お知らせ

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
facebookページでブログ更新情報をお届けします
---------------------------------------------------------------
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。
NewsPicksもやっています。IDはeagleshibakawaです。「最近使うSNSはもっぱらNPなんだよね」という方にお薦め。

---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!! 登録初月は購読料は無料!!
---------------------------------------------------------------
昨年8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始・祝祭日除く)、月額514円(1通当たり約129円)。読者登録初月は購読料無料のサービス中。購入方法(まぐまぐと直接販売)など詳しいご案内やバックナンバー一覧/詳細はコチラでどうぞ。
まぐまぐの読者登録はhttp://www.mag2.com/m/0001609734.htmlから。
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。
◎10/22Vol.061 : 則本昂大が2年目で最多奪三振を取ることができた「さらなる理由」
◎10/27Vol.062 : 2軍投手12人をゴロアウト型、フライアウト型に分類する
◎11/3Vol0.63 : フェニックスリーグ参加選手の打撃成績・完全版
◎11/10Vol.064 : 2ストライク以降アプローチで診る主要打者「粘り」適性検査
◎11/17Vol.065 : 一軍主要打者のBatted Ball、Plate Disciplineデータ調査
◎11/24Vol.066 : 楽天一軍投手の許盗塁数、許企図数


雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。しばらくの間、月1で寄稿していきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を


◎2014年試合評INDEXはコチラをクリック。


◎三好匠・・・最多の場数を与えられた期待の若鷲
◎内田靖人・・・高卒1年目で二軍7本塁打。将来の4番打者
◎今野龍太・・・12球団一番最後ドラフト指名。無名右腕高卒1年目その挑戦
◎相沢晋・・・新人で1軍登板叶わなかったオールドルーキーその1年目
◎北川倫太郎・・・後退の高卒3年目。来季は早くも正念場?!
◎榎本葵・・・チーム唯一の初回先頭打者本塁打。5月には8打席連続安打も
◎古川侑利・・・新人8投手1番乗りの完封勝利
◎相原和友・・・地元宮城が生んだゴロアウト左腕、その1年目を振り返る
◎阿部俊人・・・徹底した逆方向でキャリアハイの成績
◎森雄大・・・【記録】 闘将期待の原石、どこまで磨かれた?

blogtopcolum2014.jpg
その他の主なエントリー一覧はコチラをクリック。

◎楽天・星野政権4年間その功と罪を検証する
(1)繰り返されたコンディションに考慮しない選手起用法。多かった投手の手術数


⇒2012年試合評INDEXこちらにまとめました。
⇒2013年試合評INDEXはこちらにまとめました。
⇒2014年試合評INDEXこちらにまとめました。



◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その2。マー君を得意にした打者10傑
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その1。マー君がカモにした打者10人
⇒2014年試合評INDEXこちらにまとめました。

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【記録】 闘将期待の原石、どこまで磨かれた?~楽天・森雄大2014年1軍2軍投手成績詳細(シーズン終了時データ)

スポンサーリンク



2年目左腕の成績を振り返る



まだまだまとめていない選手も多いので、引き続き、2軍選手の2014年成績を確認していきたい。

ここまで三好匠内田靖人今野龍太相沢晋北川倫太郎榎本葵古川侑利相原和友を取り上げてきた。

今回は2年目のシーズンを戦い、楽天デーでプロ初勝利を挙げ、三木谷オーナーを喜ばせた背番号16、森雄大の1軍2軍成績を振り返っていきたい。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


闘将が評した逸材左腕、2年目の今季1軍で2勝をマーク



「3年で出てくればいい。預かる指導者も大事になる。あれだけの投手はなかなかいない」。

2年前のドラフト直後、星野監督がそう評した高卒左腕の逸材は、絶対エースの退団というチーム事情もあり、今季1軍デビューを果たした。

オープン戦では4試合に登板。合計13イニングを投げ、15安打9三振12四球の7失点。防御率4.85と決して成績を残したわけではなかったが、指揮官は将来を見据えて森を開幕ローテに抜擢。そこには、1歳年下の新人・松井裕と切磋琢磨させようという狙いもあった。

4/3コボスタでのオリックス戦でプロ初登板・初先発の舞台を踏むと、1軍では8試合に登板。防御率5.52、2勝3敗の成績を残した。一方、ファームでは11試合全てに先発登板し、防御率4.67、2勝5敗の成績。

ポテンシャルの高さを垣間見せながらも、まだまだ粗削りな部分が正直、多い。掲げた目標「1軍で5勝」に届かず、2年目の飛躍とはいかなかったようだ。

まずは年度別の投手成績をチェックしてみたい。

■楽天 森雄大 年度別 投手成績


まだまだ改善の余地ありも、1年目と比べて制球力・奪三振力が改善



満足のいくものではないものの、2軍では成績の改善に成功している。特に制球力と奪三振能力だ。

奪三振率は1年目は5.27だったが、2年目の今年は6.92に上昇(イースタン平均6.41)。歩調を合わせるように与四球率は5.49から3.63(同3.11)の削減に成功した。これに伴い、K/BBは0.96から1.90まで改善されている。これはリーグ平均値2.06に肉迫する数字だ。

コントロールの部分が改善されたことで、被打率は.266から.286に2分の悪化になったものの、防御率は5.71から4.67へ(同3.72)、WHIPは1.63から1.52へ(同1.37)と良化している。

もちろん、繰り返すようだが、まだまだ物足りない。防御率、WHIPはイースタン平均値に遠く及ばないのが確認できる。しかし、確実にステップアップしているように思われる。

8試合投げた1軍では防御率5.52、WHIP1.81と散々。被OPSは.874とかなり悪い数字。奪三振率は6.75を記録し、2軍のそれをやや上回る値をみせたが、与四球率が5.83と悪化。562球を投じた1軍ストライク率は57.3%。目安が66%前後とされる中、約10%低い値で、同じ左腕の松井裕の61.2%をも下まわる数字だった。これを見ても、制球力の改善は引き続きの最優先課題だ。

ゴロ率は44.0%とやや少なめ。被本塁打は2本に抑えることができたが、これは僥倖というべきもの。(安打凡打問わず)打たれた外野飛球40本のうちウォーニングゾーン以遠の大飛球は15.0%を占める6本と多かった。

次に、投手成績を試合別にざっくり確認してみよう。

■楽天 森雄大 2014年 1軍 試合別 投手成績
20141126DATA05.jpg

三木谷オーナーを喜ばせたプロ初勝利



プロ初登板・初先発は開幕2カード目のオリックス戦。4/3の試合だった。この試合、味方打線は相手先発・井川の前に5回散発2安打無失点。森は6回途中2失点。無援護に泣くかたちになったが、その実、森の投球内容も芳しくなかった。打たれたヒット6本のうち4本が長打。対戦打者24人中、ボール先行2-0が7人。凡打の中にも痛打が多く、岡島や銀次の好守に救われる場面も目立っていた。

初勝利は前述の楽天デーとなった4/24東京ドームでの西武戦。この日は序盤から味方打線が爆発。相手先発・岡本洋、二番手・西口から3回までに大量5得点。この援護が効いた。この日もストライク率は56.8%。ボール球が目立つ制球難だったが、「ボール自体は良くなかったけど、気持ちです」という投球で3回まで無安打投球。5回には1死満塁の危機に立たされたが、炭谷を2-0からの真っすぐで併殺で切り抜けるなど、6回1失点で三木谷オーナーを喜ばせた。

2勝目は5/1本拠地ロッテ戦。立ち上がりの1回表、フォアボールで出したランナーをボークで得点圏に進めてしまい、井口の適時打で先制点を失ったが、直後、AJの2ランで逆転。しかし、3回表、先頭打者に四球を与えると、その後、3番・井口、4番・サブローの相手中軸に連続二塁打を浴び2失点。試合をひっくり返されてしまったが、中盤に味方打線が嶋の逆転2点適時打、岡島のスクイズ、AJのソロ弾など先発・唐川以下ロッテ投手陣を完全攻略。そのこともあって5回3失点で白星を手中に収めている。

■楽天 森雄大 2014年 2軍 試合別 投手成績
20141126DATA04.jpg

悔いを残した21Uワールドカップ



5/14オリックス戦では3回途中4失点のKO劇。翌15日に1軍登録抹消された。しかし、これは好投しても抹消だったのだろう。交流戦で先発ローテの枚数が減るため、当初からこの時点でファーム行きになっていたかと思う。以来、9月下旬に再登録されるまで2軍で汗を流している。

ファームでは11試合全て先発起用された。クオリティスタートは僅かに2試合。1イニング平均球数も16.82と多かった。7/2利府でのヤクルト戦では4回14安打8失点と派手な炎上をみせた。投球回と同数以上のヒットを打たれる試合が多く、課題は山積しているが、前述どおり、1年目と比べたとき、三振奪取が増え、四球を減らすことができている。

フェニックスリーグでは10/11ソフトバンク戦で6回10安打6失点。しかし、10/18四国アイランドリーグplus選抜軍と、韓国のハンファ相手には好投。レベルが落ちる格下相手には力を発揮していたと言えそうだ。

宮崎では与四球も少なかった森だが、日の丸を背負った第1回IBAF21Uワールドカップでは、場の雰囲気に飲みこまれたのか、11/16決勝戦の台湾戦では先発して2回途中4四球で降板。立ち上がり最初の球はバックネット直撃の大暴投だったとのこと。

■楽天 森雄大 2014年 フェニックスリーグ、21ワールドカップ投手成績


■楽天 森雄大 2014年 2軍 左右打者別 投手成績
※両打ち打者は全て右打席で算出
20141126DATA06.jpg

ファームでは左打者を抑え、右打者に分が悪い



1軍では右打者.293/.396/.427の被OPS.8/22、左打者.333/.429/.556/の被OPS.984と、左投手でありながら左打者との対戦成績が著しく悪化していた森だが、ファームでは右打者に分が悪い。

上表のとおり、2軍では左打者を被OPS.639に抑える一方、右打者には同.835、被打率も3割を超えていた。

この傾向は昨年からのもので、昨年も左打者被OPS.515、右打者同.926と左右で明暗別れるかたちになっていた。昨年は右打者に浴びた安打の約半数が長打になっていたことで被OPSが跳ねあがっていたが、今年は安打の23%に止めたことでそこまでの差異はないものの、依然として高いと言える。

対戦打席に占める割合を診る四球率と三振率。左打者のとき四球率6.7%、三振率20.0%の値が、右打者になると10.6%、15.6%。左打者対戦時と比べた時、右打者の時、コントロールがままならない場面が多いのかもしれない。

一方、左打者には被打率.235と良く抑えている。中でも、巨人の藤村は7の0、西武の上本も6の0とカモにしてきた。


20141126DATA08.jpg

松井裕に刺激を受け、チェンジアップを習得



最後に1軍の球種割合を見ておこう。右も左も軸球はストレートだ。最速は5/4オリックス戦の糸井右中二時に計測した148キロ。平均は138.9キロ。空振り率4.3%、被打率.318だった。参考までに松井裕のストレートは空振り率10.7%、被打率.258。比べる相手が間違っているのかもしれないが、森の真っすぐは、まだまだ磨いていく余地がある。

そのストレート、調べてみると、右打者対戦時に空振り率が下落(2.9%)。被打率悪化していた(.340)。恐らくファームで右打者成績が悪いのは、軸球のストレートをカンカン打たれているからなのだろう。

ストレートの次に多いのがスライダー、その次にカーブだが、右打者にはチェンジアップを投げ始めている。2月下旬、松井裕の投げる姿を見て、チェンジアップの習得を決めたという。そのときのエピソードを紹介している記事を引用したい。

さて、来季は星野前監督の「3年で出てくればいい」の3年目である。闘将が期待したように「あれだけの投手はなかなかいない」という存在になるべくの橋頭堡を作りたいシーズンだ。そのためにも、制球力の改善、軸球の真っすぐの球威向上が喫緊の課題になってくる。


■楽天2年目森、松井裕に学びプロ1勝
(日刊スポーツ2014年4月25日7時54分)

 この決め球に取り組み始めたのは2月下旬。ドラ1の後輩、松井裕がチェンジアップで打者を抑える姿に、「右打者の外に逃げるボールがあれば、カウントも取れるし投球の幅も広がる」と習得を決意した。アドバイスは、同じ左腕で巨人のエース内海に求めた。2月23日の巨人とのオープン戦(沖縄セルラー)で、同チーム出身の金刃に紹介してもらった。「握り方と抜く感じを教えてもらいました。中指、薬指、小指と、しっかりと外に逃がす感じが分かってすごく参考になりました」。手先が器用なタイプだけに、ものにするまで時間はかからず、ここ一番で臆することなく、投げ込めるまでになっていた。



◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天イーグルス 森雄大 2013年 2軍投手成績詳細 (シーズン終了時データ)


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

敵軍投手による楽天打者圧倒力を診る~三球三振がきわめて少ない銀次、意外にも多かった岡島と藤田ほか

スポンサーリンク





ベールボールチャンネルさんへの寄稿開始!!
雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。中の方にお声をかけて頂き、しばらくの間、月1でコラムを書いていきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。みなさま、御笑覧よろしくお願いします。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を


楽天打者の三球三振数、初球内野フライ数を調査した



前回エントリーの続き。打者にとって最も屈辱的な凡退、投手にとって圧巻の討ち取り方を、三球三振と初球内野フライ凡退の2つに絞り、このデータを調査。まずは、楽天投手陣の打者圧倒力を確認する作業を前回試みた。

今回はその逆、楽天打者の三球三振、初球内野フライ凡退調査である。

敵軍投手に圧倒された打席が最も少なかった、あるいは、最も多かったのは、誰か?

下記で確認してみよう。

ブログ村投票のお願い
オフも定期的に更新します
どうぞポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2014年 楽天打者の三球三振、初球内野フライアウトの数


敵軍投手に圧倒されない最も優れた打者=銀次



打席に占める三球三振と初球内飛の比率。この割合が最も少ない打者が、敵軍投手に圧倒されることのない優れた打者と言うことができる。

今季その比率が最も少なかったのは、銀次だ。

509打席バッターボックスに立ち、三球三振は僅かに2個。初球内飛は3本。合計6打席は全体の1.0%だ。三球三振の1つ、9/30オリックス戦の6回、金子から喫したものは三振時に暴投が発生、振り逃げ出塁に成功したことから、事実上は5打席とも言える。

チームきっての元気印だ。リーグ屈指のバットコントロール力を持つバットマンでもある。その銀次が簡単に討ち取られてしまうと、チームの士気、応援しているこちら側のモチベーションにも影響してくる。その点では、銀次が敵軍投手に圧倒されるケースが滅多にない点は、楽天の「強み」の1つだと思う。

三球三振の年度別推移を見ると、僅か6打席の2010年はゼロ、59打席を記録した2011年は2個、打率.280でリーグ11位につけた2012年は5個、初の3割を打ちリーグ4位にランクインした2013年は6個、そして今年は一気に2個まで減らすことに成功した。

これは本当に凄いことである。

銀次の打撃技術が向上したことも大きいだろうが、一番は相手投手が銀次に三球勝負を挑みづらくなっているのだろう。この2年間でリーグ屈指の好打者である事実が、相手も広く認識することになり、警戒を強めている。そう見るべきだと思う。好打者の勲章と言える数字だ。

さらに驚かされるのは、ここまでプロ通算133個の三振の中、打者にとって最も屈辱的と言える全球空振りの三球三振が、下記の僅か1例しかないことだ。

2012年8/1ソフトバンク戦、0-0の3回2死1塁、攝津 (139外角St、127外角低めSin、球速不明の外角低めSin)

空振り率が物凄く低い銀次の特徴を良く表す記録だと思う。

粘り打ち・待球姿勢の嶋、本領発揮の1.2%



その銀次に肉迫する1.2%の比率は、嶋だ。

今季は持ち味の「粘り打ち」がさらに徹底された。1打席当たり平均球数を表すP/PAは昨年の4.10から今年は4.55へ上昇。これは四球王AJの4.43を上まわる数字だった。安打以外の出塁率IsoDは驚異の.112。追い込まれても球を良く選別しファウルで逃げる技術が冴えた。

初球内野フライが2本と少ないのは、簡単に想像ができる。今季の嶋はゴロ率が67.2%と異様に高かった。さらに初球スイング率も21.4%(ここでは犠打、犠打失敗凡打、バントファウルを正確に除いた数字)とリーグ平均を下まわる少なさだった。そのため、初球を打ちにいって内野にゴロを転がすことはあっても、内野に打ち上げてしまうことは少なかった。

それよりも際立つのは、432打席に立ち、三球三振が僅かに3個しかなかったことだ。全打席に占める三球三振の比率は、昨年の1.4%(507打席で7個)から今年0.7%に削減。

これは2球で追い込まれて0-2となった以降の打撃アプローチが改善されたからと言える。

下記表は、楽天の主な打者と、パリーグ他球団の主な打者を任意にピックアップし、カウント0-2で結果が出た打撃成績を一覧にしたものである。

これは当ブログが良く使用する0-2経由の成績ではない。0-2経由には0-2を通って最終的に0-2、1-2、2-2、3-2、4-2のカウントで終わった成績全てを含むが、ここでは0-2だけの成績を抽出している。

■パリーグ主な打者 0-2で結果が出た打撃成績一覧


粘り打ち・待球姿勢の嶋、本領発揮の1.2%



これをみると、0-2で結果が出たのは僅かに9打数。全350打数の2.6%の比率だった。この少なさは表中でも傑出している。他に銀次しかいない状況だ。

0-2でやすやすと討ち取られることなく、卓越した選球眼と粘りの技術を総動員し、カウントを1-2、2-2、3-2へと自身有利に辛抱強く作り変えていったことを表している。

0-2を経由した85打席中、フルカウントまで持っていったのはその29.4%に当たる25打席。そこで3本の安打と10個の四球を選ぶことに成功した。P/PA4.55を記録した嶋だが、0-2と追い込まれた85打席のP/PAは実に5.49。追い込んだはずなのに球数を多く投げるハメになる。これは相手投手からしたら最も嫌だっただろう。今季の嶋は0-2と追い込まれてからが、ある意味、真価を発揮していたように思う。

意外にも多い岡島、藤田の二桁奪三振



嶋、銀次の三球三振が大変少なかったことに比べて、岡島、藤田、AJ、西田の4人は二桁超えを記録している。

AJや西田は三振が100を超えており、そのため三球三振の二桁超えも容易に想像できる。特に西田の場合は、まだまだ経験が浅いから尚更だ。その三球三振もシーズン終盤になるにつれて少なくなってきた。開幕から7月までの221打席で11個の三球三振が、8月以降の194打席では5個に。場数を踏むことで西田の打撃アプローチも改善されてきた証拠と言えそうだ。

AJと西田とは違って、岡島と藤田の二桁超えは、私にとって予想外の結果になった。いずれも空振りが少ない左の巧打者だが、岡島は前年264打席で3個から今年618打席で11個へ、藤田は前年536打席で6個から今年579打席で13個に増やしている。

岡島は初の規定打席到達。藤田は初の全試合出場の年でもあった。シーズンフルで働き続ける難しさがこの数字にも表れているのかもしれないし、また、相手の対策が進んだ結果なのかもしれない。

敵軍投手に最も圧倒された打者



打席に占める三球三振と初球内飛の合計比率。今季のチーム平均値は3.1%だった。昨年が2.4%だったので、0.7%増の結果になっている。これは西田や小関など新進の積極起用が多かったことも影響しているのだろう。

その中、後藤と小関が7.1%を超えている。若手の小関は理解できるものの、十年選手の後藤がこれでは情けない。2011年打率.312を打ってリーグ3位を記録した好打者は、イーグルスの中で最も投手に圧倒されていた打者になりさがっていたことを表している。後藤の不振はこんな数字でも確認できるのだ。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
DeNA戦力外の藤江均。はたして楽天で「第2の福山」になれるのか?
【検証】 楽天がヤンキースから獲得したゼラス・ウィーラー Zelous Wheeler 今季成績を徹底解剖する
楽天投手の打者圧倒力を診断する~~投手別の三球三振&初球内野フライ獲得数を調査した


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

楽天投手の打者圧倒力を診断する~~投手別の三球三振&初球内野フライ獲得数を調査した

スポンサーリンク





ベールボールチャンネルさんへの寄稿開始!!
雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。中の方にお声をかけて頂き、しばらくの間、月1でコラムを書いていきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。みなさま、御笑覧よろしくお願いします。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を


楽天投手の打者圧倒力を診断する



打者にとって最も屈辱的な凡退は何だろうか?

投手にとって圧巻の討ち取り方は、どういうものだろうか?

人によって答えは色々ありそうだ。チャンスでの併殺打も痛い。しかし、ここでは「三球三振」と「初球内野フライ凡退」の2つと定義してみたい。

前者は言わずもがなである。投手が三振を取るには最低でも3球必要だ。その三球で三振に倒れてしまうことは、打者にとってまさに『完敗』だ。手が出なかったと言って良い。三振では(滅多にない振り逃げでも無い限り)何も発生しない。守備側から見れば最も安全なアウトの獲得方法になる。

後者の初球打ち内野フライ。初球凡退は、投手を最も楽にさせる。さらに内野フライとなれば、絶望的である。内野ゴロは内野安打やエラー出塁の可能性も生まれてくる。しかし、走者1塁なら飛んだコースによれば、併殺打の可能性もあるものの、進塁打になる可能性も秘めている。

しかし、内野フライの場合、その99%がアウトだ。今季の楽天戦を確認すると、ボックススコアに「遊飛失」等と記録されたエラー出塁は、両軍合わせて5/9敵地ロッテ戦1回に銀次の二飛を根元が捕球できなかった例と、9/9オリックス戦4回にAJが2塁後方に打ち上げた飛球をショート安達が落球した例、この2例のみだった。

プロでは内野フライでのエラーは滅多に発生しないのだ。走者1塁で初球内野フライでは、走者は進塁することもままならず、ただただアウトカウントが増えることになり、攻撃側は意気消沈するシーンにもなる。以上の意味で、初球内野フライ凡退は“罪深い”打席結果と言えそうだ。

ということで、今回は、この2つを調べていきたい。

まず、本稿では、今季の楽天投手が、三球三振と初球内野フライで何人の打者をねじ伏せてきたのか?を確認してみたい。

(下記参照)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2014年 楽天投手の三球三振、初球内野フライアウトの数


打者圧倒比率の最高値はファルケンボーグ



表中の「比率」は、対戦打者に占める三球三振と初球内飛の合計数の比率を表している。このパーセンテージが高ければ高いほど、打者を圧倒して討ち取るケースが多い投手、潜在能力が高い投手と言えそうだ。

表16人中、この比率で最高値を示したのは、8.6%のファルケンボーグだった。

1イニング限定の抑え。ポジションの特殊性もあるかもしれない。先発と比べて、次打席以降を見据えて伏線や布石を打ったり・・・という打者との駆け引きをあまり必要としない。それよりも、ストライク先行のパワーピッチングを要求されることの多い役回りである。

本人もそのことをわきまえているのだろう。NPBで長年、中継ぎ・抑えを任されてきたベテランらしく、151人の打者と対戦した今季は、その26.5%に当たる40人を、2球目で0-2と追い込むことに成功。ストライク先行投球が光った。その40人の25.0%に当たる10人を三球三振に切って取っている。結果球の球種を確認すると、ストレートが8球と多かった。

ちなみに、0-2経由の成績は40打数7安打、21三振、1二塁打の被打率.175。今季はゴロ率44.2%だったが、0-2経由後に打者に打たせた打球はその68.4%がゴロに。ストライク先行がファルケンボーグの力の源泉になり、打者はゴロを打つしか術が残されていなかったと言える。

AJと同様、ファルケンボーグもその去就が微妙とされている。来季は37歳を迎えること。防御率2.87、3勝5敗20セーブと成績がイマイチだったこと等を考えれば、球団の構想から外れていても不思議ではない。5敗は明らかに多く、今季20セーブ以上を記録したセパ12球団11人の中で、40試合未満で5敗はファルケンボーグ1人だけだった。ただ、フォローするわけではないけど、リードした展開で登板して黒星がついたのは僅かに1試合。抑えの最大任務はリードした試合を勝利に結びつけることだとすると、リードした31登板の成績は防御率1.48、1勝1敗18セーブだった。一定の仕事は果たしたと見てよいのではないだろうか。

7完封、奪三振王を手繰り寄せた9/19日本ハム戦・西川から奪った則本の三球三振



2位にランクインしたのは、3代目エースの則本昂大だ。

821人の打者と対戦し、三球三振は39個、初球内飛アウトは10個。6.0%に当たる49個のアウトで打者を圧倒した。

三球三振は1年目16個から倍増の39個。対戦打者に占める比率では2.3%から4.8%。こちらも倍増した。原因はフォークを実戦配備でき、高低を意識させた配球が機能したことが大きいが、もう1つ付け加えるなら、ファルケンボーグと同様、ストライク先行投球の恩恵も大きい。打者2球目で0-2と追い込んだ数、昨年は695人中121人だった。これは全体の17.4%だったが、今年は821人中191人、23.3%に上昇。カウント有利の組み立てが、2年目進化の源泉になっている。

39個を記録した三球三振のうち、三球全て空振り三振、三球全て見逃し三振は、いくつあったのだろう?

三球全て空振り三振は下記2例が発見された。
St=ストレート、Sl=スライダー、Ch=チェンジアップ、Cur=カーブ。

6/15巨人戦、0-0の2回2死走者なし、セペダ (129Sl、147St、150St)
9/13西武戦、6-2の7回2死1塁、鬼崎 (125Ch、124Ch、147St)

三球全て見逃し三振も2例。

4/25オリックス戦、0-7の4回無死走者なし、伊藤 (108Cur、125Sl、131Sl)
9/19日本ハム戦、0-0の8回2死2,1塁、西川 (145St、145St、146St)

いずれの4例も、打者からすれば最も屈辱的、投手からみれば最上級の結果である。

中でも白眉は9/19日本ハム戦、西川から奪った三球見逃し三振だ。

メンドーサとの投げ合いで始まったこの試合、終盤までスコアゼロゼロの投手戦となった。則本は5回までパーフェクト投球。一方のメンドーサは粘りの投球。7回を終えてまだゼロゼロの中、8回表1死後、則本はピンチを迎えていた。谷口にセンター返しで出塁され、大引バントで2死2塁、大野に死球を与えて2,1塁で西川との対決。

ここで西川に手を出させず見逃し三振に切って取ったのが、その後の2死からの決勝点(島内三塁打、藤田結晶打)、1-0の勝利につながった。ちなみに、この記録、則本がプロで初めて全球ストレートで奪った三球全て見逃し三振劇になっている。

ストレート、ストレート、ストレートの三球三振は以下の7例あった。

4/11ロッテ戦、6回、吉田 (ファウル、空振り、見逃し)
5/28巨人戦、9回、藤村 (見逃し、空振り、見逃し)
6/21阪神、8回、上本 (空振り、見逃し、空振り) ※全球150キロ超え
7/5ソフトバンク、3回、李大浩 (空振り、ファウル、空振り)
9/19日本ハム、5回、小谷野 (見逃し、空振り、見逃し)
9/19日本ハム戦、8回、西川 (見逃し、見逃し、見逃し) ※0-0の2死2,1塁
9/25ソフトバンク、1回、内川 (ファウル、ファウル、空振り)

三球三振、初球内飛アウトが最も多かった試合は、前述9/19日本ハム戦。27個のアウトのうち、6個2イニングぶんを三球三振または初球内飛で獲得した。

なお、この試合の完封勝利で、1989年の斎藤雅樹以来、25年ぶり年間7完封を達成。1試合13奪三振は自己最多記録で、先行していた金子の背中を捉え、初の奪三振王タイトルが視野に入ったゲームでもあった。それだけ気持ちが入ったピッチングだったこと、ゲームを支配していたことが、これらの数字でも確認できる。

ペーニャを圧倒した松井裕樹



3位は、ルーキーの松井裕樹だ。1年目の今シーズンは防御率3.80、4勝8敗。本人からしてみれば満足のいかない数字かもしれない。それでも、このチーム3位の5.2%という比率が示すように、打者を圧倒する潜在能力は一級品である。

松井裕は三球三振と初球内野フライで打者26人を討ち取ったが、その26人の顔ぶれを確認してみると、ペーニャが3打席と最多である。

4/2、0-1の3回無死1塁、二飛 (143St)
7/14、2-1の7回2死走者なし、二飛 (120Ch)
9/8、0-0の4回無死走者なし、空三振 (146St)

ペーニャと言えば、今季のスラッシュラインは.255/.344/.486、OPS.830を残し、オリックスの優勝戦線に貢献したスラッガーだ。対左投手成績はさらに上昇、.257/.370/.514のOPS.884を記録した強打者で、4/2の対戦時に松井裕樹に初の失点を見舞った相手だが、トータルでの対戦成績は13打数2安打4三振の.154。松井裕が圧倒した。

そう言えば、プロ初勝利を飾った7/2の試合では、2-0の2点リードながらも5回2死2,1塁、打席にペーニャという場面で先発・宮川からバトンを託され、見事、3球目のチェンジアップを打たせて二ゴに仕留めていた。試合後、右打ちのペーニャに対し、左の松井裕をぶつけたことに対し、当時代行だった大久保監督は確たる根拠があって勝算があったと発言。そんな趣旨の報道を読んだ覚えがある。

この時の宮川を早々に降ろした継投の是非については、個人的にいまだに疑問を感じる点ではある。しかし、今から思えば、松井裕に対してペーニャが合っていないと見抜いた大久保監督の炯眼は、なるほどと頷かされるものである。

・・・ベスト3を書いてきて、随分と長くなってしまった。

以下は、読者の皆さんの分析、想像にお任せすることにして、本稿をひとまず締めたい。次回は打者側の記録を確認してみたい。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天の初V4番AJ、アンドリュー・ジョーンズ去就問題を考える
プロ野球、残りものに福はあるのか? 楽天・今野龍太の挑戦を応援する!
楽天・則本昂大がプロ2年目で200個越えドクターK、最多奪三振のタイトルを取ることができた3つの理由


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【記録】 2014年 楽天一軍投手の許盗塁数、許企図数~メルマガVol.066より

スポンサーリンク





有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆11/17配信最新号の主な内容は「一軍主要打者のBatted Ball、Plate Disciplineデータ調査」です


メルマガ臨時配信しました



おはようございます。@eagleshibakawaです。

本日は月曜日。祝日のため、本来なら当メルマガ休刊日になりますが、本日臨時配信しております。

「2014年 楽天一軍投手の許盗塁数、許企図数」です。

土曜日のブログエントリーで触れることのできなかった楽天投手についてクローズアップしています。

下記にメルマガ本文の一部を公開しましたので、どうぞ。

メルマガの御案内は上記を御参照下さい。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


ベールボールチャンネルさんへの寄稿開始!!
雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。中の方にお声をかけて頂き、しばらくの間、月1でコラムを書いていきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。みなさま、御笑覧よろしくお願いします。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を


メルマガ本文の一部を公開



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【記録】2014年 楽天一軍投手の許盗塁数、許企図数

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日一週間、ブログでは「パリーグ盗塁記録」を振り返ってきた。

交流戦でセリーグ走者がパリーグ相手に仕掛けたものも含めた全975企図のデ
ータ。これを逐次記録集計。その結果を何度かに分けて御紹介した。

投手x捕手のバッテリーと紐付けをすることで、NPBの各種データサイトでは
お目にかかれない「投手別の許盗塁数、許企図数」の全貌を明らかにしようと
試みた。

その結果が、金曜日にアップした下記エントリーになる。


◎【記録】2014年パリーグ盗塁記録(4)投手別の許盗塁数。盗塁を許さない
投手、走られ放題の投手は?!
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2490.html


おかげさまでTwitterを中心に反響あり。アップしたばかりにも関わらず、今月
書いた中でアクセス数が3番目に多いエントリーになった。

今回は、ブログで確認することができなかった楽天一軍投手の許盗塁数、許企
図数を、詳しくチェックしていこうという趣旨である。

それでは、まず、こちらの表を御参照頂きたい。


◎楽天一軍投手の許盗塁数、許企図数
※表は割愛します。メルマガでどうぞ


企図/9は「9イニング当たりに許した平均企図数」である。リーグ平均0.95。
被出塁率のリーグ平均値は.328(打者側の記録を借用)。



◎則本昂大2年目の進化をココにも見る
-----------------------------------

被出塁率は昨年.291、今年.289。ほぼ変化が無かった中で「企図/9」は0.90か
ら0.58へ。大きく削減に成功した。

170回から202回2/3と投球回を大きく増やした中で、許企図数は17から13に削
減。許盗塁数は昨年と同数の8に抑え、許生還数は昨年3、今年4、こちらもほ
ぼ同数にとどめた。

御存じのように、今年の則本は球種割合でフォークが0.8%から13.5%へ大幅に
増えた。その結果、奪三振のタイトルを手中に収めることができたのだが、落
ちる球を多用することで走者に足で揺さぶりをかけられるリスクも存在した。

しかし、その不安を一蹴する好結果である。

~~これより先はメルマガでどうぞ~~

◎◎◎関連記事◎◎◎
フェニックスリーグ参加選手の打撃成績・完全版~メルマガVol.063より
楽天イーグルス2軍選手の2014年本塁打記録~メルマガVol.064より
楽天一軍主要打者のBatted Ball、Plate Disciplineデータ調査~メルマガVol.065より


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

企画参加したスポーツ雑誌
Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
facebook聖澤選手応援ファンページ
facebookに聖澤諒選手のページを作成しました。ほぼ毎試合の聖澤選手にフォーカスした寸評、聖澤選手ブログ更新情報やニュース記事、各種記録やデータなどをアップデート。現在483人が「いいね!」と言っています。目指せ500人!!
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
主な過去記事
楽天イーグルスの話
◎〔図表〕得失点差 1試合平均得点&失点 年度別推移
◎〔一覧〕2012年試合評
2013犬鷲通信簿
島内宏明戸村健次中島俊哉聖澤諒永井怜枡田慎太郎
2013年ゾーン・コース打率
聖澤vs右聖澤vs右ジョーンズvs右ジョーンズvs左銀次vs右銀次vs左枡田vs右枡田vs左岡島vs右岡島vs左島内vs右島内vs左松井稼vs右松井稼vs左 二軍選手2013年成績
北川倫太郎中川大志榎本葵森雄大武藤好貴小関翔太島井寛仁柿澤貴裕下妻貴寛大塚尚仁三好匠小斉祐輔神保貴宏阿部俊人
2012-2013惜別─
フェルナンデス中村真人草野大輔下柳剛本西厚博山村宏樹川岸強有銘兼久岩村明憲高須洋介
その他
マギーのメジャー打撃成績
一番靖弘潰しは楽天のせい?!
昨年の走塁ミス。前年との比較
プロ1年目。田中vs釜田どちらが凄い?!
プロ野球、パリーグの話
2012年パ投手別の許盗塁記録
2012年パ投手別の併殺打記録
2012年パ球団別得点内訳
2012年パ球団別失点内訳
2013年レンジファクター
右翼左翼中堅三塁二塁遊撃
統一球で右投左打は不利。これって本当?
右投左打のホームランは本当に激減したのだろうか?
小関順二氏の右投左打神話崩壊説を否定する
統一球の影響をビジュアルで確認
打率ヒストグラム
長打率ヒストグラム
OPSヒストグラム
盗塁の話
プロ入り5年盗塁順位
岩隈久志投手の話
◎メジャーでさらなる進化を見せたクマの絶対球フォーク
◎2012試合評
◎2012打者別対戦成績:LAATEXOAKNYYTB、TOR、BALCLECWS、DET、MIN
ダルビッシュ有投手の話
〔記録〕NPB登板日別投手成績(LNA1977さんのサイトでどうぞ)
〔記録〕NPB被本塁打明細表
〔記録〕NPB対戦チーム別勝敗表/楽天戦登板日別投手成績
〔記録〕楽天vsダル打者別対戦成績
松井秀喜選手の記録
私が愛読するブログ「野球の記録で話したい」さんでどうぞ
〔記録〕NPB332本塁打の明細
〔記録〕MLB175本塁打の明細
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク2
楽天イーグルスファンのブログ、他球団ファンのブログなど。2013年まで相互リンクを募集していましたが、現在は受付けておりません。
リンク3
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
歴代9位。虎の盗塁王が今こそ明かす初の盗塁論
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
2013年人気記事TOP10
上記は月間ですがこちらは年間です。Google Analyticsで集計。期間=2013年1/1~12/31
歴代人気記事TOP15
Google Analyticsで集計。期間=2011年1/1~2013年12/31
興味が尽きない2番打者論
今まで実現不可能だった対談が実現!
和製・野球抄
セイバーメトリクスファン必携!
野球の観方が変わる劇的な1冊

弱小球団オークランドアスレチックスの奇跡。野球で挫折した男ビリー・ビーンが野球で栄光を掴む成功物語。現在、僕にとっての座右の書。考える野球がお好きな方、未読でしたら是非!ブラッド・ピットがビーン役で主役を演じる映画も2011年公開された。
セイバーメトリクス入門書に最適

08年出版。スポーツ紙のどこにも書いてない、セイバーメトリクスを筆頭とする様々な切り口・視点でのチーム分析は、参考になる部分が多々。今なおひっくり返して確認することがしょっちゅう。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
ジオターゲティング

ジオターゲティング
RSSリンクの表示