お知らせ

スポンサーリンク



【note】 8月から始める3ヵ月期間限定Shibakawaの鷲応援マガジンの御案内

読者7名様でスタート。まだまだ募集してます!!

詳しい御案内をこちらに書きました。

---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!! 登録初月は購読料は無料!!
---------------------------------------------------------------
2013年8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。2016年3月6日現在、読者40名まであと数人。創刊号から継続して御愛顧頂いている読者の方々も多く、書き手冥利に尽きます。ありがとうございます。

これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?

今年は、例年ほぼ毎試合の感想を綴った試合評をメールマガジンとnoteで発表していきます。現在考えているのは143試合の最低60試合(増えることはあれど減ることはありません)の配信を実施します。その他、従来通り、様々なデータに基づいた考察記事や読み物などもお届けします。

そのため、発行周期は従来は毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始・祝祭日除く)でしたが、今後は毎週月曜日+アルファ、具体的に言えば週数回、月十数回の発行になります。

購読料は月額514円。読者登録初月は購読料無料で当月配信コンテンツを全て楽しめる試読サービス実施中。

購入方法は「まぐまぐ」と「直接販売」の2方法をご用意しております。詳しい御案内はこちらをクリックしてください。まぐまぐの読者登録はhttp://www.mag2.com/m/0001609734.htmlから。

下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。

◎6/8配信Vol.188 : 6月7日○楽天イーグルス5-1ヤクルト試合評
◎6/10配信Vol.189 : 6月9日○楽天イーグルス3-2ヤクルト試合評
◎6/11配信Vol.190 : 6月11日○楽天イーグルス2-1広島試合評
◎6/12配信Vol.191 : 6月12日○楽天イーグルス4x-3広島試合評
◎6/13配信Vol.192 : 多くのファンが見逃している、今江敏晃の穴とは?!
◎6/14配信Vol.193 : なぜ防御率6.91に悪化したのか? データで探る松井裕樹の不振
◎6/17配信Vol.194 : 6月16日●楽天イーグルス7-10巨人試合評
◎6/19配信Vol.195 : 6月19日○楽天イーグルス5-3DeNA
◎6/20配信Vol.196 : クアトロスリーも達成可能な、オコエ瑠偉の驚異的な守備力
◎6/21配信Vol.197 : そこがヘンだよ足立クン!! データで明らかになった新人捕手のヒヤヒヤ配球
◎6/23配信Vol.198 : ここがヘンだよ、楽天の中田翔対策
◎6/26配信Vol.199 : 6月26日●楽天イーグルス1-5ソフトバンク
◎6/27配信Vol.200 : 枡田本領発揮/オコエ課題点/辛島の信濃戦登板
◎6/29配信Vol.201 : 6月28日●楽天イーグルス2-3オリックス
◎6/30配信Vol.202 : 6月29日○楽天イーグルス5-3オリックス
◎7/1配信Vol.203 : 7月1日○楽天イーグルス3-2西武
◎7/3配信Vol.204 : 7月3日●楽天イーグルス3-4西武
◎7/4配信Vol.205 : 8戦連続ヒットで高らかに飛翔した内田靖人は、なぜ6月18日以降スランプに陥ったのか? データで診たその現在地と今後の課題点
◎7/6配信Vol.206 : 7月5日●楽天イーグルス3-8日本ハム
◎7/9配信Vol.207 : 7月8日○楽天イーグルス3-2ソフトバンク
◎7/9配信Vol.208 : 7月9日●楽天イーグルス2-6ソフトバンク
◎7/11配信Vol.209 : 7月11日●楽天イーグルス1-3西武
◎7/13配信Vol.210 : 7月12日○楽天イーグルス5-1西武
◎7/14配信Vol.211 : 7月14日○楽天イーグルス4-3西武
◎7/14配信Vol.212 : 梨田楽天の前半戦総括。開幕ダッシュの背景、苦境を救った背番号10の犬鷲戦士とは?!
◎7/15配信Vol.213 : ゴロアウト率の推移で測る、楽天の前半戦内野守備力。天然芝がもたらした意外な効用
◎7/16配信Vol.214 : もっと注目されるべき、茂木が持つ「第3のもぎ取る力」とは?!
◎7/19配信Vol.215 : 7月18日●楽天イーグルス1-3日本ハム
◎7/20配信Vol.216 : 7月20日●楽天イーグルス3-9日本ハム
◎7/24配信Vol.217 : 7月23日○楽天イーグルス6x-5ロッテ
◎7/25配信Vol.218 : 7月24日●楽天イーグルス2-3ロッテ
◎7/25配信Vol.219 : 社会人なのに、ほぼニート。働かない犬鷲投手陣の面々
◎7/27配信Vol.220 : 7月26日●楽天イーグルス0-6ソフトバンク
◎7/28配信Vol.221 : 7月27日○楽天イーグルス6-2ソフトバンク
◎7/28配信Vol.222 : 楽天の粛清人員整理リスト2016。今オフの戦力外候補予想(1)
◎8/1配信Vol.223 : イースタン快記録は本物か?! 画像で振り返る7年目の逡巡
◎8/1配信Vol.224 : 楽天の粛清人員整理リスト2016。今オフの戦力外候補予想(2)
◎8/4配信Vol.225 : 8月3日○楽天イーグルス6-1オリックス
◎8/5配信Vol.226 : 8月4日●楽天イーグルス0-2オリックス
◎8/6配信Vol.227 : 8月5日●楽天イーグルス4-10西武
◎8/7配信Vol.228 : 8月6日○楽天イーグルス7-5西武
◎8/8配信Vol.229 : 楽天の粛清人員整理リスト2016。今オフの戦力外候補予想(3)
◎8/11配信Vol.230 : 8月10日●楽天イーグルス3-5ロッテ
◎8/12配信Vol.231 : 8月11日●楽天イーグルス0-4ロッテ
◎8/13配信Vol.232 : 8月12日○楽天イーグルス4x-3日本ハム
◎8/15配信Vol.233 : 銀次が4年連続シーズン打率3割を残すために、克服すべき最優先課題とは?!
◎8/18配信Vol.234: 8月17日○E10-5M~塩見が直面した想像以上の初回立ち上がりの重圧
◎8/19配信Vol.235 : 8月18日○楽天イーグルス3-1ロッテ~アマダー覚醒はガチか?!
◎8/21配信Vol.237 : 3年目横山貴明の現在地~8月20日●楽天イーグルス1-11オリックス
◎8/22配信Vol.238 : Shibakawaが診断する2016.8.21京セラドーム辛島航の89球
◎8/22配信Vol.239 : 侍JAPANに必要な、Shibakawa鬼押しのリリーフ右腕とは?!
◎8/24配信Vol.240 : 8月23日○楽天イーグルス3-2ソフトバンク
◎8/25配信Vol.241 : 8月24日●楽天イーグルス0-5ソフトバンク
◎8/26配信Vol.242 : ミラクルイーグルスを信じたい!~8月25日○楽天イーグルス7-5ソフトバンク
◎8/28配信Vol.243 : 「確信」へと変わったミラクルイーグルスの逆転劇~8月27日○楽天イーグルス7-6オリックス
◎8/29配信Vol.244 : 球団通算1,000本塁打は誰が打つ?
◎8/30配信Vol.245 : 不振の楽天・銀次が、その中で見せた「希望の打撃術」とは?!
◎9/1配信Vol.246 : 連夜の敵地快勝!!~8月31日○楽天イーグルス13-4日本ハム
◎9/1配信Vol.247 : 好調イヌワシ打線が増井の前にお手上げだったその理由~9月1日●楽天イーグルス0-8日本ハム
◎9/2配信Vol.248 : 則本昂大、疲労困憊~9月2日●楽天イーグルス6-8ソフトバンク
◎9/6配信Vol.249 : 楽天のドラフト戦略に大幅変更を強いるかもしれない重大事案とは?!
◎9/7配信Vol.250 : 終盤の逆転勝ちで梨田監督通算700勝~9月6日○楽天イーグルス7-4西武
◎9/8配信Vol.251 : 3年4ヵ月ぶりの超・大敗~9月7日●楽天イーグルス1-14西武
◎9/10配信Vol.252 : エースの足を引っ張る今季拙守連発の味方守備陣~9月9日●楽天イーグルス2-8日本ハム
◎9/11配信Vol.253 : がんばろうトホホ...デー~9月10日●楽天イーグルス4-7日本ハム
◎9/13配信Vol.254 : MOSトリオ揃い踏みの活躍劇~9月12日○楽天イーグルス11-2オリックス
◎9/16配信Vol.255 : 三度、五右衛門に白星を快盗された楽天~9月15日●楽天イーグルス0-3ロッテ
◎9/17配信Vol.256 : ドラフト1ヵ月に迫る!! 東北楽天のドラフト戦略を考察する
◎9/18配信Vol.257 : 戦意喪失の楽天。約2ヵ月ぶりの5位転落~9月17日●楽天イーグルス1-3西武
◎9/22配信Vol.259 : 美馬の野球人生を左右する危険球~9月22日●楽天イーグルス0-2ロッテ
◎9/23配信Vol.260 : 唸った闘球。釜田復帰登板で自己最多タイ7勝目~9月23日○楽天イーグルス4-2日本ハム
◎9/25配信Vol.261 : 3ラン被弾した則本の投手心理~9月24日●楽天イーグルス1-4日本ハム
◎9/28配信Vol.262 : 敗色濃厚下、希望の光になる茂木三塁打~9月27日●楽天イーグルス3-10オリックス
◎9/29配信Vol.263 : 美馬学が10勝を逃したその背景~9月28日●楽天イーグルス5-6オリックス


野球専門誌『野球太郎』編集部さんが運営するスマホアプリ「野球太郎Pocket」「週刊野球太郎」。2015年4月から寄稿させて頂くことになりました。

◎「アシタモイクワヨ!」 梨田楽天の不動4番、ゼラス・ウィーラーのハッスル活躍劇 (2016/04/20)
◎大胆な決断で生まれ変わったベテラン左腕! 楽天・金刃憲人の活躍に注目せよ!(2016/04/27)
◎再びチームの「柱」へ。目下、パリーグの隠れ首位打者、楽天・聖澤の活躍に注目せよ!(2016/05/05)
◎ゴームズ退団、アマダー未出場もなんのその! 楽天・嶋基宏のパンチ力が只今絶賛覚醒中!!(2016/05/13)
◎2013年のロッテ・福浦和也以来の代打2ケタ安打なるか? 楽天・枡田慎太郎が見せる新境地の槍働き(2016/05/18)
◎低迷するチームを再浮上に導く!? 現在、ファーム待機中、楽天「打」の最終兵器は誰だ?
◎新生・Koboスタ宮城で変貌! 4つの数字で検証する楽天野球の中身とは?
◎交流戦から始まった楽天の逆襲を支える、内田靖人3年目の挑戦
◎先頭打者被打率が悪化! 楽天・松井裕樹の不調を象徴する数字と改善すべき課題とは?(2016/06/22)
◎開幕スタメンは誰だった!? 開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情(2016/06/29)
◎楽天・今江敏晃の“バット投げ出し打法”に銀次の美麗なバット回し。楽天選手のユニークなクセや曲芸!(2016/07/06)
◎盟友の叱咤で復調した楽天・銀次。4年連続の打率3割達成の可能性は、まだまだある!(2016/07/13)
◎Aクラスを目指す楽天に立ちはだかる巨大な難敵「千葉鴎軍団」。アンビリーバブルな激闘を振り返る!(2016/07/20)
◎1イニングでサイクルヒット!? 一場靖弘や田中将大を援護した楽天のサイクルヒット劇を振り返る!(2016/07/27)
◎《高校野球》2年ぶり7度目甲子園出場の佐久長聖に、U-18候補の注目逸材あり!!(2016/08/03)
◎満塁男ここにあり! 老舗野球ゲームにも認められた楽天・藤田一也の「フルベース活躍劇」!!(2016/08/10)
◎二塁・三好匠、遊撃・茂木栄五郎。楽天の明るい未来を予感させる若きキーストーン・コンビの挑戦(2016/08/18)
◎打撃開眼! ソフトバンク・今宮健太が王手をかけた2004年・谷佳知以来の快記録とは?(2016/08/25)
◎データでも怪物級!! ドラ1候補に躍進した作新学院・今井達也のスゴさとは!?(2016/08/31)
◎風雲急を告げるパリーグ3位戦線。楽天の3年ぶりAクラス、“ミラクルイーグルス”はあるのか!?(2016/09/07)
◎3年連続65試合登板へ。今年は見事な火消しも。フル回転続く楽天・福山博之の鉄人ぶり(2016/09/14)
◎楽天が強いとき、常に左の好打者の活躍があった! 来季が楽しみになるペナント終盤・左打者の活躍劇(2016/09/21)
◎【惜別】中日・雄太。楽天戦で負けなし5勝。同姓左腕対決を制した「鷲キラー」の投球術を振り返る(2016/09/28)


雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。2014年12月から月1回程度で寄稿してます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。

寄稿記事一覧 ⇒ http://www.baseballchannel.jp/author/yuji-shibakakawa/

◎楽天球団創設時を知る唯一の投手。リリーフ専門、闘将が絶大な信頼を寄せた小山伸一郎
◎苦手な投手を作らず。トリプルスリー達成、ソフトバンク柳田のお得意様は?
◎補強ポイントと合致、コンバートも可能に。楽天が三塁手・今江を必要とする理由
◎楽天・梨田監督の新チャレンジ。攻撃型2番・銀次構想は成功するか?
◎楽天、ロッテからFAの今江獲得発表。人的補償の可能性はあるか
◎苦しい先発陣を支えた菊池保則、第3の球種が飛躍の要因【2015年ブレイク選手・楽天】
◎最下位の楽天。来季は投手力中心、外国人打者に依存しないチームづくりを【2015年通信簿】
◎個性派揃いの楽天新外国人。体重より心配、アマダーの打撃は通用するか
◎長打力不足が顕著な楽天。中川、哲朗、枡田ら待たれる和製大砲の覚醒
◎楽天・今江離脱で混沌とする三塁争い。得点力上昇へドラ3茂木起用の可能性
◎森雄大、楽天球団創設以来の2ケタ左腕誕生なるか。闘将やAJも認めた逸材の『進化と課題』
◎東北楽天ゴールデンイーグルス、2016補強診断。今江、ゴームズら野手補強も投打に若手の台頭が不可欠
◎投球の幅を広げた楽天・釜田佳直。ゴロを量産、107球から見えた成長
◎粘り強さが光る梨田楽天。開幕スタートダッシュ成功の要因は2アウトからの得点力
◎楽天・茂木、パ18年ぶり野手の新人王も。チームのアキレス腱だったポジションを埋めた男の際立つ能力
◎楽天・岡島の活躍が、嶋と聖澤の成績に連動――1番打者がもたらす化学反応
◎楽天・松井稼頭央はセンターよりもレフトがベスト? 慣れない守備が打撃に影響か



プロ野球を365日楽しむメディア「Baseball365」への寄稿一覧です。

◎2016年プロ野球開幕投手分析【パリーグ編】
◎2016年プロ野球開幕投手分析【セリーグ編】
◎則本昂大が侍ジャパンのエースに抜擢される3つの理由

-----------------------------------------
noteでの人気記事を紹介します
-----------------------------------------






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 好投も終盤に暗転。美馬学が10勝を逃したその背景とは?!~2016年9月28日●楽天イーグルス5-6オリックス

スポンサーリンク




見事だった西攻略の4回先制4点劇

いやはや...残念な夜になってしまった。

楽天先発は自己最多の二桁10勝を目指す美馬。オリックス先発も今季最終登板で3年連続10勝を狙う西。共に譲れない両右腕のマッチアップは、楽天が完全に主導権を握ったかにみえた。

2回表の攻撃だった。初回わずか8球で三者凡退に倒れた楽天打線が、5本の短長打を集めて、一気に4点を先制、西を攻略した。

先頭の4番・ウィーラーが良く出塁した。僅か2球で0-2と追い込まれた後のフルカウント勝負だった。

0-2から3球連続で投げ込まれた低めの誘い球を良く見きわめたところは、両リーグ規定打席到達の外国人打者9人中、ボールゾーンスイング率が29.6%(リーグ平均平均30.4%)と最も少ない特徴が良く表れたシーンである。カウントを3-2と打者と投手五分五分の状況まで引き戻すと、ストライクを取りに高めに来た速球を中前へ弾き返した。今季、ウィーラーの0-2経由の打率は.151だったことを考えると、素晴らしい足掛かりの一打になったと思う。

無死1塁で5番・茂木も続いた。こちらも2-2と追い込まれてからの5球目。若月が構えた外角ミットよりやや真中気味に入った投球を捉えて、三遊間を射抜く左安。

この後、6番・ペゲーロがインハイの弱点を突かれて空三振に、7番・今江がドン詰り6-4-3併殺崩れの遊ゴに倒れたが、2死3,1塁から再び快音祭り。8番・岡島、9番・足立、1番・島内と立て続けに3者連続タイムリーが飛び出し、一気に4点を挙げた。(楽4-0オ)

中でも凡退すれば3アウトで1点も入らず好守交代だった8番・岡島の先制打が大きかった。

シンクタンクDELTA公開のPitch Valueによると、西のスライダーはパリーグ規定投球回到達投手12人中、スタンリッジの16.7に次ぐリーグ2位の9.4を記録、あの武田翔太の6.4をも上回る良値を叩き出していた。そんなスライダーを仕留めて、1,2塁間真中をゴロで破る右安で3塁走者・ウィーラーをホームに迎え入れた打撃は価値大と言えそうだ。

両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ウィーラー(指)、5番・茂木(遊)、6番・ペゲーロ(左)、7番・今江(三)、8番・岡島(右)、9番・足立(捕)、先発・美馬(右投)

オリックス=1番・糸井(指)、2番・安達(遊)、3番・吉田正(右)、4番・T-岡田(左)、5番・中島(三)、6番・西野(二)、7番・園部(一)、8番・小田(中)、9番・若月(捕)、先発・西(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160928note02.jpg

目につくペゲーロの雑なプレー

4点を援護してもらった美馬は直後の2回裏、1点を失った。

先頭は5番・中島。8月以降の打率が.303と打撃復調の右打者に初球147kmを右中間へ二塁打を浴びる。その後、2死までこぎつけたが、8番・小田に外角高めの速球を上手く合わされ、三遊間ゴロ突破の左安。2塁走者・中島の3塁到達と左翼ペゲーロの捕球がほぼ同じタイミングだったものの、3塁ベースコーチの指示を見た中島は迷いなく3塁を蹴り、そのままホーム生還した。

ここでペゲーロの拙いプレーが発生している。恐らく敵軍はペゲーロの送球は正確性を欠くという情報を事前に把握していたのだろう。30代半ばを迎えて全盛期と比べて俊敏性にも陰りが生じる中島に対し、3塁コーチが迷いなく腕を回したのは、そういう背景があったものと思われる。

案の定、ペゲーロによるダイレクトの本塁返球はホームまで到達せず、本塁のかなり手前に出て足立がカット。この送球間に打者走者の二進を悠々許す事態になった。

この場面、4点リードしていた。1点返されてもまだ3点の猶予がある状況で、無駄な進塁を確実に防ぎたかった場面。ダイレクトのバックホームではなく、内野中継に返球し、打者走者の二進を防ぐべきだった。この後、失点しなかったから良いものの、ペゲーロにはこういう雑な送球が多いと感じる。

今シーズンの西勇輝が防御率4.14と精彩を欠くその理由

美馬が最少失点で切り抜けた後の3回表、楽天が再びチャンスを作った。2死無走者から5番・茂木、6番・ペゲーロによる連打が飛び出した。このシーン、今季の西が精彩を欠いたその理由が良く分かる場面になった。

というのは、、、

続きは、メルマガ読者の皆さんに配信。ここから先は下記のnoteを御購入頂くか、まぐまぐで配信中の月額514円のメルマガにご登録頂くかでお楽しみ下さい

まぐまぐでのメルマガでは、本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月十数本の配信で月額514円。現在読者35~40名の間で推移しています。さあ、あなたもミラクルイーグルスを信じて、読者登録をしよう! noteでバラ売りを全てお買い上げ頂くより、断然お得です。

さらに、新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




◎◎◎関連記事◎◎◎
無名ブロガーが有料コンテンツを販売し、読者約50名に御購読頂くようになった奇跡
楽天のドラフト戦略に大幅変更を強いるかもしれない重大事案とは?!
【試合評】 6回1死満塁を乗り越え、釜田佳直、成長を感じさせた自己最多7勝目~2016年9月23日○楽天イーグルス4-2日本ハム
【試合評】 エース則本を潰そうとする梨田監督の酷使采配~2016年9月24日●楽天イーグルス1-4日本ハム
【試合評】 敗色濃厚の戦況下、希望の光になった茂木栄五郎スリーベース~2016年9月27日●楽天イーグルス3-10オリックス



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 敗色濃厚の戦況下、希望の光になった茂木栄五郎スリーベース~2016年9月27日●楽天イーグルス3-10オリックス

スポンサーリンク




辛島、1990年同世代左腕対決に屈す...

楽天・辛島航vsオリックス・松葉貴大。2014年10月4日のkoboスタ宮城以来、約2年ぶりの再戦になった「90年同世代左腕対決」は、2度目の今回も辛島に黒星がつく結果になった。

味方打線が立ち上がりの松葉に3者連続三振を喫した直後、制球不安定の辛島が2失点を許した。

1番・糸井、2番・安達の短長連打で無死3,2塁のピンチを招くと、3番・吉田正には左翼へ上手く運ばれて先制犠飛、4番・T-岡田には高めに上ずった変化球を打ち返され、1,2塁間を射抜く右安。早々に2点を失う。

本戦の辛島は8月14日以来、今季2度目の1試合最多3長打を浴びるなど精彩を欠いた。先頭打者に三塁打を許した3回にも1点を奪われ、味方が1点を返した直後の4回にも二塁打からピンチを招いて1失点、4回を投げて合計4失点。5回にはマウンドから姿を消していた。


両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・岡島(右)、3番・ペゲーロ(左)、4番・ウィーラー(指)、5番・茂木(遊)、6番・銀次(一)、7番・今江(三)、8番・藤田(二)、9番・嶋(捕)、先発・辛島(左投)

オリックス=1番・糸井(指)、2番・安達(遊)、3番・吉田正(右)、4番・T-岡田(左)、5番・中島(三)、6番・伊藤(一)、7番・大城(中)、8番・若月(捕)、9番・西野(二)、先発・松葉(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

試合を壊した長谷部、菊池の誤算

楽天は5回から継投作戦。長谷部が二番手として今季2度目のマウンドに向かう。入団以来つけていた背番号20を安楽に譲り、譲った後に選んだ17番は今季入団したブリガムに再び奪われ、今年は引退した永井氏の30番をつけている大卒9年目左腕。この背番号の流転劇から見ても、球団内におけるこの人の評価が年々だだ下がりになっているのが良く分かる。恐らく今オフ、戦力外なのではないか。

今季の長谷部は前年と比べ、さらに肘を下げた感のあるサイドスロー。前年は振りかぶって投げていたフォームを、恐らく制球を意識しているのか、今年はセットポジションからの投球である。しかし、あにはからんや、ストライクが入らなかった。15球を投げてストライクは僅かに3球。制球乱れてアウト1つも取れず3者連続四球で降板する。

無死満塁というムチャな場面で火消しに出てきた三番手・菊池である。悪化した戦況にすっかり飲み込まれてしまい、3番・吉田正に押し出し四球、4番・T-岡田の打席時に暴投で3塁走者生還(足を痛めていた糸井の好走塁)、そのT-岡田には左翼ポール際へ運ばれる3ランなど散々の6失点。ここで勝負あった22回戦になった。(楽1-10オ)

楽天は松葉の前に、2回から5回までチャンスを作った。特に2、3、5回は複数走者を塁上に置くチャンスを作ったが、この間、ヒットを打ち返したのは4回1死3,1塁、7番・今江の中前への快打1本のみ。打線がつながらず、8回2失点の松葉に7勝目を献上した。

チーム成績は136試合59勝74敗3分の勝率.444。ゲーム差は1位・日本ハムと23.5、2位・ソフトバンクと21.5、3位・ロッテと9.5、4位・西武と2.0、6位・オリックスと5.0になった。

同日、西武が勝利したため、4位奪還はますます困難な情勢になっている。


◎楽天の4位進出ライン



各種戦績は、後半戦25勝29敗1分、9月6勝14敗、オリックス戦11勝10敗1分、カードの初戦26勝23敗、ビジター25勝39敗2分、先制された試合25勝59敗となっている。

茂木栄五郎、シーズン7本目の三塁打

二桁大量失点は今シーズン14度目という大敗劇になったが、その中で引き続きの奮闘を見せたのが、茂木だ。


続きは、メルマガ読者の皆さんに配信。ここから先は下記のnoteを御購入頂くか、まぐまぐで配信中の月額514円のメルマガにご登録頂くかでお楽しみ下さい

まぐまぐでのメルマガでは、本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月十数本の配信で月額514円。現在読者35~40名の間で推移しています。さあ、あなたもミラクルイーグルスを信じて、読者登録をしよう! noteでバラ売りを全てお買い上げ頂くより、断然お得です。

さらに、新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




◎◎◎関連記事◎◎◎
無名ブロガーが有料コンテンツを販売し、読者約50名に御購読頂くようになった奇跡
楽天のドラフト戦略に大幅変更を強いるかもしれない重大事案とは?!
【試合評】 6回1死満塁を乗り越え、釜田佳直、成長を感じさせた自己最多7勝目~2016年9月23日○楽天イーグルス4-2日本ハム
【試合評】 エース則本を潰そうとする梨田監督の酷使采配~2016年9月24日●楽天イーグルス1-4日本ハム



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 エース則本を潰そうとする梨田監督の酷使采配~2016年9月24日●楽天イーグルス1-4日本ハム

スポンサーリンク




自力CS消滅、V完全消滅、CS完全消滅。相手先発はいずれも増井浩俊

則本がまたしても勝てず、遂に11敗目。打線はまたしても増井浩俊を攻略できず、対楽天戦3戦3勝を献上する日本ハム24回戦になった。

楽天の夢と感動を、三度吹き消す役を演じたのが増井である。先発転向後の増井と初対決になった9月1日にはイーグルスの自力CSの可能性が消滅した。再戦した9月9日ではV完全消滅、そして三度目の激突になった本戦で、クライマックスシリーズ進出の可能性が完全消滅している。

ちなみに、昨年は131試合目の9月22日に、一昨年は138試合目の9月29日に消滅したので、今年の134試合目は過去2年と似たりよったりである。

チーム成績は5位、134試合59勝72敗3分の勝率.453。ゲーム差は1位・日本ハムと22.0、2位・ソフトバンクと21.0、3位・ロッテと9.0、4位・西武とゲーム差なし、6位・オリックスと6.5としている。

各種戦績は、後半戦25勝27敗1分、9月6勝12敗(9月の負け越し決定)、日本ハム戦8勝16敗、ビジター戦25勝37敗2分、敵地デーゲーム6勝18敗2分になった。

両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・ペレス(指)、3番・ペゲーロ(左)、4番・ウィーラー(三)、5番・茂木(遊)、6番・銀次(一)、7番・岡島(右)、8番・藤田(二)、9番・安達(捕)、先発・則本(右投)

日本ハム=1番・西川(左)、2番・近藤(右)、3番・大谷(指)、4番・中田(一)、5番・田中賢(二)、6番・レアード(三)、7番・陽(中)、8番・大野(捕)、9番・中島卓(遊)、先発・増井(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160924note02.jpg

外国人打者を3人並べる布陣のデメリット

試合は両軍の先発投手が3回までゼロに抑える投手戦の様相でスタートした。

しかし、先にチャンスを作ったのは楽天だった。

則本が3回まで得点圏進出を許さない好投を見せる一方、楽天は増井の前に初回、2回といずれもスコアリングポジションに走者を進める攻撃をみせていた。

立ち上がり、増井の制球が不安定。1回は1番・島内、2番・ペレスが連続四球。貰ったチャンスの無死2,1塁だったが、3番・ペゲーロ、4番・ウィーラーが連続三振。5番・茂木も遊ゴに倒れた。

2回も先頭の6番・銀次がフルカウントから四球出塁した。続く7番・岡島がきっちり送りバントを決め、1死2塁のかたちを作る。打席は得点圏打率リーグ1位の8番・藤田、9月に入り打率.411と当たりが出ている9番・足立にまわったが、いずれも増井のフォークボールの餌食になり、連続三振で凡退した。

この貰った好機で先制点を作ることができなかったのが、敗因の1つになる。

特に初回。2番から外国人を3人続けて並べる布陣を敷くと、出塁した1番を2番が送りバントで走者を進めたり、無死2,1塁で3番が犠打を決めて1死3,2塁のかたちを作ることが、ほぼほぼ困難になる。

マウンド上で苦しむ増井に対し、得点圏に走者を送り込むことで重圧をかけることの意味は大きかったはずだ。直近14打席でヒット僅かに1本と当たりの出ていない3番・ペゲーロに、無死2,1塁でヒットを要求するのではなく、1死3,2塁にすることで外野フライという最低限のシチュエーションを作って、打席上でのプレッシャーを取り除く采配が必要だったはずだ。

(もちろん、制球が不安定だったため、送りバントで1アウトをあげてしまうのはもったいない。そういう意見一理ある)

外国人3人を並べる布陣は、一発長打が出れば1塁から一気に本塁を陥れる攻撃もできるが、その可能性と引き換えに、打者が外国人のため作戦らしい作戦を取ることができないデメリットも生じる。打者が外国人ということでマウンド上の投手が威圧感を感じる場合もあれば、細かい仕掛けがないため逆に開き直って外国人打者との勝負に集中できる状況を生み出してしまう場合もある。そして、外国人打者は長打の魅力がある一方、総じて三振が多いのも欠点の1つになる。

実際、真のバント成功率ベースで、今シーズン楽天の外国人打者がバントを試みた例は1度もなし。外国人打者のときに塁上の走者に盗塁企図が記録されたのは僅かに8企図しかない。やはり、外国人打者のときには、梨田監督も細かいサインは採用しにくいのだ。

今回はメリットではなく、デメリットの部分が表出した初回攻撃になった。

陽岱鋼3ランを生み出した則本の投手心理

試合が動いたのは、スコアレスで迎えた4回裏、日本ハムの攻撃だった。


続きは、メルマガ読者の皆さんに配信。ここから先は下記のnoteを御購入頂くか、まぐまぐで配信中の月額514円のメルマガにご登録頂くかでお楽しみ下さい

まぐまぐでのメルマガでは、本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月十数本の配信で月額514円。現在読者35~40名の間で推移しています。さあ、あなたもミラクルイーグルスを信じて、読者登録をしよう! noteでバラ売りを全てお買い上げ頂くより、断然お得です。

さらに、新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




◎◎◎関連記事◎◎◎
無名ブロガーが有料コンテンツを販売し、読者約50名に御購読頂くようになった奇跡
楽天のドラフト戦略に大幅変更を強いるかもしれない重大事案とは?!
【試合評】 6回1死満塁を乗り越え、釜田佳直、成長を感じさせた自己最多7勝目~2016年9月23日○楽天イーグルス4-2日本ハム



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 6回1死満塁を乗り越え、釜田佳直、成長を感じさせた自己最多7勝目~2016年9月23日○楽天イーグルス4-2日本ハム

スポンサーリンク




パリーグ優勝争いを面白くさせる「首位いじめ」

8月10日のロッテ戦の後、トミージョン手術明けということもあって大事を取り2軍調整に入っていた釜田佳直が、約1ヵ月ぶりに1軍合流。その復帰登板の舞台が札幌ドームになった。

結果は楽天が4-2で快勝。6回を93球で2安打無失点にまとめた釜田の好投が光り、1年目以来の自己最多7勝目。

打っては0-0で迎えた4回に貰ったチャンスを活かした。安打、暴投、四球、犠打処理の相手先発メンドーサによる1塁悪送球で無死満塁にすると、今季vsメンドーサ14打数8安打の6番・今江が先制打。続く7番・銀次の4-6-3併殺打の間に3塁走者が生還、2死3塁で8番・藤田の今季100安打目がタイムリーと3点を入れた。6回には4番・ウィーラーによる26号ソロで追加点。

楽天は終盤、福山、ミコライオの勝利の方程式が1点ずつ失ったが、9回は松井裕が三者凡退投球で締め、連敗を2でストップ。同日、4位・西武が敗れたため、ゲーム差なしの5位としている。

これでチーム成績は5位、133試合59勝71敗3分の勝率.454。ゲーム差は1位・日本ハムと21.0、2位・ソフトバンクと20.0、3位・ロッテと8.0、4位・西武とゲーム差なし、6位・オリックスと6.5とした。

各種戦績は、後半戦25勝26敗1分、9月6勝11敗、日本ハム戦8勝15敗、ビジター25勝36敗2分、6回終了時に勝利している試合41勝6敗2分としている。


両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・岡島(右)、3番・ペゲーロ(左)、4番・ウィーラー(指)、5番・茂木(遊)、6番・今江(三)、7番・銀次(一)、8番・藤田(二)、9番・嶋(捕)、先発・釜田(右投)

日本ハム=1番・西川(左)、2番・中島卓(遊)、3番・岡(指)、4番・中田(一)、5番・田中賢(二)、6番・レアード(三)、7番・陽(中)、8番・谷口(右)、9番・大野(捕)、先発・メンドーサ(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160923note02.jpg

福山博之、松井裕樹、メモリアル登板

4点リードの7回に登板した二番手・福山は今季登板数を背番号に並ぶ65とした。3年連続65試合登板は、ここ10年間ではパリーグで唯一の記録となり、セリーグを入れても巨人・山口鉄也が2008~2009年に記録して以来、2例目になる。

今シーズンの福山は、昨年と比べてイマイチな印象を持つ読者も多いのではないだろうか。

確かに前半戦は多くの楽天救援投手と同様、調子が上がらず苦しむ形になった。4月24日西武戦ではメヒアに満塁弾を浴び、4月27日のファイターズ戦では同点の9回に中田にサヨナラ打を打たれ、5月5日ロッテ戦では中村に頭部死球をぶつけて危険球退場するなど、ちょっと信じられない光景が立て続いたのは事実である。

しかし、その後は立て直し、6月以降の防御率は43回を投げて1.67である。本戦終了時の防御率2.71は昨年の2.76より良い値で、今季のWARも過去2年と同様の数字を示している。65試合とフル回転の活躍ながらも、しっかり修正。数字を作ってくるところは、本当に頭の下がる思いがする。

9回に登板。三者凡退で球団史上初の2年連続30セーブを挙げたのは松井裕だった。こちらも福山と同様、特に前半戦苦しみ、今シーズンは模索の1年になったと言えそうだが、それでも、セーブ機会での失敗は僅かに1。8月には自身初の月間MVPを受賞するなど本領を発揮した。

ウィーラーを始め、アマダー、ペレス、ペゲーロと外国人打者を全員残留させ、投手ではミコライオの来季プレ-が濃厚のチーム事情である。このことを考慮すると、松井裕は来季もクローザー起用になるのかな?という印象だ。ここへきて個人的にも、引き続き抑えを見てみたいと思うようになってきた。

釜田佳直、今季No.1のベストピッチ

そして、本戦、素晴らしかったのは、自己最多7勝に到達した先発・釜田である。今シーズンNo.1のベストピッチだったと思う。

実は試合前から心配していたのだ。

というのは、、、

続きは、メルマガ読者の皆さんに配信。ここから先は下記のnoteを御購入頂くか、まぐまぐで配信中の月額514円のメルマガにご登録頂くかでお楽しみ下さい

まぐまぐでのメルマガでは、本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月十数本の配信で月額514円。現在読者35~40名の間で推移しています。さあ、あなたもミラクルイーグルスを信じて、読者登録をしよう! noteでバラ売りを全てお買い上げ頂くより、断然お得です。

さらに、新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



◎◎◎関連記事◎◎◎
無名ブロガーが有料コンテンツを販売し、読者約50名に御購読頂くようになった奇跡
楽天のドラフト戦略に大幅変更を強いるかもしれない重大事案とは?!
【試合評】 戦意喪失の楽天。約2ヵ月ぶりの5位転落~2016年9月17日●楽天イーグルス1-3西武
【試合評】 両軍先発陣の出来が明暗分けた今季の西武最終戦~2016年9月19日●楽天イーグルス2-5西武



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

企画参加したスポーツ雑誌
Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
facebook聖澤選手応援ファンページ
facebookに聖澤諒選手のページを作成しました。ほぼ毎試合の聖澤選手にフォーカスした寸評、聖澤選手ブログ更新情報やニュース記事、各種記録やデータなどをアップデート。現在483人が「いいね!」と言っています。目指せ500人!!
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
2014年人気記事TOP10
上記は月間ですがこちらは年間です。Google Analyticsで集計。期間=2014年1/1~12/31
歴代人気記事TOP15
Google Analyticsで集計。期間=2011年1/1~2014年12/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}