お知らせ

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
facebookページでブログ更新情報をお届けします
---------------------------------------------------------------
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。
NewsPicksもやっています。IDはeagleshibakawaです。「最近使うSNSはもっぱらNPなんだよね」という方にお薦め。


アンケート募集中「あなたが選ぶ2015年活躍を期待したい野手&投手」

締切2/15(日)まで。抽選1名様に選手名鑑プレゼントも実施中。詳しい御案内はコチラをクリック。
※1/30現在29名様の御応募有(名鑑プレゼント12名様)


---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!! 登録初月は購読料は無料!!
---------------------------------------------------------------
昨年8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始・祝祭日除く)、月額514円(1通当たり約129円)。読者登録初月は購読料無料のサービス中。購入方法(まぐまぐと直接販売)など詳しいご案内やバックナンバー一覧/詳細はコチラでどうぞ。
まぐまぐの読者登録はhttp://www.mag2.com/m/0001609734.htmlから。
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。
◎12/15Vol.069 : 2014年楽天投手別の先頭打者単打or四球出塁別平均失点
◎12/22Vol.070 : ギャビー・サンチェスそのメジャー成績を「さらに」確認する
◎12/29Vol.071 : 各種記録で診る背番号1・松井裕樹のルーキーイヤー
◎1/5Vol.072 : 各種記録で診る背番号58、辛島航の2014年
◎1/19Vol.073 : 各種記録で確認したい、銀次の2014年打撃成績
◎1/26Vol.074 : 敵軍投手の内角攻め。どのくらい増えたのか?


雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。しばらくの間、月1で寄稿していきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。
◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」―― 背番号23の復活を
◎楽天の今オフ〝最大〟の補強は、嶋基宏の残留だ――数字が証明した嶋の測り知れない貢献度
◎逆転の楽天はどこへ 投打の柱を補強で埋められず【ファンがつける、東北楽天ゴールデンイーグルス2014通信簿】
◎鷲の新たな顔に 松井稼頭央を継ぐ遊撃手、西田哲朗が乗り越えるべき3つのハードル
◎田中将大との違いは「得点圏」 絶対的エースになるために、楽天・則本昂大が解決すべき課題


◎2014年試合評INDEXはコチラをクリック。


◎三好匠・・・最多の場数を与えられた期待の若鷲
◎内田靖人・・・高卒1年目で二軍7本塁打。将来の4番打者
◎今野龍太・・・12球団一番最後ドラフト指名。無名右腕高卒1年目その挑戦
◎相沢晋・・・新人で1軍登板叶わなかったオールドルーキーその1年目
◎北川倫太郎・・・後退の高卒3年目。来季は早くも正念場?!
◎榎本葵・・・チーム唯一の初回先頭打者本塁打。5月には8打席連続安打も
◎古川侑利・・・新人8投手1番乗りの完封勝利
◎相原和友・・・地元宮城が生んだゴロアウト左腕、その1年目を振り返る
◎阿部俊人・・・徹底した逆方向でキャリアハイの成績
◎森雄大・・・ 闘将期待の原石、どこまで磨かれた?
◎大塚尚仁・・・左打者キラーになりつつある背番号47
◎横山貴明・・・NPB史上初の珍事で初勝利を飾った福島浪江産右腕その1年目

blogtopcolum2014.jpg
その他の主なエントリー一覧はコチラをクリック。

◎初の首位打者を狙う楽天・銀次の2015年。唯一心配される懸念点とは?!
◎先頭打者四球で動じない投手。崩れやすい投手
◎嘘だった!!闘将8番9番打たれすぎ発言~2014年楽天投手陣の打順別被OPS
◎スピードボールに強い犬鷲戦士を探せ~145キロ以上ストレート打撃成績
◎2番・藤田一也の「らしくない」不振~2014年打者別の進塁打率調査より
◎2015年4番候補、ギャビー・サンチェスのメジャー成績を確認する
◎球団初の外国人捕手誕生、アレジャンドロ・セゴビア
◎大型左翼手トレード獲得は?! 攻守でアキレス腱の楽天左翼手その惨状
◎楽天の守備位置OPS。2013年&2014年の比較


◎楽天・星野政権4年間その功と罪を検証する
(1)繰り返されたコンディションに考慮しない選手起用法。多かった投手の手術数


⇒2012年試合評INDEXこちらにまとめました。
⇒2013年試合評INDEXはこちらにまとめました。
⇒2014年試合評INDEXこちらにまとめました。
◎岩隈メジャー3年目の好成績を支えた原動力の正体とは?!
◎岩隈4年目の課題点。昨年vs左打者対戦成績が悪化したその理由を探る



◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その2。マー君を得意にした打者10傑
◎田中将大vsNPB打者通算対戦成績その1。マー君がカモにした打者10人
⇒2014年試合評INDEXこちらにまとめました。

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

松井裕樹2年目の進化へ。田中将大秘伝のスプリット習得を応援する

スポンサーリンク





ベールボールチャンネルさんへの寄稿開始!!
雑誌『ベースボールサミット』編集部運営の野球ネット・メディア、ベースボールチャンネルさん。中の方にお声をかけて頂き、しばらくの間、月1でコラムを書いていきます。寄稿した原稿のURLをリンクで御紹介します。みなさま、御笑覧よろしくお願いします。
◎田中将大との違いは「得点圏」 絶対的エースになるために、楽天・則本昂大が解決すべき課題


松井裕樹のスプリット習得を応援する



@eagleshibakawaです。

松井裕樹が2年目の飛躍へ向けて、新球の習得に励んでいる。

報道によると、松井結は年明け約2週間、則本、辛島と共にヤンキース田中将大の沖縄自主トレに参加。そこで田中の伝家の宝刀スプリットを伝授され、その練習に励んだという。

一般に様々な諸事情で、左投手はチェンジアップを持ち球にするものの、スプリット(フォーク)は投げない傾向が強い。現在、NPBの主要左投手でフォークを持ち球にし、それなりの球種割合投げているのは、阪神・能見篤史(12.5%)、巨人・内海哲也(5.6%)、西武・高橋智己(6.2%)、日本ハム・石井裕也(13.6%)、中日・高橋聡文(16.1%)など数少ない。(球種割合は2013年データ)

その中、松井裕はスプリットのマスターを選択した。私はこの挑戦を応援していきたいと思っている。

スプリット習得を決断したその理由を、松井裕は報道陣に「自分の三振を見ると、序盤に取るのがほとんど。2つの球種だと9回投げる上で厳しい。もう1つ球種があればバッターも絞りにくい」と語った。

昨年は高卒1年目で126個の三振を積み重ねた。126個の球種内訳をチェックしてみると、

ストレート・・・55 (右打者34、左打者21)
スライダー・・・24 (右打者10、左打者14)
チェンジアップ・・・47 (右打者42、左打者5)

となっており、ストレートとスライダーで奪った三振が全体の81.0%を記録していた。

下表は先発登板時の投手成績をイニング別にまとめたものになる。対戦打席に占める三振比率を表す三振率に注目したい。本人のコメントにあるように、立ち上がりの1、2回で高い三振率を誇るものの、打順が2まわり目に突入していく3回以降は、30.0%の6回を除いた全てのイニングでパーセンテージが下がっていることが分かる。5回以降は被OPS、被打率も悪化しており、四球も増加していた。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■イニング別に診る先発・松井裕樹の投手成績


三振率、序盤2回は上々も3回以降に低下していた



もちろん、高卒1年目で1年通して戦うスタミナや、1試合の中でも長いイニングを投げる体力が無く、そのことで試合中盤に差し掛かると球威、キレに陰りが生じていたのだろう。一方、本人が言うように、球種が少なく、打者が打席数を重ねるごとに球の軌道に慣れてきて対応されてしまったという側面もあったのだと考えている。序盤では空振りしていた球にも見逃されてボール。そんなことも多く、5回以降に四球が増えたのだろう。(四球率は4回まで12.0%、5回以降は18.5%だった)

スプリットが実戦配備されれば、序盤はスプリットを封印、打順が2まわり目に突入したところでスプリットを解禁していくといった、配球にバリエーションをもたせることができ、打者も狙い球が絞りにくくなるのだ。

スプリット習得で全ての球速帯の投げ分けが可能に



バリエーションと言えば、スプリットがマスターできれば、球速にもバリエーションが生じるのだ。

現在、松井裕の持ち球の平均球速は下記のとおりである。

ストレート 142.1キロ
スライダー 126.1キロ
チェンジアップ 124.8キロ
カーブ 118.1キロ

ここに「130キロちょいくらいまでいければ」と語るスプリットが加われば、110キロ台、120キロ台、130キロ台、140キロ台と全ての球速帯を投げることが可能になり、緩急の組み合わせも増えることになり、打者の対応を難しくさせることができるのだ。(下記に続く)



マースプリットは対戦打者の左右を苦にしない



また、本人が「僕は左打者の内角に強い、落ちるボールが課題だった」と語っているように、スプリットを左打者インコース攻めの切り札にする意図も持っているようだ。

一般にチェンジアップやフォークといった球種は、その球の軌道上、対戦打者の左右どちらかに多く使われ、どちらかでは投げづらくなる性質を持っている。田中と同じくスプリットを決め球にしている岩隈も同様で、2013年の球種割合は左打者に27.1%と約3球に1球程度多く使用しているものの、右打者には11.9%と少なくなっている。

しかし、田中のスプリットは対戦打者の左右を苦にしない。24勝無敗だった2013年の球種割合を確認してみると、右打者に18.1%、左打者に19.1%。左右均等、同じ比率で投げることができている。

岩隈のスプリットが左打者の外角へ斜めに落ちていくのに対し、田中のそれは左打者の真下にストンと落ちる軌道を描く。岩隈が右打者に投げづらくなっているのは右打者の身体の近くに迫りながら落ちるため、ともすれば打者側からみた絶好の半速球になるリスクを抱えているからだと思う。田中の場合、高速スプリットのためそのリスクが無い。

20150130DATA02.jpg
20150130DATA03.jpg

松井裕が左打者に対してチェンジアップを4%しか用いなかったのは、岩隈と同じ事情によるものだと思う。今回習得に励んでいるスプリットはその不安を打ち消してくれる。

ストレートとの球速差がチェンジアップより小さくなるため、打者はストレートだと思ってバットを振りにいったら、そこからストンと落ち、空振りを奪取することができる。もし内角に失投するようなことがあっても、チェンジアップよりスピードが速いため、甘い半速球になる危険性も少なくなるということなのだろう。

スプリット導入でゴロ率増の期待大



また、ゴロ率を増やすという観点でも、スプリットの導入は期待できそうだ。

松井裕のゴロ率は41.4%だった。2012~2013年のリーグ平均が45.8%~46.2%のため、恐らく2014年も同値付近だと推測すると、41.4%というゴロ率はリーグ平均を下回る値だった。ゴロはアウトになりやすく長打を防ぐ。フライ・ライナーはゴロと比べてヒットになりやすく長打のリスクが生じる。その意味で、今年はゴロ率を増やしていきたいところである。

その意味で、2013年に69.6%という極めて高いゴロ率を記録した田中のスプリットがマスターできれば、全体のゴロ率も増えていくことが予想されるのだ。スプリットでゴロを打たされまいと打者が意識すればするほど、そこへ真っすぐが来た時には空振りやポップフライが増えていくだろうし、その逆もしかりだからだ。

独特の回転軸・回転数を持つストレートとの相性も良いと思う。則本が高低を意識させた配球で打者を圧倒できた以上の相乗効果が期待される。

ただし、物事の多くはトレードオフの関係にあると思うので、スプリットをマスターすることで既存の球種の精度が下がるといった副作用が生じるリスクもありそうだ。例えば、ここ2年ほどソフトバンクの攝津が精彩を欠いているのは、カットボールやシュートを投げ始めたことと無縁ではないように思われる。

そういったリスクはあるのかもしれないが、私はそれ以上に習得できた時に生じるメリットのほうが大きいと思うで、この挑戦を応援したいと思っている。

◎◎◎関連記事◎◎◎
他では滅多に確認できない!!ココでしか見ることができない!!各種記録で診る背番号1・松井裕樹のルーキーイヤー


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

則本昂大が田中将大の背中にさらに近付くため手に入れるべき能力とは?!

スポンサーリンク




アンケート募集中「あなたが選ぶ2015年活躍を期待したい野手&投手」

締切2/15(日)まで。抽選1名様に選手名鑑プレゼントも実施中。詳しい御案内はコチラをクリック。
※1/29現在29名様の御応募有(名鑑プレゼント12名様)



ベースボールチャンネルさんに寄稿しました



@eagleshibakawaです。

昨年11月から、野球雑誌『ベースボールサミット』編集部が運営する野球専門ネットメディア=ベースボールチャンネルさんに寄稿していますが、新春2回目の寄稿がアップされましたので、お知らせいたします。

岩隈から田中へ継承されたエースのバトン。昨年、海を渡った田中から託された則本は、プロ2年目にしてその田中を彷彿とさせるマウンドさばきや顔立ち、燃える闘志をみせてくれました。3年目の今年は最多勝か沢村賞か──ファンによる期待のハードルもさらに上がる今シーズン、則本が田中の背中にさらに近づくには、ピンチでのギアの上げ方がカギになってくるのだと思います。

文中でも書きましたが、則本もギアを一段二段上げることができる投手です。

しかし、自らの好投による好循環に乗ってギアを上げていくシーンが多いのに対し、例えば田中が見せたような、相手の攻撃に晒され、主導権を握られた中で、苦境に立たされた中で、球場の雰囲気を変えていくようなギアの上げ方は、まだまだ足らないのかなと思います。

このことを2013年田中と則本のこの2年間のデータを交えて御紹介しました。

下記リンクから、お手すきのときに御笑覧頂ければ幸いです。


◎田中将大との違いは「得点圏」 絶対的エースになるために、楽天・則本昂大が解決すべき課題


なお、これまでの寄稿一覧を下記にまとめてみました。過去記事もよろしくお願いします。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

ベースボールチャンネルさん寄稿一覧



◎デーブ新体制に欠かせない「足の演出家」──背番号23の復活を (2014/11/19)

初寄稿はやはりこの人について。聖澤が走ったことでチームに生まれた打者有利の特異状況、走らなかった2014年との差を数値で確認してみました。facebookいいね数285!! 御兄弟からもいいねを頂きました。


◎楽天の今オフ“最大”の補強は、嶋基宏の残留だ──数字が証明した嶋の測り知れない貢献度 (2014/12/8)

打者・嶋基宏の功績はもっと評価されてしかるべき。そういう思いで寄稿しました。


◎逆転の楽天はどこへ 投打の柱を補強で埋められず【ファンがつける、東北楽天ゴールデンイーグルス2014通信簿】(2014/12/23)

野手、投手、ベンチワーク、総合の4項目を各5点満点で採点する通信簿企画。ファンを代表して書かせて頂きました。facebookいいね数25。


◎鷲の新たな顔に 松井稼頭央を継ぐ遊撃手、西田哲朗が乗り越えるべき3つのハードル (2015/1/15)

楽天次なる10年間を担う5ツール・プレイヤーの原石。今年、背番号55がさらに羽ばたくため、クリアすべき課題を3つに絞って書いてみました。facebookいいね数32。


◎◎◎関連記事◎◎◎
初の首位打者を狙う楽天・銀次の2015年。唯一心配される懸念点とは?!
【記録】 楽天のベースランニング能力を測定する~走者2塁、打者の外野単打による二走本塁生還率の巻
【記録】 各種データから診断する、楽天1軍主要投手のストレート成績


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【記録】 各種データから診断する、楽天1軍主要投手のストレート成績

スポンサーリンク




アンケート募集中「あなたが選ぶ2015年活躍を期待したい野手&投手」

締切2/15(日)まで。抽選1名様に選手名鑑プレゼントも実施中。詳しい御案内はコチラをクリック。
※1/28現在29名様の御応募有(名鑑プレゼント12名様)


各種データから診断する、楽天1軍主要投手のストレート成績



@eagleshibakawaです。

今日はfacebookで更新予告をしたとおり、各種データから診断する楽天1軍主要投手のストレート成績です。

多くの投手がピッチングの軸球にするストレート。全投球に占める割合、平均球速、被OPS、被打率、空振り率、ファウル率、ゴロ率、外野飛球率の8項目のデータを御紹介。選手ごとに寸評をつけてみました。全選手つけようとがんばりましたが、途中で挫折しています(笑)

それでは、下記でどうぞ。

冒頭のアンケートも、よろしくお願いします!

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2014年 楽天主要投手のストレート各種データ


割合・・・全投球数に占めるストレートの割合。
被打率・・・NPB平均.270(2009~2013年値)
空振り率・・・ここでは、空振り数÷スイング数。NPB平均13.6%(2009~2013年値)
ファウル率・・・ファウル数÷スイング数。例外はあるものの、この数値が高ければ高いほど、ファウルを打たせてカウントを稼ぐことができる球威の有無を確認する際の目安になる。
ゴロ率・・・犠打を除く全打球に占めるゴロの割合。NPB平均41.1%(2009~2013年値)
外飛率・・・犠打を除く全打球に占める外野飛球の割合。高ければ高いほど被弾や長打リスクは高まる。

寸評のベスト、ワーストの表現は断りがない限り、表中16投手対象。

則本昂大

フォークの実戦配備もあり、球種割合は数%減った。平均球速は前年とほぼ同じ。しかし、50キロ超えは大幅増になった。1年目は全球の4.4%だったが、2年目は8.7%。同被打率は29打数9安打(全て単打)と3割打たれたものの、同空振り率は16.2%から22.2%へ。8/23オリックス戦7回T-岡田対戦時には自己最速154キロもマークした。全体での空振り率も11.6%からNPB平均を上回る16.7%へ上昇した。ファウル率も高く、打者は則本の真っすぐに対し、バットを振りにいっても空振りやファウルに終わる頻度が極めて高かった。チームでも指折りの高品質だが、被安打に占める被長打割合が37%と多め。欲を言えば、もう少しゴロ率を増やし、長打リスクのある外野飛球率を下げたい。


辛島航

複数球種を組み合わせて打者の打ち損じを狙う軟投派。シュートも多投するため、真っすぐの割合はかなり低い。左肘に不安を抱えていることも影響したのだろうか、平均球速はやや微減。空振り率も10.4%から7.4%へ、ファウル率も43.7%から39.5%に下がった。一方、ゴロ率は35.8%からNPB平均を超過する47.6%へ上昇している。ゴロ率は上昇したものの、被打率は前年と同じく約3割あったのは、ゴロになった打球の28.7%と多かったからだ。平均が23~24%なので、平均と比べて内野守備網を突破して外野に達したヒットが5本ほど多かったことになる。観戦メモを確認すると、銀次や松井稼、後藤が捕りきれなかった打球も目立った。守備に足を引っ張られた感は否めない。


松井裕樹

最速157キロの安楽が入団したが、今年も私の関心を最も惹きつけて止まないストレートは背番号1である。何度か書いてきたが、1211球を投げながら、被弾がゼロ。まず、これが信じられない。他に真っすぐで被弾を許さなかった楽天投手は福山がいるが、福山は487球である。松井裕はその倍以上を投げながら柵越えを防いだのだ。このこともあって、被安打に占める被長打割合もチーム3位の少なさだった。独特の回転軸・回転数を持つその特徴は、空振り率がチームトップを記録したこと、(表中には掲載しなかったが)内野飛球率がNPB平均9.7%を超過する16.6%を示したことでも確認できる。最速は9/16ロッテ戦2回今江右安時の152キロだった。


塩見貴洋

最も魅了する真っすぐが松井裕なら、最も心配なストレートは背番号11だ。ルーキーイヤーでも空振りを多く奪うことは少なかったが、球威はあった。しかし、怪我の影響もあるのだろう、平均球速の下落が止まらない。1年目139.5キロ、2年目138.8キロと比べると、136.6キロは物足りない。被打率も悪化の一途で.245、.272、昨年はワースト3位の.303だった。特に右打者対戦時で.201、.276、.298と悪化しているのが気になる。外野飛球率はチームワースト。2012年は49.5%だったので、反発係数の変更・球威の低下等で4.1%、長打リスクが大きい外野飛球が増えたことになる。完全復活を目指すには、軸球の真っすぐの球威を取り戻すことが必要だ。


美馬学

先発転向後は速球でもストレートとシュートを投げ分ける軟投派の道を進んできた。そのため、ストレートの割合は例年少ないのだが、昨年はさらにそれが極まっている(2012年34.0%、2013年30.3%、2014年26.0%)。前年10.8%あった空振り率は4.7%に減少。制球が甘く、球威も乏しかったため、被打率・被OPSはいずれもワーストで、この人が模索しながら投げていたことが良く分かる。通常、大半の投手はボール先行時に確実にストライクを取りたいため、速球を多く投じる。美馬も2013年は同状況時の速球割合は48.4%を記録していた。しかし、2014年は42.3%。真っすぐが機能しないと、投球の組み立てはかなり難しくなってしまう。嶋も苦労したはずだ。


福山博之

好投の原動力を担った最大球種がストレートだ。フォームが安定、球威が増したのだろう。そのゴロ率は傑出値と言える67.5%。NPB平均を悠に超えてトップである。変化球でも打球の約6割で打者にゴロを打たせてきたが、ストレートではさらにそれを上回った。福山の真っすぐは元々ゴロ率が高く、前年も51.4%だったことを考えると、今年も期待できそうだ。真っすぐで被弾ゼロは松井裕と2人だけ。被安打に占める被長打割合も16%とかなり少なく、ウォーニング以遠外野大飛球も8/13ソフトバンク戦の8回李大浩フェンス直撃右中二の1本だけだった。最速は7/9日本ハム戦の9回小谷野を投ゴに討ち取った時の153キロ。


青山浩二

1億円から25%ダウンになった昨年暮れの契約更改。その席上「全員、蹴落とすつもりでやっていきます」と再起を誓った青山だが、30歳を超えてきて勤続疲労もあるのかもしれない。塩見同様、平均球速の下落傾向が心配材料になっている。2012年143.2キロを皮切りに142.7キロ、141.2キロ。ここ2年間で2キロ減だ。昨年は22試合中6試合で、52.2回中30.2回で先発で投げた青山。ペース配分を求められる先発の場合、どうしても球速は抑え気味になる。そう思って救援時の平均球速を出してみたところ140.5キロとさらに下がってしまった。持ち味「局面打開のスライダー」を生かすためにも、真っすぐは大事だと思う。


菊池保則

佐藤義則・前コーチに田中将大以上と評された真っすぐが、いよいよ本領発揮した感がある。被OPS、被打率はいずれも2位の好成績。スピンが効いて打者の手元でホップしているのだろう。松井裕と同じくポップフライが多く、内野飛球率はNPB平均を超える13.8%をマークした。ただし、懸念点もある。被安打に占める被長打割合だ。NPB平均29%のところ、2012年53.3%、2013年40.0%、2014年50.0%。例年高いのだ。ひとたびバットの芯で補足された場合は、痛打を浴びるリスクがある。また、ボール先行時だと3割を打たれている。この点を踏まえて、今年どのような組み立てをするのか?に注目したい。昨年の最速は146キロ。


西宮悠介

好投の原因は62.7%を記録したゴロ率の高さにあったが、そのゴロ増を生み出した主要球種が全投球数の7割近くを占めたストレートだ。同球のゴロ率は福山に次ぐ2位60.4%。外野飛球率も福山に次ぐ2位30.8%の少なさだった。空振り率15.6%はNPB平均値付近だが、5/26神宮ヤクルト戦7回2死満塁でバレンティンから初球、2球と立て続けに奪ったように、同一打者の同一打席で記録するケースが多かった。西宮の真っすぐに合わない打者はトコトン合わないのだろう。ストライクゾーン枠内の被打率も.248と安定しており、さらに低めに至っては.172と上々。最速は151キロ。同ヤクルト戦でバレンティン、畠山から各1球ずつ記録している。


宮川将

右肘疲労骨折の手術を受けたため今年は育成契約。実戦復帰は5月とのことだが、昨年はストレートで進化を見せただけに、本当に残念だ。
被打率は1年目.351と芳しくなかったが、2年目.295まで改善に成功。長打リスクを抱える外野飛球率は1年目58.3%と6割に迫る高さだったが、こちらも2年目は42.0%まで減らすことに成功している。直前球との緩急差が20キロ以上だった時のストレート被打率は13打数2安打、3三振、2四球、1本塁打の.154と上々。8.0%の球種割合に留まっているカーブをもう少し多投するなど、緩急を意識したピッチングができれば、ストレートはもっと生きてくるに違いない。


川井貴志

「困ってしまったボブさん」という印象の昨年は被打率が.245から.291へ、被OPSが.607から.871へ、いずれも悪化した。加齢によるストレートの衰えは年々隠せなくなりつつあるのだろう。2012年には48.8%あったファウル率もワースト35.2%まで落ち込んだ。ストライクが欲しい時、真っすぐでファウルを打たせてカウントを稼ぐといったことが難しくなっている。ストレートが高めに41.9%も集まっているのも、いかんいかん。同被OPS1.050、被打率.351。高めで痛打を許していた。変化球のみならず速球も低めにコントロールできなければ、力の衰えが隠せないベテラン軟投左腕の生き残る道はない。


ファルケンボーグ

不満足な成績に終わり自由契約になった。とはいえ、ソフトバンク在籍の全盛期と比べると衰えはしたものの、依然チームの中で優れたファストボールを投げていたのも事実。空振り率は松井裕に次ぐ2位23.3%。これは2009~2013年の自身の値とほぼ同じだった。ファウル率も50%超え。空振り率との合計値は65.5%で、打者がバットを振りにきても3球に2球はファウルもしくは空振りになり、打球をフィールド内に打ち返すことができなかった。一方、本塁打を含むウォーニングゾーン以遠の外野大飛球が5本で、痛打を許す場面も多かった。負けが込んだチーム事情のため、なかなか登板機会がやってこず、コンディションを崩した部分はあったのかもしれない。


則本からファルケンボーグまで書いてきて、刀折れ矢尽きた感。長谷部以降は読者の皆さんの判断にお任せしたい。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
先頭打者四球で動じないタイプ。崩れやすいタイプ~~2014年パリーグ規定投球回投手調査からの報告
【記録】 スピードボールに強い犬鷲戦士を探せ~~楽天イーグルス主要打者145キロ以上ストレート2年分の打撃成績
最も罰金を支払うことの少なかった楽天投手は?!~~主要投手2013年&2014年カウント0-2経由後の投手成績


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

敵軍投手の内角攻め。どのくらい増えたのか? / 配球パターン別の打撃成績~メルマガVol.074より

スポンサーリンク





有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆1/26配信最新号の主な内容は「敵軍投手の内角攻め。どのくらい増えたのか?」です


メルマガVol.074を配信しました



@eagleshibakawaです。

(祝祭日・年末年始を除く)毎週月曜日は、当ブログ運営の有料メールマガジン「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」配信日です。

2013年8月創刊の当メルマガも今回でVol.074を数えましたが、今回の内容は下記のとおりです。

◆【比較】敵軍投手の内角攻め。どのくらい増えたのか?
◆【記録】 各種配球パターンで診る主要打者の打撃成績


先日、ブログで銀次への内角攻めが年々増加の一途を辿っていることを御紹介しましたが、それでは他打者はどうなのか?という疑問を解決すべく、選手別、チーム全体の数字を調べてみました。

配球パターンで診る打撃成績。先日ブログで内角速球+外角変化球のときの数字を確認しましたが、今回は下記4パターンでチェックしています。

◎内角速球+内角速球
◎外角速球+外角変化球
◎高め速球+低め変化球
◎低め投球(球種不問)+高め速球


ご興味のある方はぜひ読者登録を!

メルマガの詳細は冒頭文を御参照下さい。新規読者登録で初月無料購読サービスを実施中。1月中に御登録頂くと、1/5、1/16、本日1/26の3配信分が全て無料でご購読いただけます。

次号予告:走塁特集



なお、来週2/2(月)配信Vol.075は、走塁特集。2014年の選手別走塁データの詳細を公開します。

単打で走者1塁→3塁
単打で走者2塁→本塁
二塁打で走者1塁→本塁
外野飛球で走者3塁→本塁


の4つの走塁を基本に置きながらも、牽制死、ライナーで飛び出しアウトなど、その他の走塁死、内野ゴロ時の進塁や(犠飛以外の)外野飛球タッチアップ進塁、暴投や捕逸の走塁なども考慮に入れてまとめる予定でいますので、こうご期待あれ。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎◎◎関連記事◎◎◎
他では滅多に確認できない!!ココでしか見ることができない!!各種記録で診る背番号1・松井裕樹のルーキーイヤー
各種記録で診る背番号58、辛島航の2014年~メルマガVol.072より
各種記録で確認したい、楽天・銀次の2014年打撃成績~メルマガVol.073より


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

企画参加したスポーツ雑誌
Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
facebook聖澤選手応援ファンページ
facebookに聖澤諒選手のページを作成しました。ほぼ毎試合の聖澤選手にフォーカスした寸評、聖澤選手ブログ更新情報やニュース記事、各種記録やデータなどをアップデート。現在483人が「いいね!」と言っています。目指せ500人!!
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
主な過去記事
楽天イーグルスの話
◎〔図表〕得失点差 1試合平均得点&失点 年度別推移
◎〔一覧〕2012年試合評
2013犬鷲通信簿
島内宏明戸村健次中島俊哉聖澤諒永井怜枡田慎太郎
2013年ゾーン・コース打率
聖澤vs右聖澤vs右ジョーンズvs右ジョーンズvs左銀次vs右銀次vs左枡田vs右枡田vs左岡島vs右岡島vs左島内vs右島内vs左松井稼vs右松井稼vs左 二軍選手2013年成績
北川倫太郎中川大志榎本葵森雄大武藤好貴小関翔太島井寛仁柿澤貴裕下妻貴寛大塚尚仁三好匠小斉祐輔神保貴宏阿部俊人
2012-2013惜別─
フェルナンデス中村真人草野大輔下柳剛本西厚博山村宏樹川岸強有銘兼久岩村明憲高須洋介
その他
マギーのメジャー打撃成績
一番靖弘潰しは楽天のせい?!
昨年の走塁ミス。前年との比較
プロ1年目。田中vs釜田どちらが凄い?!
プロ野球、パリーグの話
2012年パ投手別の許盗塁記録
2012年パ投手別の併殺打記録
2012年パ球団別得点内訳
2012年パ球団別失点内訳
2013年レンジファクター
右翼左翼中堅三塁二塁遊撃
統一球で右投左打は不利。これって本当?
右投左打のホームランは本当に激減したのだろうか?
小関順二氏の右投左打神話崩壊説を否定する
統一球の影響をビジュアルで確認
打率ヒストグラム
長打率ヒストグラム
OPSヒストグラム
盗塁の話
プロ入り5年盗塁順位
岩隈久志投手の話
◎メジャーでさらなる進化を見せたクマの絶対球フォーク
◎2012試合評
◎2012打者別対戦成績:LAATEXOAKNYYTB、TOR、BALCLECWS、DET、MIN
ダルビッシュ有投手の話
〔記録〕NPB登板日別投手成績(LNA1977さんのサイトでどうぞ)
〔記録〕NPB被本塁打明細表
〔記録〕NPB対戦チーム別勝敗表/楽天戦登板日別投手成績
〔記録〕楽天vsダル打者別対戦成績
松井秀喜選手の記録
私が愛読するブログ「野球の記録で話したい」さんでどうぞ
〔記録〕NPB332本塁打の明細
〔記録〕MLB175本塁打の明細
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク2
楽天イーグルスファンのブログ、他球団ファンのブログなど。2013年まで相互リンクを募集していましたが、現在は受付けておりません。
リンク3
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
歴代9位。虎の盗塁王が今こそ明かす初の盗塁論
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
2013年人気記事TOP10
上記は月間ですがこちらは年間です。Google Analyticsで集計。期間=2013年1/1~12/31
歴代人気記事TOP15
Google Analyticsで集計。期間=2011年1/1~2013年12/31
興味が尽きない2番打者論
今まで実現不可能だった対談が実現!
和製・野球抄
セイバーメトリクスファン必携!
野球の観方が変わる劇的な1冊

弱小球団オークランドアスレチックスの奇跡。野球で挫折した男ビリー・ビーンが野球で栄光を掴む成功物語。現在、僕にとっての座右の書。考える野球がお好きな方、未読でしたら是非!ブラッド・ピットがビーン役で主役を演じる映画も2011年公開された。
セイバーメトリクス入門書に最適

08年出版。スポーツ紙のどこにも書いてない、セイバーメトリクスを筆頭とする様々な切り口・視点でのチーム分析は、参考になる部分が多々。今なおひっくり返して確認することがしょっちゅう。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
ジオターゲティング

ジオターゲティング
RSSリンクの表示