お知らせ

スポンサーリンク



20150219DATA04.jpg
他社刊をおいてけぼりに独走状態!!
当ブログ激押し!! 史上最強の選手名鑑
Slugger特別編集『2015プロ野球オール写真選手名鑑』が凄い!!

読書感想文はコチラをクリック。

---------------------------------------------------------------
facebookページでブログ更新情報をお届けします
---------------------------------------------------------------
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。
NewsPicksもやっています。IDはeagleshibakawaです。「最近使うSNSはもっぱらNPなんだよね」という方にお薦め。

---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!! 登録初月は購読料は無料!!
---------------------------------------------------------------
昨年8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始・祝祭日除く)、月額514円(1通当たり約129円)。読者登録初月は購読料無料のサービス中。購入方法(まぐまぐと直接販売)など詳しいご案内やバックナンバー一覧/詳細はコチラでどうぞ。
まぐまぐの読者登録はhttp://www.mag2.com/m/0001609734.htmlから。
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。
◎6/1Vol.091 : 史上最強の助っ人マギーは今なおNPBで通用するのか?!
◎6/8Vol.092 : デーブ楽天の得点力を診断する。2014年と2015年守備位置OPS比較
◎6/15Vol.093 : デーブ楽天の「真の」バント成功率
◎6/22Vol.094 : イベント内訳で診る楽天の得点225、失点243。その全貌
◎6/29Vol.095 : ギータ「年下だけど真似したい」。ホークス柳田悠岐が一目置く楽天若手選手とは?
◎7/6Vol.096 : バットを折った時の楽天投手成績、バ折られた時の楽天打者成績調査


雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。しばらくの間、月1で寄稿していきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を
◎楽天の今オフ〝最大〟の補強は、嶋基宏の残留だ――数字が証明した嶋の測り知れない貢献度
◎逆転の楽天はどこへ 投打の柱を補強で埋められず【ファンがつける、東北楽天ゴールデンイーグルス2014通信簿】
◎鷲の新たな顔に 松井稼頭央を継ぐ遊撃手、西田哲朗が乗り越えるべき3つのハードル
◎田中将大との違いは「得点圏」 絶対的エースになるために、楽天・則本昂大が解決すべき課題
◎楽天・西田骨折で混沌 存在感増すベテラン山崎・後藤のショート争い
◎非現実的な大記録への期待 数字に裏打ちされた、松井裕樹のリリーフ起用
◎39歳ベテランと22歳ルーキーが熱くさせる! 「結果至上主義」が生み出す、楽天・外野手レギュラー争い
◎開幕3連戦でチーム最多打点 2番打者の顔、楽天・藤田一也の9番起用の狙いとは?
◎2年ぶりに楽天に復帰 40歳のベテラン助っ人・レイが先発の救世主に
◎デーブ楽天、超機動力野球は機能しているのか? データから見える現在地と課題
◎楽天の1番は福田将儀で世代交代 未来を担う「青い稲妻」がチームを活性化
◎山崎武司も認めた長打力 イーグルス・中川大志、レギュラー定着となるか?
◎主力野手の離脱に不調 緊急事態のデーブ楽天を支える投手陣と新戦力
◎主力離脱の逆風を追い風に イーグルスのブルペンを支える、ドミニカンエクスプレス


◎2014年試合評INDEXはコチラをクリック
◎2015久米島キャンプ感想文INDEXはコチラをクリック

3/27●E2-5F〔開幕戦〕3/28○E4-2F〔レイ来日初勝利&松井裕プロ初セーブ〕3/29●E1-11F3/31●E2-3L〔コボスタ最多観客数更新の東北開幕戦〕4/2●E1-6L〔美馬3被弾&守備ミス5個〕4/4●E1-3M4/5○E6-4M4/7△E0-0〔17残塁/セパ12球団今季初引分〕4/8○E1x-0H〔今季初サヨナラ勝利/岡島犠飛〕4/10○E5-3Bs〔タフな雨中戦を制し3連勝〕4/11△E3-3Bs4/12○E4x-3Bs〔銀次デーで銀次サヨナラ打/勝率五割復帰〕4/14○E2-1L〔銀次2試合連続決勝打〕4/15●E2-14L〔投壊〕4/16●E4-8L4/17○E7-2F4/18○E4-2F〔則本今季初勝利〕4/19●E0-3F〔今季初の零敗〕4/21●E1-7H4/22●E1-2xH4/24○E7-1M4/25●E3-7M〔則本5回4失点〕4/26○E7-1M〔戸村プロ初の完投勝利〕4/27○E9-4Bs〔ペーニャ待望1号〕4/28●E0-6Bs4/30●E1-4Bs5/1●E1-4L5/2●E0-3L5/3●E6-7L〔今季初の同一カード3連敗〕5/4○E4-1F5/5●E2-4F5/6○E7-2F〔中川4年ぶりスタメンで2点二塁打〕5/8●E3-5H5/9○E3-2H〔延長12回嶋決勝弾/則本完全復活〕5/10●E1-10H5/12○E5-4Bs5/13●E6-8Bs5/16○E5-4M〔松井裕今季初失点〕5/17○E4-3M〔則本今季初完投勝利/4位浮上〕○5/19○E7-4F●5/20●E1-3F5/21●E5-9F〔球団史上最長試合〕5/22○E6-1L〔辛島復帰/藤田グラスラ〕5/23●E2-4L5/24○E5-3L

5/26●E0-3T〔交流戦開幕〕5/27●E0-2xT〔藤浪晋太郎撫で斬り〕5/28●E3-4xT〔戸村押し出し四球でサヨナラ負け〕5/29○E5-3G〔超機動力野球〕5/30●E3-5G5/31○E4x-3G〔巨人戦9年ぶり勝ち越し〕6/2●E3-4S6/3○E5-3S6/4○E7-2S〔中川2打席連発〕6/5●E1-2C〔男気黒田に完敗〕6/7●E1-3C〔則本5敗目〕
、6/9○E3x-2DeNA、6/10○E5-4DeNA6/11○7-5DeNA〔最大4点差を松井稼満塁弾でひっくり返す〕6/12○E3-1D6/13●E6-7D6/14○E4-0〔則本今季初完封勝利〕

6/19○E2-1M〔リーグ戦再開〕6/20○E3-2M〔藤田負傷〕6/21○E5-0M〔チーム防御率1位へ〕6/23●E0-3Bs〔則本vs西〕6/24●E1-6Bs6/26●E1-5H6/28●E3-7H6/30●E0-8M〔則本大炎上〕7/2●E2-3M〔今季初の6連敗〕7/3●E4-5F〔楽天デー〕7/4●E2-3F〔松井裕今季初黒星〕7/5○E3x-2F〔阿部俊人プロ初のサヨナラ打〕


◎三好匠・・・最多の場数を与えられた期待の若鷲
◎内田靖人・・・高卒1年目で二軍7本塁打。将来の4番打者
◎今野龍太・・・12球団一番最後ドラフト指名。無名右腕高卒1年目その挑戦
◎相沢晋・・・新人で1軍登板叶わなかったオールドルーキーその1年目
◎北川倫太郎・・・後退の高卒3年目。来季は早くも正念場?!
◎榎本葵・・・チーム唯一の初回先頭打者本塁打。5月には8打席連続安打も
◎古川侑利・・・新人8投手1番乗りの完封勝利
◎相原和友・・・地元宮城が生んだゴロアウト左腕、その1年目を振り返る
◎阿部俊人・・・徹底した逆方向でキャリアハイの成績
◎森雄大・・・ 闘将期待の原石、どこまで磨かれた?
◎大塚尚仁・・・左打者キラーになりつつある背番号47
◎横山貴明・・・NPB史上初の珍事で初勝利を飾った福島浪江産右腕その1年目

blogtopcolum2014.jpg
その他の主なエントリー一覧はコチラをクリック。

◎打者転向した楽天・片山博視に必要な最低限のファーム打席数
◎ファン46人が選ぶ今年活躍を期待したい野手アンケート結果。1位を分け合った3選手とは?!
◎約4割の得票率を記録した若鷲。ファン46人が選ぶ2015年活躍を期待したい投手アンケート結果発表
◎初の首位打者を狙う楽天・銀次の2015年。唯一心配される懸念点とは?!
◎先頭打者四球で動じない投手。崩れやすい投手
◎嘘だった!!闘将8番9番打たれすぎ発言~2014年楽天投手陣の打順別被OPS
◎スピードボールに強い犬鷲戦士を探せ~145キロ以上ストレート打撃成績
◎2番・藤田一也の「らしくない」不振~2014年打者別の進塁打率調査より
◎2015年4番候補、ギャビー・サンチェスのメジャー成績を確認する
◎球団初の外国人捕手誕生、アレジャンドロ・セゴビア
◎大型左翼手トレード獲得は?! 攻守でアキレス腱の楽天左翼手その惨状
◎楽天の守備位置OPS。2013年&2014年の比較


◎楽天・星野政権4年間その功と罪を検証する
(1)繰り返されたコンディションに考慮しない選手起用法。多かった投手の手術数


⇒2012年試合評INDEXこちらにまとめました。
⇒2013年試合評INDEXはこちらにまとめました。
⇒2014年試合評INDEXこちらにまとめました。
◎岩隈メジャー3年目の好成績を支えた原動力の正体とは?!
◎岩隈4年目の課題点。昨年vs左打者対戦成績が悪化したその理由を探る

4/8LAA6回5失点〔初黒星〕4/14LAD6回途中4失点〔ロドニー打たれて勝利投手の権利吹っ飛ぶ〕4/20HOU6回途中4失点〔勝利投手の権利消滅〕



◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その2。マー君を得意にした打者10傑
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その1。マー君がカモにした打者10人
⇒2014年試合評INDEXこちらにまとめました。

4/6TOR4回5失点〔開幕戦黒星〕4/12BOS5回4失点〔ほろ苦の初勝利〕4/18TB7回無失点〔圧巻の2勝目〕4/23DET7回途中1失点〔中3.5日で気温2度の極寒好投〕6/15MIA7回2失点〔2敗目/イチローとの初対戦〕

スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

バットを折った時の楽天投手成績、バットを折られた時の楽天打者成績調査~メルマガVol.096より

スポンサーリンク



《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

メルマガVol.096を配信しました



こんばんは。@eagleshibakawaです。

阿部による魂のサヨナラ打で連敗脱出したイーグルス。なでしこも2大会連続準優勝以上と、素晴らしい週明けの月曜日になりました。

さて、月曜日と言えば、当ブログが運営・発行するメールマガジン「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」の配信日です。

(年末年始・祝祭日を除く)毎週月曜日が発行日、月約4配信で月額514円になります。

2013年8月創刊で来月には2周年。現在の購読者数は30数名です。
この30数名の読者の皆さんは、当ブログの継続活動を支えてくださる、当ブログ最大のステークホルダーだと認識しております。

まぐまぐの皆さんには19時を目途に配信予約を、直接御購入頂く皆さんには一足先に先程、お手元のメルアドにお送りしました。


Vol.096を数える今号の内容は主に下記の3つ。

◎バットが折れた時の成績調査

楽天投手が相手打者のバットをへし折った時の成績、楽天打者のバットがへし折られた時の成績、この2つの調査を行い、一覧表を御紹介しています。どのゾーン・コースで発生するのか? 発生しやすい球種は何か?等も。味方投手が相手打者のバットをへし折ると、その球に球威・キレがあり、討ち取った!という判断をしますが、実際のところはどうなのでしょうか? 驚きの結果はメルマガ本文にて。

◎片山博視の2軍打撃成績を確認する

2月に打者転向した片山。5月までは鳴かず飛ばずの日々でしたが、6月以降、目覚ましい打撃成績。先日は遂に2試合、ファームの4番でスタメン出場もしていました。そんな片山の現在地を打撃成績各種諸々、打球方向でチェックしています。

◎パリーグ球団別の棒グラフ。得点別に診る試合数、及びその勝敗

下記の棒グラフをパリーグ6球団別に作成し、御紹介しています。縦軸=試合数、横軸=1試合に挙げた得点のグラフです。例えば、今季の楽天は3得点を挙げた13試合の成績は6勝6敗1分。このようなことがヴィジュアルで一目瞭然になるグラフを作成してみました。




新規登録初月は無料購読OK
あなたもメルマガ読者になり、当ブログのパトロンになりませんか?



新規読者さんは随時募集中です。新規登録月は、その月配信のメルマガ全文を無料購読頂けます。例えば、今月御登録の場合、7月配信分(7/6、7/13、7/27)は無料購読のお試し期間。8月から課金になります。

月額514円。年末年始・祝祭日を除く毎週月曜日発行です。

内容は書いている人がshibakawaですから、当ブログとほぼ同じスタイルになります(笑)。

クレジット決済を御希望の方は、メルマガ代行サービス「まぐまぐ」でどうぞ。下記URLをクリックして下さい。

http://www.mag2.com/m/0001609734.html

クレジット決済以外を御希望の方、当管理人から直接ご購入いただけます。

3カ月分単位で銀行振込でお願いしております。例えば、今月ご購入頂くと、6月=新規登録のため無料、7~9月=有料となります。
お問い合わせはTwitterfacebookページ等で御連絡下さい。このエントリーに鍵付きコメント返信でもOKです。その際は返信用のメルアドの記載をお願い致します。

メルマガに関する詳しいご案内は下記↓↓↓に御用意しております。下記も御参照下さい。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 地獄と天国を一気に体験。あまりにも劇的で濃密すぎた8球勝負~2015年7月5日○楽天イーグルス3x-2日本ハム

スポンサーリンク



《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

阿部俊人、一世一代の大仕事



固唾を飲んで見守るシーンが訪れていた。

スコア2-2の同点9回裏、楽天はサヨナラの機会を演出していた。

ここまで無安打だった先頭・サンチェスが中前に弾き返して出塁。小斉ストレートの四球、その後1死2,1塁で1-2と追い込まれながらも聖澤左安、つないで作った1死満塁のビッグチャンス。代走から途中出場の阿部俊人が、本戦初の打席を迎えていた。

地元・宮城出身の5年目26歳はネクストバッターズサークルからバッターボックスに歩を進めている時、これから地獄と天国の両方を体験する「あまりにも劇的で濃密すぎる8球勝負」を体験するとは、微塵も思っていなかったに違いない。もちろん、僕らファンも同様だった。

ファイターズは四番手・鍵谷陽平。この回から登板していた。前日は平均147.2キロのストレートで小山桂、聖澤、牧田をねじ伏せていたが、翌日の本戦では塁上満員御礼、絶体絶命のピンチを背負っていた。

その初球。地獄の1丁目が大きく口を開いた。

楽天ベンチはスクイズ作戦を指示。しかし、これが失敗に終わってしまう。鍵谷の投球が高めボールゾーンに大きく上ずったことが災いした。スクイズしにいった阿部のバットが空を切る。3塁から大きく飛び出したサンチェスがランダンプレーの末、挟死の憂き目に遭う。1死満塁チャンスは2死3,1塁に。依然、サヨナラ機は続いていたが、アウトカウントは2死になり、ボルテージ高まっていた場内に冷や水がぶっかけられたかのよう。一部ファンから心ない怒声が飛んだ。

しかしだ。野球って面白い!!

初球で地獄を覗いた阿部は、直後の2球目から天国への階段を登ることになっていたのだ!!!

2球目、インコース低めに大きく外れてボール、カウントは1-1となった。
3球目、高めのストレート。恐らく見逃せばボール球であろう147キロを打って出てファウル。
3球目で1-2と追い込まれた阿部だが、ここから大いに粘る。
4球目から6球目まで、いずれも高めストレート。
149、147、148キロのスピードボール。
必死に引きつけて三塁側(左翼側)にフライファウルで粘った。
7球目は一転、変化球。しかし、大野が低めに要求した139キロがインハイに抜け、カウントは2-2に変わった。

そしてラスト8球目。

内角に投げ込まれた148キロのストレート。

コンパクトに打ち返した飛球は詰まり気味。
外野前進守備なら守備範囲かな?という飛球だった。
このとき、相手の外野陣はほぼ通常の守備体系だったように思う。
このことも幸いした。
3時間39分の戦いに終止符を打ち、
連敗トンネル脱出を決定づける打球が、
内野と外野の中間、センターの前に着弾した。

6/23郡山でのオリックス戦から始まった大型連敗は8でストップ。
陽気でひょうきん者、ムードメーカーの一振りで長かったトンネルを脱出した。
阿部はプロ初のサヨナラ打&ヒーローインタビュー。
お立ち台でその嬉しさを独特のユーモア溢れる表現で爆発させている。

楽天のサヨナラ勝利は下記のとおり、6/9DeNA戦以来約1カ月ぶり、今季5度目。

■楽天の今季サヨナラ勝利
4/8ソフトバンク戦(○E1x-0H、岡島)
4/12オリックス戦(○E4x-3Bs、銀次)
5/31巨人戦(○E4x-3G、中川)
6/9DeNA戦(○E3x-2De、ペーニャ)
7/5日本ハム戦(○E3x-2F、阿部)

チーム成績は75試合34勝39敗2分、勝率.466、5位は変わらず。ゲーム差は1位・ソフトバンクと12.5、2位・日本ハムと8.0、3位・西武と7.5、4位・ロッテと2.0、6位・オリックスと6.5。

各種戦績は、銀次離脱後15勝17敗、7月1勝3敗、リーグ戦再開4勝8敗、日本ハム戦7勝8敗、コボスタ18勝14敗2分、先制された試合11勝22敗1分となった。

(下記へ続いた)

ブログ村投票のお願い
劇的すぎる連敗脱出に興奮した方はポチッと押して下さい。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150705DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

日本ハム=1番・中島卓(遊)、2番・田中賢(二)、3番・陽(中)、4番・中田(一)、5番・近藤(指)、6番・谷口(右)、7番・レアード(三)、8番・大野(捕)、9番・西川(左)、先発・メンドーサ(右投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・山崎(遊)、3番・牧田(左)、4番・松井稼(右)、5番・ペーニャ(指)、6番・後藤(二)、7番・サンチェス(一)、8番・小斉(三)、9番・小山桂(捕)、先発・美馬(右投)

なぜ阿部俊人はヒーローになれたのか?



それにしても、なぜ阿部俊人は、追い込まれていたのに、サヨナラ打を打ち返すことができたのか?

主な理由は下記の4つだ。

◎鍵谷の変化球の精度が悪く、ストレートに頼らざるをえなかったこと。
◎阿部がファウルで粘ることができたこと
◎センターから逆方向を意識した打撃に徹底したこと
◎阿部の執念、集中力、火事場の馬鹿力の賜物


この日、鍵谷はストレートとフォークの2球種を投げたが、フォークの精度がイマイチだった。直前の聖澤にその初球と結果球、阿部の打席時に7球目で投じた。しかし、いずれも低めに制球することができなかった。

聖澤の初球は大野が低めを要求しているにも関わらず、内角中段に収まる投球。結果球はストライクゾーン低めに甘く滞留した。そんな落ち切らないキレの悪い投球を、聖澤が軽打で左前へ弾き返すことに成功。阿部に投じた1-2からの第7球目は低めに制球すべきところが高めにすっぽ抜けてボールになったもの。3球とも狙ったところにコントロールできず、制球に苦労していた。

もし第7球で低めストライクからボールゾーンにストンと落とされていたら、恐らく阿部のバットは空を切るか、当てたとしても凡打に終わっただろう。そしてゲームは2戦連続の延長戦に突入していたであろう。というのは今季の阿部、フォークの打撃成績は6打数0安打、2三振。スイング9球の内訳は、空振り3球(三振2含む)、ファウル2球、凡打4球。1本もヒットを打つことができていなかったからだ。

3球目で追い込まれた阿部だが、2ストライク以降、ファウルで3球粘った。

2009~2013年NPBデータで2ストライク後のファウル数が増えれば増えるほど、打者の打率、出塁率は上昇するというデータがある。

ファウル0球・・・打率.177、出塁率.232
ファウル1球・・・打率.198、出塁率.271
ファウル3球・・・打率.213、出塁率.299
ファウル4球・・・打率.234、出塁率.338
(データスタジアム監修『高校球児に伝えたい!プロだけが知っているデータで試合に勝つ法』より)

ファウルを続けるうちに阿部のタイミングも徐々に合い始めていたのだろう。

さらに、昨年ファームで培ったセンターから逆方向に徹した打撃技術が本打席で花開いた。

145キロ以上のスピードボールである。むやみに引っ張りにいけば、空振りするリスクも高く、よしんばコンタクトできても引っかけてのイージーゴロになる危険性も存在した。そのため、センターから逆方向を意識した対応になったが、これこそ阿部が昨年2軍で身につけ、ファームでキャリアハイの成績につなげた意識改革だったのだ。(40安打中、センターから逆方向で実に29本を稼いだ)


◎【記録】1軍ではムードメーカーも、2軍ではキャリアハイの成績~楽天イーグルス 阿部俊人 2014年 2軍打撃成績詳細 (シーズン終了時データ)


とはいえ、結果球の148キロのストレートは、阿部にとって難攻不落、苦手としてきた球だった。

2012年以降の4年間、145キロ以上の速球(シュート含む)での阿部の打撃成績は、12打数2安打、4三振、1死球、3犠打の打率.167。

スイング43球に対し、空振り9球、ファウル23球(53.5%)、インフィールドに飛んだ打球11球。バットを振りに行ったその半数でファウルを打たされ、空振りも多く、フィールド内に打ち返した打球は(バントを含めて)11本中、実に10本がゴロ打ち。力強い打球を打つことが叶わず、そのゴロの大半がアウトになっていた。

7/3日本ハム戦でも2回無死満塁で有原の150キロに空三振、同7回先頭打者打席で有原の147キロを打って出てイージーな遊ゴに討ち取られていた。

その苦手球種を最後は外野まで飛球で打ち返しサヨナラヒットにしたのは、やっぱり、最後は阿部の執念、集中力、土壇場での火事場の馬鹿力なのだろう。

まず、フォークが使えずにストレートを続けるしかなかった鍵谷側の事情があった。
そのストレート連投を逆方向を意識したアプローチで3球連続でバットに当ててファウルにすることができた。
このことで、目慣れが完了。
準備万端整ったところで最後は阿部が魂を燃やした。
そういうことなのだろうと思う。

本当に良い槍働きになった。

20150705DATA04.jpg

メンドーサの投手成績

7回、打者27人、球数100、被安打5、被本塁打0、奪三振5、与四球1、失点2、自責点1。

20150705DATA03.jpg

美馬の投手成績

6回、打者25人、球数98、被安打6、被本塁打0、奪三振2、与四球2、失点1、自責点1。

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 デーブ楽天、完全梅雨入り宣言の4連敗。5位転落へ~2015年6月28日●楽天イーグルス3-7ソフトバンク
【試合評】辛島航が2死満塁ボール先行1-0からあっさり速球を投じたその理由~2015年7月4日●楽天イーグルス4-5日本ハム
【試合評】 ボール球スイング率45.2%。後藤光尊化したイヌワシ打線~2015年7月4日●楽天イーグルス2-3日本ハム



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】 ボール球スイング率45.2%。後藤光尊化したイヌワシ打線~2015年7月4日●楽天イーグルス2-3日本ハム

スポンサーリンク



《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

不運なかたちで訪れた3年ぶりの8連敗



3年ぶりの8連敗は、あまりにも不運なかたちで訪れた。

2-2の同点で迎えた延長10回表。マウンド上は松井裕樹。9回から登板し、2イニング目に入っていた。先頭・レアードを低めチェンジアップで料理し、前の回から4者連続三振を決めた1死後から「悲劇」は始まった。

9番・西川。初球、アウトロー125キロのスライダー。叩きつけた打撃は背番号1の頭上をハイバウンドで越えていき、マウンド後方でセカンド後藤も捕球するだけが精いっぱいの内野安打に。続く1番・中島卓は送りバント。2死2塁で2番・田中賢との勝負。1-2と追い込んでから決めに行ったチェンジアップ。外角低めに投げ切った勝負球を巧打で左前へ運ばれてしまった。

イーグルスの守備陣は外野前進守備。レフトは守備の名手・牧田明久。その牧田の左側、左翼線沿いに詰まりながらもふらふらっと打ち上がった飛球は、懸命に追いかけ球際でダイビングキャッチを試みた牧田のプレーも及ばずに着弾する「不運」なタイムリーに。

いわゆる、飛んだコースが・・・という1本だ。打球が転々としている間、打者走者の田中賢に悠々3塁まで進まれ、塁上でベテランは両手を挙げてガッツポーズ。記録上の三塁打は、今季の松井裕が得点圏で打者28人目にして初めて許したタイムリーヒットになった。(楽2-3日)

その裏、ファイターズはマウンド上に抑え・増井が登場。楽天は3番・松井稼、4番・ペーニャ、5番・サンチェスと一発長打のあるクリーンアップ。しかし、松井稼がフォークボールに空三振に倒れると、両外国人は増井の147キロ、150キロのストレートに力負け。今季11度目の延長戦はイーグルスの逆転負け、3時間48分で終止符が打たれている。

背番号1を持ってしても連敗トンネルを止めることができなかった楽天は3試合連続の1点差負けで、2012年7/18ロッテ戦(●E3-4M)から8/4日本ハム戦(●E1-4F)以来、3年ぶりの8連敗を喫している。

怪我の功名で生まれた抑え・松井裕樹の快投伝説



8連敗にはなったが、松井裕で負けたのだから、仕方がない。2本のヒットは芯で捉えられた快打ではなく、討ち取った当たりとも言える不運な安打だった。開幕31試合目にして今季初黒星になったが、ここまでの30試合の好投こそ称えられるべきで、背番号1が抑えでなかったら、借金はあと3~4は増えていたかもしれない。

ミコライオが椎間板ヘルニアで離脱したことから始まった背番号1のクローザー伝説。結果的に言えば、ミコライオが離脱したおかげで生まれたとも言える。もしミコライオが元気で「8回松井裕、9回ミコライオ」だった場合、ここまでの圧倒的な快投は続かなかったと私は考えている。

というのは、セットアッパーは抑えよりも起用法が安定せず、ブルペンで肩を作る回数も多くなり、心身共に調整が難しいこと。その分、疲労も溜まり、パフォーマンスレベルも下がるからだ。ミコライオの負傷離脱で急遽白羽の矢が立った背番号1の抑え起用は、結果的に「怪我の功名」になった。

チーム成績は74試合33勝39敗2分、勝率.458。5位は変わらず。借金は今季最多タイの6に逆戻り。ゲーム差は1位・ソフトバンクと12.5、2位・日本ハムと9.5、3位・西武と7.5、4位・ロッテと3.0、6位・オリックスと5.5とした。

各種戦績は、銀次離脱後14勝17敗、7月3敗、リーグ戦再開3勝8敗、日本ハム戦6勝8敗、コボスタ17勝14敗2分、先制した試合23勝17敗、延長戦4勝5敗2分、1点差試合12勝10敗、相手先発左投手7勝13敗1分の推移になっている。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門2位
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150704DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

日本ハム=1番・中島卓(遊)、2番・田中賢(二)、3番・陽(中)、4番・中田(指)、5番・近藤(捕)、6番・岡(右)、7番・杉谷(左)、8番・レアード(三)、9番・西川(一)、先発・吉川(左投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・牧田(左)、3番・松井稼(右)、4番・ペーニャ(指)、5番・サンチェス(一)、6番・後藤(二)、7番・小斉(三)、8番・小関(捕)、9番・山崎(遊)、先発・塩見(左投)

決めるべきは9回裏だった



1回表に8試合ぶりに先制点を取ったものの、直後に同点とされ、3回以降は長い間1-1が続き、吉川を攻略できずに2点目3点目を取ることができなかったのも問題ではあった。しかし、決めるべきは9回裏だったと思う。

直前の9回表、マウンド上は松井裕。5番・近藤、6番・岡、7番・杉谷。24歳以下のヤングファイターズを三者三振の撫で切りにした。近藤には近藤が苦手とするストレートで追い込むと、最後も145キロのインコース真っすぐ。見三振に仕留めた。岡にはチェンジアップ連投で空三振に追い込むと、過杉谷には全5球ストレート勝負。ボール先行2-1から連続で空振りを奪い、最後は高めボールゾーンの149キロを振らせることに成功した。

打線、野手陣にメッセージのある三者連続三振だった。30登板中29登板で三振を奪ってきた背番号1だったが、1イニングを三者連続三振による三者凡退投球で相手打線を退けたのは今季、本戦が初だった。自らの圧倒的な快投で試合の主導権を手繰り寄せ、味方のサヨナラ機を作りたい。そんな若きクローザーの確固たる意志が見えたドクターK劇だった。

打線はそのメッセージに応えるべきだった。

その裏、楽天は8番・小山桂から始まる下位打線。鍵谷の前に小山桂が右邪飛、山崎も二ゴと討ち取られて2死。1番・聖澤がストレートのフォアボールで1塁に歩いて打席は打撃好調、本戦も2安打を記録していた2番・牧田にまわった。ここで何とかチャンスを広げ、2安打していた3番・松井稼につなげたかった。

聖澤も2度スタートを切ったが、1度目は追い込まれていた牧田がファウル、2度目は投ゴ。足を活かすことができなかった。初球が一番甘かった。129キロのスライダーが真中高めに入る失投だった。しかし、恐らく鍵谷の真っすぐに狙いを定めていたであろう牧田は見逃さざるを得なかった。

20150704DATA03.jpg

後藤光尊敬化した楽天打線



6回2/3、打者28人、球数108、被安打7、被本塁打0、奪三振1、与四死球0、失点2、自責点2。

塩見貴洋vs吉川光夫。1988年生まれマー君世代のサウスポー対決は、今夜の対戦で3度目のマッチアップ。ここまでは2012年4/30(Kスタ、7回1失点で塩見勝利投手)、同年7/14(Kスタ、7回2/3、1失点で塩見勝敗つかず)で塩見の2戦1勝だった。

ロースコアの投手戦が予想されたが、その通りの展開になった。

1回表、楽天は吉川の立ち上がりを攻め、4番・ペーニャのバットで先制した。2番・牧田が1,2塁間を破る右安で出塁すると、すかさず二盗成功。スタートは芳しくないように見えたが、弱肩近藤の送球が逸れたことでセーフ。足で得点圏に進んだ。その後、2死2塁で4番・ペーニャ。ボール先行2-1から内角速球143キロを仕留めた。コンパクトなスイングでセンターに返した当たりで、2塁走者・牧田を悠々ホームに呼び込み、8試合ぶり待望の先取点がイーグルスに入った。(楽1-0日)

しかし、2回以降、吉川に修正を許してしまった。7回2死から聖澤、牧田、松井稼の短長3連打で1点を奪取するまでゼロに抑えられてしまった。

楽天打線はボール球(特に高め)に手を出すケースが多く、ゴロ打ちを余儀なくされ、ゴロアウトが大変多くなった。吉川のゴロ率は63.0%。1試合2~3個のフォアボールを出してきた吉川に無四死球投球を許したのは、楽天打者がボール球を見きわめることができず手を出しにいってしまったことにあった。この日、楽天打者の吉川へのボール球スイング率は当ブログ調査で45.2%。つまり、打線全体が後藤光尊化していた。ボール球で3本のヒットを記録する一方、7本の凡打に1個の三振、三振1個を含む空振り7個、ストライク寄与ファウル2本と楽天打線に不利に働いていた。

ここ最近特に感じるのは、楽天打線がスピードボールに全く歯が立っていない点である。

この試合も吉川、クロッタ、鍵谷、増井が投げ込む146キロ以上の速球にまるで歯が立たず、8打数0安打、1四球に終わっていた。全てを書き出してみよう。

3回、聖澤(遊ゴ) 吉川147キロ
5回、山崎(二ゴ) 吉川146キロ
7回、ペーニャ(三ゴ) クロッタ150キロ
8回、サンチェス(遊ゴ) クロッタ149キロ
9回、小山桂(右邪飛) 鍵谷147キロ
9回、山崎(二ゴ) 鍵谷149キロ
9回、聖澤(四球) 鍵谷146キロ
10回、ペーニャ(右飛) 増井147キロ
10回、サンチェス(二飛) 増井150キロ

前日も146キロ以上の球に、15打数2安打、4三振、1四球、1犠打と歯が立たずだった。予め相手が速球派だと分かっている時、楽天はスピードボールへの対応策を取っているのだろうか? 連敗で田代・平石打撃コーチの首もうすら寒くなってきた今日この頃である。

20150704DATA04.jpg

塩見、フォークボールを修正、7回2失点のHQS投球



7回、打者26人、球数109、被安打6、被本塁打1、奪三振6、与四死球0、失点2、自責点2。

交流戦に入ってからの塩見は決め球のフォークの精度を欠き、要所で痛打されるシーンが目立っていた。交流戦以降のフォーク被打率は20打数9安打、4三振、1四球、4本塁打の.450だった。

フォークボールが修正されるのか?この点を注目していたが、本戦では上々。13球を投げ、うち12球を低めに徹底して集めた。三振4を含む空振り6個を奪取し、凡打3本を獲得。フォークで記録したアウトは2.1回分、合計7個にも及んでいる。

キャッチングミスが目立つ小関翔太



それにしても、ここへきてまた小関のキャッチングミスが目立ってしまっている。1点を先制した直後の2回表は2死1塁で低めワンバンしたカーブを小関が球を見失った隙に一走に二進を許し、その後、杉谷の左安でホームを踏まれてしまった。前日も暴投直後にタイムリーを打たれており、これでは投手陣の信頼を勝ち取ることはできない。

小関は今季176.2回でマスクをかぶり、暴投10、捕逸1、合計11個のバッテリーミスを記録している。昨年は290.2回で暴投14、捕逸3、合計17個を記録した。9イニング換算で昨年は0.53個、今年は0.56個。改善が見られないのが残念だ。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
試合評】東明大貴と塩見貴洋。明暗分けたフォークボール~2015年6月24日●楽天イーグルス1-6オリックス
【試合評】辛島航が2死満塁ボール先行1-0からあっさり速球を投じたその理由~2015年7月4日●楽天イーグルス4-5日本ハム
楽天ケーシー・マギー不要論



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI







テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【試合評】辛島航が2死満塁ボール先行1-0からあっさり速球を投じたその理由~2015年7月4日●楽天イーグルス4-5日本ハム

スポンサーリンク



《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

楽天デーでも黒星止まらず、遂に7連敗...



2日連続で観戦に訪れた三木谷オーナーも、激怒プンプン丸だったはずだ。

1年に1度、東京ドームで開催される楽天デー。43,881人。グループ社員が大勢つめかけた中で連敗トンネル脱出といきたかったが、逆にその数を伸ばしてしまった。7連敗はデーブレーキとなった昨年の138試合目9/29オリックス戦から144試合目10/7オリックス戦以来、今季初の屈辱になった。

楽天先発は左のエース、辛島。相手先発は大卒新人右腕の有原。昨年秋のドラフトで4球団から1位指名を受けたドラ1はここまで6試合に投げ、3勝3敗、防御率5.87、WHIP1.57。前評判を裏切るイマイチな内容が続いていた。イーグルスにも十分勝機があると思われたが、絶好チャンスをフイにする拙攻に加え、先発・辛島が誤算だった。

2回裏、無死満塁で無得点



先取点攻防戦。これこそ連敗脱出のキーポイントだ。

6連敗中、1度も先取点を取ることができていないイーグルス。試合の主導権を先に握り、有利なゲーム展開に持ち込むことが真っ先に必要とされる目標だった。リードした展開で試合の後半を迎えることができれば、連敗続きで出番がなく、休息十分のリリーフ陣が控えている。青山、福山、防御率0.00が続くクルーズ、ドクターKの松井裕。ブルペンリレーで僅差を逃げ切ることも十分可能である。

その先取点のチャンスが、この試合、2回裏に訪れていた。先頭・ペーニャの四球後、スタメン起用の小斉が流し打ちヒット。無死2,1塁で島内は送りバント。これを処理した有原の3塁送球がセーフになる。相手の守備ミスも絡んで無死満塁、願ってもないビッグチャンスが到来した。

しかし、これが負傷者続出で1.8軍、限りなく2軍と言えるラインアップで戦わざるを得ない現在のイーグルスの宿命なのか、1点も入らなかった(ガクッ!!!)。

7番・阿部は空三振、初球打ちの8番・三好は5-4-3のゲッツーゴロ。4回に大量失点したことが最大の敗因ならば、ここで無得点に終わってしまったのが、第二の敗因になる。

有原との7球勝負になった阿部は、インコースへの厳しい攻めを再三再四受けた。塁上満員御礼、ぶつかれば押し出し死球。そんなリスクある状況。にもかかわらず、相手バッテリーは阿部の懐にカットボール、ストレートと球種を変えながら攻め込んできた。阿部は内角カットボールに2度空振り、1-2と追い込まれてしまった。その後、ボール球を見きわめてフルカウント勝負に持ち込んだものの、ラスト7球目アウトコースの150キロにバットが空振り。三振に倒れた。内角攻めが効いたのだろう。外の球に対応できなかった。

1死満塁で8番・三好。若き右打者の脳裏には、前日の手痛いシーンが甦っていたはずだ。2点を追った5回無死3,1塁、ボール先行2-0。打者有利カウントでのチェン・グァンユウとの対戦。しかし、1度もバットを振らず、フルカウントから見三振に倒れてしまった。「(内野ゴロの)併殺でも1点が入っていた。振れば良かった」と試合後、悔んでいた。

同じ轍を踏むことはあってはならない。そんな強迫観念が三好のスイングをぎこちなくさせた。初球150キロ、真中高めの甘いゾーンに入ったストレートを打ちにいったが捉えることできず、ひっかけたかたちになり、三遊間へのバウンドゴロに。相手三塁手レアードの機敏な処理にも遭い、5-4-3のダブルプレーに討ち取られてしまった。

辛島航、レアードにグランドスラムを浴びる



2回裏に絶好の先制機を逃した楽天は4回表、辛島が5失点、KOの憂き目にあった。

先頭・中島卓に本戦2本目の安打を打たれたが、田中賢、中田の3、4番を討ち取り、2死2塁まで漕ぎ着けていた。

しかし、ここから事態は坂道を転げ落ちていくかのように暗転する。

5番・矢野、6番・岡に連続四球。2死満塁で7番・レアード。ボール先行1-0から外角に投げ込んだ135キロ速球。やや甘くなった所を右方向に打ち返された。打った瞬間は右飛かな?という当たり。しかし、思いのほか、打球が伸びた。右翼席へ無情にも突き刺ささった14号満塁弾は、打った本人も「入ってしまった」という珍談話を残すほどの東京ドーム特有の一撃になった。(楽0-4日)

動揺隠せない辛島は後続にもフォアボール。ここで大久保監督は辛島を諦め、二番手で戸村を送り込む。戸村もピリッとせず1点を奪われてしまう。ワイルドピッチのバッテリーミスで二進されると、市川に真中高めの失投を左前へ打ち返された。レフト島内の手前に着弾した打球がやや高めに弾み、島内が軽くジャンプしながらグラブに収めたこともあり、二走・石川慎が一気にホームを狙う。牧田は必死のダイレクト本塁送球を試みたが、一足先に生還された。(楽0-5日)

重苦しい5点を追いかけた楽天は5回に2点、9回に2点を返したが、あと一歩及ばなかった。

5回は1死後、小関、聖澤の仲良しコンビの長短連打で3,1塁のチャンスを作ると、牧田の打席時、聖澤の二盗が市川の悪送球を誘った。送球が外野へ大きく抜けていった間に3塁走者・小関が生還。盗塁を仕掛けた聖澤も3塁へ。その後、牧田の遊ゴ時に聖澤もホームを踏んだ。(楽2-5日)

9回は1死1塁で代打・松井稼。会心の一撃で有原の105球目を仕留めた。ボール先行2-0から高めに甘く入った137キロ変化球。打った瞬間の8号2ランで有原のプロ初完投勝利を阻止する。ここぞというシーンで大仕事を成し遂げる松井稼ならではの鋭い嗅覚がここでも発揮され、あと1本出れば同点というシーンを作ったが、後続の代打サンチェス、中川が二番手・増井の前に凡退した。

これでチーム成績は73試合33勝38敗2分、勝率.465となった。順位は5位変わらず。ゲーム差は1位・ソフトバンクと12.0、2位・日本ハムと8.0、3位・西武と6.5、4位・ロッテと3.0、6位・オリックスと6.0とした。

各種戦績は、リーグ戦再開3勝7敗、銀次離脱後14勝16敗、日本ハム戦6勝7敗、ホームゲーム17勝16敗2分、先制された試合10勝22敗1分、5回終了時負けている試合7勝23敗となった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150703DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

日本ハム=1番・陽(中)、2番・中島卓(遊)、3番・田中賢(二)、4番・中田(一)、5番・矢野(指)、6番・岡(右)、7番・レアード(三)、8番・石川慎(左)、9番・市川(捕)、先発・有原(右投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・牧田(右)、3番・後藤(二)、4番・ペーニャ(指)、5番・小斉(一)、6番・島内(左)、7番・安部(遊)、8番・三好(三)、9番・小関(捕)、先発・辛島(左投)

20150703DATA03.jpg

2死満塁ボール先行1-0から、辛島が速球を投じたその理由



3回2/3、打者17人、球数74、被安打3、被本塁打1、奪三振3、与四球4、失点5、自責点5。

これで辛島の今季成績は、3勝3敗、防御率3.89、FIP4.11、WHIP0.99としている。

5失点の綻びは2死2塁で5番・矢野を迎えたところにあったと思っている。

2度ロジンに手をやる珍しい動作を見せたのだ。初球を投じる前、セットに入り2塁を気にするそぶりを見せてプレートをはずしロジンバッグに手をやり、再び投球動作に入る。しかし、ここでもプレートをはずし、再び手はロジンへ。辛島が投球間にロジンに2度手を伸ばしたのは本戦で初めての光景で、明らかに自らの間合い、テンポを失っていた。

理由は色々推測できる。

矢野の1打席目。討ち取っていたが、外の変化球を弾き返されての一ゴ。良い当たりを許していた。このことに加えて、ソツのないベテラン打者に対し、辛島の投手独特の危険察知能力が何かを感じ取ったのかもしれない。直前の4番・中田。左飛に仕留めていたが、制球ままならず、2-1から投じたスライダーは真中に入る失投。強打者による打ち損じに救われていただけに“コントロールをより慎重に”という思いも強かったのかもしれない。そのことがロジンに2度も手をやったのだろう。

結局、矢野との勝負に集中しきれず、フルカウントから歩かせてしまった辛島。こうなってしまうと、どんどんドツボにハマってしまう。

2死2,1塁で6番・岡。1打席目は際どいコースをことごとく見きわめられてのフォアボールだった。甘い球は投げられない。そんな高まった思いがボール先行3-0を招いていた。結局、3-1から再び歩かせるハメになる。

2者連続四球で2死満塁、打席は7番・レアード。塁上は全て埋まった。初球109キロのカーブ。インコースへ大きく逸れてしまった。ボール先行1-0からの第2球。満塁だ。2-0にはできない。2球目で必ずストライクを取る必要があった。本来なら1打席目に2度空振りを誘ったチェンジアップを使いたいところ。しかし、もし乗ってこなければ2-0になってしまう。リスクがあった。2-0から立て直すことができるほどの制球力を本戦の辛島は持ち合わせておらず、この場面はストライクを取って並行カウントに戻すことこそ最優先だ。そういったバッテリー判断が、チェンジアップではなく、速球という選択肢を導いたのだろう。

矢野から始まり、岡、レアードへ。外堀をどんどん埋められ、最後には内堀まで埋められ、丸裸にされてしまった大坂城のように、辛島は追い込まれていったのではないか。投げざるを得なくなった後ろ向きの速球には、力が宿っていなかったということなのだろう。レアードがコンパクトに振りに行った当たりが、右翼席を越えるバッドエンディングになってしまった。

20150703DATA04.jpg

平均148.2キロ。有原のストレートが楽天の若手選手を苦しめた



8回1/3、打者33人、球数105、被安打7、被本塁打1、奪三振5、与四球1、失点4、自責点2。

有原の投球について触れる紙幅がなくなってしまったので、ざっくり書いておきたい。

「球が速いは七難隠す」。duplesさんの名言どおりの投球だったと言えそうだ。

スタメンに経験不足の若手が多い今のイヌワシ打線にとって、NPBの平均を7キロほど上回る平均148.2キロのストレートを打ち崩すのは難しかったと言えそうだ。結局、有原のストレートとの対戦成績は14打数3安打の.214に終わっている。無死満塁の2回も、阿部空三振、三好三ゴ併の結果球はいずれも150キロ越えだった。有原の球威に力負けした面は否めない。

さらに、打者3巡目以降(5回途中以降)からはカーブの割合が増え、序盤、中盤には乏しかった緩急をつけられてしまった。このことも楽天打線が6、7、8回と3イニング三者凡退に終わった原因の1つになっている。【終】


20150703DATA06.jpg
20150703DATA07.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 辛島序盤4失点。苦手のホークス戦登板で6連敗~2015年6月26日●楽天イーグルス1-5ソフトバンク
【試合評】 チェン・グァンユウの何でもないストレートを打ち崩せず。今季初の6連敗~2015年7月2日●楽天イーグルス2-3ロッテ



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

企画参加したスポーツ雑誌
Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
facebook聖澤選手応援ファンページ
facebookに聖澤諒選手のページを作成しました。ほぼ毎試合の聖澤選手にフォーカスした寸評、聖澤選手ブログ更新情報やニュース記事、各種記録やデータなどをアップデート。現在483人が「いいね!」と言っています。目指せ500人!!
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
主な過去記事
楽天イーグルスの話
◎〔図表〕得失点差 1試合平均得点&失点 年度別推移
◎〔一覧〕2012年試合評
2013犬鷲通信簿
島内宏明戸村健次中島俊哉聖澤諒永井怜枡田慎太郎
2013年ゾーン・コース打率
聖澤vs右聖澤vs右ジョーンズvs右ジョーンズvs左銀次vs右銀次vs左枡田vs右枡田vs左岡島vs右岡島vs左島内vs右島内vs左松井稼vs右松井稼vs左 二軍選手2013年成績
北川倫太郎中川大志榎本葵森雄大武藤好貴小関翔太島井寛仁柿澤貴裕下妻貴寛大塚尚仁三好匠小斉祐輔神保貴宏阿部俊人
2012-2013惜別─
フェルナンデス中村真人草野大輔下柳剛本西厚博山村宏樹川岸強有銘兼久岩村明憲高須洋介
その他
マギーのメジャー打撃成績
一番靖弘潰しは楽天のせい?!
昨年の走塁ミス。前年との比較
プロ1年目。田中vs釜田どちらが凄い?!
プロ野球、パリーグの話
2012年パ投手別の許盗塁記録
2012年パ投手別の併殺打記録
2012年パ球団別得点内訳
2012年パ球団別失点内訳
2013年レンジファクター
右翼左翼中堅三塁二塁遊撃
統一球で右投左打は不利。これって本当?
右投左打のホームランは本当に激減したのだろうか?
小関順二氏の右投左打神話崩壊説を否定する
統一球の影響をビジュアルで確認
打率ヒストグラム
長打率ヒストグラム
OPSヒストグラム
盗塁の話
プロ入り5年盗塁順位
岩隈久志投手の話
◎メジャーでさらなる進化を見せたクマの絶対球フォーク
◎2012試合評
◎2012打者別対戦成績:LAATEXOAKNYYTB、TOR、BALCLECWS、DET、MIN
ダルビッシュ有投手の話
〔記録〕NPB登板日別投手成績(LNA1977さんのサイトでどうぞ)
〔記録〕NPB被本塁打明細表
〔記録〕NPB対戦チーム別勝敗表/楽天戦登板日別投手成績
〔記録〕楽天vsダル打者別対戦成績
松井秀喜選手の記録
私が愛読するブログ「野球の記録で話したい」さんでどうぞ
〔記録〕NPB332本塁打の明細
〔記録〕MLB175本塁打の明細
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク2
楽天イーグルスファンのブログ、他球団ファンのブログなど。2013年まで相互リンクを募集していましたが、現在は受付けておりません。
リンク3
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
歴代9位。虎の盗塁王が今こそ明かす初の盗塁論
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
2014年人気記事TOP10
上記は月間ですがこちらは年間です。Google Analyticsで集計。期間=2014年1/1~12/31
歴代人気記事TOP15
Google Analyticsで集計。期間=2011年1/1~2014年12/31
興味が尽きない2番打者論
今まで実現不可能だった対談が実現!
和製・野球抄
セイバーメトリクスファン必携!
野球の観方が変わる劇的な1冊

弱小球団オークランドアスレチックスの奇跡。野球で挫折した男ビリー・ビーンが野球で栄光を掴む成功物語。現在、僕にとっての座右の書。考える野球がお好きな方、未読でしたら是非!ブラッド・ピットがビーン役で主役を演じる映画も2011年公開された。
セイバーメトリクス入門書に最適

08年出版。スポーツ紙のどこにも書いてない、セイバーメトリクスを筆頭とする様々な切り口・視点でのチーム分析は、参考になる部分が多々。今なおひっくり返して確認することがしょっちゅう。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
15位
アクセスランキングを見る>>
ジオターゲティング

ジオターゲティング
RSSリンクの表示