3、打者24人、84球(1回当たり18.00)、被安打7、奪三振3、与四球4、失点3、自責点3。

星野監督の美馬評「美馬は、コントロールがアバウト。それに尽きる。不用意だったな。よく3点に収まったよ」

指揮官のコメントに尽きる、そんな美馬だった。この日、84球を投げた美馬だったが、そのうち22.5%に当たる19球が完全なボール球になっていた。コースの際どい所を攻めたり、クサい所を誘ったりといった意図あるボール球ではなく、完全なボール球だ。そんなボール球に手を出してくれるのは、高めが大好きな松田ぐらいで、そのほとんどがそのままボールカウントになっていた。

結果、早めに追い込むことができずカウント構築にも苦労。こうなってしまうと相手は必然的に狙い球やコースを絞り易くなってしまう。

美馬自身は調子が良いと口にしているものの、やっぱり、どこかしら違和感が発生しているのだろう。何より懸念されるのは、好調の時はゴロを打たせて取る投球が持ち味の美馬が、ここまでゴロ率が5割を切ってしまっていることだ。

4/1オリックス戦38.5%
4/8日本ハム戦43.8%
4/15ソフトバンク戦25.0%

飛びすぎる使用球の影響では済まされない、もっと重大な狂いが発生していると言えるのでは?と思う。

前回降板後に「投球の基本のストレートをしっかり投げられるように修正していかないといけない」と語った美馬。しかし、この試合でも逆球が多いなど制球が悪く、シュート回転して甘く入ったところを打たれるなど、3本のヒットを許し、これでストレート被打率は.462としている。

早くも正念場。指揮官は先発ローテの入れ替えを決断するのか?それとも美馬に任せるのか?注目していきたい。

20140415DATA06.jpg

20140415DATA07.jpg

今季初勝利のスタンリッジ、楽天自慢の左打者を封じる



8回1/3、打者29人、117球(1回当たり14.04)、被安打4、奪三振4、与四球4、失点1、自責点1。

今季のスタンリッジは対戦打者の左右で明暗分かれる投手成績を示していた。試合前時点での左右打者別の被打率は下記のとおり。

vs右打者.333、27打数9安打2本塁打
vs左打者.200、20打数4安打

左打者を.200に抑えているその傾向が、たまたまだったのか?あるいはフロックではなく実力なのか?という点に注目して観戦した。

結果は、楽天の左打者は20打数4安打の.200。まさに前評判どおりに抑えられてしまったのだ。特に1番・岡島、2番・藤田、3番・銀次の上位打線3人いずれもノーヒットに終わってしまったのが、痛い。(藤田は巧打が好守備に遭ったり、野手正面を突いたり不運な部分もあった) ユークの代役で5番に入った後藤も3打数1三振に倒れている。

1回から3回までは速球、スライダーを主軸に組み立てられ、4回以降はカーブ、チェンジアップを効果的に用いられ、狙い球が絞りにくくなったこともあったかもしれない。楽天打線の1試合4安打は今季最少タイの本数になっている。

▼左打者の内角に全体の30.1%、29球が集まっている。特にインコースに入るスライダーが厄介な球として機能していた。
20140415DATA08.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
《美馬の登板試合》
【試合評】 8回裏1死3,1塁、AJを併殺に取ったオリ比嘉幹貴のAJ殺しのスライダー~2014年4月1日(火)●楽天イーグルス2-4オリックス
【試合評】北の大地で桜咲く。今季初の先発全員安打でファイターズを撃破!~2014年4月8日(火) ○楽天イーグルス11-7日本ハム
《直近の試合評》



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI






テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

企画参加したスポーツ雑誌
Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
facebook聖澤選手応援ファンページ
facebookに聖澤諒選手のページを作成しました。ほぼ毎試合の聖澤選手にフォーカスした寸評、聖澤選手ブログ更新情報やニュース記事、各種記録やデータなどをアップデート。現在483人が「いいね!」と言っています。目指せ500人!!
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最新記事
主な過去記事
楽天イーグルスの話
◎〔図表〕得失点差 1試合平均得点&失点 年度別推移
◎〔一覧〕2012年試合評
2013犬鷲通信簿
島内宏明戸村健次中島俊哉聖澤諒永井怜枡田慎太郎
2013年ゾーン・コース打率
聖澤vs右聖澤vs右ジョーンズvs右ジョーンズvs左銀次vs右銀次vs左枡田vs右枡田vs左岡島vs右岡島vs左島内vs右島内vs左松井稼vs右松井稼vs左 二軍選手2013年成績
北川倫太郎中川大志榎本葵森雄大武藤好貴小関翔太島井寛仁柿澤貴裕下妻貴寛大塚尚仁三好匠小斉祐輔神保貴宏阿部俊人
2012-2013惜別─
フェルナンデス中村真人草野大輔下柳剛本西厚博山村宏樹川岸強有銘兼久岩村明憲高須洋介
その他
マギーのメジャー打撃成績
一番靖弘潰しは楽天のせい?!
昨年の走塁ミス。前年との比較
プロ1年目。田中vs釜田どちらが凄い?!
プロ野球、パリーグの話
2012年パ投手別の許盗塁記録
2012年パ投手別の併殺打記録
2012年パ球団別得点内訳
2012年パ球団別失点内訳
2013年レンジファクター
右翼左翼中堅三塁二塁遊撃
統一球で右投左打は不利。これって本当?
右投左打のホームランは本当に激減したのだろうか?
小関順二氏の右投左打神話崩壊説を否定する
統一球の影響をビジュアルで確認
打率ヒストグラム
長打率ヒストグラム
OPSヒストグラム
盗塁の話
プロ入り5年盗塁順位
岩隈久志投手の話
◎メジャーでさらなる進化を見せたクマの絶対球フォーク
◎2012試合評
◎2012打者別対戦成績:LAATEXOAKNYYTB、TOR、BALCLECWS、DET、MIN
ダルビッシュ有投手の話
〔記録〕NPB登板日別投手成績(LNA1977さんのサイトでどうぞ)
〔記録〕NPB被本塁打明細表
〔記録〕NPB対戦チーム別勝敗表/楽天戦登板日別投手成績
〔記録〕楽天vsダル打者別対戦成績
松井秀喜選手の記録
私が愛読するブログ「野球の記録で話したい」さんでどうぞ
〔記録〕NPB332本塁打の明細
〔記録〕MLB175本塁打の明細
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク2
楽天イーグルスファンのブログ、他球団ファンのブログなど。2013年まで相互リンクを募集していましたが、現在は受付けておりません。
リンク3
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
歴代9位。虎の盗塁王が今こそ明かす初の盗塁論
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
2013年人気記事TOP10
上記は月間ですがこちらは年間です。Google Analyticsで集計。期間=2013年1/1~12/31
歴代人気記事TOP15
Google Analyticsで集計。期間=2011年1/1~2013年12/31
興味が尽きない2番打者論
今まで実現不可能だった対談が実現!
和製・野球抄
セイバーメトリクスファン必携!
野球の観方が変わる劇的な1冊

弱小球団オークランドアスレチックスの奇跡。野球で挫折した男ビリー・ビーンが野球で栄光を掴む成功物語。現在、僕にとっての座右の書。考える野球がお好きな方、未読でしたら是非!ブラッド・ピットがビーン役で主役を演じる映画も2011年公開された。
セイバーメトリクス入門書に最適

08年出版。スポーツ紙のどこにも書いてない、セイバーメトリクスを筆頭とする様々な切り口・視点でのチーム分析は、参考になる部分が多々。今なおひっくり返して確認することがしょっちゅう。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
ジオターゲティング

ジオターゲティング
RSSリンクの表示